詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "台形"
17,211件中 1-20の結果を表示しています
  • 大塚 和彦, 江本 全志, 向殿 政男
    日本ファジィ学会誌
    1999年 11 巻 2 号 338-346
    発行日: 1999/04/15
    公開日: 2018/01/08
    ジャーナル フリー

    本論文では, 区間真理値とファジィ真理値の中間的な真理値として,

    台形
    によって表現される真理値(
    台形
    真理値と呼ぶ)を定義した.この真理値は, 台集合の両端と所属度が1になる区間の両端の4つの要素によって表現される.
    台形
    真理値に対して, 拡張原理により導かれる論理演算では演算として閉じたものにならないが, 本論文では新たに演算として閉じる論理演算(論理和, 論理積, 否定)を定義した.これらの論理演算と
    台形
    真理値によって構成される代数系が, 区間真理値と同じくド・モルガン代数をなしていることを示し, さらにクリーネ代数をなす為の必要十分条件を示した.最後に有限個の
    台形真理値と論理演算によって生成される台形
    真理値の集合に対する性質を明らかにし, 特に2個の生成元から生成される
    台形
    真理値の集合の最大の要素の数及び, 生成元がクリーネ代数を満たす場合の最大の要素数を明らかにした.

  • 魚本 健人
    ダム工学
    2011年 21 巻 4 号 232-241
    発行日: 2011/12/15
    公開日: 2011/12/23
    ジャーナル フリー
  • 山城 保史, 黒木 伸明
    日本科学教育学会研究会研究報告
    2003年 18 巻 1 号 1-6
    発行日: 2003/09/27
    公開日: 2017/11/17
    研究報告書・技術報告書 フリー
    今回の指導要領の改訂に伴い,小学校で今まで学習内容であった
    台形
    の面積は発展的な学習内容の例として位置づけられるようになった.
    台形
    の面積の求め方は,多様な見方・考え方を引き出す教材として有効である.ここでは,三角形や
    台形
    の面積を求める場合に引き出された多様な考え方がどのように関連付けられるかを明らかにしたい.
  • 越地 福朗, 板谷 俊輔, 秋山 侑祐, 越地 耕二
    エレクトロニクス実装学会誌
    2012年 15 巻 7 号 526-533
    発行日: 2012/11/01
    公開日: 2013/02/26
    ジャーナル フリー
    本稿では,過去に提案したUWB用半円
    台形
    不平衡ダイポールアンテナの小型化を目的に,扇形と
    台形
    のペアの放射素子を有する不平衡ダイポールアンテナを提案し,電磁界解析およびアンテナ試作によって放射素子形状の検討および特性確認を行った。その結果,アンテナ各部の寸法を,扇形放射素子の半径12 mm,
    台形
    放射素子の上底12 mm,下底20 mm,高さ22 mm,扇形と
    台形
    放射素子の間隔0.4 mm,放射素子導体厚1.6 mmとした試作アンテナにおいて,3.0~15 GHzでVSWR≤2.0,比帯域幅133%を実現し,原形の半円
    台形
    不平衡ダイポールアンテナと比べて面積比で60%の小型サイズでありながら,同等以上のVSWR特性を有する良好なアンテナが得られた。
  • 第1報 患者口腔内での形成時の評価
    行田 和子, 清水 浩一, 千葉 治, 三神 仁, 佐々川 毅, 小見山 信, 是永 俊晴, 桟 淑行, 五十嵐 孝義
    日本補綴歯科学会雑誌
    1992年 36 巻 1 号 181-195
    発行日: 1992/02/01
    公開日: 2010/08/10
    ジャーナル フリー
    This study established a new method of quantitive analysis on the form of abutment teeth prepared with natural teeth at Random Position (R. P.) under clinical situation.
    The subjects for this study which were the maxillary first premolars on the right and left side andthe cases of indication of extruction conveniently under orthodontic treatment were evaluated.
    The preparations were the chamfer type for full cast crowns on the right side and the full-shoulder type for full-bake type porcelain fused to metal crowns on the left side.
    Further, those data were compared with the average data of ten abutment teeth prepared withmelamine-resin teeth on a mannequin by the same operator at R.P. to evaluate this new method ofanalysis.
    Those data could be compared under the same standard and the form of abutment teeth preparedwith natural teeth were similar to that with melamine-resin teeth. On the side, some factors whichwere considered to influence the teeth preparation were apparent.
    As a result, this new method could be used for analysis of the form of abutment teeth preparedwith natural teeth.
