詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "在日韓国人"
242件中 1-20の結果を表示しています
  • 朴 宗玄
    日本地理学会発表要旨集
    2003年 2003f 巻
    発行日: 2003年
    公開日: 2004/04/01
    会議録・要旨集 フリー
    在日韓国人企業の事業所展開からみた日本の都市階層の特徴は、次の5点に要約される。第1は、東京・大阪・京都の格差が顕著に現れなかったことである。とくに在日韓国人企業の事業所展開が本格的に行われた発展段階(1965年、1975年)以降、大阪・京都は、事業所数が急増し、在日韓国人企業の事業所設置の拠点都市として評価されたといえる。第2は、名古屋の位置づけが相対的に低いことである。3大都市として位置づけられてきた名古屋は、在日韓国人企業の集積からみた都市評価では、2大都市よりも神戸・横浜などに近い。第3は、広域中心都市への事業所配置は相対的に低く、拡大段階(1995)になって事業所配置の拠点都市として出現されたことである。とくに広域中心都市の中でも、広島と札幌・仙台・福岡との格差が存在しており、国内企業の事業所配置の空間形態とは異なる傾向を示す(阿部,1987,1997;日野,1996)といえる。第4は、初期段階以降、神戸・尼崎・東大阪は在日韓国人企業の事業所配置において主要拠点地として高く評価されてきたことである。この点は、初期段階から在日韓国人企業の事業所展開の拠点として位置づけられた川崎とは対照的結果であるといえる。第5は、地帯別・地方ブロック別の都市階層の偏りが認められたことである。下位都市階層に当たる第_IV_階層、第_V_階層の都市は、北海道・東北・北陸・四国地方が多く、関東・近畿地方の多数の都市とは対照的であるといえる。また、3地帯別にみると、地方圏の都市は第_III_階層以下、周辺圏の都市は第_IV_階層以下にそれぞれ分類され、3大都市圏との違いが明瞭であることが明らかになった。
  • 金 潤信
    民族衛生
    1977年 43 巻 3-4 号 91-102
    発行日: 1977年
    公開日: 2012/02/17
    ジャーナル フリー
    The main purpose of this study was laid on vital statistics concerning basic factors of births, deaths, marriages, and divorces including changes in population growth of the Korean population in Japan. An analysis, one of series of demographic-ecological studies on Vital Statistics from 1965 to 1975 issued by the Ministry of Health and Welfare of Japan was undertaken in order to study the recent trends of the Korean population in Japan and compare it with the Japanese population. The major findings are summarized as follows. 1) The Korean population in Japan has been slightly increasing yearly, and the average annual growth rate was 1.05 percent per year from 1965 to 1975.The ratio of total dependent population has decreased from 57.1 percent in 1965 to 50.8 percent in 1975, but it is expected to show a little increase in the near future. 2) Trends in crude birth rate and crude death rate from 1965 to 1975 have steadily declined, while natural increase rate was higher than that of Japanese.The crude birth rate and crude death rate of the Korean population in Japan in 1965 were 21.7 and 5.7 per 1, 000 population, in 1975, 17.9 and 4.7 per 1, 000 population, respectively, whereas the corrected death rate was rather higher than the Japanese. More interestingly, it is concluded that the Japanese folk superstition of Hinoe-Uma in 1966 seemed to be a factor influencing the crude birth rate, stillbirth rate of Koreans in Japan, whereas the extraordinary passing phenomenon was not showed in Korea. 3) The infant death rate has declined very rapidly from 15.8 in 1965 to 8.2 per 1, 000 live births in 1975 and stillbirth rate was also declined from 56.3 in 1965 to 40.5 per 1, 000 total births in 1975. 4) Major cause of death have remarkably changed due to the efficient public health services. Malignant neoplasms, cerebrovascular disease, heart disease were for the three leading causes of death of the Korean population in Japan in 1975. Specific death rates by major causes of death of Koreans in Japan for liver cirrhosis, accidents, suicide, and pan-tuberculosis were higher 38.0, 38.5, 22.4, and 12.8 per 100, 000 population in 1975 than that of the Japanese, respectively. 5) Marriages of Koreans in Japan have increased and the crude marriage rate was 9.8 in .1965 and 11.2 per 1, 000 population in 1975, slightly higher than that of Japanese . It is more considered that the intermarriages of the Korean-Japanese bridegroom or bride have increased and it will overwhelm the level of Korean-Korean marriages in a few years, and general divorce rates have tended to increase following the Japanese.
