詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "共有地"
1,814件中 1-20の結果を表示しています
  • 共有地の主な用途からみた評価の違い
    齊藤 広子
    都市住宅学
    1997年 1997 巻 19 号 69-74
    発行日: 1997/09/30
    公開日: 2012/08/01
    ジャーナル フリー
    This study clarifies that the residents' evaluation on management at some types of detached houses areas with common space. There are three types of the common space classified such as “street type common space”, “parking type common space” and “garden type common space”. The residents give prefarable evaluation on “parking type common space”. The households with more frequent use of it indicates higher evaluation. Although, the evaluation depends on method of management of the common space, longer burden of managing it, makes the evaluation be lower.
  • 齊藤 広子, 八木澤 壮一
    都市住宅学
    1997年 1997 巻 18 号 90-98
    発行日: 1997/06/30
    公開日: 2012/08/01
    ジャーナル フリー
    This study aims at clarifying residents'evaluation on living environment and its management system at detached houses areas with common space. To this end, the study selects the planned detached houses areas which positively introduce longer portions of the common spaces. Such detached houses area are received higher evaluation against their favorable landscape. However, the residents consider to transfer the common space, for example, road and park. In future, therefore, it is necessary to determine use, size and management method of the common spaces in the course of planning of detached houses area.
  • 東京都西多摩郡檜原村の組共有地について
    石村 善助
    法社会学
    1957年 1957 巻 10 号 106-131
    発行日: 1957/06/10
    公開日: 2009/04/03
    ジャーナル フリー
  • ―海野モデルの再検討と一般モデルの構築―
    神事 直人
    理論と方法
    1997年 12 巻 1 号 15-30
    発行日: 1997/07/31
    公開日: 2016/08/26
    ジャーナル フリー
     「共有地のジレンマ」を定式化したモデルとして提唱された「海野の共有地のジレンマモデル」(Umino, 1989)について、三隅(1993a, b)はこのモデルが「共有地のジレンマ」モデルとしては不適切であることを論じた。これに対して、本稿では、海野のモデルには一部表現に不適切な部分かあることを指摘し、海野のモデルの土台となっているDawes(1975)のモデルにまで戻った上で、海野のモデルの表現を一部修正する作業を行った。その上で、基本的には海野のモデルが「共有地のジレンマ」を適確に表現していることをあらためて確認し、逆に三隅(1993a, b)の論証には誤りがあることを明らかにした。また、三隅(1993a)が「共有地のジレンマ」の一般モデルとして提唱した「保存=共通モデル」は、「共有地のジレンマ」の一般的定式化に失敗していることを論証した。これらの議論を踏まえた上で、海野のモデルを拡張したモデルを構築し、さらに、「共有地のジレンマ」を一般的に定式化したモデルの構築を試みた。そして、この一般モデルと比較することにより、従来の「共有地のジレンマ」モデルの特徴を明らかにし、それに加えて「保存」型と言われる社会的ジレンマの中での「共有地のジレンマ」の状況そのものの特徴について考察した。
  • 斉藤 広子, 八木澤 壮一
    都市住宅学
    1996年 1996 巻 15 号 120-125
    発行日: 1996/09/30
    公開日: 2012/08/01
    ジャーナル フリー
    This study aims at examining a better management system of living environment at detached housing area through analyses on the characteristics and evaluation of detached housing area with common space. The following findings are obtained from the analyses;
    (1) Detached housing area with common space have been increased during 1980's. The common space consists of access road, cul-de-sac, community space, concentrated parking area and meeting place.
    (2) Some problems regarding management of the common space are observed at 24 housing areas. Residents are pleased with living environment. But they complain that they are not able to use common space selfish, and management of common space is too complicated.
  • 福田 徹
    人文地理
    1966年 18 巻 1 号 96-97
    発行日: 1966/02/28
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
  • 松橋 崇史, 金子 郁容
    体育・スポーツ経営学研究
    2012年 26 巻 35-51
    発行日: 2012/12/25
    公開日: 2018/01/18
    ジャーナル フリー
    The present study examines an approach that achieves effective use of public school sports facilities by delegating part of the facility management to private organizations for local sports promotion. The "Tragedy of the Commons" from game theory and from the theory of D.C. North's new institutionalism forms the conceptual framework of this study. Data acquired from a questionnaire survey sent to all incorporated nonprofit organizations operating "comprehensive community sports clubs" (CCSC) and from interviews with several key clubs were analyzed. For the analysis, CCSC members were classified into four groups in accordance with whether the clubs operate "public sport facilities" and whether the clubs operate "public school sports facilities." The major findings are summarized as follows. First, city administrators should enter into a contract with clubs and allocate part of the management operations of public school sports facilities to clubs. Second, it is essential for clubs undertaking management operations to encourage self-enforcement by facility users, even though city administrators retain overall authority. Third, adopting the first and second conditions simultaneously creates effective operational synergy between the city administration and the club management of public sports school facilities.
  • 手代木 功基, 藤岡 悠一郎, 飯田 義彦
    日本地理学会発表要旨集
    2019年 2019a 巻 P011
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/09/24
    会議録・要旨集 フリー

