詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "土井たか子"
39件中 1-20の結果を表示しています
  • 牛久保 美津子
    北関東医学
    2015年 65 巻 1 号 126
    発行日: 2015/02/01
    公開日: 2015/03/31
    ジャーナル フリー
  • 小西 敏正
    Finex
    2009年 21 巻 126 号 21-22
    発行日: 2009年
    公開日: 2020/06/23
    解説誌・一般情報誌 フリー
  • 菊池 雅史
    Finex
    2009年 21 巻 126 号 20-21
    発行日: 2009年
    公開日: 2020/06/23
    解説誌・一般情報誌 フリー
  • 李 津娥
    マス・コミュニケーション研究
    2014年 85 巻 25-41
    発行日: 2014/07/31
    公開日: 2017/10/06
    ジャーナル フリー
    Political advertising plays a significant role in conveying campaign information and constructing images of parties and candidates more directly than the news, the contents of which they have little or no control over. Political parties have prioritized traditional political communication, such as personal contact campaigning and wayside speeches. However, parties have come to rely more on political advertising as a result of the termination of the long-standing dominance of the Liberal Democratic Party (LDP) in the early 1990s. This paper outlines the historical development of political advertising from the emergence of political parties and their campaigning in the 1880s to the online campaigning during the 2013 House of Councilors election, focusing both on the change in the media environment and in election law. The current research also compares the contents and appeal of LDP and non-LDP political advertising in terms of issue presentation and image construction by analyzing political ads in newspapers and on television from 1960 to 2012. Overall, parties have placed emphasis on images over issues in their ads, and election campaigns have been dominated by governing parties. This tendency did not change at all in the online campaigns of the 2013 House of Councilors election. This paper also investigates issues in relation to online political campaigning, including concerns over targeted and tailored online political advertising and selective searches for information by voters that confirm their pre-existing political views, which in turn might decrease political tolerance.
  • 国際女性の地位協会編集委員
    国際女性
    1988年 1 巻 1 号 56-58
    発行日: 1988/06/01
    公開日: 2010/09/09
    ジャーナル フリー
  • 流石 さざれ
    環境技術
    2004年 33 巻 8 号 639-640
    発行日: 2004/08/20
    公開日: 2010/03/18
    ジャーナル フリー
  • 高橋 明
    日本ゴム協会誌
    1994年 67 巻 3 号 182-189
    発行日: 1994年
    公開日: 2007/07/09
    ジャーナル フリー
  • 日本女性差別撤廃条約NGOネットワーク
    国際女性
    2006年 20 巻 20 号 68-120
    発行日: 2006/12/15
    公開日: 2010/09/09
    ジャーナル フリー
  • 日本リモートセンシング学会誌
    1994年 14 巻 2 号 176-180
    発行日: 1994/06/30
    公開日: 2009/05/22
    ジャーナル フリー
  • ―シンガポールにおける記憶の視覚化―
    城殿 智行
    人間生活文化研究
    2017年 2017 巻 27 号 337-342
    発行日: 2017/01/01
    公開日: 2020/04/02
    ジャーナル フリー

     シンガポールの市街中心部には,戦没者記念碑が立つ.第2次世界大戦中,シンガポールを占領した日本軍は,抗日分子の排除を企図して,5万人ともいわれる華僑を粛清していた.1962年になって,粛清された華僑犠牲者の遺骸が発掘されたのを契機とし,日本軍占領下に殺されたすべての一般市民を弔うための慰霊碑が求められ,1967年に落成した.市民による抗議運動の高まりを受けて,日本は同年にシンガポールと準賠償協定を結んだが,戦争責任を公式に認めるものではなかった.戦没者記念碑は,多民族国家シンガポールの象徴であるが,日本は今もなお,それを直視することができないでいる.

  • 日本ジェンダー研究
    2008年 2008 巻 11 号 61-67
    発行日: 2008/09/15
    公開日: 2010/03/17
    ジャーナル フリー
  • 1996年総選挙におけるメディアの影響
    川上 和久
    選挙研究
    1998年 13 巻 100-109,271
    発行日: 1998/02/28
    公開日: 2009/01/22
    ジャーナル フリー
    In Japan, media politics have not prevailed because of several systematic reasons, such as oneparty rule by the Liberal Democratic Party for almost 40 years, peculiar election system, and so on.
