詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "冷凍機"
16,757件中 1-20の結果を表示しています
  • カマルディン A, 細川 明
    農業機械学会誌
    1979年 41 巻 1 号 97-104
    発行日: 1979年
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    東南アジア発展途上国においても青果物の貯蔵に低温が容易にまた安価に利用出来るようにと, 太陽熱
    冷凍機
    の開発を試みた。太陽エネルギのコレクタに構造の簡単な平板型コレクタを用いるときは, そのコレクタにて得られる温度が75℃程度であるため, 冷凍サイクルが低温で行なわれる。自然循環による吸収冷凍方式を採用することにし, このとき有望視されているLiBr-H2O系を冷媒溶液とすることにした。コレクタの低温という条件と自然循環という条件に適するように, 冷媒溶液のLi-Br濃度を希釈しなければならないが, これらの条件下で
    冷凍機
    の性能を試験するために, 能力が約1/4冷凍トンの小型試験機を試作し, その性能を調査し, 自然循環型太陽熱
    冷凍機
    の可能性を検討した。
  • 金沢 国男
    日本釀造協會雜誌
    1974年 69 巻 12 号 804-808
    発行日: 1974/12/15
    公開日: 2011/11/04
    ジャーナル フリー
    フロンを用いた
    冷凍機
    が開発されて以来, 小は家庭の冷蔵庫から大は工場の冷凍設備に至るまでその恩恵にあずからない人はないまでに普及してきた。
    冷凍機
    を100%活用して生産性を高めることも大切であるが, 機械を上手に働かせ, 事故を未然に防ぐことも必要である。何よりもまず
    冷凍機
    そのものを知ることが先決で, 専門メーカーに基礎知識の手ほどきをお願いした。
  • 柴田 克彦
    日本建築学会計画系論文集
    1996年 61 巻 485 号 51-59
    発行日: 1996/07/30
    公開日: 2017/02/02
    ジャーナル フリー
    There is a need for diagnostic technology to accurately note symptoms before turbo chillers lead to an equipment failure. This report models the relationship between the failure states and the causes of faults for quantitatively detecting symptoms in turbo chillers, and compares the differences in the operational dynamic characteristics of turbo chillers. It was found that the presence or absence of preventive maintenance brings about a significant difference in the temperature efficiency of condenser tube and the difference between the calculated condensing temperature using ASHIZAWA's Eq. and the actual condensing temperature. Therefore, their dynamic characteristics are important as diagnostic knowledge.
  • 小山 大介, 河合 淳, 河端 美樹, 足立 善昭
    生体医工学
    2021年 Annual59 巻 Proc 号 729-731
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/10/17
    ジャーナル フリー

    近年、脳磁計では蒸発したヘリウムガスの再利用システムの導入が進んでいる。様々な方式が開発されているが、

    冷凍機
    を脳磁計のすぐ近くに置く、または直結させて循環させる方式が効率良くヘリウムを再利用できると期待されている。しかし、
    冷凍機
    が発する磁気ノイズや振動が脳磁図計測の際にノイズになる懸念がある。そこで本研究は、
    冷凍機
    に起因するノイズを脳磁計の観測データから除去する信号処理手法を開発することを目的とする。著者らはこれまでに、ノイズ源のそばに置いたフラックスゲート磁気センサ(FGM)で観測したノイズデータを脳磁計データから差分するモバイルリファレンスセンサ法を開発してきた。今回、
    冷凍機
    由来の磁気ノイズを除去するモバイルリファレンスセンサとしてFGMと振動計を利用することにし、これらの最適な配置を検討した。実験では磁気シールドルーム内にSQUIDで構成される脳磁計とパルス管型
    冷凍機
    を配置し、長さ約60cmのトランスファーチューブで接続した。振動計とFGMを床上、デュワ上、トランスファーチューブ上、
    冷凍機
    の上・横・架台上に置いて
    冷凍機
    運転時の振動や磁気ノイズを計測した。SQUIDで同時記録したデータとのコヒーレンスを導出した結果、振動計は
    冷凍機
    上に置いた場合、FGMは
    冷凍機
    横に置いた場合に最も高い値を示した。振動計及びFGMで構成するモバイルリファレンスセンサによって
    冷凍機
    由来のノイズを低減できる可能性を明らかにした。

  • 小山 大介, 河合 淳, 河端 美樹, 足立 善昭
    生体医工学
    2021年 Annual59 巻 Abstract 号 447
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/10/17
    ジャーナル フリー

