詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "咽頭化"
25件中 1-20の結果を表示しています
  • 中野 暁雄
    音声研究
    1998年 2 巻 3 号 9-30
    発行日: 1998/12/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    This report roughly describes various consonant systems found in the Afro-Asiatic (Hamito-Semitic) languages, alive and extinct, with their characteristic features. Comparison is made on the appearences of laryngeals (uvular, pharyngeal and glottal) and doubly articulated (most probably ejective in Proto-Afro-Asiatic) phonemes. The new types of double articulation such as uvularization, labialization, pre-glottalization, velarization, and pharyngalization, including implosives, pre-nasalation and even a click, are described in each section of the sub-families.
  • 岩佐 一枝
    音声研究
    2019年 23 巻 51-64
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/04/30
    ジャーナル フリー

    彝語系諸言語(チベット・ビルマ諸語)は,母音に緊喉・非緊喉の別をもつことで知られているが,緊喉母音生成の詳細な過程についての研究は,従来不十分なものであった。そこで本稿では,彝語系諸言語のうち,アシ・イ語及びノス・イ語に対して実施された音声分析結果をもとに,緊喉・非緊喉母音それぞれの特徴を示し,これを考察する。結果,本稿で取り上げた2言語においては,母音の緊喉に「咽頭化」と「喉頭化」の2タイプがあるとの結論に至った。

  • パッパラルド ジュゼッペ
    音声研究
    2012年 16 巻 1 号 6-15
    発行日: 2012/04/30
    公開日: 2017/08/31
    ジャーナル フリー
    The aim of this paper is to analyse two varieties of Hateruma dialect, in order to describe diatopic and diachronic changes. Hateruma dialect belongs to the Yaeyama dialect group, and is spoken on Hateruma island as well as in the Shiraho village of Ishigaki island. The paper aims to compare the two varieties through an acoustic phonetic analysis, setting as a parameter the vowel space. It also carries out a comparative analysis between the varieties spoken by different generations, in order to show diachronic changes. The acoustic phonetic approach allows us to gain a deeper understanding of the Hateruma dialect vowel system.
  • 加藤 智久
    耳鼻咽喉科臨床
    2020年 113 巻 3 号 161-165
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/01
    ジャーナル 認証あり

    Pyogenic granuloma is a benign tumor of the dermis and mucosa. Pyogenic granuloma in the head and neck region most frequently arises from the oral and nasal cavity, and rarely from the hypopharynx.

    Herein, I report a case of pyogenic granuloma in the hypopharynx. A 72-year-old man presented to us with pharyngeal discomfort. Laryngoscopy revealed a mass with an adherent white exudate in the hypopharynx. Tracheostomy was performed under local anesthesia. Biopsy of the mass revealed necrotic tissue and granulation tissue with inflammation. The mass was removed by laryngomicrosurgery under general anesthesia with a carbon dioxide laser for diagnosis. Histopathological examination revealed the diagnosis of pyogenic granuloma. The postoperative course was uneventful, with the patient showing no signs of recurrence for 2 years after the operation.

    I wish to emphasize the need to bear in mind the possibility of pyogenic granuloma in patients presenting with a mass with an adherent white exudate in the hypopharynx.

