詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "地場産業"
4,046件中 1-20の結果を表示しています
  • 日本機械学会誌
    2009年 112 巻 1087 号 513-514
    発行日: 2009/06/05
    公開日: 2017/06/21
    解説誌・一般情報誌 フリー
  • 勝又 悠太朗
    日本地理学会発表要旨集
    2020年 2020s 巻 203
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/03/30
    会議録・要旨集 フリー

    1はじめに

    日本各地に所在する地場産業の多くは,1990年代以降,経済のグローバル化の進展や消費者需要の変化を背景に衰退・縮小に向かっている。こうした状況下における地場産業の実態については,フィールド調査にもとづく実証研究により明らかにされてきている。一方,個別産地ごとの実証研究に比べると,統計資料などを用いて地場産業の動向をマクロ的にとらえた研究は少ない。そこで,本報告では,『工業統計表』のデータをもとに,1990年代以降の地場産業の動向とその地域的特徴の把握を試みる。なお,分析に用いるデータは,使用の制約を考慮し1992年と2016年のものとする。

    2.主要地場産業の選定

     地場産業には多様な産業・業種が含まれており,全てを網羅的に検討するのは困難である。そこで,本報告では,主要な地場産業を選定した上で分析を進めていく。選定にあたっては,全国の産地の一覧が掲載されている『産地概況調査』(中小企業庁)と伝統的工芸品産地の一覧を示した『全国伝統的工芸品総覧』を用いる。両者には576産地がリストアップされており,これらは産業分類にもとづき13の産業グループに分けられる。そのうち,産地数が多い6グループに注目し,そこから主要な地場産業を選定した。選定した地場産業は,「織物・ニット生地」,「染色」,「衣服」,「家具」,「手すき・機械すき和紙」,「陶磁器」,「鋳物」,「漆器」の8産業である。以下では,この8産業を対象に分析を進めていく。

    3.生産地域の類型化と分布

    本来であれば,個別産地ごとの事業所数や出荷額などのデータを示したいが,本報告で用いる工業統計表のデータは都道府県別に集計されたものである。そこで,主要地場産業の産地が所在する都道府県を抽出し,その分布や動向など考察するという方法をとる。各産業の事業所数と出荷額の2指標をもとに,都道府県を5類型した。その上で,大規模な産地が所在する都道府県を主要生産地域,中小規模の産地が所在する都道府県を準主要生産地域と定めた。そして,産業ごとに生産地域の分布の特徴を検討した。

    4.産業別・生産地域別の動向

     1990年代以降の動向を産業別にみると,1992年と2016年の間で事業所が増加した産業・業種はなく,地場産業が衰退局面にあることが改めて確認される。また,出荷額が増加した産業も無かった。一方,これを業種別でみると,出荷額が比較的維持されているものや拡大したものも一部確認された。大企業も生産を担う業種も含まれるため,必ずしも地場産業に限定されたものではないが,国内生産が継続する業種も存在している。また,生産地域別の動向に目を向けると,産業ごとに相違が認められる。産業全体に占める主要生産地域の地位が低下した産業がみられる一方で,依然主要生産地域での生産が重視される産業もある。このように,1990年代以降の地場産業の衰退・縮小は一様に進んでいるのではなく,産業ごと・地域ごとに異なる動向を伴うものであることが明らかとなった。

