詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "兼俊"
427件中 1-20の結果を表示しています
  • 迫 徹朗
    中古文学
    1973年 12 巻 52-60
    発行日: 1973/11/30
    公開日: 2019/03/10
    ジャーナル フリー
  • 荒木 透, 佐川 竜平, 石 滋宜, 白岩 俊男, 藤野 允克, 松野 二三朗, 藤田 春彦, 楢木
    兼俊
    , 大浜 熙久, 斉藤 欽也, 内山 郁, 荒木 透, 角田 方衛
    鉄と鋼
    1968年 54 巻 3 号 S68-S73
    発行日: 1968/02/29
    公開日: 2010/10/12
    ジャーナル フリー
  • ラットの腸内細菌による没食子酸プロピルの代謝
    新村 寿夫, 大谷 千津子, 山羽 力
    食品衛生学雑誌
    1986年 27 巻 2 号 163-170_1
    発行日: 1986/04/05
    公開日: 2009/12/11
    ジャーナル フリー
    ラットの腸内細菌による没食子酸プロピル (PG) の代謝を研究した. ラットの糞由来混合菌をPGと嫌気培養したとき, 培地中にレゾルシノール (R) を蓄積した. PG加水分解菌としてラットの糞から Klebsiella pneumoniae 1 株を分離した. この株はPGから没食子酸 (G) を経てピロガロール (P) を培地中に蓄積した. またG脱炭酸菌として Streptococcus faecalis 7 株及び Enterobacter aerogenes 2 株を糞から分離した. P脱水酸化菌を純粋分離できなかったが, 糞由来の Escherichia coliStreptococcus sp. の混合菌はPを脱水酸化してRを生成した. この脱水酸化は乾燥菌体でも行われ, これに関与する酵素は誘導酵素と思われた. これらの結果はPG代謝のうちGの脱炭酸及びPの脱水酸化に腸内細菌が関与するとした推定を支持した.
  • 藤兼 俊明, 山崎 泰宏, 藤内 智, 山本 泰司, 武田 昭範, 西垣 豊, 藤田 結花, 清水 哲雄, 鎌田 有珠, 荒谷 義和
    結核
    2005年 80 巻 9 号 595-600
    発行日: 2005年
    公開日: 2011/05/24
    ジャーナル フリー
    〔目的〕標準治療A法(以下A法)実施率の向上を目的とする。〔対象と方法〕北海道内国立3病院共通の結核データベースを構築した。2002年1月から2003年12月までの間,治療開始時,退院時および治療終了時の患者情報を匿名化して収集し,A法実施率等を定期的に報告した。〔結果〕429名が登録された。登録年別の80歳未満例のA法実施率は,2002年が485%,2003年が62.7%と有意に上昇した(p=0.0126)。喀痰塗抹・年齢別には,喀痰塗抹陽性例の75歳以上,喀痰塗抹陰性例の29歳以下,70歳以上での実施率が低かった。70歳以上の高齢患者と69歳以下の患者との間で,副作用の出現頻度,治療の変更頻度に有意差はみられなかった。登録年別の入院期間中央値は,2002年が114日,2003年が110日とわずかではあるが有意に短縮した(p=0.0487)。〔結論〕29歳以下の検診発見例,喀痰塗抹陰性例において病状が軽微を理由としてA法実施率が低かったことが問題点としてあげられた。病院間で共通データベースを構築し,臨床指標を定めることは,問題点を明らかにし,医療の質を改善するうえで有用と考えられる。
  • 兼俊
    明夫
    衛生化学
    1983年 29 巻 5 号 303-311
    発行日: 1983/10/31
    公開日: 2008/05/30
    ジャーナル フリー
    The cytotoxicity and metabolism of four butyltin compounds were examined on isolated viable rat hepatocytes. Of the compounds tested, tributyltin exhibited the most potent cytotoxicity and was metabolized with the fastest rate by rat hepatocytes. These actions of tributyltin would be due to the high affinity for rat hepatocyte. The formation of dibutyltin, monobutyltin and inorganic tin as metabolites of tributyltin was observed. However, in the case of tetrabutyltin, detectable metabolite was only monobutyltin. Cytochrome P-450 associated with the metabolism of butyltin compounds was induced by phenobarbital, but not by 3-methylcholanthrene. No metabolism of tributyltin was detected in isolated viable rat kidney cells. Therefore, it would be suggested that the contribution of liver was much larger than that of kidney on the metabolism of butyltin compounds in vivo.
