詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "在日韓国・朝鮮人"
418件中 1-20の結果を表示しています
  • 青木 秀男
    日本都市社会学会年報
    2003年 2003 巻 21 号 189-198
    発行日: 2003/09/06
    公開日: 2011/02/07
    ジャーナル フリー
  • 金 知榮
    日本都市社会学会年報
    2010年 2010 巻 28 号 135-150
    発行日: 2010年
    公開日: 2011/12/20
    ジャーナル フリー
        This paper evaluates the Korean wave experience, regarding Zainichi Koreans, as an opportunity for contact with the “mother country” culture, and investigates the effect of this contact.
        In this paper, I will examine the degree of contact of Zainichi Koreans with the current Korean wave. Looking at the data, which I gathered, I will also attempt to analyze the relation between the Korean wave experience and three major national identity levels: the individual, the group, and the social.
        These approaches can bring light to new aspects of current Zainichi Koreans' identity.
  • 林 隆正, 小松 重幸, 大家 宗彦, 野村 高二, 田野 伸雄, 山村 誠, 大野 忠嗣, 里見 匡迪, 下山 孝
    日本大腸肛門病学会雑誌
    1992年 45 巻 1 号 106-111
    発行日: 1992年
    公開日: 2009/06/05
    ジャーナル フリー
    1985年から1989年までの5年間に育和会記念病院にて注腸X線検査を行った1,339例を対象として,日本人923例と在日韓国・朝鮮人416例の大腸憩室について検討した.憩室発見頻度は日本人21.2%(男性23.4%,女性17.1%),在日韓国・朝鮮人15.1%(男性19.6%,女性7.7%)であり,在日韓国・朝鮮人は日本人に比べ低い傾向にあった.特に女性では有意に低く,頻度に大きな差がみられた.しかし,Limらの報告にみられるソウル在住の韓国人の大腸憩室の発見頻度(2.64%)と比較すると,当院での在日韓国・朝鮮人における発見頻度は5倍以上も高いものであった.憩室発生部位は,右側優位で,目本人と在日韓国・朝鮮人と韓国人の間に差はなかった.以上の事実から,大腸憩室の発生に関しては,日本人と韓国人は同一の遣伝的素因を持つが,日本の環境は憩室の発生を促すように働く因子が大きいことが考えられた.
  • 岸田 由美
    教育学研究
    2003年 70 巻 3 号 348-359
    発行日: 2003/09/30
    公開日: 2007/12/27
    ジャーナル フリー
    In recent years, the culture of public schools has been criticized for that it reflects only the culture of the dominant group and devalues the cultures of the minority groups through privatizing them. Public schools have been challenged to become more multicultural based on the idea of such. Focusing on the education of Korean children since the 1950's, the purpose of this paper is to clarify the limits and the transformation of the public and its discussion to justify a group's culture to be publicly valued or devalued in the context of Japanese public schooling. In recent trends, more than sixty local govemments announced official educational policies referring to the importance and the responsibility of promoting the ethnic culture and identity of children despite the denials of the national government on the issue. As such, the education of Korean children has been politically very problematic and the review will give us a beneficial sight on the politics of justice, common good and public values. To achieve the purpose, this paper actually examines governmental opinions shown at the Diet and the notifications, policies of the local govemment and the ideas and opinions of the educators on the relationship between the education of Korean children and public schooling, and analyzes them into three divisional patterns. First, it clarifies the nature of the idea and logic that indicates that the education of Korean children is not a task for Japan. Second, it clarifies the nature of the idea and logic that indicates that the education of Korean children is a public task for Japan but not a task for Japanese public schools: it is the task for Korean separate schools. Lastly, it clarifies the nature of the idea and logic that indicates that the education of Korean children is a public task for Japan and its public schools as well as for Korean separate schools. In conclusion, three main justifying logical reasons putting the education of Korean children within the scope of the public in Japanese schooling were found: 1) to compensate Japan and the people's guilt for Korean colonization; 2) to eliminate discrimination against Korean and guarantee their human rights; 3) to globalize Japanese education. The first logic is the distinctive feature of the case from that of the foreign children of late immigrants. Three points justifying this were classified: 1) the change of the idea and principle of unit of and the right to education; 2) the change in society and social recognition; 3) the change in educational task and expectation as a result of the former two changes.
