詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "埋葬"
4,053件中 1-20の結果を表示しています
  • 民族學研究
    1956年 20 巻 1-2 号 App11-
    発行日: 1956/08/10
    公開日: 2018/03/27
    ジャーナル フリー
  • 子供の事例を中心に
    和田 浩一郎
    オリエント
    2018年 60 巻 2 号 141-156
    発行日: 2018/03/31
    公開日: 2021/04/01
    ジャーナル フリー

    Settlement burials existed in dynastic Egypt, like in other agricultural societies throughout the world. Since the ancient Egyptians thought that the dead should be separated from the living, it is important to consider the meaning of this. This paper carries out a comprehensive study of settlement burials in dynastic Egypt.

     Although both children and adults were buried within settlements, the interments of the latter always pre- or post-date the period of occupancy of the settlement. It is therefore possible to say that the separation of the dead and the living was carried out for adult burials. For analysis in this study, settlement burials are divided into three types based on the age of the deceased and the simultaneity of burial and settlement: (Type 1) child burials contemporary with a settlement, (Type 2) pre- or post-dated settlement burials only children were interred, and (Type 3) pre- or post-dated settlement burials where children and adults were mixed.

     The age distributions for Type 1 and 2 are somewhat different: the former type is exclusively of children under six months old, while the latter also includes children of up to two years. This tendency suggests that “true” settlement burial in dynastic Egypt may have been a burial custom only for fetuses and very young infants, and that nursing children were at least buried in settlements, even if in houses already abandoned. Except for the age distribution, the difference between Type 1 and 2 is obscure. Since some Type 2 burials were found in the same space as Type 1, these might share the perceptions of the place as a burial site. Other Type 2 burials seem to follow the idea of separation of the dead from the living. The variety of child settlement burials suggests that the ancient Egyptians treated the young dead as having a different kind of existence from the adult dead.

  • 森 芳周
    医学哲学 医学倫理
    2015年 33 巻 1-9
    発行日: 2015/09/30
    公開日: 2018/02/01
    ジャーナル フリー
    Fetal tissues and organs are useful for regenerative medicine or other medical research. In Japan, the Ministry of Health, Labor and Welfare formed a committee in 2002 to examine regulations on clinical research using human stem cells. The committee had planned to settle on regulations including for stem cells collected from dead fetuses(for example, fetal neural stem cells) though they were exempt from the regulations in the end. Thus, though fetal tissues and organs are usually used in medical research, it is not clear how dead fetuses are disposed or buried and what is the ethically proper procedure to handle them. In this article, I survey procedures for the handling of dead fetuses and their legal status in Germany to clarify the problems involved in this task. Legal regulations concerning the treatment of dead fetuses have been reformed since the late 1990s in Germany. According to the German Civil Status Act, parents of a stillborn child, that is, a dead fetus weighing more than 500g, may register the child's name in birth records. Though a miscarried child, that is, a dead fetus weighing less than 500g, cannot be registered in any records, a certification is issued in which the child's name is entered in accordance with the parents' request. As for burial, it is governed by the law of each state. Most states require parents to bury a fetus when it exceeds a certain weight, and permit burial of a fetus upon parents' request if the weight is below threshold. These regulations were induced as a result of petitions from parents who had experienced a miscarriage or a stillbirth. Thus, when considering the procedures to treat dead fetuses, both the dignity of the unborn child and the feelings of the bereaved parents must be taken into account.