  • 平島 二郎
    デザイン学研究
    1990年 1990 巻 81 号 142-
    発行日: 1990年
    公開日: 2017/07/25
    ジャーナル フリー
  • 李 哲雨
    人文地理
    1991年 43 巻 2 号 143-165
    発行日: 1991/04/28
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
    A large number of studies and researches on“Indigenous Industry”have already been done in Japan, using different approaches to various subject issues. At this point in time when almost two decades have past since the end of the postwar rapid economic growth period, it has become possible for us to objectively evaluate the content of structural change which took place in an indigenous industry during that period.
    This paper aims at the review of academic achievements made so far in this area of concern so as to identify still remaining issues and problems and to suggest an alternative framework of study to respond to the above-identified issues and problems.
    “Indigenous Industry”was generally seen as synonymous with traditional industry. In the 1970's, however, the concept of an indigenous industry was newly introduced to understand the changes in its structures during the postwar rapid economic growth period and the accompanying issues and problems in the period of low economic growth after the 60's. With the emergence of“Regionalism”, the study of indigenous industry gained further momentum when its dynamic role was emphasized as a main factor in regional economic development or growth.
    In the studies of position and its change in indigenous industry, the main focus was given to the aspects of environmental changes and their resultant effects on structural changes of indigenous industries, particularly in the post high-growth period. The three dimensions of analysis adopted in these studies were the demand-and-supply structures of the products of indigenous industries concerned, and the international relationships in the said context. These studies, however, seem unsuccessful in that the conclusions given still remain in the range of hypothesis mainly because of the correlation among the said three dimensions being left obscure.
    In the studies of the development base of indigenous industry, it was attested that among the most salient factors in the development base are production and marketing structures based on social division. Those structures, however, are very much diversified. Hence, they must be categorized in accordance with such criteria as location, history, and industrial system so as to give account to positions and characteristics of respective industries within this framework. In my view, categorization based on the pattern of development process of indigenous industries would bear more meaningful significance, for it would help us better recognize the direction of industrial development. The studies conducted in this suggested line have been very few so far.
    One of the most fundamental and challenging works for us, is to specifically clarify the interrelationship and/or relevance between indigenous industries and local characteristics of the industry's area. The“Regional Approach”has arisen, along with the growth of interest in dynamic role of indigenous industries in regional economy and society, and the studies in this line have been more actively pursued. The issues focused on in this approach, however, have differed from one another according to academic stance. For example, Geographers utilized this approach mainly for the study of industrial communities, while, Regionalists more positively estimated and emphasized the important role of indigenous industries in regional development.