  • 常住 直人, 加藤 敬, 中西 憲雄, 桐 博英
    ダム工学
    1997年 7 巻 3 号 167-173
    発行日: 1997/09/15
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    本報文では, ダム合理化工法の一環として簡易越流頂 (円弧越流頂) について検討し, その放流特性・越流水面形・越流時の表面圧力など基本的な水理特性を明らかにした。また, これら諸成果を基に円弧越流頂の水理設計法を呈示した。さらに, 現在, コンクリートダムに多用されている二次放物線型越流頂と円弧越流頂を比較し, 円弧越流頂が放流能力・施工性とも優れていることを示した。
  • 田口 裕哉, 滝沢 智子, 岡 友有子, 藤井 規孝
    日本補綴歯科学会誌
    2012年 4 巻 4 号 434-443
    発行日: 2012/10/10
    公開日: 2012/11/14
    ジャーナル オープンアクセス
    目的:従来,全部鋳造冠の支台歯形成についてさまざまな教育方法や評価方法が試みられてきたが,動画教材を用いて教育効果を検討したものや支台歯の客観的評価に関する報告は数少ないように思われる.そこで,本研究は効果的な教材と妥当性のある支台歯の評価方法の開発を目的として行った.
    方法:術者の視界を録画することができるように位置を調整したカメラを用いて記録した,動画教材を用意した.10名の研修歯科医がこの動画教材を視聴する前と後に行った支台歯形成の結果を,面積計算を用いたテーパーに関する客観的手法と上級医の主観的評価によって比較することにより,本教材の効果を検証した.さらに客観的評価と主観的評価の一致率についても検討を行った.
    結果:動画視聴後にはすべての支台歯において主観的評価が上がっており,支台歯のテーパー,形態については動画視聴前後で有意差が認められた.客観的評価には有意差が認められなかったが,主観的評価と強い相関を示していることがわかった.
    結論:今回開発した動画教材は支台歯形成の教育に効果的であることがわかった.さらに,支台歯のテーパーを客観的に評価する際には面積計算が有用であること,ある程度臨床経験を積んだ上級医の主観的評価には妥当性があることが示唆された.
  • 上顎左側臼歯部ブリッジ
    古田 義博, 萩原 芳幸, 小見山 信, 佐々川 毅, 風間 泰昌, 桟 淑行, 五十嵐 孝義
    日本補綴歯科学会雑誌
    1988年 32 巻 5 号 1090-1099
    発行日: 1988/10/01
    公開日: 2010/08/10
    ジャーナル フリー
    Following are the results of a study made on the influence to the prepared tooth form, when the abutment tooth preparation with full cast crowns are done for the Maxillar Left Fixed Prosthodontics three-unit bridge in Random Position. The prepared teeth arethe Second Premolar and the Second Molar (The“Second Premolar”is abbreviated to “5” and the “Second Molar”is abbreviated to “7”).
    1. The reduced extent of occlusal surface was excessively large at 5 and 7 buccal cusps, while it was excessively small at Central grooves.
    2. The reduced extent of axial surface was excessively small at 5 and 7 all surfaces.
    3. The reduced extent of subgingiva tended to be shallower than the designated depth of 1.0mm at the all portions.
    4. As for the degree of axial taper, its made steeper toward the buccal and distal surface both 5 and 7.
    5. As for the relative degree of axial taper, it get the largest in degree on bothsides between5 medial surface and 7 distal surface.
  • 非解剖学的人工歯ブリッジ
    古田 義博, 渋谷 昌孝, 風間 泰昌, 飯島 浩人, 桟 淑行, 五十嵐 孝義
    日本補綴歯科学会雑誌
    1989年 33 巻 2 号 359-368
    発行日: 1989/04/01
    公開日: 2010/08/10
    ジャーナル フリー
    With a view to research the effect of the crown form, we made the unanatomical artificial teeth and some doctors to do the abutment tooth preparation with full cast crowns for the maxillar left fixed prosthodontics three-unit bridge in random position. After that, following are the results of a study made on the influence to the prepared tooth form. The prepared teeth are the second premolar and the second molar (The “second premolar” is abbreviated to “5” and the “second molar” is abbreviated to “7”).
    1. The reductions of occlusal surface was excessively larger at 5 and 7 buccal cusp regions, while it was excessively smaller at central groove area.
    2. The reductions of axial surface and subgingival area were excessively smaller at 5 and 7.
    3. As for the degree of axial taper, its was steeper toward the buccal and distal surfaces at 5 and 7.
    4. As for the relative degree of axial taper, it get the largest in degree on both sides between 5 medial surface and 7 distal surface.
    The results of this experiment are similar to the results that used anatomical artificial teeth. These results are affected by the operating posture.