    はじめに

    トチノキ(Aesculus turbinata)は日本の冷温帯に広く分布する落葉高木である.発表者らは,滋賀県高島市朽木地域における胸高直径1m以上のトチノキの巨木が密生して分布する「トチノキ巨木林」の立地環境について検討してきたが,これまでは主に地域の中央部を流れる北川支谷に立地する私有地のトチノキ巨木林を対象としてきた(手代木他, 2015).本研究では,朽木地域の北西部,針畑川支谷の山地源流域に存在する,集落共有地に存在するトチノキ巨木林の特徴を明らかにすることを目的とする.

    方法

    調査は,朽木地域のM谷を対象に行った.M谷は安曇川の支流にあたる針畑川沿いに位置している.集水域全体のトチノキの位置をGPS受信機によって記録し,各個体の胸高周囲長を計測した.また,分布特性を把握するためにトチノキが生育する場所の地形環境の記載を行うとともに,谷底部からの比高をレーザー測量機によって算出した.また,トチノキが生育する集落においてトチノミや共有林の利用に関する聞取り調査も実施し,自然・人文双方の観点から立地環境を検討した.

    結果と考察

    トチノキは対象とした集水域に150個体が生育していた.そのうち30個体が巨木であった.トチノキが出現した地形面は主に谷源頭部の谷頭凹地,谷壁斜面,谷底部及び谷出口の扇状地であった.図1は,M谷におけるトチノキの胸高直径別の分布を示したものである.トチノキ巨木は谷の上流部にまとまって生育しており,谷頭凹地や谷壁斜面に分布が集中していた.一方で,集水域の下流部の谷底部や扇状地には小径木が分布していた.谷底からの比高は,小径木や中径木よりも巨木で高くなる傾向があった.これらの分布特性は手代木他(2015)で報告した北川支谷のトチノキ巨木林での傾向と同様であった.

     M谷の山林は,近隣のN集落が利用する土地であった.明治以降,朽木の多くの山林は私有地として分割されたが,M谷上流のトチノキ巨木林は集落の共有地として維持された.N集落では,他の集落に比べて比較的多くの共有地を残してきたが,トチノキ巨木林はこの場所のみで,他の山林は広葉樹を伐採し,スギの植林地となった.共有地のトチノキは,N集落住民のトチノミ採集の場として利用され,複数の世帯が昔からトチノミ採集を行ってきた.住民の一人は,トチノミ採集の用途のため,トチノキを伐らずに残したのだろうと語っていた.他方,隣の集落では,共有地をほとんど残さず,山林の大部分を私有地として分割した.山林の中には,M谷と同規模のトチノキ巨木林が存在していたというが,個人の裁量で植林地に変えてしまったという.すなわち,M谷においては,共有地という特徴が結果的にトチノキ巨木林の維持に繋がった可能性が示唆された.