    Studies on the problems, visions, and promotion policies of Indigenous Industries have so far been done more in the field of Economics rather than in Geography. Most of those studies commonly regarded as problems the issues of changes in environmental factors in which indigenous industries operated, responses to those changes from the industries, and resultant contradictions in the interaction process. Hence, those issues must further be examined based on the unique, specific characteristics of indigenous industries.
  • 板倉 勝高, 北村 嘉行, 高津 斌彰
    地理学評論
    1979年 52 巻 2 号 92-96
    発行日: 1979/02/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
    The symposium was held to discuss “The Basis of and Changes Local Industries (Ziba Sangyo in Japanese)”. There were ten reports for this symposium; AIDA, T.: “The Nihon-Shi (Japanese Paper) Industry”, HAMADA, R., KUSAKABE, T. and KASAI, Y.: “The Textile Industry”, OGUCHI, E.: “The Lens Industry”, MAKI, S., KAGOSHIMA, G.and MIYASHITA, F.: “The Metal Industry”, TAKATSU, Y., SUZUKI, M.and SUZUKI, H.: “Local Industries in Niigata Prefecture”, NAKATO, Y.: “Local Industry in the Hokuriku Region”.
    These reports dealt with the type of local industries and the relations between the local industries and the rural areas.
    On these reports, comments were made by CODA, S., MORIKAWA, S., and AONO, T. And further, comments were made by OKUYAMA, Y. from the point of the rural industry, and by TAKFUCHI, A. from the point of urban industry.
    The points at issue were as follows:
    1. The definition of local industry with special reference to “local” (Ziba in Japanese).
    2. The origin and development of local industries in connection with the roles of materials, markets, capital, labor force, and spread of technology in forming regions of local industries (Sanchi in Japanese).
    3. The roles of local industries in local economy.
  • 大西 隆
    都市計画論文集
    1980年 15 巻 133-138
    発行日: 1980/10/25
    公開日: 2020/09/01
    ジャーナル オープンアクセス
  • 本間 康夫, 古賀 唯夫
    デザイン学研究
    1989年 1989 巻 75 号 59-
    発行日: 1989年
    公開日: 2017/07/25
    ジャーナル フリー
  • 北島 晴美, 横山 俊一
    日本地理学会発表要旨集
    2018年 2018s 巻 P328
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/06/27
    会議録・要旨集 フリー
    1970年代以降,地域活性化の一環として地場産業振興が行われ,長野県の地場産業のうち食品分野では,寒天,味噌,えのきだけ栽培,野沢菜漬けなどは,その後,生産量が増大し,知名度もアップ,全国シェアも高い産業として成長した。しかし凍り豆腐産業は,依然としてこれらの産業ほどの知名度もなく,長野県の地場産業としては地味なイメージがある。寒天と同様に,冬季の寒冷乾燥という地域の風土を生かした産物として生産が始まった伝統的な地場産業ではあるが,凍り豆腐産業は他の地場産業ほど生産量が増えていない。凍り豆腐はそもそも高野豆腐として高野山で作られたことに由来するとされることもあり,関西地方での消費量が多い。しかし高野豆腐発祥の地である和歌山県高野町周辺においては凍り豆腐産業が長野県ほど発展はしなかった。
     本研究は,長野県における凍り豆腐の消費動向を調査分析し,今後の消費拡大の可能性を探ることを意図している。凍り豆腐は,健康食品であり,寒天関連食品,えのきだけ,信州味噌のように,今後,長野県の伝統的な生産物として注目される潜在的可能性があり,地域活性化に貢献する産業として発展する可能性も秘めている。
     そこで嗜好に関するWebアンケート調査,学校・ホテル等の献立の聞き取り調査を実施し,凍り豆腐がどの程度好まれ,食卓に出現するのか,さらに,県内における消費の地域差を分析する。本発表は,2017年12月に実施したWebアンケートから明らかになった凍り豆腐消費の地域差の一端について報告を行う
  • 上野 和彦
    新地理
    1986年 34 巻 2 号 40-46
    発行日: 1986/09/25
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 市川 智美, 宮崎 清
    日本デザイン学会研究発表大会概要集
    1997年 44 巻
    発行日: 1997/10/15
    公開日: 2017/11/08
    会議録・要旨集 フリー
  • 地場産業の類型化と産地診断の主要着眼点について
    井上 博進
    日本経営診断学会年報
    1994年 26 巻 154-160
    発行日: 1994/12/20
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
  • 新井 求美
    繊維学会誌
    2002年 58 巻 2 号 P_49-P_51
    発行日: 2002年
    公開日: 2002/10/15
    ジャーナル フリー
  • ― 鯖江めがね産地の事例から―
    榊原 雄一郎, 西崎 雅仁, 木野 龍太郎
    産業学会研究年報
    2009年 2009 巻 24 号 53-66
    発行日: 2009年
    公開日: 2010/03/31
    ジャーナル フリー