  • 高見 勝重, 奥村 為男, 杉前 昭好, 中本 雅雄
    分析化学
    1987年 36 巻 3 号 143-148
    発行日: 1987/03/05
    公開日: 2010/05/25
    ジャーナル フリー
    低交換容量陽イオン交換樹脂を充てんしたカートリッジを試料の前処理に応用し,環境試料中におけるトリシクロヘキシルスズ化合物(TCTC)のGCによる分析法について検討した,水質試料を塩酸酸性とし,TCTCをヘキサンで抽出する.底質試料については,塩酸-エタノールで抽出した後,吸引濾過し,水を加えてヘキサンで逆抽出した.ヘキサン抽出液をアルカリ性エタノール及び水で洗浄,濃縮した後,カートリッジに通して有機スズ化合物を樹脂に吸着させる.保持されている混在有機物をエタノールで洗浄し,塩酸-エタノールでTCTCを塩化物として溶離した.溶離液に水を加え,塩化トリシクロヘキシルスズをヘキサンで抽出し,テトラヒドロホウ酸ナトリウム-エタノール溶液で水素化した.生成した水素化トリシクロヘキシルスズ(TCTH)をヘキサンで再抽出した後,その一定量をGC装置に注入して分析した.TCTHは保持時間で同定,ピーク高さで定量した.本法によるTCTCの定量限界は,水酸化物換算で,水質試料0.5μg/l,底質試料では0.02μg/gであった.又,定量限界の10倍濃度添加した添加回収実験の回収率は水質試料で95~97%,底質試料では86%で,測定値の相対標準偏差はそれぞれ1.4~2.5%,5.0%であった.
  • 布施 彌平治
    法制史研究
    1957年 1957 巻 7 号 90-111,en4
    発行日: 1957/03/30
    公開日: 2009/11/16
    ジャーナル フリー
    Nakahara-no-Syotei and Nakahara-no-Hantei who were supposed to be in the post of Myobohakase for about 30 years from 1160 or so, was one and the same person, and both of these two names, though written in different Japanese characters, should be pronounced as "Nakahara-no-Norisada".
    It was not "Norisada " that was appointed to the post of Myobohakase for the first time in the Japanese history, but it was this "Norisada" of the Nakahara family that started with the Sakagami family transmitting "Myobo-kagaku" by heredity.
  • 日本胸部疾患学会雑誌
    1997年 35 巻 7 号 845-846
    発行日: 1997/07/25
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
  • 遠藤 芳秀, 杉原 孝志, 松村 泰治
    鉄と鋼
    1980年 66 巻 9 号 1401-1405
    発行日: 1980/08/01
    公開日: 2009/06/19
    ジャーナル フリー
    On emission spectrometric analysis of steels, the behavior of non-metallic inclusions was investigated. The spectrum intensity of determinable elements was influenced in complicated manners by inclusions. Experiments were carried out concerning the considerable influence of Al2O3 inclusions on C and additionally those of SiO2 on C and Al2O3 on P as similar pattern.
    Obtained results were following:
    1) The influence of Al on C was caused not by contents of Al on composition of inclusions themselves, but by existing condition of Al2O3 inclusions.
    2) The influence of inclusions was attributable to the abnormal emission caused by preferential discharges, and similar behavior was also shown on SiO2 inclusions to C and Al2O3 inclusions to P.
    3) Because of influence of inclusions mentioned above, calibration curves could not be unified and the influences might not be reduced without the classification of calibration curves.