  • 平井 進
    土地制度史学
    1999年 42 巻 1 号 17-32
    発行日: 1999/10/20
    公開日: 2017/12/30
    ジャーナル フリー
    In this paper I picked out the settlement control in Osnabrucker Land from the end of the 17 th to the 18 th century as a example for that social control in Germany village society which was until now unknown, although many studies researched lately the autonomy of the early modern village communities in Germany. The first chapter shows the characters of the village society in Osnabrucker Land : the structure of village communities ; the local administration organization of the government (Hochstift Osnabruck) ; the situation of the settlement. The second chapter treats the common land politics and the new housing permission tax of the government. It had few influence on village communities ("Markgenossenschahten") and individual Bauern ("Hofbesitzer") in respect of control on the settlement of new cottagers ("Markkotter","Brinksitzer") and landless lodgers ("Heuerlinge"). The third chapter analyzes how the village communities regulated the settlements of the new cottagers and landless lodger in Deesenberger Mark as an example of "Markgenossenschaften". The object of its settlement control was new housings, and the village community hindered the building of cottages with property by outsiders, but could not prevent the Bauern, members of the communities, from housing of landless lodgers. The background of the situation was that the Bauern expanded their farms. The conclusion is the following : the Bauern could keep their autonomic power over settlement in village society in this period, and it was composed of the autonomy of village communities from the government and that of individual Bauern from the both. As its result we find a extreme hierarchy from Bauern to landless in the village society in the second half of 18 th century.
  • ―ロジスティック方程式の拡張―
    堀内 史朗
    理論と方法
    2014年 29 巻 2 号 277-291
    発行日: 2014年
    公開日: 2016/07/10
    ジャーナル フリー
     人々が資源を過剰に利用するために共有地が崩壊してしまう「共有地の悲劇」は,社会的ジレンマ問題の典型例としてよく知られている.共有地の悲劇を回避するためには,資源の利用者を地元民に制限し,利用者同士が相互監視をおこなうような社会設計が必要とされてきた.そのいっぽう,人々が資源を過少にしか利用しないことで当事者以外に負の外部性を生じてしまう,新たな「共有地の悲劇」が,特に日本の山林などで問題になっている.利用者を制限するという方法では,この共有地の悲劇を回避することは不可能である.そこで本稿は,利用者の制限を解き放ち,外部から利用者をその環境へ招くことで資源を持続的に維持する手法の可能性を,ロジスティック方程式を拡張した微分方程式モデルによって分析した.その結果,利用者を外部から招く手法は,過剰利用が原因で環境を消耗させるリスクがあるが,環境に空間的な広がりがあるならば,そのリスクを低減できることが分かった.
  • 内モンゴル・バガエレン・ガチャの共有地管理を事例として
    坂本 剛, 野波 寛, アラムス  , 大友 章司, 田代 豊
    人間環境学研究
    2016年 14 巻 1 号 55-64
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/07/01
    ジャーナル フリー
    For the success of community-based natural resource management, it is important that self-governing management organizations approve the legitimacy of rights for the management of a resource. In some resource management cases, it was observed that an organization that did not have authorized institutional legitimacy was in reality still able to manage a natural resource in that region. This study focused on the grassland management of Baga'eren Gacha village in Inner Mongolia, China; moreover, an interview survey was conducted to examine the substance of legitimacy that was approved for the management of the self-governing management organization, "the Village (Gacha) Committee," and the effect of the committee's procedural fairness. These aspects show that villagers regard the common land management's economic value as most important and accept the committee as the legitimate manager based on performance evaluation. Additionally, it is suggested that the effect of procedural fairness is less than that of distributive fairness. Furthermore, we discussed the function of the committee to modulate mismatch values between the administration and the villagers.