    近年、脳磁計では蒸発したヘリウムガスの再利用システムの導入が進んでいる。様々な方式が開発されているが、

    冷凍機
    を脳磁計のすぐ近くに置く、または直結させて循環させる方式が効率良くヘリウムを再利用できると期待されている。しかし、
    冷凍機
    が発する磁気ノイズや振動が脳磁図計測の際にノイズになる懸念がある。そこで本研究は、
    冷凍機
    に起因するノイズを脳磁計の観測データから除去する信号処理手法を開発することを目的とする。著者らはこれまでに、ノイズ源のそばに置いたフラックスゲート磁気センサ(FGM)で観測したノイズデータを脳磁計データから差分するモバイルリファレンスセンサ法を開発してきた。今回、
    冷凍機
    由来の磁気ノイズを除去するモバイルリファレンスセンサとしてFGMと振動計を利用することにし、これらの最適な配置を検討した。実験では磁気シールドルーム内にSQUIDで構成される脳磁計とパルス管型
    冷凍機
    を配置し、長さ約60cmのトランスファーチューブで接続した。振動計とFGMを床上、デュワ上、トランスファーチューブ上、
    冷凍機
    の上・横・架台上に置いて
    冷凍機
    運転時の振動や磁気ノイズを計測した。SQUIDで同時記録したデータとのコヒーレンスを導出した結果、振動計は
    冷凍機
    上に置いた場合、FGMは
    冷凍機
    横に置いた場合に最も高い値を示した。振動計及びFGMで構成するモバイルリファレンスセンサによって
    冷凍機
    由来のノイズを低減できる可能性を明らかにした。