  • 尿酸性ムコ多糖の電気泳動について
    鶴見 膠一, 木村 篤, 大兼 俊太郎
    生物物理化学
    1972年 17 巻 1 号 3-8
    発行日: 1972/10/10
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
  • 日本胸部疾患学会雑誌
    1989年 27 巻 7 号 869-872
    発行日: 1989/07/25
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
  • 高橋 務
    分光研究
    1967年 15 巻 5 号 164-171
    発行日: 1967/04/30
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    Using electrodes made of various kinds of steels, the relations of the erosion rate of the electrodes to the spectral intensity and to the discharge conditions are examined with the low voltage spark discharge.
    The erosion rate of the cathode depends on the kinds of steels: it is 90μg/coulomb for stainless steel, 73μg/coulomb for tool steel and 70μg/coulomb for low alloy steel.For the same kind of steel, the erosion rates of the cathode linearly depends on the integrated discharge current ∫i dt, which is the results as obtained previously with pure materials.
    The spectral intensity depends mainly on the erosion rate of the element erupted out from the cathode.The relations between the spectral intensity and the dissipation rate of the elements from the cathode also depend on the kind of steels.
    Using the relation between the spectral intensities and the erosion rates, calibration curves are able to be drawn, and the spectrochemical analysis is possible only with one standard sample.
  • 鋳鉄試料の分析における組織依存性の減少
    鹿島 次郎, 梅村 文夫
    分光研究
    1975年 24 巻 1 号 21-28
    発行日: 1975/02/28
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    A study has been made on the influences of matrix and electrode temperature on spectrographic analysis of cast iron. White cast iron, ferritic gray cast iron, pearlitic gray cast iron, blackheart malleable iron, pearlitic malleable cast iron, ferritic spheroidal graphite cast iron, and pearlitic spheroidal graphite cast iron were used for the sample electrodes.
    The erosion and spectral line intensity of gray cast iron were remarkably higher than those of white, malleable or spheroidal cast irons. There was little difference between ferrite cast iron and pearlitic cast iron. These results show that the influence of matrix on spectrographic analysis depends mainly on the shape of graphite.
    When a heated sample-electrode was used, the influence of matrix on spectrographic analysis decreased. One working curve obtained by using sample electrode heated at 740°C makes it possibie to analyze all types of cast irons. The causes of the decrease in the matrix effect are thought to be violent oxidation and melting of the surface of the electrode, which homogenize the surface of diffecent cast irons.
  • 真空紫外領域以外(2,000Å以上)に存在する炭素スペクトル線使用の可能性について
    後藤 秀弘, 広川 吉之助, 高田 九二雄
    分析化学
    1970年 19 巻 8 号 1021-1026
    発行日: 1970/08/05
    公開日: 2010/05/07
    ジャーナル フリー
    常圧分光器によって炭素の定量ができるならば,ほかの多くの金属元素との同時定量が可能となる.このため,低電圧衝撃放電により真空紫外領域外(2,000Å以上)で炭素の定量の可能性を検討した.本励起発光法によると炭素のスペクトル線はヘリウム気流中で試料を負極とした場合に鋭く,線強度が大であった.CIII 2296.89Åに対する近接線の影響は,分光器のスリット幅を狭くすることにより除去でき,炭素の定量が可能となった.励起条件としては,直流電圧400V,2,000μF,50μHを用いた.また,内標準線は,FeII2481.05Å,FeII2481.57Å,FeII2497.30ÅおよびFeII2568.40Åが適当であった.本法による炭素鋼中の炭素の定量範囲は0.01~1.0%であり,炭素含有率0.084%の試料に対する変動係数は約16%であった.