  • ――韓国済州道のラムサール条約湿地を事例に――
    金 枓哲
    地理科学
    2017年 72 巻 3 号 134-140
    発行日: 2017/10/28
    公開日: 2019/05/14
    ジャーナル フリー
  • 安井 眞奈美
    民族學研究
    1994年 59 巻 1 号 1-27
    発行日: 1994/06/30
    公開日: 2018/03/27
    ジャーナル フリー
    本稿では,能登地方の村落社会における「ツラ」という民俗概念を事例にしながら,調査資料をもとに,変貌する村落社会を明らかにする。日本の村落社会と家を対象にした文化人類学的・社会人類学的研究の多くは,民俗概念を一般化することにより,各地域の事例を比較検討する場と提供してきたと言える。しかしながら,時間の流れに即して,変化の過程を捉えようとした研究はいまだ少ない。ここでは,「ツラ」を,世帯を単位とした村落社会の成員権であると概念化し,その変貌の記述を試みる。そして,変化を生み出した要因のひとつに共有地の存在があり,共有地に関する法律と,「ツラ」という民俗概念の慣習の狭間で,村落社会と家の関係が揺れていることを指摘する。本稿での議論は,村落社会の過疎化,崩壊といった問題や,村落社会において近代とはいかなるものであったのかを考えるうえで,大きな手がかりとなることであろう。
  • インドネシア・西スマトラ州におけるミナンカバウの人びとの事例から
    西川 慧
    日本文化人類学会研究大会発表要旨集
    2018年 2018 巻 A17
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/05/22
    会議録・要旨集 フリー
    本発表では、インドネシア・西スマトラ州海岸部のミナンカバウ社会における伝統村落復活の試みと村落共有地の使用を対象に、政府と住民たちの利害の絡み合いに注目することで、いかにして当地社会にフロンティア的状況が生じ、住民たちがそのプロセスに巻き込まれていったのかを明らかにする。
  • 内モンゴル・シリンゴル盟の事例検討から
    坂本 剛, 野波 寛, アラムス, 大友 章司, 田代 豊
    環境心理学研究
    2017年 5 巻 1 号 34
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/05/08
    ジャーナル オープンアクセス
  • 石田 頼房
    日本建築学会論文報告集
    1980年 290 巻 107-117
    発行日: 1980/04/30
    公開日: 2017/08/22
    ジャーナル フリー
    The applications for leasing the land of Hashimoto-cho purchased and Yanagi-cho (another public land) and constructing fireproof houses to rent, was send in March 1881 by Mambei Endo (a merchant) and Yataro Iwasaki (founder of the Mitsubishi financial combine). If these applications were adopted and put into practice, would be the first case of urban renewal by private developer in Japan. Part 2, the author intended to investigate the detail of these applicaions and why they were not adopted. Contents of part 2 are as follows : 1) Applications by M. Endo and Y. Iwasaki. 2) Tokyo Metropolitan Office examined again terms of leasing Yanagi-cho and Hashimoto-cho. 3) Y. Iwasaki gave up, but Mambei Endo continued negotiation with Tokyo Metropolitan Office. 4) Improvement plan of Hashimoto-cho by M. Endo. 5) A bill to lease land for M. Endo was discussed in the ordinary session of Tokyo 15 Wards assembly. 6) The bill was rejected.
  • -住宅生活協同組合が建設供給した所沢市「こぶし団地」の事例研究 その2-
    橋田 竜兵, 菊地 成朋, 森田 芳朗, 柴田 建
    日本建築学会計画系論文集
    2016年 81 巻 728 号 2239-2246
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/10/30
    ジャーナル フリー
     Under the housing shortages of post-war Japan, housing co-ops began to be established in order to enable laborers to independently provision residential housing for themselves. The Tokyo Housing Co-op was established with a labor union in the construction industry as the parent body, and it aimed to provision housing to people living or working in the Tokyo suburbs. The aim of this research was to observe the process by which the living environment was formed in Kobushi-danchi, which was provisioned by the Tokyo Housing Co-op in 1966. The research analyzed the process by which common spaces were formed from the viewpoint of resident organizations based on a documentary investigation as well as interviews with residents. The results of this study are summarized below.