    But, some political reform, such as the public aid to the political party, the emergence of the other major conservative party (New Fronteer Party), the reform of the election system to the minor electoral district system, created the condition to encourage more media strategies.
    In 1996 general election, many political advertisements appeared. Especially, New Fronteer Party invested far more campaign funds for political advertisements than Liberal Democratic party.
    At first, New Fronteer Party focused on the issue about the consumer tax, and attacked the policy of Liberal Democratic Party, but Liberal Democratic party took the effective revenge by attacking the contradiction of the policy of New Fronteer Party about the consumer tax by the political advertisements.
    This advertisement was magnified by the media coverage, and New Fronteer Party lost its reliability.
    As a result, Liberal Democratic Party won in the general election, but both political parties increased the political distrust especially among the independent or the floating voters by going negative.
  • 先輩女性技術者の体験報告
    安藤 ダム
    農業土木学会誌
    1987年 55 巻 2 号 171-173
    発行日: 1987/02/01
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
  • 年報政治学
    2013年 64 巻 2 号 2_304-2_313
    発行日: 2013年
    公開日: 2017/02/01
    ジャーナル フリー
  • 山下 泰子
    国際女性
    1998年 12 巻 12 号 81-85
    発行日: 1998/12/15
    公開日: 2010/09/09
    ジャーナル フリー
  • NGOのグローバルネットワーキング
    羽後 静子
    国際女性
    1996年 10 巻 10 号 46-50
    発行日: 1996/12/20
    公開日: 2010/09/09
    ジャーナル フリー
  • 土居 直美
    法政論叢
    1993年 29 巻 53-63
    発行日: 1993/05/15
    公開日: 2017/11/01
    ジャーナル フリー
    This paper mainly focuses on dietwomen candidates in Japan. The percentage of women in state legislatures are 2.3% in the House of Representatives and 11% in the House of Councilors. Although they are still far from majority status, it's not mean that women are not as capable as men of handling political affairs. It has made a small number of dietwomen resulted that 1)women candidates are very few, 2)politician is regard as male's profession. Candidates are often recruited from other profession, such as lawyer, bureaucrat, and so on. Therefore it seems that the number of dietwomen mirror the female societal gains over the past decade in Japan. As a matter of course, signs of change also appear. Findings show there have been significant increase in the number of women candidates and dietwomen in opposition party, which we called "Madonna boom". This increase based on 1)adoption of proportional representation system, 2)advance of Japan Socialist Party owing to the birth of female party leader, 3)strategical candidates recruitment by Japan Communist Party. But, there have not been any changes in political party's perception that dietwomen are concerned only about "women's issues" such as equal rights and that they are often anti-establishment; this is especially obvious in the Liberal Democratic Party which has no dietwomen in the House of Representatives. This idea is apt to allow casting dietwomen as figurehead of the political party and compel them to act sterotyped female roll. And they tend to be admitted as a dietwomen who married and bred. Under any circumstances, it is expected political parties to try to find better way of recruiting women candidates and raise dietwomen to higher position.
  • 「若い時期での妊娠・出産」奨励と、歯止めとなっていない男女共同参画
    斉藤 正美
    女性学年報
    2020年 41 巻 3-22
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/12/19
    ジャーナル オープンアクセス
    本稿の目的は、「ライフプラン(ライフデザイン)教育」とはどのような内容や取組なのか、特色ある取組を行っている都道府県、特に高知県及び富山県を中心に、行政担当者や学校関係者等への聴き取り調査を行い、明らかになった現状と課題を指摘することにある。さらに取組が全国に浸透している要因の考察も行う。「ライフプラン教育」とは、国の少子化対策の交付金等により結婚を支援する「婚活政策」の一環で、地方自治体が中学・高校・大学生や市民に人生設計を考えさせ、若い時期での結婚や妊娠を増やそうとする取組である。
     聴き取り調査の結果、ライフプラン教育には、婚活企業の関係者や国の少子化対策等の審議会委員等、婚活や婚活政策の利害関係者が関与していること、また取組内容は、早いうちの結婚や妊娠を奨励し、LGBTや独身、子どものいない生き方、ひとり親など、多様性の確保に課題があることが判明した。共働きの家事・育児を自己責任で解決するよう、モデル家族に「三世代同居」を提示するなど、性別役割分業と自助努力が強調されていることも特徴であった。