  • 岸田 由美
    日本教育学会大會研究発表要項
    1997年 56 巻 68-71
    発行日: 1997/08/25
    公開日: 2018/04/20
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • [ソウ] 賢美
    経済地理学年報
    1995年 41 巻 1 号 57-71
    発行日: 1995/03/31
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は, 在日韓国・朝鮮人高齢者の居住の背景や生活の現状を, その就業形態を中心に把握することである. 調査地域には, 在日韓国・朝鮮人の集住地域の一つであり, 中小零細企業の集積地でもある東京都大田区を選んだ. 本稿では在日韓国・朝鮮人の居住の背景や就業の変遷を考察した上で, 55歳以上の者に対して聞き取り調査を行なった. 調査にあたっては, 民団資料にもとづき, 在日韓国人高齢者の就業の状況を明らかにした. また, 面接による聞き取り調査を行なって, その居住の背景と就業の変遷を考察した. 調査の結果, 大田区における在日韓国人高齢者のなかには, 零細工場の経営者や販売従事者が多かった. 特に販売従事者の場合, ほとんどが焼肉屋を中心とする飲食店経営者であった. また, 聞き取り調査の結果, 年金制度の不備により, かなりの高齢になるまで働いている者が多いことが明らかになった.
  • 岸田 由美
    日本教育学会大會研究発表要項
    2003年 62 巻 230-231
    発行日: 2003/08/20
    公開日: 2018/04/20
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • 辺 秀俊, 李 輝雄, 生方 享司, 日山 興彦, 大島 明
    肝臓
    1988年 29 巻 9 号 1215-1221
    発行日: 1988/09/25
    公開日: 2009/07/09
    ジャーナル フリー
    在日韓国・朝鮮人の肝癌とB型肝炎ウイルス(HBV),飲酒,喫煙との関連を明らかにするため,症例-対照研究をおこなった.症例群は116例の初診の肝細胞癌患者で,それぞれの患者と年齢,性,入院年,健康保険区分がマッチした者を入院患者の中から1:2で無作為に選んだ.その結果,HBs抗原陽性者の肝癌リスクは19.58で,飲酒歴を補正した相対危険でも男で11.35,女で15.26と有意に高くなった.喫煙は肝癌の危険因子とはならなかったが,毎日飲酒の相対危険は1.99と有意に高く,また男で飲酒量と相対危険の間に正の相関関係がみられた.一方,寄与危険度は男では飲酒56.5%,HBs抗原23.1%,喫煙13.3%と飲酒の役割が大きく,女ではHBs抗原41.4%,飲酒7.0%でHBVの感染の役割が大きいことが推定された.さらに,HBs抗原陽性者で多量飲酒が重なると,肝癌リスクが上昇することが推定された.