     The management of Kobushi-danchi included the establishment and maintenance of common land and facilities as well as financing these activities. This management was undertaken by the residents' association, which led to the creation of common spaces. Before it became incorporated, the residents' association created common space by establishing a holistic management structure in conjunction with the Tokorozawa Co-op, which was also created by the residents.

     The management of the residents' association was undertaken by committees comprising volunteer residents. These committees were responsible for creating common spaces that aimed to resolve various issues that arose as part of residents' daily lives. It should be noted that committees typically did not exist for a long period of time; rather, they had specific objectives of limited scope, and they disbanded after a relatively short period of time.

     Common spaces established as part of committee activities included an unauthorized childcare center that later grew into a highly communal facility as well as a municipal childcare center that was established by donating a piece of common land as an enticement. Among the common spaces owned and managed by the residents' association, there were also facilities that contributed to preventing disasters and crime for neighboring residents. It should be noted that the unauthorized childcare center has since closed down, reflecting the declining birth rate and aging population.

     At Kobushi-danchi, the Tokyo Housing Co-op developed a common land that was much larger in area than other typical housing projects and helped to create resident organizations that then became responsible for the maintenance of the common land. These provisions of residential housing were based on an independent housing construction movement by laborers, and all residents belonged to the same social class. We can say that this is a factor that contributed to the formation of common space based on the management undertaken independently by the residents.
  • 石田 頼房
    日本建築学会論文報告集
    1980年 291 巻 79-87
    発行日: 1980/05/30
    公開日: 2017/08/22
    ジャーナル フリー
    1881年の神田橋本町改良事業について千代田区史は, 「この事業が明治十四年という時代に行なわれたことは特筆に価しよう。」と肯定的評価を下しているが, その内実は本研究で明らかにして来たごとく, 極めて問題の多いものであった。事業としてはクリアランスの面だけが先行し, 従前居住・営業人に対する対策はほとんど無く, 結局, 同地区居住者の90%以上を「何レノ処ニ向ッテ去ルベキカヲ予定」することなく逐い出してしまったのであり, 更に貧窮民を行く先々で, 府・区・有力者が一体となって排斥することまでしたのである。森鴎外が「市区改正ハ果シ衛生上ノ問題ニ非サルカ」で批判を加えたのは, 単に当面の批判の対象にあげられた松山棟庵などの二三の医家の論説だけではなく, その背後にある行政当局, 府会議員などに代表される資産階級の思想であり, 更にその様な思想にもとづいて行なわれた橋本町改良事業の経過のような現実ではなかったであろうか。では, クリアランスの後の改正計画は目的を達したといえるだろうか。たしかに買収後の改良事業は, 一定の計画意図にもとづく改正計画として行なわれた。