詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "名古屋園芸"
2件中 1-2の結果を表示しています
  • 黄 建成, 田辺 賢二, 板井 章浩
    園芸学研究
    2004年 3 巻 3 号 251-256
    発行日: 2004年
    公開日: 2008/03/15
    ジャーナル フリー
    アジアハス種内交雑の4品種,アジアハスとアメリカハスとの種間交雑の3品種,ならびにその種子親品種と花粉親品種候補合わせて70品種,合計77品種を対象に解析を行った.11種類のISSRプライマーで合計103本の多型マーカーが得られ,アジア種内の品種間における58本のマーカーで品種が識別でき,また種間に大きな遺伝的差異の存在することを示した.これらのマーカーを用いて,交雑育種によって育成された種内雑種‘中日友誼蓮’と種間雑種‘舞妃蓮’について検討し,親子間にそれぞれ16,81本の有効多型性を示したマーカーが得られ,遺伝的に矛盾がない親子関係を明らかにした.また,種内雑種‘白光蓮’は‘白君子小蓮’と‘金輪蓮’,または‘アメリカ白蓮’と‘清月蓮’の2組合せの親子間で不一致が認められ,親子関係は認められなかった.さらに,種間雑種‘美中紅’と‘小舞妃’および自然交雑によって育成した種内雑種‘紛碗蓮’と‘玫紅川台’の合計4品種では,種子親との間にそれぞれ13,16,12,4本の有効な多型マーカーが得られた.これをもとに花粉親候補69品種を対象に検討した結果,‘美中紅’では‘寿星桃’が,‘小舞妃’では‘紛千葉’が,‘紛碗蓮’では‘寿星桃’が,‘玫紅川台’では‘盧山白蓮’がそれぞれ親子間で遺伝的に矛盾がないことから花粉親であると考えられた.
    以上の結果から,ISSRマーカーを用いた分析はハスの種内雑種と種間雑種の親子鑑定および花粉親の推定に有効であることが示唆された.
  • 鄭 澤宇, 岩田 洋佳, 二宮 正士, 田村 義保
    育種学研究
    2005年 7 巻 3 号 133-142
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/09/21
    ジャーナル フリー
    本研究では,P形フーリエ記述子を用いてハナハス花弁先端部の部分形状を定量的に記述し,その記述子の統計解析により手法の有効性を評価した.椀型のハナハス花弁を平面化して撮影するために分断化された花弁断片から,先端部の輪郭のみを抽出し,その形状を8次のP形フーリエ記述子として記述した.これら記述子に対し主成分分析を行った結果,第1主成分の寄与率が約50%であり,また第5主成分までで全変動の80%以上が説明された.各主成分の形態的意味は逆フーリエ変換により視覚化され,第1主成分は全体的な尖り具合,第2主成分は花弁頂部の中心からのずれ,第3,第4主成分は頂部の特徴を評価していた.なお,2品種を用いて1花内の形状変化を評価した結果,両品種とも第1主成分で花弁の位置による系統的な変異がみられた.分散分析の結果,対称変異を評価する第1,3主成分で品種効果が0.1%有意であり,これら形状特徴は品種間変異をよく反映していると考えられた.なお,これら3主成分の品種平均は連続的な分布を示しており,段階評価などによるクラス分けは困難な特徴と考えられた.最後に,サポートベクターマシンを用いて主成分得点に基づく品種分類を試みた.誤判別率を1個抜きクロスバリデーションにより求めた結果,ハナハス7品種の分類において正判別率は85%に達した.以上の結果から,P形フーリエ記述子と主成分分析法と組み合わせることにより,独立した形状特徴を抽出でき,抽出された形状特徴はハナハスの品種分類に有効に利用できることが示された.開曲線にも適用できるP形フーリエ記述子は,画像解析に基づく形状解析法の応用範囲を大幅に広げると考えられ,作物器官の形状評価のための有効な手法のひとつとなりうる.本研究は,開曲線にも適用できるP形フーリエ記述子を植物形態の定量的評価に応用した初めての研究である.
feedback
Top