    Recently, it is expected that the technologies and skills of the localized industry forms the basis of the new regional industry in the regional industrial development strategy. However, these regional industrial strategy that based the technologies and skills of the localized industry, such as regional cluster programs, has difficult problems. This Paper discusses the meanings of the technologies and skills of the localized industry by considering localized industry as one regional system which forms the product chain. We take up the Sabae eye-glasses production area in Fukui Prefecture as a case study and discuss it. We examine the difficulty of the regional industrial strategies and today's the crisis of collapse of localized industry in the views of the technologies and skills of the localized industry.
    In the localized industry, the companies which take the base technologies and skills are engaged in a specific works under the formation by the organizer. In this case these companies give only the "structure" to materials, but an organizer gives the "function" to it. Therefore, these companies need the organizer to shows their own ability in the localized industries. This is why the localized industry lacks in flexibility, because these companies tend to lack of the ability to understand the own technologies concerning the "function".
  • 本間 康夫, 古賀 唯夫
    デザイン学研究
    1990年 1990 巻 81 号 97-
    発行日: 1990年
    公開日: 2017/07/25
    ジャーナル フリー
  • 寺阪 昭信
    経済地理学年報
    2010年 56 巻 2 号 106-
    発行日: 2010/06/30
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル フリー
  • 上野 和彦
    経済地理学年報
    2010年 56 巻 2 号 106-
    発行日: 2010/06/30
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル フリー
  • 牧野 洋
    日本機械学会誌
    1996年 99 巻 937 号 1033-
    発行日: 1996/12/05
    公開日: 2017/06/21
    解説誌・一般情報誌 フリー
  • -ナイジェリアのビーズ細工の事例-
    池谷 和信
    日本地理学会発表要旨集
    2012年 2012a 巻 310
    発行日: 2012年
    公開日: 2013/03/08
    会議録・要旨集 フリー
    これまでの地理学では、日本を対象にして地場産業の研究が蓄積されてきた(板倉1981)。しかしながら、アフリカに地場産業が存在するのか否かを含めて、ほとんどアフリカを対象にした研究がなされてはいない。一方で、報告者は、17-19世紀の世界のビーズ産業の中心地は、素材がガラスの場合、イタリアのヴェネチやチェコのボヘミア地方であって、アフリカは歴史的にはそれらの世界最大の消費地として注目してきた(池谷2001)。 本報告では、アフリカの地場産業のなかでナイジェリアの南西部に位置する、ヨルバランドにおけるビーズ細工の現状を把握することを目的とする。報告者は、2012年5月に約2週間にわたる現地調査を実施した。具体的には、「ヨルバのビーズ職人」の総数や居住地などに関する統計資料は皆無であるので、現地をまわって基本情報の収集に努めた。対象は、①オタ、②アベオクタ、③オショボ、④イバダンの4都市である2 調査結果 各都市のビーズ職人の現状を把握する。①オタでは、王宮の近くでビーズ細工づくりに地道に励む親子に出会った。ここでのビーズ職人の数は多くはなく、むしろ衰退しつつある伝統的な地場産業のようにみえた。②アベオクタでは、仮面などの木彫り職人の家の隣にビーズ職人が暮らしていた。彼は、自らの写真や連絡先の入ったカレンダーをつくるなど、自分の仕事を積極的に宣伝する。③オショボは、市内にアートギャラリーもあり、ジモ・ブライモ(Jimoh Buraimoh)氏のような著名なビーズペインター(アーティスト)が暮らす町でもある(Buraimoh 1993)。かつて、オーストリア出身の彫刻家の女性スーザン嬢が長期にわたり住んでいて現地在住のアーティストの卵に与えた影響も大きく、現在でも彼女の家は存続している(Saunders and Merzeder-Taylor eds. 2006)。この町には、数名のビーズ職人が暮らしており、市内のギャラリーなどを通して王冠などのビーズ作品を訪問する白人観光客に販売もしている。 ④イバダンは人口が100万人を超える大都市であるが、国内では最大多数の1000名以上のビーズ職人がいるという情報が得られた。実際、これら職人の一部を訪問したにすぎないが、イスラーム教徒の多い都市中心部で10名以上が働くというビーズ職人のグループに出会った点は意外である。彼らは男性の担い手であり、親族を中心として世襲制で職人に従事している。彼らは、古い建物の2階のベランダなどを仕事場にしている。ここでは、ビーズ製品が王様や首長の注文に応じてつくられるというよりは、国内外の観光客、美術収集家、博物館関係者などが対象であった。近くには、ガンビア出身のイスラーム商人が、10個以上の王冠ほか多量のビーズ製品を保管する倉庫を持っていた。その商人の話によると、ロスアンゼルスに兄弟が滞在していて、お互いの連携によって米国などにビーズ製品の輸出をしているのだという。3 考察 これらヨルバランドでの4ヵ所の都市での調査の結果、すべての都市でビーズ職人が暮らしていることが把握できたほかに、イバダンのビーズ職人たちが、国立民族学博物館所蔵の「ビーズ人像」をつくっていたという可能性が高くなった。筆者はまだ十分な証拠を集めたわけではないが、ビーズ製品が国外へ流通しており、報告者が南アフリカで収集したヨルバの「ビーズ人像」とは密接な関係を持っていたものと考えている。なお、これらの研究成果を反映した、「ビーズインアフリカ」という展示会が、2012年8-10月の間、神奈川県立近代美術館にて開催されている。
  • 板倉 勝高
    東北地理
    1984年 36 巻 1 号 54-61
    発行日: 1984/03/25
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 中島 郁子
    日本デザイン学会研究発表大会概要集
    2019年 66 巻 D1-01
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/06/27
    会議録・要旨集 フリー

    「カタログ」とは誰のためのモノなのか。本稿では、地場産業における製品カタログを「情報デザインツール」として設計した結果、大幅な業務改善と効率化へ導いた成果について述べる。また、改訂による10年間の経緯についても説明する。

    「製品カタログ」というありふれた身の回り品にも、「デザイン」にしかなし得ない機能が潜んでいる。その経済効果は計り知れない。たった一人のデザイナーでも、自らの職能を社会実装化することは可能である。このプロセスと手法は汎用的であり、多くのデザイナーおよび製造者や生産者、ユーザと共創し、地域経済やスモールビジネスを活性化させていきたい。

feedback
Top