詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "名古屋市立中央看護専門学校"
16件中 1-16の結果を表示しています
  • 岡崎 ゆかり, 田中 直美
    日本健康医学会雑誌
    2015年 24 巻 3 号 242-243
    発行日: 2015/10/27
    公開日: 2017/12/28
    ジャーナル フリー
  • 田中 直美, 梅村 美雪, 野口 一重
    日本健康医学会雑誌
    2013年 22 巻 3 号 208-209
    発行日: 2013/10/05
    公開日: 2017/12/28
    ジャーナル フリー
  • 山中 克己, 明石 都美, 宮尾 克, 石原 伸哉
    結核
    1999年 74 巻 2 号 99-105
    発行日: 1999/02/15
    公開日: 2011/05/24
    ジャーナル フリー
    An Investigation by questionnaire was conducted in 1996 to know the tuberculosis (TB) status and living conditions of 50 homeless people registered as TB patients at one of Nagoya city's 16 health centers.
    1. All patients had one or more symptoms of TB, 64% of them showed positive TB bacilli on smear, and 35.3% of them had a previous history of TB treatment. However, only 15.2% suspected they had TB at the onset of symptoms.
    2. Main reasons of seeking medical treatment: 28.6% arrived by ambulance after falling down from exhaustion, 25.7% had consulted with welfare agencies after the onset of symptoms, and 20.0% had been diagnosed during the treatment of other diseases.
    3. When they were admitted to the hospital they had many concerns 29.0% loss of income, 19.4% living expenses, 19.4% smoking prohibition, 12.9% admission fee, and 9.7% privacy.
    4. They lived in the following: 42.9% construction camps, 20.0% parks or streets, 17.1% single room occupancy hotels, 17.1% daily or monthly paid apartments, and 11.4% sauna baths.
    5. Past medical histories of the subjects included 40.6% injuries by labor accidents, and 25.0% stomach ulcers. Current diseases were 15.6% mental diseases, 15.6% liver diseases, 15.6% diabetes mellitus, and 9.4% alcoholic dependance. Seventy percent of them consumed alcohol daily (average pure ethanol 125m1 per day).
    6. From the results outlined above, the following proposals relating to TB control of the homeless should be considered.
    1) Educating the homeless as to the need for a health check when TB symptoms are present.
    2) Opening a clinic for the homeless for easy access to consultation on TB.
    3) Directly observed therapy, short-course, for TB in the homeless.
    4) Health examination of the employees of single-room occupancy hotels and sauna baths which are used frequently by the homeless.
    5) A fundamental countermeasure to deal with alcoholic dependancy among the homeless.
  • 山中 克己, 明石 都美, 宮尾 克, 石原 伸哉
    結核
    1998年 73 巻 6 号 387-394
    発行日: 1998/06/15
    公開日: 2011/05/24
    ジャーナル フリー
    A survey was conducted to clarify the tuberculosis (TB) situation among the homeless during the period from 1991 to 1995 in Nagoya city, using 5, 222 registration cards of TB cases registered at one of Nagoya City's 16 Health Centers. Out of 5, 222 TB cases, there were 269 homeless cases (267 male and 2 female). Ninety-seven percent of them were pulmonary TB cases. The incidence and prevalence rates of TB per 100, 000 among the homeless were estimated at around 1, 500 and around 2, 400, respectively, around 20 times higher than those of the non-homeless male over the 19 years of age. A decrease in the incidence rate of TB cases among the homeless was not seen, although the rate among the non-homeless decreased gradually. The percentage of infectious (bacillary and/or cavitary) tuberculous cases among the homeless was higher than in the non-homeless. In the infectious cases, the percentage of smear-positive bacillary cases or far advanced cavitary cases was 52.1% or 9.4% among the homeless compared to 48.1% or 2.6% among the non-homeless, respectively. The detection rate by chest X-ray examination of the homeless was 3.9%.