     こうした課題を持つライフプラン教育だが、全国の自治体に浸透し、継続され続けている。その要因としては、「優良事例の横展開」という交付金のあり方に加え、男女共同参画との連携が交付金の採択要件とされたものの、2000年代前半の右派や自民党によるバッシングにより男女共同参画が後退し、歯止めとして機能しなくなっていたことが浮き彫りになった。さらに少子化対策として整備された少子化社会対策基本法、次世代育成支援対策推進法が、妊娠・出産や家族の役割を強調する法律であったことも影響していた。
     本稿は、2000年代以降の男女共同参画政策の変遷を踏まえ、地方自治体におけるライフプラン教育の取組に関する現状と課題を提示するもので、少子化問題の解決策と個人の自由意志による生き方の尊重が相反しないあり方の検討に資するといえよう。
  • 冨士谷 あつ子
    日本ジェンダー研究
    2007年 2007 巻 10 号 55-63
    発行日: 2007/09/22
    公開日: 2010/03/17
    ジャーナル フリー
  • 杉浦 勉
    HISPANICA / HISPÁNICA
    1987年 1987 巻 31 号 101-115
    発行日: 1987/12/31
    公開日: 2010/06/11
    ジャーナル フリー
    En su famoso ensayo “La Deshumanización del Arte, ” afirma Ortega y Gasset que la obra de arte debe separarse de la realidad humana, y que, por tanto, el arte nuevo no debe preocuparse por la realidad concreta de la vida que es el mundo vivido, sino por el texto que es la obra de arte. Esta idea, que él expresaba como “deshumanización, ” aparece, simbólicamente encarnada, en la imagen del jardín y el vidrio: la mirada debe dirigirse al vidrio de la ventana más bien que al jardín. Esta imagen metafórica es importante por tres razones. En primer lugar, porque presupone la separación definitiva entre el jardín (realidad) y el vidrio (texto). El sujeto individual no debe tomar como objeto la realidad misma, sino la idea que formamos de la realidad. Segundo, porque la idea de que el punto de vista causa necesariamente la separación de dos objetos, y la de la perspectiva por la que se entiende la realidad, conducen a la subjetivización del punto de vista y a la autoreferencialidad del texto. Y, en tercer lugar, porque la imagen del jardín, tan preferida por Ortega, no es una mera metáfora sino la realidad, “puesta entre paréntesis, ” resultante de la “reducción fenomenológica” a que lleva la fenomenología de Husserl, filósofo que ejerció una poderosa influencia sobre el pensamiento de Ortega en aquel entonces.
    Aunque es cierto que la teoría estética, en general, de Ortega y la “Revista de Occidente” por él fundada, tuvieron una enorme influencia en los artistas jóvenes de España y la América Española, se limitó a las orientaciones culturales y artisticas. Si comparamos las obras contemporáneas del escritor espafiol, Benjamín Jarnés, que recibió una gran influencia de la teoría de Ortega, y las del escritor cubano, Alejo Carpentier, en su primera etapa, veremos que la obra de Jarnés posee caracteres de metaficción -ficción respecto a la ficcionalidad del texto-, como resultado de prácticas novelisticas bastante fieles a la teoría de la “deshumanización, ” mientras que Alejo Carpentier, en su obra, se propone la fusion entre el texto literario y la realidad histórica del Caribe, basándose en un concepto de cultura a partir del movimiento afrocubano y, por tanto, contradice, evidentemente, la “deshumanización. ” Además, Alejo Carpentier, manifesto un apoyo entusiasta y, al mosmo tiempo, cierta repulsión contra esa teoría.
    Al ser fruto de una operación fenomenológica, la idea del jardín es esencialmente antihistórica, y no podía ser compatible con la problemática artística del joven Carpentier. Pero el autor cubano aprendió de Ortega la importancia de las ideas en el aspecto de dirigir la cultura. Y es que el núcleo del pensamiento de Ortega no está en las ideas hacia las que se orientan sus discursos en torno a la cultura o el mundo, sino en el “para qué” servir y el “cómo” usarse esas ideas con el fin de dar una orientación cultural. Consciente del carácter orientador de las ideas senalado por Ortega, Carpentier reconoce el significado que encierran las ideas que propone su pensamiento en la orientación del quehacer cultural, como es obvio en el caso del planteamiento de su famosa aserción de “lo real maravilloso. ”
feedback
Top