  • 山本 俊一郎
    季刊地理学
    2002年 54 巻 1 号 1-19
    発行日: 2002/03/25
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    本研究では, 在日韓国・朝鮮人経営者が多数を占める神戸ケミカルシューズ産地における産業とエスニシティの関係について, (1) シューズメーカーの取引先企業の選定におけるエスニシティの影響の有無, (2) 企業経営における在日韓国・朝鮮人コミュニティの存在, (3)「震災復興まちづくり」における産地と民族集団の係わり, の3側面から検討した。その結果, 在日韓国・朝鮮人経営者の企業取引連関において, 取引先の選定は一般に経済性に基づいて行われており, そこにはエスニシティの影響は認められなかった。しかしながら, 当産地には民族性を契機とした多種類の社会経済的ネットワークが存在し, そこでは個々の企業と地域社会が密接に係わりあい, 経営者にとって重要な情報交換の場が形成されている。また震災復興における「まちづくり」構想においては, 産業とアジアとの交流を掲げ, 産地の活性化を担う一つの資源としてエスニシティが作用している。
  • 青木 秀男
    社会学評論
    1992年 42 巻 4 号 346-359,484
    発行日: 1992/03/31
    公開日: 2009/11/11
    ジャーナル フリー
    本稿は、都市下層調査による知見に基づき、また先行のエスニシティ研究を念頭におき、 (日本の) 外国人労働者の (都市) 社会学的研究のための仮説の構成と検証をめざす。
    本稿は、外国人労働者を次のように規定する。
    一、外国人労働者は、まず下層労働者である。
    二、外国人労働者は、都市のエスニック・グループである。
    この規定に基づき、外国人労働者問題と外国人労働者の階層構成の分析のための仮説を構成する。
    一、外国人労働者問題は、歴史的な在日韓国・朝鮮人問題に連続し、それに重なる。
    二、下層労働者は、エスニシティに基づいて互いに階層化される。外国人労働者は、その最下層に位置づく。
    三、エスニシティに基づく六つの階層化要因が、抽出される。それらは、 (1) 滞日資格の法的地位、 (2) 滞日の社会的基盤、 (3) 労働熟練度、 (4) 身体的・文化的な可視性、 (5) 文化的類似性、 (6) 文化的柔軟性、である。
    本稿は、これらの仮説の (暫定的な) 検証をめざす。以て、日本の外国人労働者の (都市) 社会学的研究の可能性を展望する。
  • 馬越 徹
    日本教育学会大會研究発表要項
    1988年 47 巻 139-
    発行日: 1988/08/25
    公開日: 2018/04/20
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • 陳 大哲
    民族學研究
    1996年 60 巻 4 号 342-353
    発行日: 1996/03/30
    公開日: 2018/03/27
    ジャーナル フリー
  • 梁 釀一
    日本教育学会大會研究発表要項
    2006年 65 巻 98-99
    発行日: 2006/08/21
    公開日: 2018/04/20
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • 金 知榮
    年報社会学論集
    2012年 2012 巻 25 号 49-60
    発行日: 2012/09/10
    公開日: 2015/06/12
    ジャーナル フリー
    This paper aims to delve into the process of the “Zainichization” of “Zainichi Koreans” in the 1980s through the problem of employment as a “Zainichi Korean.” The reason why I focus on the issue of employment is that it is an important factor for the second generation of “Zainichi Koreans” to live in Japan as a permanent resident. It is also an indicator of integration into Japanese society. To analyze the employment problem, I used interview data and articles from famous “Zainichi Koreans” magazines such as the “Sanzenri” and “Uri-seikatsu” which were published in 1980s. I scrutinized this data into the two aspects of “personal effort” and “generation gap.” The most definite finding of this study is that attempting to get a job was not only an “individual practice” for “Zainichi Koreans” but also a “structural practice” which helped to build a bridge between Japanese society and “Zainichi Koreans.”