  • 大野 清光, 近藤 高明, 山中 克己, 宮尾 克, 石原 伸哉, 藤原 奈佳子, 豊嶋 英明
    口腔衛生学会雑誌
    2001年 51 巻 1 号 88-95
    発行日: 2001/01/30
    公開日: 2017/12/08
    ジャーナル フリー
    歯周疾患の危険要因として骨粗鬆症の影響を把握するため,名古屋市に在住する17歳から87歳の233名を対象として歯周状況と骨密度の関連について調査した。骨密度は超音波を利用して測定し,歯周状況についてはCPITNを用いて評価した。男女とも歯同病罹患分画率は骨密度と有意な相関を示したが,ほかの要因も加味してロジスティック回帰分析を行うと有意な関連を示さなかった。閉経前のグループにおいては歯磨回数が唯一の関連要因であり,閉経後のグループでは年齢が歯周状況と有意な関連を示した。閉経と歯周病罹患分画率の関連も示された。これらの結果から年齢,歯磨回数,閉経といった要因が歯両疾患の発生,進行に寄与している可能性が示唆された。
  • 山中 克己, 酒井 秀造, 野村 史郎, 明石 都美, 臼井 利夫
    結核
    2001年 76 巻 4 号 363-370
    発行日: 2001/04/15
    公開日: 2011/05/24
    ジャーナル フリー
    A retrospective case-control study was performed with TB patients who were admitted to our hospital over the two years from Jan. 1997 to Dec. 1998 and healthy men who underwent a health screening in April 2000 in the same hospital. Thirty-two non-homeless TB patients (the first control group) and 32 healthy men (the second control group) were matched with 32 homeless TB patients according to age. All 3 groups were male. Total protein, albumin, cholesterol, cholinesterase, hemoglobin level and lymphocyte count on admission were significantly lower in the homeless patients than in the non-homeless patients and healthy men. Albumin, cholesterol, cholinesterase, hemoglobin level, white blood cell count and lymphocyte count on admission were significantly lower in non-homeless patients than healthy men. Height, weight and body mass index were significantly lower in the homeless patients than in the healthy men. However, there were no significant differences in these body characteristics between the homeless and non-homeless patients. Twenty-five percent of homeless patients died during hospitalization, compared with 6.3 percent of non-homeless patients. Lymphocyte counts among homeless patients who died during hospitalization were significantly lower than among those who survived during hospitalization. Total protein, albumin, cholesterol, cholinesterase, hemoglobin level and weight were lower in patients who died than in those who survived, although the differences were statistically not significant.
  • 篠田 恵見, 市村 尚子, 浅野 恵美, 月僧 厚子, 日隈 ふみ子, 谷口 通英, 片桐 麻州美, 井上 冷子, 内藤 直子, 岩澤 和子, 宮田 隆子, 駒形 美佳, 佐藤 由紀江, 福井 トシ子, 中井 敬子, 砥石 和子, 今津 朋子, 高崎 由佳理
    日本助産学会誌
    1995年 9 巻 2 号 88-106
    発行日: 1996/03/16
    公開日: 2010/11/17
    ジャーナル フリー
  • 内藤 直子, 日隈 ふみ子, 岩澤 和子, 月僧 厚子, 片桐 麻州美, 谷口 通英, 井上 冷子, 市村 尚子, 浅野 恵美, 篠田 恵見, 新道 幸恵
    日本助産学会誌
    1995年 9 巻 1 号 43-49
    発行日: 1995/12/10
    公開日: 2010/11/17
    ジャーナル フリー
  • 譽田 英喜, 武藤 隆嗣, 前田 伸子, 松本 亀治, 森戸 光彦
    老年歯科医学
    2000年 14 巻 3 号 297-306
    発行日: 2000/03/31
    公開日: 2014/02/26
    ジャーナル フリー
    常在微生物叢と宿主の均衡関係が破綻すると, 通常は無害であるはずの常在微生物が日和見感染発症の原因になることがある。加齢はこの均衡関係を崩す要因の1つと考えられている。本研究は特別養護老人ホームに入居している高齢者 (施設群) を対象に口腔常在微生物叢の検索を行い, 自宅で生活を営んでいる高齢者 (自宅群) と比較検討した。
    施設群として3施設 (111名), 自宅群として2群 (72名) を対象とした。口腔診査後, 唾液量, 唾液緩衝能, 唾液中のmutans streptococciとlactobacilliの菌数, 舌表面のCandidaとstaphylococciの菌数, メチルメルカプタン (CH3SH) 産生量を測定した。
    唾液量, lactobacilliの菌数, CH3SH産生量は両群間で顕著な差が見られなかったが, 緩衝能は施設群の方が自宅群よりも低い傾向が, またCandidaとstaphylococciの菌数は施設群の方が自宅群よりも有意に多かった。
    さらに施設群の一部に口腔衛生指導を行い, その効果を検討した結果, 唾液量, mutans streptococciの菌数, CH3SH産生量は指導後に改善したが, Candidaの菌数はほぼ同値であった。
    以上のことから, 施設群の高齢者では日和見感染症の病原体であるCandidaやstaphylococciが多いことが示唆された。また, 今回試みた口腔衛生指導ではCandidaを減少させることは困難であることが示唆された。
  • 松谷 涼子, 朽木 恵子, 片桐 麻州美, 内藤 直子, 岩澤 和子, 日隈 ふみ子, 井上 冷子, 市村 尚子, 吉田 恵美, 篠田 恵, 谷口 通英, 月僧 厚子, 新道 幸恵, 佐々木 裕子, 加藤 尚美
    日本助産学会誌
    1994年 8 巻 2 号 33-48
    発行日: 1995/03/21
    公開日: 2010/11/17
    ジャーナル フリー
  • 月僧 厚子, 岩澤 和子, 日隈 ふみ子, 片桐 麻州美, 篠田 恵見, 市村 尚子, 井上 冷子, 谷口 通英, 内藤 直子, 吉田 恵美, 新道 幸恵, 中込 さと子, 松谷 涼子, 平田 京子
    日本助産学会誌
    1993年 7 巻 2 号 28-41
    発行日: 1994/03/01
    公開日: 2010/11/17
    ジャーナル フリー
  • 岩澤 和子, 市村 尚子, 谷口 通英, 篠田 恵見, 日隈 ふみ子, 新道 幸恵, 月僧 厚子, 井上 冷子, 片桐 麻州美, 内藤 直子, 吉田 恵美
    日本助産学会誌
    1993年 7 巻 1 号 44-51
    発行日: 1993/12/10
    公開日: 2010/11/17
    ジャーナル フリー
    切迫流産のため入院を経験した妊婦6名を対象に, 1 心理・行動の経時的変化, 2 経験した心理的喪失と, その回復過程に影響を及ぼした因子を明らかにすることを目的として, 入院初期・退院予測期・妊娠末期・産後1週・産後1か月・2か月に半構成的面接調査を行った.