  • 大野 浩之, 青山 大器
    衛生化学
    1991年 37 巻 6 号 522-528
    発行日: 1991/12/31
    公開日: 2008/05/30
    ジャーナル フリー
    A gas chromatographic (GC) method for the determination of trace amounts of oxinecopper (Ox-Cu) in water is described. A 500ml volume of sample water (pH 6.5-6.8) was passed through Sep Pak C18 cartridge at a flowrate of 5ml/min. Then Ox-Cu absorbed on the cartridge was eluted with 4ml of methanol. After removing the solvent from the eluate, 2ml of 0.01M disodium ethylenediaminetetraacetate solution was added to the residue and the formation of 8-hydroxyquinoline (8-HQ) was facilitated by ultrasonic treatment and vigorous shaking. 8-HQ was extracted twice with 1 ml of benzene and determined with a flame-thermoionic detector (FTD)-GC using a megabore capillary column (DB-1). The recoveries of Ox-Cu from 6 kinds of sample water were 81-97% and the relative standard deviation were 2.5-5.7%. The limit of detection was 0.5μg/l.
  • 井上 和正, 大道 泰之, 竹内 誠, 玉置 康晃, 阿達 啓介
    中部日本整形外科災害外科学会雑誌
    2017年 60 巻 6 号 1019-1020
    発行日: 2017/11/01
    公開日: 2018/02/02
    ジャーナル 認証あり
  • 長沼 勝義, 加藤 誠
    分光研究
    1975年 24 巻 2 号 79-88
    発行日: 1975/04/30
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    In the emission spectrochemical analysis, the influence of pores in sample electrodes, such as porous sintering products, powder-pressed samples, dipped electrodes etc., on the intensity and the intensity ratio of spectral-lines has been studied with samples prepared by powder metallurgy. The results obtained are as follows: (1) The intensities, intensity ratios and erosion amounts depend on the distribution, shape and amount of pores, and segregation of elements; (2) Types of the effects of the pore on the intensity differ with the amount of pore ; (3) Little influence of the pore on the intensity is observed in a range of a little amount of pore ; and (4) linear working curves are obtained with sample prepared under the fixed conditions of the forming pressure, sintering temperature, sintering time and so on.
  • 日本レーザー医学会誌
    1989年 9 巻 4 号 73-76
    発行日: 1989年
    公開日: 2012/09/24
    ジャーナル フリー
  • 柴田 勉, 浜田 栄, 奥山 祐治, 柏尾 義隆
    分析化学
    1984年 33 巻 6 号 315-319
    発行日: 1984/06/05
    公開日: 2010/02/16
    ジャーナル フリー
    炭素鋼及び低合金鋼の発光分光分析の際,あらかじめ放電エネルギーが通常よりも約19倍高いスパークを徐冷試料に与え,表面層の金属組織を改質した後定量する方法を検討した.一般に徐冷試料では,セメンタイトなどの炭化物が局所的に析出しており,これらと対電極との間に優先放電が起こるので炭素の定量値が高めに現れる.上記の予備放電処理により試料表面の局所的析出相が消滅又は分散し,定量が正確に行いうるようになる.炭素定量値の正確度(化学分析値と定量値の差の標準偏差)は炭素含有量0.03~1.03%の試料について0.0095%であった.
  • 中村 広繁, 山家 武, 中村 良文, 森尾 哲, 佐々木 孝夫, 応儀 成二
    肺癌
    2000年 40 巻 1 号 45-49
    発行日: 2000/02/20
    公開日: 2011/08/10
    ジャーナル フリー
    近年増加傾向にある女性肺癌の臨床像を解析するため, 鳥取県の検診成績をもとにその特徴を検討した. 過去11年間における検診発見肺癌341例の内訳は女性が115例, 男性が226例で, 約1:2の比率であった. 背景因子では女性は男性よりも有意に喫煙歴が少なく, 腺癌症例が多かった.予後は女性が男性より有意に良好であり, 特に病期ではII, III, IV期の進行症例において, 組織型では腺癌症例において男性より有意に予後良好であった. Coxの比例ハザードモデルによる多変量解析では病期, 手術の有無とともに性差は有意な予後因子であり, ハザード比1.61で女性が男性よりも予後良好であった.
feedback
Top