  • 山田 康弘
    日本考古学
    1997年 4 巻 4 号 1-39
    発行日: 1997/10/10
    公開日: 2009/02/16
    ジャーナル フリー
    本稿は縄文時代の子供の埋葬例を集成・検討することによって,当時の人々の生活史の一端を明らかにすることを目的としたものである。
    まず,初めに集成した子供の埋葬例を年齢段階順に新生児期・乳児期・幼児期・小児期・思春期の5段階に区分し,埋葬形態を施設・単独葬か合葬か・合葬の場合の相手の性別・単葬か複葬かというように分類したうえで,各地域・時期別にそれぞれの埋葬形態を把握した。その結果,子供の埋葬形態は,大人のそれと同じように単独単葬例が最も多く,土器棺葬例は幼児期以前に,多数合葬例は幼児期以降に多いという傾向性が明らかになった。
    また,埋葬時に付加された様々な属性,埋葬姿勢・位置・赤色顔料の散布・土器棺内の人骨の週齢・合葬人骨の性別・装身具の着用などを検討し,次の点を指摘した。埋葬姿勢は大人とあまり変わらない。埋葬位置は住居跡に絡んで検出される場合が多い。赤色顔料の散布は新生児期からされるが,地域性がある。土器棺内から出土した新生児期の人骨は週齢38週以上のものが多く,新生児早期死亡例と考えられる。また,土壙などに埋葬されたものは38週以下のものが多い。大人と子供の合葬例では,乳児期以前は女性と合葬されることが多く,幼児期以降には男性と合葬されるようにもなる。これは子供の行動範囲が幼児期を境に変化したことを意味する。装身具の本格的な着用は幼児期以降に行なわれるが,玉類・貝輪を中心とした首飾りや腕飾りに限られ,頭飾りや腰飾りなどは存在しない。これは装身具の着用原理が大人と子供で異なっていたためと考えられる。
    次に大人と子供の埋葬例が検出された6遺跡の事例を検討し,埋葬時に付加された属性の差異について具体的に明らかにした。
    これらの諸点を総合して,当時の子供の立場が年齢によって変化することを述べ,子供が大人になるまでの生活史モデルを提示した。
  • マリ共和国南部セヌフォ社会の埋葬儀礼を事例を手がかりに
    溝口 大助
    日本文化人類学会研究大会発表要旨集
    2013年 2013 巻 I04
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/05/27
    会議録・要旨集 フリー
    本発表の目的は、マリ共和国最南東部に住むセヌフォ(ポンポロ方言話者)の農村でおこなわれた埋葬儀礼の資料を対象とし、そこでなされた墓掘り人たちの仄めかしとしかるべき発話を分析することで、儀礼上での社会的相互行為の固有性を浮き彫りにすることにある。
  • 家族•市民社会•国家
    森 謙二
    法社会学
    2005年 2005 巻 62 号 87-98,193
    発行日: 2005/03/30
    公開日: 2011/04/13
    ジャーナル フリー
    The concept of "cemetery" in Japanese law, the ground which build graves, has been affected by the idea of ancestor worship, because the Code Civil of Japan positioned the graves as a device for ancestor religious services, which are entrusted with his descendant, and the graves which ancestor buried are reburied as the unrelated grave, if the descendant disappear.
    In Europe, the burial laws have regulations about "burial compulsion" and "burial duty", but in Japan the decisions whether the dead should be buried, are referred with his family or his descendant.
    The current system of Japanese burial and cemetery is not be effective, because it is not possible to produce an Atotsugi (successor), the continuation of religious worship is threatened due to the changing family structure and a declining birth rate.
  • 木村 英夫
    造園雑誌
    1934年 1 巻 2 号 102-110
    発行日: 1934/07/05
    公開日: 2011/04/13
    ジャーナル フリー
  • 近世における村落の変容とのかかわりから
    大平 晃久
    人文地理
    1996年 48 巻 6 号 569-583
    発行日: 1996/12/28
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
  • 武田 明純
    日本建築学会計画系論文集
    2007年 72 巻 611 号 219-224
    発行日: 2007/01/30
    公開日: 2017/02/25
    ジャーナル フリー
    This paper describes the regional and historical trait of Built tombs with the aim of systematizing the Hellenistic tombs. In this paper the author categorizes the Hellenistic tombs into Built tomb, Rock-cut tomb, Tumulus, Mixed Construction and make a comparison among Built tombs. As a result from the viewpoint of use of the burial position and use of the podium the regional and historical trait of Built tombs was clarified. And it was clarified that the podium is often used together with the column in Built tomb of the Hellenistic age, too.