  • 朴 〓玄
    経済地理学年報
    2004年 50 巻 1 号 63-78
    発行日: 2004/03/30
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル フリー
    本研究では,在日韓国人企業の事業所分布を取上げ,企業属性との関連性を分析しながら,日本の都市階層の特徴を分析した.その結果,次の4点が明瞭になった.第1に,在日韓国人企業の事業所展開からみた都市階層には,東京・大阪・京都の格差が顕著には現れなかったこと,名古屋と広域中心都市への事業所配置は相対的に低いこと,そして3地帯・地方ブロック別の都市階層に偏りが認められたこと,が明らかになった.第2に,企業規模と事業所配置との関連性を分析した結果,事業所配置と企業規模との関連性について地帯別の違いは確認されず,都市階層別および地方ブロック別の違いが認められた.第3に,産業部門と都市階層との関連性を検討した結果,産業別の地域構造においては産業別分離形態が明瞭に確認されたこと,そして空間的分布パターンにおいては関東と近畿との都市間の違いが最も明瞭に現れることが明らかになった.そして,第4に,事業所配置と人口規模との関連性を分析した結果,在日韓国人企業の事業所配置は都市別人口規模より韓国・朝鮮国籍人口規模と深い関連性を持つこと,そして都市別人口規模との関連性からみた在日韓国人企業の事業所配置は韓国・朝鮮国籍人口規模との関連性からみた場合と明瞭な違いがあることが確認された.
  • 川口 陽子, 大原 里子, 佐々木 好幸, 平山 康雄, 米満 正美
    口腔衛生学会雑誌
    1997年 47 巻 5 号 675-682
    発行日: 1997/10/30
    公開日: 2017/10/20
    ジャーナル フリー
    日本人と韓国人は人種的にはモンゴロイドに属するが,民族としては異なっており,食生活,言語,文化,習慣などの生活環境も異なっている。民族性,生活環境の歯科疾患への影響を調査する目的で,3つの民族集団,日本に住む日本人(東京),韓国に住む韓国人(ソウル),日本に住む在日韓国人(大阪)の口腔内状況を比較してみた。対象は,1992年にわれわれが歯科健診を行った小学校1,6年生,中学校1,3年生であり,対象者数は,東京が335名,ソウルが401名,大阪が118名であった。韓国人の齲蝕有病者率やDMFTは,どの学年においても一番低かった。在日韓国人の齲蝕有病者率やDMFTの値は,韓国人よりも日本人に近い値を示した。12歳児のDMFTは,韓国人2.79歯,日本人3.76歯,在日韓国人4.17歯であった。また,韓国人のPMA indexや不正咬合を所有する者の割合も,三者間で一番低かった。これらの結果から,韓国人は日本人よりも,良好な口腔保健状態であることが明らかになった。しかし,在日韓国人は韓国に住む韓国人よりも齲蝕は多く,口腔保健状態は日本人と似ていた。在日韓国人の国籍は韓国であるが,彼らは日本で生まれ,日本の生活環境下で育っている。本研究の結果から,民族性よりも生活環境のほうが,歯科疾患に影響する要因として大きいことが示唆された。
  • 蘭 信三
    社会学評論
    1998年 48 巻 4 号 487-489
    発行日: 1998/03/31
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
  • 金 由那
    社会言語科学
    2006年 8 巻 2 号 26-42
    発行日: 2006/03/30
    公開日: 2017/04/29
    ジャーナル フリー
    本稿では,現在日本で異なる文化的背景をもつ日本人と在日韓国人が韓国語を共生学習している431名の学習者を対象に,韓国語イメージ,韓国イメージ,韓国人イメージを探り,尺度を作ることと,学習者の属性による相違,学習要因との関係を探ることが目的である.その結果,「韓国語イメージ」は在日韓国人が高く評価し,<韓国訪問の数>とは相関関係がない.韓国イメージは,<韓国人の友人>がいる要因と相関がある.<韓国語能力>が高いほうが韓国イメージを高く評価する.特に,「歴史的関係」因子は,日本人より在日韓国人の方が高い評価をし,女性より男性の方が,<学習期間>の長いほうが,<韓国語能力>は高いほうが「歴史的関係」を高く意識していることがわかった.韓国人イメージにおいては,全体的に学習要因とは高い相関関係がある.その中でとりわけ,<韓国語の能力>とは高い相関関係がある.<韓国語の能力>が高い方が韓国人イメージも高く評価することが確認できた.