  • 宮本 雅行
    日本中東学会年報
    2011年 27 巻 2 号 83-101
    発行日: 2012/01/05
    公開日: 2018/03/30
    ジャーナル フリー
    This article aims at presenting the outline of the form of the Ḥassaaniyya poetry (HP) and its classification. Ḥassaaniyya is the Arabic dialect which is used mainly in Mauritania, where people have developed a distinguished poetry named “laġna” by using their daily tongue. Faced with the lack of comprehensiveness and clearness in previous studies about the subject, the author intends to put in order various previous explanations and expand them through analyzing some sample poems, assisted by a Mauritanian prominent scholar in the HP, Dr. Muḥammad Wuld Ḥẓaana. The paper starts with explaining sounds of the Ḥassaaniyya and the basic terms to analyze the HP. Secondly, it presents the key concepts characterizing the HP; gaaf and ṭalaεa, a variety of the meters, gadaε and sarm, and others. Gaaf or ṭalaεa is decided by the number of the hemistiches and the position of the rhyme. The HP has a variety of meters, basically determined by the number of the syllables in one hemistich, which varies from 1 to 12. Further, the existence of the adjoining two consonants widens the variety of the forms of the poetry. Thirdly, it explains two cases of the mixture of two different types; the mixture of gaaf and ṭalaεa, and the mixture of different meters and/or gadaε and sarm. Fourthly, it presents a long poem and the special form for women. Lastly, it attempts to make a classification of various poems, with detailed description of each form defined by the key concepts. The paper is not but an introduction of the study of the HP, which presents the framework of its form. There remain a lot of aspects that are to be studied.
  • 鈴木 博之
    音声研究
    2019年 23 巻 26-28
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/04/30
    ジャーナル フリー
  • 尾崎 義雄
    日本傳染病學會雜誌
    1926年 1 巻 1 号 41-43
    発行日: 1926年
    公開日: 2011/11/25
    ジャーナル フリー
  • 近藤 耕三
    日本傳染病學會雜誌
    1926年 1 巻 1 号 38-41
    発行日: 1926年
    公開日: 2011/11/25
    ジャーナル フリー
  • 近藤 律男, 田口 享秀, 長原 太郎, 佃 守
    耳鼻咽喉科臨床
    2004年 97 巻 10 号 887-891
    発行日: 2004/10/01
    公開日: 2011/10/07
    ジャーナル フリー
    Pyogenic granuloma is a benign tumor of the dermis and mucosa. This disease is often seen in the oral and nasal cavity, however, it is rare in the hypopharynx.
    We report a case of pyogenic granuloma in the hypopharynx.
    An 84-year-old male with pharyngeal pain and hemoptysis was referred to our hospital. Laryngoscopy showed a mass located at the left side of the hypopharynx. This mass was dark red and had a stem. It moved up and down in accordance with breathing. Tracheostomy was performed under local anesthesia and the mass was removed under general anesthesia with a YAG laser using a laryngomicrosurgery technique. The histological findings showed pyogenic granuloma. Ulcerous and erosive lesions were observed on the surface of the specimen and candida-like fungus and bacteria were recognized. We considered that infection played an important role in the presence of the pyogenic granuloma in the present case.
    The features of pyogenic granuloma were reviewed.
  • 住田 広中
    耳鼻と臨床
    1957年 3 巻 4 号 275-276
    発行日: 1957/04/15
    公開日: 2013/05/10
    ジャーナル フリー
    The author reports a case of spontaneous retropharyngeal abscess in a 20-year-old woman. It proceeded mainly as the neck phlegmon in the beginning and in the end a small localized abscess was formed. The healing was effected repidly after incision of the abscess. The administration of the antibiotics, 1, 000, 000 u. of penicillin and 300 mg of achromycin, was so effective that the patient tide over the peak of the symptom in a short period and was cured smoothly.
  • 熊切 拓
    言語研究
    2019年 156 巻 97-123
    発行日: 2019年
    公開日: 2020/04/14
    ジャーナル フリー

    アラビア語チュニス方言の一般的な否定文は,接頭辞maː-と接尾辞-ʃが述語の前後に共起することによって形成される。maː-は否定辞とみなされているが,-ʃの機能については定説がない。本研究では,否定以外の用法を含めた-ʃの機能の包括的な記述,およびモダリティの概念の導入という2つの観点から,-ʃの機能を論じる。-ʃは否定以外では疑問と想像を表し,否定においては「肯定的事態が事実でない」ことを表す。そこから,-ʃを非現実(irrealis)モダリティ辞と結論づける。「肯定/否定」の対立と-ʃの有無による「現実性/非現実性」の対立をかけ合わせると,次の4種のモダリティに整理できる。①肯定的現実性を表す文はmaː-も-ʃもなし,②否定的現実性を表す文はmaː-のみ,③肯定的非現実性を表す文は-ʃのみ,④否定的非現実性を表す文はmaː-と-ʃが共起。