  • 細菌學雜誌
    1897年 1897 巻 19 号 426b
    発行日: 1897年
    公開日: 2009/07/09
    ジャーナル フリー
  • 細菌學雜誌
    1897年 1897 巻 19 号 426a
    発行日: 1897年
    公開日: 2009/07/09
    ジャーナル フリー
  • 森本 岩太郎, 小片 丘彦, 小片 保, 江坂 輝弥
    人類學雜誌
    1970年 78 巻 3 号 235-244
    発行日: 1970年
    公開日: 2008/02/26
    ジャーナル フリー
    1969年8月の愛媛県上黒岩岩陰遺跡第4次発掘調査において,押捺文土器に伴う縄文早期中葉人骨少なくとも7体分が発見された.このうち,壮年男性2体と幼児1体は,岩陰最奥部に一括して二次埋葬されていた.二次埋葬様式は,小さな類円形ピットの底にまず頭蓋3個を横たえ,頭蓋のすきまに短小な骨を詰め,扁平骨でおおい,その上に成人長骨をほぼ平行に並べ,最後に土器片と平石でこれをおおっていた.二次埋葬された3体のうち,男性1体の右腸骨翼には,おそらく槍先として使用されたと思われる長さ約10cm,幅約2cmの有孔ヘラ状骨器が右外側後方やや上方から刺入してとどまっていた.この骨器による損傷は,致命傷であったと推定された.二次埋葬に際し,その下にあった屈葬女性人骨の下肢骨の一部は折り取られて二次埋葬ピット内に重葬されたが,頭蓋だけは岩陰のさらに奥へ移し埋あられていた.
  • 石田 慎一郎
    民族學研究
    2002年 67 巻 2 号 137-157
    発行日: 2002/09/30
    公開日: 2018/03/27
    ジャーナル フリー
    1960年代以降、西ケニアのグシイ社会では、婚資不払のまま同棲を続ける男女が多くなった。他方で、そうした同棲は婚資の支払を法的要件とする慣習婚の理念型から乖離しているとの主張が根強くある。とりわけ、婚資の不払を証拠に同棲相手に配偶者の地位とそれにともなうべき社会経済的保障を与えまいとする利害関心が、そうした主張を拠り所とする。こうした利害関心のために発生する紛争の一形態が本稿で分析する埋葬訴訟である。埋葬訴訟では、死者の生家が死者の同棲相手を排除して遺産を排他的に相続する目的などのために、婚資の不払が慣習婚不在の証拠として引き合いに出される。本稿では、グシイの埋葬訴訟において当事者たちがその存在ないし不在を証明しようとする慣習婚の意味内容が個々の裁判において漸次明確化する過程を明らかにする。取り上げる訴訟3件のうち第1の事例では、婚資の支払を経て成り立つ結合のみを慣習婚と定義する立場を貫く判決が下された。第2の事例では婚資不払の同棲を変化した形態の慣習婚とみなす判決、第3の事例では婚資不払の同棲を慣習婚ではなくコモンロー婚とみなす判決がそれぞれ下された。判決が多様化しているのは、慣習婚をめぐる様々の主張を支える慣習法の性格のためである。ケニア国家法の法源のひとつとされている慣習法は、明確に条文化された内容規定を持たない不文法である。慣習法は、勝訴判決を得るべく主張を展開する当事者たち、当事者の主張に法学的措辞を与える弁護士、当事者に有利な証言を提示する証人、法廷で強い発言力を有する専門家証人、法の意義を確定することを期待される裁判官、こうした多様な行為者の実践の渦中において、その意味内容が構成されているのである。
  • 東部の前期・中期古墳を例として
    重藤 輝行, 西 健一郎
    日本考古学
    1995年 2 巻 2 号 95-117
    発行日: 1995/11/01
    公開日: 2009/02/16
    ジャーナル フリー
    北部九州の古墳時代は埋葬施設の多様性と変化が顕著であり,それをもとにして北部九州の地域性に関する議論が進められている。ただ,これまで主として議論の材料となったのは玄界灘沿岸から有明海沿岸の北部九州西部の様相であり,首長墓級古墳の動向であった。さらに北部九州の地域性を追求するためには,北部九州東部と中小古墳の動向の解明を進める必要があると思われる。そこで,本稿では古墳時代前期・中期の北部九州東部の埋葬施設を中小古墳まで含めて検討してみた。各種埋葬施設の編年,階層的関係とその変化を検討してみたところ,古墳時代中期初頭には首長墓級古墳から新たな埋葬施設の採用が始まること,しかし,それは中小古墳に次第に取り入れられたことを明らかにすることができた。
    検討を行ったのは北部九州東部の事例であるが,このような現象は北部九州西部でも指摘できる。先学が埋葬施設の多様性と変化から導きだした北部九州西部の東部に対する政治的,文化的先進性は否定できないが,北部九州東部と西部に共通してみられる埋葬施設の変化の原則は北部九州の東西に及ぶ等質的な階層性を反映したものと思われる。畿内との比較から考えても,この階層性は北部九州に特殊な氏族的関係の存在を示唆するものであり,北部九州の地域性のひとつと捉えられる。
    また,検証は十分ではないものの古墳時代前期,中期の階層性から,北部九州における首長と中小古墳営造者層の問に取り結ばれる氏族的関係の内容について考えてみた。前期は首長墓級古墳と中小古墳で埋葬施設が共有されることから,首長層の突出が顕著でないと考えた。一方,中期になると首長層は新たな埋葬施設を取り入れ,中小古墳営造者層との格差を強調しようとするものの,中小古墳では首長墓級古墳に導入された新たな埋葬施設を順次,採用する。これを首長層が階層的な格差を強調する一方で,中小古墳営造者層が前期以来の関係を維持しようとつとめたためと推測した。
  • 伊藤 淳志
    日本エネルギー学会大会講演要旨集
    2011年 20 巻
    発行日: 2011/08/09
    公開日: 2017/03/22
    会議録・要旨集 フリー