  • 趙 誠倫
    宗教と社会
    2005年 11 巻 199-203
    発行日: 2005/06/11
    公開日: 2017/07/18
    ジャーナル フリー
  • 徐 阿貴
    年報社会学論集
    2001年 2001 巻 14 号 76-88
    発行日: 2001/06/05
    公開日: 2010/04/21
    ジャーナル フリー
    This paper explores the effects of Canadian multicultural policy on the process of identity formation of Korean-Japanese immigrants. Major effects of multiculturalism on this ethnic minority group are as folloes, (1) ethnic revival (2) the encouragement of naturalization and a feeling of nationhood, (3) self-identification as a member of Canadian society according to multicultural model mediated through employment, and (4) conflicts about ethnic collective belonging.
  • 鄭 喜恵, 八島 智子
    多文化関係学
    2006年 3 巻 141-149
    発行日: 2006年
    公開日: 2017/03/28
    ジャーナル フリー
    本研究では、在日韓国人を対象に、さまざまな場面や状況での韓国語使用量の実態調査をすると共に、韓国人アイデンティティー、日常生活での韓国語使用量と韓国語能力の自己評価の相互関係を調査する。また、韓国語使用の情意面についても考察する。
    調査の結果、二世・三世は同世代間で2%しか韓国語を使用していないが、一世との会話の場合には親しさを表現するためなどの理由で、韓国語を15%程度使用するということがわかった。一世同志では、54.4%の韓国語を使用するということも見出された。民族的アイデンティティーに関しては、世代が若くなるにつれ、韓国人アイデンティティーの希薄化が進むということが示された。また、個人の韓国語能力の自己評価と韓国人アイデンティティー、および韓国語使用率の相関分析をしたところ、世代に関係なく、韓国語能力を高く認知している人ほど、韓国人アイデンティティーが強いことが示された。最後に、本研究に基づき、継承語教育を含む民族教育の必要性を論じた。
  • 崔 吉城
    民族學研究
    1989年 54 巻 3 号 382-383
    発行日: 1989/12/30
    公開日: 2018/03/27
    ジャーナル フリー
  • 季 誠国, 豊川 裕之, 丸井 英二, 矢ヶ崎 信子, 金子 俊, 角田 俊一
    民族衛生
    1989年 55 巻 4 号 169-190
    発行日: 1989年
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    Nutrition survey was held on 88 Korean women living at Adachi-ku, Tokyo, May 11-12, 1981, in order to make clear their food consumption pattern in comparison with Japanese women who were surveyed in terms of the same method by the authors. In addition, generation gap were also estimated among the Korean women. 1) Results in amounts of food consumed The amount of food cosumed a day per capita was weighed and scaled so carefully that well-trained interviewers of nutritionists visited with them every days and supported them to weight and write on the recording paper. When amount of food consumed in each food-articles were compared between Korean and Japanese women, there were as reasonable differences as nation-wide differences between them in several food-articles, i.e., milk, noodle and vegetables which are consumed larger amount in Japanese than in Korean, and kimchies, rice, meat and processed food which were consumed larger amount in Korean than in Japanese. There were very interesting results that the generation gaps between the first and the second generation of Koreans in Tokyo simulated the gaps between Korean food in their home country and Japanese food in National Nutrition Survey. In other say, Koreans in Tokyo are adapting to Japanese food in generation scale but not in simple chronological scale. 2) Results in Food Consumption Structure The correlation coefficients between all of food groups were shown in matrix were named “Food Consumption Structure ”hby Toyokawa, H., a member of the authors. The food consumption structure was so characteristic in both of Korean two generations and the suburban Japanese female that there were much clear differences among These differences showed also an aspect of sociocultural association between Korea Japan.
  • 韓 載香
    経営史学
    2003年 38 巻 1 号 50-77
    発行日: 2003/06/25
    公開日: 2009/11/06
    ジャーナル フリー
    Enterprises owned by Koreans have been the largest minority businesses in Japan. Although Lotte and Softbank are now the two most notable companies among them, most Korean-owned firms have historically been small and invisible. This paper aims to illustrate the structural characteristics of Korean-owned enterprises in Japanese economy since World War II.
    After the de-colonization at the war's end, Koreans, many of whom had emigrated to the Kinki region before the war, started small businesses of their own, partially because they were excluded from the regular labor market because of widespread discrimination. Given their shortage of capital, they utilized the only resources they possessed, i.e., the knowledge accumulated in their prewar experiences as blue-collar workers.