  • 富永 昭
    低温工学
    1998年 33 巻 4 号 163-171
    発行日: 1998/04/25
    公開日: 2010/02/26
    ジャーナル フリー
    The “Hadoh” group of societies for the study of thermoacoustics and thermoacoustical engineering, established in 1988, was adjourned in 1977. During the 9 years, members of these societies promoted great progress in thermoacoustics and thermoacoustical engineering, especially in the area of pulse-tube refrigeration. The thermoacoustical engineering supported by the Cryogenic Society of Japan is presently spreading into the Japanese Society of Mechanical Engineering and other societies. A wide variety of thermoacoustic phenomena has been studied, and the thermoacoustic theory has developed from “standing wave approximation” to a theory including “progressive waves” in order to understand thermoacoustic devices equipped with regenerators. While thermoacoustic theory succeeded in a qualitative understanding of thermoacoustic phenomena and has been used for the R&D of thermoacoustic refrigerators, there remain important problems; how to control the steady mass flow and how to understand and design heat exchangers of thermoacoustic devices. These are essential and urgent problems in developing practical devices of higher efficiency. A deep insight of thermoacoustics may be one of the keys to the future development of thermodymnamics that consider time.
  • 藁谷 至誠, 植草 常雄, 藤井 修二
    日本建築学会計画系論文集
    2001年 66 巻 540 号 53-58
    発行日: 2001/02/28
    公開日: 2017/02/04
    ジャーナル フリー
    Single-/double-effect absorption refrigerators that use exhaust heat from fuel cells apply the characteristics of exhaust heat recovered from fuel cells to achieve highly efficient operation. When absorption refrigerators using fuel cell exhaust heat are operated continuously throughout the year, the cooling capacity changes significantly depending on the temperature of the coolant water. Cooling capacity deteriorates with summer operating conditions as compared to winter operating conditions. We thus examined the possibility of improving performance by adding a gas-burning function to supplement the reduced cooling capacity. As a result, we confirmed that we were able to improve the cooling performance as desired.
  • 横山 彰一, 稲口 隆, 金 太〓, 梅村 敏夫, 今井 良夫, 湊 恒明, 荻津 透, 水野 元
    電気学会論文誌D(産業応用部門誌)
    1995年 115 巻 10 号 1270-1275
    発行日: 1995/09/20
    公開日: 2008/12/19
    ジャーナル フリー
    A liquid He free conduction cooled NbTi superconducting magnet for X-band klystron was designed, fabricated, and tested successfully. The magnet has a room temperature bore of 190 mm. The rated field is 0.7T. In order to meet the requested magnetic field distribution, the NbTi coil is separated to three parts and a return yoke is set. The coil is cooled by a two-stage Gifford-McMahon cycle refrigerator. The refrigeration capacity is 1.1 W at 6K and 30W at 40K for each stage. Current leads are made of 2223 Bi-based oxide superconductor. The coil was cooled down to superconducting state from room temperature in 85 hours. The ultimate temperature of the coil was below 4K, and the coil was energized without quench to 18.5 A which was 105% of rated current. The power consumption of 6kW is 1/8 of the normal conducting magnet. The thermal leak of 0.2W into the coil was measured, which was the same value of the design.
  • 富樫 英介
    日本建築学会環境系論文集
    2016年 81 巻 725 号 615-623
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/07/30
    ジャーナル フリー
     An adsorption refrigeration chiller has great potential for improving energy conservation. It uses adsorbing materials with low regeneration temperatures that can be regenerated by waste heat from a gas engine or hot water from a solar heat collector. To optimize the operation of an adsorption refrigeration chiller, a performance prediction method is required. In this study, a model of an adsorption refrigeration chiller was developed for annual building energy simulation.
     Models have been developed to calculate the thermodynamic properties of an adsorbent. Many of the adsorption refrigeration chillers currently available in the market use an AFI-type structure ferroaluminophosphate zeolite (FAPO-5) as the adsorbent. As the adsorption isotherms of FAPO-5 have sigmoidal characteristics in contrast to those of general zeolite or silica gel, they were approximated using a logistic function (Eq.(1)). Fig. 2 shows the adsorption isotherms of FAPO-5. To increase the calculation speed, a linear regression model (Fig. 3) was also proposed. The correlations between relative pressure [-], adsorbent temperature [K], and adsorption [kg/kg] were expressed in the model. The relative and absolute error rates of adsorbent temperature were 0.009% and 0.024%, respectively, in the range of applications. To calculate the temperature of saturated water from relative pressure and adsorbent temperature, a linear regression model of saturated water and vapor was also developed.
     The model of the adsorption refrigeration chiller consists of four components: a condenser, an evaporator, an adsorber, and a desorber. Fig. 4 shows the heat balance diagram of the adsorption refrigeration chiller. Heat flow was modeled using cooling water, chilled water, and hot water. Heat flow inside the chiller occurred by vaporization, condensation, desorption, and adsorption of refrigerant water. The heat exchange at each component was expressed with the NTU (number of transfer units) effective method as expressed in Eqs. (15), (22), (25), and (27). The changes in adsorption at the adsorber and desorber were expressed using differential equations as shown in Eq. (18) and Eq. (24). Fig. 5 shows the time series of the adsorption refrigeration cycle assumed in this model. Eq. (18) and Eq. (24) can be solved to Eq. (36) and Eq. (40) by using the linearity assumption of adsorption isotherms. Fig. 6 shows the calculation flow diagram of the model. Three iterative computations were required. The co-efficient of performance (COP) of the chiller was calculated iteratively in the outer loop. The hot water outlet temperature and desorb temperature were calculated iteratively in the inner loop. When the value of adsorption exceeded the linear range in the iterative calculations, the value was corrected as shown in Fig. 7.
     A sensitivity analysis was performed to evaluate the developed model. Fig. 8 shows the results of sensitivity analysis. The cooling capacity and COP were calculated by varying the temperature and flow rate of cooling water, hot water, and chilled water. The plot in Fig. 8 represents the actual measured data from a previous study. The lines in Fig. 8 are the calculated results for the developed model. The solid lines denote the results that have the same boundary conditions as the measured data. The results of the sensitivity analysis on flow rates were consistent with the measured data. Sensitivity analysis on the hot water inlet temperature shows slightly different trends compared to measured data.
     All source codes developed in this study are distributed under General Public License and can be downloaded from the website ( http://www.hvacsimulator.net ).
  • 大平 昭仁
    電気設備学会誌
    2018年 38 巻 7 号 361-364
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/07/10
    ジャーナル フリー
  • 小田 祺景
    日本物理学会誌
    1982年 37 巻 7 号 595-600
    発行日: 1982/07/05
    公開日: 2008/04/14
    ジャーナル フリー
    稀釈
    冷凍機
    の基礎的事項についてはIで説明した. IIでは主にIで述べた事柄の中で製作上重要と思われる点をまとめておく. ただ§3で述べる事柄, 特に数値の選び方に関しては著者の主観が含まれていることをお断りしておく. §4では稀釈
    冷凍機
    の限界についてふれた.
  • 浦田 昌身
    電気学会誌
    1994年 114 巻 12 号 817-821
    発行日: 1994/11/20
    公開日: 2008/04/17
    ジャーナル フリー
  • 横田 晋次郎, 鈴木 葉, 井村 敬一郎, 出口 和彦, 鈴木 博之, 佐藤 憲昭
    日本物理学会講演概要集
    2016年 71.2 巻 16aJB-10
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/12/05
    会議録・要旨集 フリー