しかし, 居付地主への切坪残し地, 焼残り土蔵, 貸付がおくれる間に進んだ仮家作居住などに左右されて「計画」は実施の過程で大きくゆがめられた。又, 借り受希望者が当初予想されたほどなかった為もあって, 貸付条件が緩和され, 規模の小さい敷地, 質の低い建築など再過密化のきざしも現れている。この点でも「面目を一新し」という評価は割引いて考える必要があろう。また, この事業の過程で, 橋本町・柳町両共有地について, それぞれ一括拝借し堅牢家屋を建設して貸家経営をおこないたいとの出願があった。特に柳町出願者は三菱の岩崎弥太郎という, 後に丸の内・神田三崎町などで本格的に都市開発・不動産経営に乗り出した財閥である。この事業がもし行なわれておれば, クリアランスは公共の手により, 再建設は民間業者の手でという再開発方式であり, 銀座煉瓦街の官営再開発ともいうべき事業が思わしい結果を生まず1877年に計画を縮小して打切りになった後だけに注目されるところである。本研究では, 1881年末迄の神田橋本町改良事業の展開を検討したが, 従来, 東京市区改正の起源の中でも殆んどとりあげられて来なかった此の事業の興味のある性格および事業の展開を明らかにすることが出来たと思う。神田橋本町共有地は, はじめ区部共有地として後に東京市有地として貸付地経営され, 1941年にその大部分が当時の借地人に払下処分されるまで続いた。この60年間の貸付地経営時代の橋本町およびその周辺についても興味ある点が少くない。例えば, (1)橋本町共有地が全て貸付されるまでの過程。(2)居付地主の所有地の所有権移転が激しく, 1912年時点で, 既に1881年当時の地主およびその相続者と思われるものの所有地は3筆にすぎないが, その経過。(3)橋本町の再過密化。関東大震災直前の1921年には, 1丁目960.3人/ha, 2丁目808.0人/ha, 3丁目1068.5人/haという人口密度であった。(4)1923年関東大震災復興区画整理事業における橋本町の計画。(5)1941年当時の共有地処分をめぐる問題。これ等の問題についても若干の資料収集をおこなっているので今後検討を進めたいと考えている。
  • 麦倉 哲, 吉野 英岐
    社会学評論
    2013年 64 巻 3 号 402-419
    発行日: 2013年
    公開日: 2014/12/31
    ジャーナル フリー
    東日本大震災による岩手県の死者行方不明者の合計は6,000人を超えている. 生存した被災者は避難所等での生活を経て, 応急仮設住宅で避難生活を継続し, その数は2013年9月の時点でも約3万6000人に達している. 国, 県, 市町村は復興計画を策定し, 復興事業を進めているが, 被災した市街地や住宅地は更地のままであることも少なくない.
    2011年に大槌町の応急仮設住宅の住民を対象とした調査では, 深刻な被災状況, 生存者の避難行動の高い割合, 避難先での助け合い行動などが確認できた. また聞き取り調査から, 被災犠牲死の要因の再検討が必要であることを明らかにした. そのうえで, コミュニティの復興にとって, 復興のシンボルとなる地域文化の存在が重要であることを指摘した.
    復興まちづくりの前提になる防潮堤建設では, 県による民有地の取得が必要であるが, 多数による共有地や相続未処理のままの土地が多く, その取得は難航している. 釜石市での調査からは, 海岸部での防潮堤の建設にあたり, 41名の共有になっている共有地の存在が明らかになった. 国はその処理をめぐって加速化措置を発表したが, 被災地の自治体が自ら処理を進められるかたちにはなっておらず, 復興の地方分権化は実現していない.
    今後の課題としては, 震災犠牲者の被災要因の検証, 地域文化の所在や価値の認識, 住民の地域への関心の持続, 住民と基礎自治体が復興をすすめられる体制の構築が挙げられる.
  • 駐車場コモン型戸建住宅地の計画と管理についての居住者の評価
    齊藤 広子, 八木澤 壮一
    都市住宅学
    1999年 1999 巻 26 号 117-126
    発行日: 1999/06/30
    公開日: 2012/08/01
    ジャーナル フリー
    This study analyzes structure and characteristics of residents' evaluation on their common spaces through questionnaire and field investigation surveys at detached houses areas having “parking-common-space”(parking areas which residents own as a common space), and finally concludes as follows:
    1. For “parking-common-space”, residents give higher evaluation on larger common spaces and more trees in common spaces;
    2. Residents' evaluation on their common spaces depends upon type of use of common spaces, frequency of use of common spaces, contribution of common spaces to formulating a better landscape and degree of burden to maintain common spaces well condition; and
    3. A cooperative maintenance of common spaces such as trees and green areas can help to strengthen residents' community, and contribute to formulate a better landscape in the areas.
feedback
Top