  • 樋口 直人, 二階堂 裕子
    ソシオロジ
    2008年 53 巻 1 号 158-166
    発行日: 2008/05/31
    公開日: 2015/06/06
    ジャーナル フリー
  • 木村 隆之
    社会政策叢書
    1991年 15 巻 273-276
    発行日: 1991/11/19
    公開日: 2018/04/01
    ジャーナル フリー
  • 李 仁子
    民族學研究
    1996年 61 巻 3 号 393-422
    発行日: 1996/12/30
    公開日: 2018/03/27
    ジャーナル フリー
    本稿では,日本へ移住し定着しつつある在日韓国・朝鮮人(特に在日一世)が日本に建てた墓を事例としながら,異文化社会に移住者として生きる人々のアイデンティティ表現の特徴を引き出すことを試みる。大阪近郊には少なくとも2つの在日韓国・朝鮮人専用霊園が存在し,日本風の墓碑を伴った墓が多く建立されている。景観的には日本のふつうの霊園と大差ないが,しかしその墓碑面には,日本人の墓には見られないような故人に関するさまざまなデータが刻まれており,四面全部が文字に埋め尽くされているケースも珍しくない。こうした墓誌の特異性は,彼らの粗目における墓の文化的重要性を彷彿させるとともに,墓が自己表現のメディアになっていることを予感させる。そこにはまた,移住者による新たな文化創造の可能性も見て取ることができる。墓誌の具体的な内容には,朝鮮の民族的文化要素が多用されているため,一見するとそれは「民族的アイデンティティ」の表現であると捉えられがちである。しかし,在日社会一般ではなく「個人」あるいは「家族」といった次元に着目してみると,民族的アイデンティティの表現と見えたものが全く異なる相の下にたち現れてくる。そこから,民族性の問題に主たる関心を注いできた従来の在日韓国・朝鮮人研究では見えてこなかった,移住者として生きるもののアイデンティティとその表現の重層性が浮かび上がってくる。
  • 橋本 みゆき
    年報社会学論集
    2002年 2002 巻 15 号 201-213
    発行日: 2002/06/01
    公開日: 2010/04/21
    ジャーナル フリー
    In families of Korean Settlers in Japan, “chônan”, or eldest sons, inherit the status and power of the family patriarch, and impose on themselves their own expectations as well as their parents'. I will use interview based data on married young men and women in order to examine the various choices of spouse by Korean Settlers in Japan and the relation between gender issues and the position of “chônan” in the family.
  • 朴 賢珠
    新地理
    2000年 48 巻 3 号 28-42
    発行日: 2000/12/25
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    This study principally analyzes and makes clear various media for communication, after World War II, among the Korean old-comers who came to live in Japan in prewar time, and also new-comers who especially increased since the late 1980s. The media among the old-comers and the new-comers show different contents and characteristics respectively. In this paper, the former is analyzed by four periods and the latter by a comparison of information magazines and others.
    The old-comers began forming their media for communication right after the war that ended in 1945. Until about 1960, the media were dispatched along the two ideologically different lines in the world politics, one with the background of South Korea and the other of North Korea. Since there were no formal diplomatic relations between Korean Peninsula and Japan at that time, those media functioned as interactive connection lines. In the 1960s, the second and the third Korean generations born and bred in Japan began to participate in the Korean media formation. Although a sizable amount of ideological discrepancy still remained, concerns such as national or ethnic identity, international relations, educational problems of the second and the third generations, and others began to be discussed more. In the 1970s and the 1980s, Korean societies became major concerns in relation with Japanese society. Younger generations were adapted in Japanese society in general, and the Korean media were met with a new phase. In the 1990s, concerns on Korean societies in Japan have been strengthened further.
    In the 1990s, information magazines have been published one by one by the new-comers, and as of 1997 there were seven such magazines. Increase of the number of the new-comers was a factor. Managers of the information magazines, who are also the new-comers, find the need of information exchange in Korean language with expectation to further enterprises. Contents of the magazines have gradually changed and now the new-comers themselves are tended to be a major focus of interest. In this respect, it may be said that the Korean new-comers show a tendency of adaptation to Japanese society. The information magazines try to dispatch different articles in a keen competion, but this kind of differences does not play much influence on the readers, since about a half of the pages is devoted to advertisement. Advertisements vary a great deal and this will indicate that the Korean new-comers can live well without the knowledge of Japanese language. These information magazines are thought to contribute much to the networking among the Koreans.
    Location of the publishers differ between the old-comers and new-comers. For the old-comers, most of the publishers are located in central Tokyo such as Bunkyo-ku, Shinjuku-ku and Minatoku and a few in Osaka, but for the new-comers, Shinjuku is the center of location. Most of the magazines for the old-comers are published in Japanese and tend to be specialized, but the latter case is characterized by information about living in Japan through Korean language.
  • 社會政策学會年報
    1994年 38 巻 Toc1-
    発行日: 1994年
    公開日: 2018/02/01
    ジャーナル フリー
feedback
Top