    その結果, 妊婦は切迫流産の症状出現あるいは入院によって, 妊娠の継続 (胎児の生存). に関して悲観的予測をし, 一時的に危機状況に陥った. 予期しない出来事を体験しての心理的喪失感として自己不全感を抱いていた. 症状の軽減と胎児の生存と成長の確認を得ることで, この危機状況から回復した. 入院生活では, 薬物療法・安静という制限された生活によって心身のストレスを受け, 妻・母親役割, 職業人としての役割, 友人との交流に関して喪失感を体験していた. しかし, 医療従事者, 家族, 友人, 同室者のサポートが, 心理的喪失感の軽減に影響していた.入院中に胎児の奇形を心配した妊婦の不安は, 出産後, 児が五体満足であることを確認するまで続いていた.妊娠初期の切迫流産の体験は, 時間の経過とともに薄れていき, 特に, 無事分娩を終了し, 育児が順調にいくことで「過去のこと」として整理されていた.
  • 山崎 いつ子, 渡辺 愼子, 谷古宇 弘恵, 高橋 真理, 笹山 雪子, 佐藤 ひとみ, 橋戸 奈津子, 佐々木 順子, 高橋 里亥, 鈴木 和代, 高橋 つや子, 鈴木 里加, 前田 弘子, 松下 美穂, 小木曽 みよ子, 瀬井 房子
    日本助産学会誌
    1992年 6 巻 2 号 43-53
    発行日: 1993/03/07
    公開日: 2010/11/17
    ジャーナル フリー
  • 医療マネジメント学会雑誌
    2005年 6 巻 1 号 287-295
    発行日: 2005/06/01
    公開日: 2011/03/14
    ジャーナル フリー
  • 森田 一三, 中垣 晴男, 小原 久和, 東松 信平, 中島 俊朗, 渡辺 喜則, 太田 憲明, 前田 伸子, 山中 克己, 柴田 享子
    口腔衛生学会雑誌
    2000年 50 巻 5 号 811-817
    発行日: 2000/10/30
    公開日: 2017/12/08
    ジャーナル フリー
    特別養護老人ホーム入所者50名にCPI,BOP,OKI,GL Lactobacilliのコロニー数,Mutans streotococciのコロニー数,Candidaのコロニー数について歯科医師が調査を行った後,月1回,3ヵ月間の口腔のケアを歯科衛生士が実施した。口腔のケアのうち,歯の清掃を行う,舌の清掃を行う,歯の清掃指導を行う,舌の清掃指導を行うの4種類の実施回数と各指標の改善状況との関係を検討した。その結果,1.Gingival Indexの改善については,危険率5%で歯の清掃指導の回数がオッズ比5.94で有意であった。2.Candidaのコロニー数の減少については,危険率5%で舌の清掃の回数がオッズ比4.98で有意であった。以上より,月1回,3ヵ月間の口腔のケアでは歯の清掃指導は歯肉の状態の改善に,舌の清掃はCandidaのコロニー数の改善に効果的であるといえる。
  • 宮崎 文子, 古田 祐子, 日隈 ふみ子, 岩澤 和子, 井上 冷子, 内藤 直子, 浅野 恵美, 市村 尚子, 片桐 麻州美, 月僧 厚子, 篠田 恵見, 谷口 通英
    日本助産学会誌
    1997年 10 巻 2 号 161-168
    発行日: 1997/03/10
    公開日: 2010/11/17
    ジャーナル フリー
feedback
Top