    これまで我々はSmSの1.5GPaまでの高圧とヘリウム4

    冷凍機
    の温度領域までの熱電能測定について報告してきた。今回SmSが磁気秩序を形成する手前の2GPaを超える高圧下及び、ヘリウム3
    冷凍機
    の温度域で、S/T (S:熱電能)が対数的に発散する量子臨界現象を見出した。本発表ではこの実験結果について詳細に報告する。

  • 富永 昭
    真空
    2000年 43 巻 4 号 484-491
    発行日: 2000/04/20
    公開日: 2009/10/20
    ジャーナル フリー
  • 小木曽 義正
    医科器械学雑誌
    1969年 39 巻 3 号 164-169
    発行日: 1969/03/01
    公開日: 2020/09/23
    ジャーナル フリー
  • — 極低温冷凍機の基礎 —
    松原 洋一
    低温工学
    2006年 41 巻 10 号 420-427
    発行日: 2006年
    公開日: 2007/02/20
    ジャーナル フリー
    Part II of this study covers the variations of loss mechanisms for not only cryocoolers, but also compressors. To do so, it is inevitable to understand the efficiency of a system in terms of percent Carnot and/or a coefficient of performance. Once readers review these concepts, the next step is how to minimize the losses and optimize the entire refrigeration cycle. As described in part I of this study, a GM cryocooler is employed to study the loss mechanisms in detail. By introducing the concepts of energy flow, work flow, enthalpy flow and entropy flow, it is fairly straight-forward to visualize the refrigeration process. This approach is effective to optimize the refrigeration cycle, and a numerical method is used to demonstrate optimization of the GM cooler. To review the historical background of GM coolers, the Solvay cycle is also described to compare efficiencies.
  • 平松 二三男, 江口 力人, 工藤 正嗣
    日本ゴム協会誌
    1991年 64 巻 3 号 161-167
    発行日: 1991年
    公開日: 2007/07/09
    ジャーナル フリー
  • 吉田 茂
    低温工学
    2021年 56 巻 3 号 135-141
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/05/20
    ジャーナル フリー

    This is a review of compact liquefaction/recondensation equipment with cryocoolers, namely, GM-coolers and pulse tube cryocoolers. The improvement of liquefaction performance is remarkable since the advent of the 4-K pulse tube cryocooler. This article describes a brief history about 4-K cryocoolers and their liquefaction performance. Additionally, commercialized helium gas liquefaction/recondensation systems with cryocoolers are introduced and those specifications are shown.

  • 井上 龍夫
    応用物理
    2003年 72 巻 3 号 343-348
    発行日: 2003/03/10
    公開日: 2019/09/27
    ジャーナル フリー

    超伝導機器の冷却方法として,今後の実用化を考えると液体窒素などの寒剤ではなく,小型

    冷凍機
    による冷却が必須である.極低温領域の代表的な
    冷凍機は蓄冷型冷凍機
    である.その冷却メカニズムは,作動流体が蓄冷器内を圧力変動を受けながら往復動し,適当なタイミングで蓄冷材との間で吸放熱することにより,熱が蓄冷材を介してバケツリレーされ,くみ上げられることである.代表的な蓄冷型
    冷凍機はスターリング冷凍機
    ,GM
    冷凍機
    ,パルス管
    冷凍機
    であり,それらの構造および特徴を紹介する.特にパルス管
    冷凍機
    については,最近までの発展について分類と構造的特徴を概説する.パルス管
    冷凍機
    は低振動性と保守性から今後の広範囲の応用が期待されており,その特徴を生かした応用例についても簡単に言及する.

  • 仲西 海斗, 黎 析寧, 西岡 孝, 加藤 治一, 松村 政博
    日本物理学会講演概要集
    2016年 71.2 巻 15aPS-27
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/12/05
    会議録・要旨集 フリー

    我々は最も小型の4 K GM

    冷凍機
    (0.1W@4.2K) を用いた極低温環境の開発を進めている。前回までの学会で,1 K以下の実現が可能であることを明らかにし,Heの充填充圧力を高めることで性能が大きく向上することを報告した。今回は試料部分のみ電磁石等に入るように細くすることを試みた。
    冷凍機
    の冷却ヘッドと試料冷却部分までの距離,筒の太さ,輻射シールドの関係などについて詳細な報告を行う。

feedback
Top