    For the most part of postwar decades, thus, Korean businesses confined themselves to labor-intensive segments of such limited industries as rubber and plastic footwear, secondary metal processing, textile processing, hosiery making, and civil engineering. They also exhibited an interesting pattern of regional concentration for many of their major industries. Footwear businesses are mostly located in the western part of Kobe city, while the southern part of Osaka prefecture became the center of hosiery making.
    The development of Korean industries took two forms in the long run. First, particularly since the 1970s, Korean businesses started expanding in such new spheres such as money lending, real estate, and even professional services. Second, throughout the postwar decades, Koreans increased their presence in the pinball (pachinko) entertainment industry, which became a symbol of Korean businesses in Japan. Koreans now control the entire vertical chain of the pachinko industry from machine making to pinball halls.
    In the economic environment that has not necessarily been friendly, Korean businesses adapted relatively well to open up their own niches, particularly in non-manufacturing sectors. But their position did not follow the developmental direction that Japanese economy took. While the economy exited from labor-intensive industries, Korean enterprises have remained in that economic segment, which is not necessarily conducive to new business dynamics.
  • 金 善映
    国際情報研究
    2017年 14 巻 1 号 50-61
    発行日: 2017/12/24
    公開日: 2017/12/24
    ジャーナル フリー

    The recent emerging 'Net Right-Wing' became an important variable in the new trend of conservative swing and hate speech in both Japan and South Korea. This study analyzed “2Channel (rebranded as“5Channel”in October 2017)1)” and “ILBE” bulletin boards, which have recently created a threatening and hostile atmosphere in both countries. The results of the study show that at the root of conservative swing and hate speech lies the frustration of Japan's post-war democracy and of Korea's 1987 system.

  • 岡本 秀明
    社会福祉学
    2008年 48 巻 4 号 146-160
    発行日: 2008/02/29
    公開日: 2018/07/20
    ジャーナル フリー
    本研究では,独居,要介護,在日韓国人の高齢者の社会活動への参加の関連要因を検討した.データは,大阪市N区の生きがいづくり委員会が実施した14人の半構造化インタビューの結果を利用した.分析は,インタビューデータをKJ法を参考にして関連要因を抽出し,要因どうしの関係を検討しながら活動の関連要因を示す概念図を作成した.分析の結果,まず18の下位カテゴリーが抽出され,これらを集約して6つの主要カテゴリーが見いだされた.主要カテゴリーのうち,「他者との結びつき」「活動情報へのアクセス」「活動に結びつく後押し」の3つは社会活動の促進要因であり,これらが関係し合いながら活動するに至ると考えた.残りの「新たな場への参加を好まない」「新たな活動をすることなどに対する関心が低い」「新たな活動をするどころではない」の3つは,阻害要因であることが考えられた.
  • 金 敬得
    法社会学
    2000年 2000 巻 52 号 127-133,237
    発行日: 2000/03/20
    公開日: 2009/01/15
    ジャーナル フリー
    This paper discusses the legal situations of the Korean Minority in Japan, especially the increase of Koreans holding Japanese nationality, in the light of the long history of discriminative legal policy in post-war Japan, and recent legal modifications of Japanese nationality law.
  • 青笹 克之, 辻本 正彦, 稲田 英一, 太田 勝江, 高柳 威, 本岡 敬一郎
    臨床血液
    1984年 25 巻 2 号 193-196
    発行日: 1984年
    公開日: 2009/01/26
    ジャーナル 認証あり
    A case of adult T-cell leukemia/lymphoma was reported in a child of korean born Japanese. A 34-year-old man, suffering from upper abdominal pain, general fatigue and fever for a week, admitted on July 10, 1982. At admission, he had generalized lymphadenopathies, and his peripheral leukocytes count was 84,200/mm3 with 46% leukemic cells containing convoluted nucleus. In the bone marrow, 25.2% of nucleated cells were leukemic cells. Anti-ATLA antibody was 10-times positive. A histology of biopsied lymph node was compatible with that of non-Hodgkin's lymphoma, pleomorphic type. Based on above-mentioned findings, this case was diagnosed as adult T-cell leukemia/lymphoma. The parents of this patient were born in south-east Korea, and later emigrated into Japan. The patient was born and brought up at Ikeda City, Osaka. To our knowledge, there have been no report describing ATL in Korean.