  • 垣田 有紀, 比企 静雄
    日本音響学会誌
    1981年 37 巻 10 号 530-533
    発行日: 1981/10/01
    公開日: 2017/06/02
    ジャーナル フリー
  • 金子 晴生, 志越 顕, 新井 望, 阿部 良和, 山内 幹雄, 白井 達男
    日本老年医学会雑誌
    1989年 26 巻 5 号 469-474
    発行日: 1989/09/30
    公開日: 2009/11/24
    ジャーナル フリー
    白血病における重篤な合併症である感染症を高齢者白血病について調べた. 高齢者白血病は病態を定型と非定型に分けて検討を行なった.
    対象は昭和51年から昭和62年6月までの過去12年半の60歳以上の高齢者白血病45症例である. 病型分類は診断時の骨髄所見から定型22例, 非定型23例 (hypoplastic 10例, low percentage 13例) である.
    45症例の経過中における感染症は延102回であった. このうち定型例が48回, hypoplastic 31回, low percentage 23回であった. 感染症の種類は病型とは関係なく呼吸器感染症が多く認められた. 抗菌薬投与前に調べた分離菌の種類は, クレブシェラ, 緑膿菌, 大腸菌, ブドウ球菌, 真菌の順でグラム陰性菌が多くを占めた. 複数菌による感染は30回あり定型例が14回, hypoplastic 10回, low percentage 6回で, 菌の組合わせはグラム陰性菌同士が40%, グラム陰性菌とグラム陽性菌30%, グラム陰性菌と真菌が20%の順であった.
    死亡37例中の死因は出血15例, 感染13例であった. 感染死は定型例が8例と多く認められた.
    高齢者白血病の感染症に対する治療は宿主の要因から抗菌薬や抗真菌薬の充分な支持療法が行なわれにくく, 加齢による免疫能低下があり治療効果は悪く重症化した. 特に抗白血病剤多剤併用療法の際にその傾向がみられた. 高齢者白血病の併発感染症に対する治療が予防に対する対応の検討がさらに望まれる.
  • 冨山 道夫
    感染症学雑誌
    1994年 68 巻 7 号 842-847
    発行日: 1994/07/20
    公開日: 2011/09/07
    ジャーナル フリー
    1986年, 1988年, 1991年に耳鼻咽喉科を受診し, 急性中耳炎もしくは慢性副鼻腔炎急性増悪例と診断された小児のうち, 上咽頭細菌検査でH. influenzaeが検出された189名を対象として経口抗生物質に対する薬剤感受性の推移を検討した. ABPC, CCL, EMに対するMIC50およびMIC90値は1986年と1991年でほとんど変化がみられなかった.MINOはMIC50値が1991年に1986年より2管低い値を示し, 薬剤感受性の回復を認めた.1986年と1991年の耐性菌検出率を比較するとABPCは若干低下, CCLは若干上昇, EMは軽度上昇する傾向を示した.1991年に検出されたCCL耐性株はABPCとEMに耐性を示す株が多く, CFIXとNFLXに対する感受性は良好であった. CCL耐性株の今後の動向に注意する必要があるが, ABPCとCCLの耐性菌検出率に大きな変化はなく, H. influenzaeの感染による小児急性中耳炎, 慢性副鼻腔炎急性増悪例ではABPCとCCLが現在でも第一選択剤になりうるものと考えられた.
  • (第1報)Micrococcus Pyogenes Var. Aureusの上氣道粘膜における保菌の推移とPenicillin感受性の推移
    高橋 銑藏
    医療
    1958年 12 巻 4 号 259-266
    発行日: 1958年
    公開日: 2011/10/19
    ジャーナル フリー
    Because of the diffusion of the use of penicillin and other antibiotics, problems of drug resistance of micrococci pyogenes and cross injection have become more and more important, in recent years. If we try to clarify the diseases caused by certain bacteria, we must generally study the ecology of the bacteria harbored on the mucous membranes of the body. Since 1948 the authors have studied for 10 years on the bacterial flora, especially, micrococci pyogenes, in the upper respiratory tracts and their resistance to penicillin. Results obtained were as follows:
    1. Nasal carrier rate of micrococci pyogenes was very high in new born and very low in children of Kindergarten. In average, the rate was 20∼30%. The rate of penicillin resistant strains from the nasal carriers was much higher in the Nursing College's students than in other healthy person. In 1955, the rate of penicillin resistant strains reached to 100% in the former group, but since 1957 it decreased (92.3%).
    2. The carrier rate of micrococci pyogenes in throats of the students of the Nursing College was three times higher than that of the other healthy person outside of the institution. The rate of penicillin resistant strains from the throats was higher in the former group than in the latter in 1952 and 1953, but in 1955 and 1956 it became about 80%, and in 1957 both became 90% and reached to the equal rate to that of nasal carriers.
  • 河野 正樹
    消化器集団検診
    1992年 1992 巻 97 号 105-111
    発行日: 1992/12/15
    公開日: 2012/12/11
    ジャーナル フリー
  • 川平 稔, 親川 富則, 佐久川 廣, 浦崎 政仁, 上江洲 正則, 上原 正照, 嘉手納 啓三, 安座間 聰, 潮平 英敏, 金城 福則, 真喜志 金造, 小張 一峰, 田港 朝丈, 松本 強, 宮良 善雄, 島袋 隆志, 佐久本 健, 長堂 朝圭
    消化器集団検診
    1984年 1984 巻 64 号 23-32
    発行日: 1984/09/15
    公開日: 2012/12/11
    ジャーナル フリー
  • 加藤 正子, 岡崎 恵子, 鬼塚 卓弥, 角谷 徳芳, 阿部 雅子
    日本口蓋裂学会雑誌
    1984年 9 巻 2 号 109-116
    発行日: 1984/12/24
    公開日: 2013/02/19
    ジャーナル フリー
    昭和大学形成外科言語外来において,過去8年間に,週1回,2ヶ月以上,系統的構音訓練を行い,かつ訓練を終了した6歳以下の口蓋裂児80例の構音訓練成績を分析し,訓練成績に及ぼす要因について検討した.
    対象の初回手術年齢は,1歳台に行ったもの70例,2歳台以降に行ったもの10例であり訓練開始時の鼻咽腔閉鎖機能は,良好71例,軽度不全9例であった.対象が有していた誤り音の数は,平均7.5個であり,異常構音の種類は,口蓋化構音が44例と最も多く,ついで声門破裂音29例であった.対象のうち,WPPSI知能診断検査が実施可能であった59例の平均知能指数は117.8であり,言語性知能指数(111.3)は,動作性知能指数(118.8)に比べ有意に低かった.
    訓練終了までに要した期間は,平均11ヶ月であり,訓練回数は,平均26.3回であった.
    訓練終了までに要した平均訓練回数を口蓋裂の初回手術年齢,鼻咽腔閉鎖機能,誤り音の数,異常構音の種類及び知能と比較した.
    その結果,口蓋裂の初回手術を1歳台で行ったもの,鼻咽腔閉鎖機能が良好であったもの,誤り音の数が少なかったものは,口蓋裂の初回手術を2歳台以降で行ったもの,鼻咽腔閉鎖機能が軽度不全であったもの,誤り音の数が多かったものに比べ,構音訓練回数は少なかった.
    口蓋化構音は声門破裂音に比べ訓練回数が多く,その差は4歳台で顕著であった.また,声門破裂音の訓練回数は,鼻咽腔閉鎖機能の程度によって,差異が認められた.言語性知能において、知能指数の高いものほど、訓練回数の少ない傾向が認められた.
  • CHEMOTHERAPY
    1964年 12 巻 3 号 187-192
    発行日: 1964/05/25
    公開日: 2010/09/24
    ジャーナル フリー
  • 門脇 嘉宣, 平野 隆, 能美 希, 鈴木 正志
    日本耳鼻咽喉科学会会報
    2015年 118 巻 9 号 1143-1149
    発行日: 2015/09/20
    公開日: 2015/10/06
    ジャーナル フリー
     Large cell neuroendocrine carcinoma (以下 LCNEC) は1991年に肺の悪性腫瘍の一つとして病態が確立されたが, 他臓器での発症はまれであり, 頭頸部の粘膜においても22例のみの報告である. 今回, われわれは64歳男性の口蓋扁桃に発生した LCNEC の1例を経験した. 手術加療に放射線化学療法を併用し, 治療後36カ月の時点で無病生存中である.
     近年, 頭頸部 LCNEC はより悪性度の高い分類への見直しが求められている上, 症例数の少なさからいまだに標準的治療も確立されていない. 診断や分類を見直して正確な診断を行うことで, 今後の治療評価の進展も期待できると考えられる.
feedback
Top