  • *越地 福朗, 板谷 俊輔, 秋山 侑祐
    エレクトロニクス実装学術講演大会講演論文集
    2012年 26 巻 9A-04
    発行日: 2012年
    公開日: 2014/07/17
    会議録・要旨集 フリー
    本稿では,扇形と
    台形
    のペアの放射素子を有する不平衡ダイポールアンテナを提案し,電磁界解析および測定によって放射素子形状の検討を行った.その結果,アンテナ各部の寸法を,扇形放射素子の半径12mm,
    台形
    放射素子の上底12mm,下底20mm,高さ22mm,放射素子同士の間隔0.4mm,放射素子の厚さ1.6mmとしたときに, 3.0~15GHzでVSWR≦2.0,比帯域幅133%の測定結果が得られ,過去に提案した半円
    台形
    不平衡ダイポールアンテナと比べてほぼ半分の面積でありながら,同等以上のVSWR特性を有する良好なアンテナが得られた.
  • 上顎左側第2小臼歯
    小見山 信
    日本補綴歯科学会雑誌
    1990年 34 巻 4 号 772-785
    発行日: 1990/08/01
    公開日: 2010/08/10
    ジャーナル フリー
    Abutment tooth of full shoulder with castable ceramic crown for the maxillar left second premolar (5) was prepared in Home Position (H.P.).
    The following results are obtained on the influence in H.P. on the finishing form, especially on the full shoulder preparation.
    1. Finishing Form 1) Angle of inclination of shoulder surface sloped in each part, especially on buccal.
    2) Width of shoulder was narrow in each part, except in medio-buccal and lingual.
    3) Surface of abutment tooth of lower part of axial wall and shoulder was rough in almost any part, except in central lingual.
    4) As for Rough Value, smooth of curve on finishing line was questionable, especially on each angles.
    2. Amount of Reduction
    1) Amount of reduction on the subgingival was small, especially on central-buccal and lingual.
    2) Taper of axil wall almost acceptable, excep cept central-buccal.
    3. Required Time for Preparation
    Abutment tooth preparation required about 18/20min. and the share of the stopping time of air turbine was about 35%. The preparation of medial and distal proximal surface and subgingival required longer time than any other part.
    This research clarified that taper of axial wall was almost acceptable in abutment tooth preparation of full shoulder in H.P., however, subgingival preparation of finishing form including finishing line was a subject to be solved.
  • 仲田 侑平, 木村 紀之, 森實 俊充, 大森 英樹
    パワーエレクトロニクス学会誌
    2019年 45 巻 205
    発行日: 2019年
    公開日: 2020/06/13
    ジャーナル 認証あり
  • 内村 太郎
    コンクリート工学
    2005年 43 巻 10 号 3-8
    発行日: 2005年
    公開日: 2013/04/26
    ジャーナル フリー
    コンクリート工学では, セメント量が少なく, 盛土のように盛り立て, 転圧が行える材料を用いるRCDやCSGなどの工法が実用化されている。一方, 地盤工学では, 粒度調整砕石などの高品質の礫材に少量のセメントを混ぜたセメント改良礫土を用いて, 強度, 剛性のより高い盛土構造物を構築する技術が開発されてきた。両者の材料は, 骨材 (粒度調整砕石) の品質, セメント量, 水分量, 転圧方法とも, 互いに似通っており, コンクリートと地盤材料の中間領域の材料として, 同じカテゴリーに入るものである。しかし, その配合の表現方法, 品質評価や施工管理の方法は異なっている。本報では, これらの材料を統一的に捉える手がかりとして, その類似点, 相違点をまとめるとともに, 中間領域材料の締固め特性, 強度特性について系統的に試験を行った結果を紹介する。
  • 第3報 臨床実習および補講の効果
    野口 幸彦, 中山 茂, 和田 中, 谷中 信彦, 中村 誠, 今井 敬晴, 丹下 幸信, 福島 俊士, 花村 典之
    日本補綴歯科学会雑誌
    1990年 34 巻 4 号 801-809
    発行日: 1990/08/01
    公開日: 2010/08/10
    ジャーナル フリー
    Students prepared upper first molars on the simulation models within 30 minutes just before and after 1-year clinical courses, and their product was evaluated in order to examine significance of the course regarding preparation skill. The check points were convergence angle, occlusal clearance, surface roughness, amount of reduction (measured with weight loss of plastic tooth) and total impression by raters.
    In addition, four less-skilled students were selected and given a supplemental course consisted of training on the simulation model at the beginning of clinical course. At the end of the course, effect of training was evaluated.
    The results were follows:
    1. There were no differences in convergence angle between before and after clinical course, but big differences in rating grades of total impression, that is grades after the course were remarkably higher than those before the course.
    2. Through the supplemental course, preparation skill in convergence angle and rating grades of total impression was considerably improved and the higher level was maintained until after the course. In other words, the supplemental course was very effective in teaching tooth preparation.
    3. There were no significant differences in other factors, occlusal clearance, surface roughness and amount of reduction, in any stages and students.