  • [ソウ] 賢美
    経済地理学年報
    1995年 41 巻 1 号 57-71
    発行日: 1995/03/31
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は, 在日韓国・朝鮮人高齢者の居住の背景や生活の現状を, その就業形態を中心に把握することである. 調査地域には, 在日韓国・朝鮮人の集住地域の一つであり, 中小零細企業の集積地でもある東京都大田区を選んだ. 本稿では在日韓国・朝鮮人の居住の背景や就業の変遷を考察した上で, 55歳以上の者に対して聞き取り調査を行なった. 調査にあたっては, 民団資料にもとづき, 在日韓国人高齢者の就業の状況を明らかにした. また, 面接による聞き取り調査を行なって, その居住の背景と就業の変遷を考察した. 調査の結果, 大田区における在日韓国人高齢者のなかには, 零細工場の経営者や販売従事者が多かった. 特に販売従事者の場合, ほとんどが焼肉屋を中心とする飲食店経営者であった. また, 聞き取り調査の結果, 年金制度の不備により, かなりの高齢になるまで働いている者が多いことが明らかになった.
  • 金 明秀
    ソシオロジ
    1995年 40 巻 2 号 97-113,170
    発行日: 1995/05/31
    公開日: 2017/02/15
    ジャーナル フリー
    An attempt is made to elucidate the structure and formation process of ethnicity that is defined by the attitude and behavior associated with an ethnic affiliation. Data are drawn from "The 1993 Research of Consciousness among Korean Youth in Japan," which is the first nationally representative sample of Korean residents to be conducted in this field. Result shows that (1) ethnicity can be divided into two dimensions of ethnic orientation; (2) one of the two orientations is based on emotional ties with the brotherly ethnic group (relation orientation) , (3) the other is based on instrumental behavior related to ethnic issues (instrumental orientation) ; (4) the relation orientation is mainly formed through contact with ethnic tradition in the family by inheritance; (5) the instrumental orientation is, for the most part, formed acquisitively by the education and the participation in the ethnic organization; and (6) there is no substantive effect of discrimination and inequality on the formation of ethnicity.
  • 朴 賢珠
    新地理
    2000年 48 巻 3 号 28-42
    発行日: 2000/12/25
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    This study principally analyzes and makes clear various media for communication, after World War II, among the Korean old-comers who came to live in Japan in prewar time, and also new-comers who especially increased since the late 1980s. The media among the old-comers and the new-comers show different contents and characteristics respectively. In this paper, the former is analyzed by four periods and the latter by a comparison of information magazines and others.
    The old-comers began forming their media for communication right after the war that ended in 1945. Until about 1960, the media were dispatched along the two ideologically different lines in the world politics, one with the background of South Korea and the other of North Korea. Since there were no formal diplomatic relations between Korean Peninsula and Japan at that time, those media functioned as interactive connection lines. In the 1960s, the second and the third Korean generations born and bred in Japan began to participate in the Korean media formation. Although a sizable amount of ideological discrepancy still remained, concerns such as national or ethnic identity, international relations, educational problems of the second and the third generations, and others began to be discussed more. In the 1970s and the 1980s, Korean societies became major concerns in relation with Japanese society. Younger generations were adapted in Japanese society in general, and the Korean media were met with a new phase. In the 1990s, concerns on Korean societies in Japan have been strengthened further.
    In the 1990s, information magazines have been published one by one by the new-comers, and as of 1997 there were seven such magazines. Increase of the number of the new-comers was a factor. Managers of the information magazines, who are also the new-comers, find the need of information exchange in Korean language with expectation to further enterprises. Contents of the magazines have gradually changed and now the new-comers themselves are tended to be a major focus of interest. In this respect, it may be said that the Korean new-comers show a tendency of adaptation to Japanese society. The information magazines try to dispatch different articles in a keen competion, but this kind of differences does not play much influence on the readers, since about a half of the pages is devoted to advertisement. Advertisements vary a great deal and this will indicate that the Korean new-comers can live well without the knowledge of Japanese language. These information magazines are thought to contribute much to the networking among the Koreans.
    Location of the publishers differ between the old-comers and new-comers. For the old-comers, most of the publishers are located in central Tokyo such as Bunkyo-ku, Shinjuku-ku and Minatoku and a few in Osaka, but for the new-comers, Shinjuku is the center of location. Most of the magazines for the old-comers are published in Japanese and tend to be specialized, but the latter case is characterized by information about living in Japan through Korean language.