    The mural paintings of the burial chamber of Idout in Saqqara, Egypt are very beautiful and valuable historically. But many parts of the paintings were damaged and exfoliated from the walls with gypsum plaster by the weathering of mother rock. The restoration of the mural paintings goes under "the Egyptian-Japanese Mission for the Mastaba Idout", and restored paintings were temporarily fixed on the walls without south wall in 2009. For the conservation of the mural paintings and the burial chamber, the reinforcement of mother rock is being carried out on the basis of the ground investigation results.
  • 荒木 勉
    日本機械学会誌
    1995年 98 巻 922 号 773-
    発行日: 1995/09/05
    公開日: 2017/06/21
    解説誌・一般情報誌 フリー
  • 中村 潔
    民族學研究
    1985年 50 巻 2 号 198-214
    発行日: 1985/09/30
    公開日: 2018/03/27
    ジャーナル フリー
  • 澤田 陸, 若木 重行, 南 雅代
    日本地球化学会年会要旨集
    2020年 67 巻
    発行日: 2020年
    公開日: 2021/01/29
    会議録・要旨集 フリー

    骨の無機成分 (バイオアパタイト) は埋没中に土壌からの汚染を受けやすく、分析に使えないと考えられてきたが、高温 (>600℃)で加熱された骨はアパタイトの結晶度が高まることにより、汚染を受けにくくなり、元の情報を保持し得ることがわかってきた。滋賀県多賀町の敏満寺遺跡石仏谷墓跡(A~Gの各調査区に複数の墓が存在)からは高温で焼かれた火葬骨が多数出土し、古文書などから12~15世紀の敏満寺の僧侶や周辺住民が埋葬されていると考えられている。本研究では、A区・F区・G区から出土した火葬骨と、石仏谷墓跡周辺の地域を流れる河川から採取した河川堆積物及び河川水、石仏谷墓跡から採取した土壌のSr同位体分析から、生前の食性と居住地について考察した。さらに火葬骨の微量元素濃度結果に対する考察も行う予定である。

  • 武田 史朗, 増田 昇
    ランドスケープ研究
    2006年 69 巻 5 号 419-424
    発行日: 2006年
    公開日: 2007/11/13
    ジャーナル フリー
    In the U.K., more than 140 Natural Burial Grounds are in operation, showing that the style is gradually being accepted by the public as an alternative. Yet, the desirable design principles for the burial grounds of this style has not been established or even studied. In this paper, a model of landscape framework - horizons, pathways, and things - is introduced as the basis of the analytical study on the design of the spiritual landscapes. The framework is created based on the idea of place memory that was originally proposed by E. S. Casey to describe the structure of the landscape that sustains people's memory in general. Two cases are analyzed using this model, and the results of the analyses are compared with each other. In both cases, the roles within the landscape framework that are played by various landscape elements such as the different types of memorials, the trees, the paths, and the furniture are identified. And through the comparison of the cases, two different types of landscape framework - that of personal and collective - are identified, and it is found that each type of the framework is given significance in the two landscapes to different degrees, reflecting the burial grounds management policies and the long term visions as to the their landscapes.
  • 東南亞細亞甕棺埋葬に關する考案
    鹿野 忠雄
    人類學雜誌
    1941年 56 巻 3 号 117-135
    発行日: 1941/03/25
    公開日: 2008/02/26
    ジャーナル フリー
feedback
Top