  • 奥村 敏恵, 鈴木 康弘
    土木学会論文集
    1968年 1968 巻 154 号 1-14
    発行日: 1968/06/20
    公開日: 2010/02/25
    ジャーナル フリー
  • 杉浦 国男
    農業土木学会誌
    1993年 61 巻 2 号 101-106,a1
    発行日: 1993/02/01
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    今回の台風は降雨が少なく潮風害を受けやすい条件下にあった。このことが遊水部付緩傾斜消波工が従来型
    台形
    断面消波工に比較して潮風害防止効果がきわめてすぐれていることを証明する結果となった。これは従来型
    台形
    断面消波工は実験的研究成果に基づいてその設計諸元が定められ, 現地と消波機構が異なり, 静水面上の異形ブロックが波のエネルギ減殺に有効でないのに対して遊水部付緩傾斜消波工はその欠点が克服されていることによる。このため効果的な波浪制御がなされ, 経済的にも従来形
    台形
    断面消波工とほぼ同じ工事費で築造が可能な遊水部付緩傾斜消波工の標準的な断面 (案) を示した。
  • 浦 勝, 木田 宜慶, 秋山 壽一郎, 森山 宏孝
    水工学論文集
    2000年 44 巻 545-550
    発行日: 2000/02/10
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
    An investigation of side-weirs, used as a diversion structures in rivers and canals, is presented. Most commonly, the side-weirs are aligned parallel to the direction of flow in the parent canal, giving an off-take angle, θ of 90 degrees. However, this study investigates performance of oblique side, weirs, that off-takes at an angle less than 90 degrees. Discharge coefficients for oblique weirs are obtained theoretically and experimentally as functions of off-take angle, θ, Fronde number in the parent channel and weir geometry. It is found that a high value of discharge coefficient can be maintained when θ lies between 60and 80 degrees. A side weir with θ equal to 70 degrees is selected for tiuther study with improved frontal apron and approach wall. It is concluded that the value of discharge coefficient can he further increased for a wide range of high Fronde numbers through these improvements.
  • 二宮 半三, 黒川 貞幸, 池田 直也, 後藤 俊文, 藤木 芳成, 村上 昌之
    歯科放射線
    1985年 25 巻 1 号 1-5
    発行日: 1985年
    公開日: 2011/09/05
    ジャーナル フリー
    In planning facial crown of the front tooth, roentgenographic examination are recommended as an aid to determine the site of the pulp horn to avoid the perforation by preparation.
    The roentgenographic demonstrability of pulp horn, however, is not always satisfied caused by the covering enamel as the highly radiopaque substance and tooth crown structure.
    180 extracted incisors were examined how to be able to get more accurate image of pulp horn.
    The roentgenogram of the tooth which grinded off the enamel revealed more accurate shape of the pulp horn compare with pre-grinded one, also it was presented almost the same shape and relative size compare with the actual pulp cavity reveals on the transparent specimens of the teeth permeated with India ink.
  • 大友 健, 伊藤 一教, 平川 勝彦, 楠見 正之
    コンクリート工学論文集
    2005年 16 巻 2 号 61-69
    発行日: 2005/05/25
    公開日: 2012/11/13
    ジャーナル フリー
    By using of original apparatus utilized gravity action for mixing of cemented sand and gravel, mixing efficiency and effect of different obstacles were examined. And falling mechanism by gravity force and analysis method of particle behaviors for simulation of mixing were studied.
    As the result, the mixing efficiency would be explained by the impacting momentum concerning of the products of impacting number, impacting velocity and impacting angle, and the effect for shape of the impacting obstacles, board, funnel or stick, would be able to explain by the correction factor on the formula of the impacting momentum were clarified. DEM analysis for the normalized particle distribution of sand and gravel was able to explain the falling by gravity and collision phenomenon to the obstacles by estimating parameters of the impacting energy and the frequency of the change the order of particles during falling.
  • 越地 福朗, 江口 俊哉, 佐藤 幸一, 越地 耕二
    エレクトロニクス実装学会誌
    2007年 10 巻 3 号 200-211
    発行日: 2007/05/01
    公開日: 2010/11/26
    ジャーナル フリー
    本稿では, 半円と
    台形
    の放射板を有する半円
    台形
    不平衡ダイポールアンテナを提案する。はじめに, 電磁界解析により放射板形状の検討を行い, 半円と
    台形
    の放射板の組み合わせの時に効果的に広帯域化されることを示す。次に, 携帯機器への組み込みを考え, マイクロストリップ線路を用いて給電する場合を検討し, VSWR特性および指向性を劣化させることなく給電が可能であることを示す。最後に, 実際にアンテナを試作し, 実験により特性を評価し, 提案するアンテナの有効性を確認している。その結果, 提案した半円
    台形
    不平衡ダイポールアンテナは, UWBの周波数帯域を含む2.8~11.5GHzでVSWR≦2.0 (帯域幅122%) , 指向性利得は-3.8~5.0dBiであり, 交差偏波比は15dB以上の良好な特性を得た。
feedback
Top