  • 福本 拓
    日本地理学会発表要旨集
    2017年 2017a 巻 403
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/10/26
    会議録・要旨集 フリー
    Ⅰ導入
    エスニック集団にみられる自営業者層への集中は,しばしば明瞭な経済サブシステムとして機能するエスニック経済の最重要の特徴の一つと捉えられている。エスニックな自営業者は往々にして空間的集中を伴うゆえに,空間的な観点からの分析も数多く蓄積されてきた。自営業者の空間的偏在は,取引関係を通じたリンケージ形成に代表される経済地理的要因や,資金・労働力の由来となるエスニック・ネットワークの介在といった社会的要因によって生成すると捉えられる。加えて,既存研究では,資金・労働力や顧客の供給源として,集住地区の存在がエスニック経済に不可欠な役割を果たす点も指摘されてきた。 しかし,エスニック経済と集住地区との結び付きについて,それが変化する背景要因の検討は必ずしも進んでいない。例えば集住地区からの転出を促しうるエスニック集団の社会経済的地位の上昇や,経済リストラクチャリングに伴うエスニック経済の縮減が居住分布に与える影響など,こうした結び付きに変化をもたらしうる集団内外の要因が存在しうる。本研究では,職住近接を特徴とする在日朝鮮人のエスニック経済と集住地区との関係を事例に,両者の動態的な連関性の分析を試みたい。
    Ⅱ用いる資料
    本研究では,大阪市とその隣接市を対象地域とし,時期の異なる二つの資料から,在日朝鮮人自営業者の分布を比較して集住地区との関係を分析する。具体的には,『在日韓国人名録』(1981)と『在日韓国人会社名鑑』(1997)をもとに,分布の地図化や業種等の属性に基づく差異を検討する。前者については1,865件,後者は1,029件が分析対象となる。
    Ⅲ在日朝鮮人自営業者の分布(1980年)
    自営業者の業種別構成としては,製造業が過半数を占め,卸売・小売業(特に金属スクラップ),建設業の順で多い。経営者の本籍ごとに集計したところ,プラスチック製造や履物製造で済州島が,建設業で慶尚北・南道が,金属スクラップでは忠清南道・全羅南道の特化係数が高いという特徴がみられた。ここからは,一部業種において,地縁に基づいたリクルートが存在した可能性がうかがえる。 分布を集住地区との関係からみると,製造業,特にプラスチック製造(212中133, 62.7%)や履物製造(85中69, 81.2%)は集住地区内にその多くが立地するのに対し,建設業(174中12, 6.9%)や金属スクラップ(119中24, 20.2%)は分散立地の傾向にある(図参照)。集住地区で特徴的な職住近接傾向の背景として,同胞労働力への依存度合の高さのほか,フレキシブルな生産を可能にする事業所間リンケージの必要性が影響していると考えられる。
    Ⅳ在日朝鮮人自営業者の分布(1997年)
    この時点では製造業が最多であるものの,その割合は約3分の1にまで低下した。1980-97年に創業した事業所の業種をみると,プラスチック製造を除き製造業は少なく,代わりに建設業・不動産業・生活サービス業(パチンコホール含む)が多くを占める。こうした業種別の動向は,国勢調査の結果からも確認でき,外国人事業主の減少率は,製造業で36.1%,卸売・小売業で14.6%にのぼった。業種ごとの分布傾向に大きな違いはないものの,製造業の割合の低下により,特に集住地区への集中傾向が弱まったといえる。
    Ⅴ考察
    集住地区における職住近接の不明瞭化の要因として,以下の二点が想定される。第一に,対象時期の製造業の減少は,在日朝鮮人事業者に限らず,対象地域において広範にみられた。ここには,労働集約的性格の強い業種の低迷が反映されている。職住近接を特徴とする在日朝鮮人の製造業事業所は,概して零細規模で,家族労働者の多さというコスト面の優位性を有していた。しかし製造業の退潮は,特に規模の小さい事業所の存立を難しくしたと考えられる。第二に,人的資本と職業階層のズレの縮小という集団内部の影響が推測される。かつては自営業者層に占める高学歴者の割合が大きかったが,次第に職業階層の上昇が顕著となった結果,低コストという優位性を維持できる労働力プールが縮小した。これらのエスニック集団内外の要因は,集住地区における自営業者を中心とした職住近接傾向を弱めるように作用したと考えられる。以上の考察は,集住地区内外での在日朝鮮人の社会経済的地位の相違や,集住地区での人口の社会減からも,部分的に裏付けられる。
feedback
Top