詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "奥谷浩一"
27件中 1-20の結果を表示しています
  • 福富 純一郎, 中村 怜, 重光 亨, 法貴 雄介
    日本機械学会論文集B編
    2012年 78 巻 795 号 1919-1927
    発行日: 2012年
    公開日: 2012/11/25
    ジャーナル フリー
    In the previous paper, the effect of angle and length of the inlet guide vane on the performance of the cross-flow fan was examined. By installing guide vane of one sheet in tongue division side in the suction region, the performance of the cross-flow fan becomes more high pressure and high efficient than the case without the guide vane. In this study, it is examined that the guide vane of several sheet is installed as a more convenient method in the suction region of the cross-flow fan. To begin with, the cause of generation of inlet prerotation flow of the cross-flow fan is investigated. Next, it is examined that the prerotation is controlled by the inlet guide vane. As the result, following fact became clear. (1) The prerotation is being generated by drawing in the inlet flow for eccentric vortex of the rotor inside, and therefore, the inlet velocity becomes non-uniform in the circumferential direction. (2) The cross-flow fan becomes a high-efficient and high pressure by controlling the prerotation using the inlet guide vane.
  • 中村 邦夫, 梅景 康裕, 奥谷 浩一郎
    流れの可視化
    1983年 3 巻 10 号 159-162
    発行日: 1983/07/05
    公開日: 2009/07/31
    ジャーナル フリー
    Performance of cross flow fan is extremely affected by the forced vortex generated in the impeller. It is most important to know the behavior of the vortex for improving the performance. There have been many studies of cross flow fan using flow visualization techniques but most studies make use of tracer method in water. It is difficult to distinguish the vortex region accurately by means of the flow visualization.
    This paper is intended to introduce a new method to obtain the internal flow pattern directly. Velocity vectors and pressure distribution are measured by a cylindrical pitot tube. From those data streamlines and pressure contour lines are drawn automatically by computer. As a result a better quantitative consideration of the flow becomes possible.
  • 佐々木 賢一, 宇野 智子, 内山 素伸, 奥谷 浩一, 齋藤 慶太, 渋谷 均, 西谷 美香, 山本 麻美子
    日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌
    2014年 30 巻 2 号 19-25
    発行日: 2014年
    公開日: 2020/08/28
    ジャーナル フリー

     ストーマ造設を伴う大腸手術において腹腔鏡は、ストーマケアを容易にする有用な手段である。われわれの本手術手技の要点は、1)面板貼付部位外のポートサイトの設定、2)ストーマ孔の楕円皮膚切開内へのポート留置、3)腹腔鏡補助下腹膜外経路の作成、の3点である。8例の術後成績:早期には合併症なくストーマケアも容易であったが、晩期においては、腹腔内経路の2例で再手術を要した。内訳は、内ヘルニア1例、ストーマ妾ヘルニア嵌頓1例。ストーマ造設を伴う腹腔鏡下大腸手術は、ポートサイトの工夫で、ストーマケアがより容易になったが、癒着が少ないが故に内ヘルニアのリスクが高く、腹膜外経路による造設が望ましいと思われた。

  • 中村 邦夫, 奥谷 浩一郎
    ターボ機械
    1983年 11 巻 4 号 196-201
    発行日: 1983/04/10
    公開日: 2011/07/11
    ジャーナル フリー
  • 日本大腸肛門病学会雑誌
    2005年 58 巻 4 号 231-238
    発行日: 2005年
    公開日: 2009/06/05
    ジャーナル フリー
  • 木村 康利, 今村 将史, 奥谷 浩一, 川本 雅樹, 沖田 憲司, 目黒 誠, 巽 博臣, 水口 徹, 平田 公一
    日本腹部救急医学会雑誌
    2011年 31 巻 3 号 517-521
    発行日: 2011/03/31
    公開日: 2011/05/10
    ジャーナル フリー
    【目的】従来の重症度判定基準(旧基準)による重症急性膵炎症例が,現行の重症度判定基準(現基準)によりどのように再分類されるかを検討した。【対象】当科および当院高度救命救急センターで経験した旧基準による重症急性膵炎34例。内訳は男性25例,女性9例,平均年齢52.4(29~85)歳,旧基準による重症度別内訳はStage 2/3/4:13/9/12例で,旧スコアの平均点は11±6.7(2~24)であった。【結果】現基準により34例中11例が軽症,23例が重症と診断された。全症例におけるスコアの平均は4.4(1~9),軽症例1.27,重症例5.97で,現・旧両スコアは良好に相関した(y=0.6047+0.3488x, r2=0.7554,p<0.001)。死亡は7例(20.6%)で,旧スコアの15点以上,現スコアの6点以上に集中した。現基準・軽症例に臓器障害・死亡はなく,重症23例の臓器障害合併と致命率は16例(69.6%),7例(30.4%)であった。【まとめ】現基準による重症度診断は臓器障害合併頻度や致命率から再検討したところ妥当と考えられた。
  • 永井 祥子, 土屋 眞一, 佐藤 春明, 横山 宗伯, 田村 浩一, 杉崎 祐一
    日本臨床細胞学会雑誌
    2006年 45 巻 4 号 259-262
    発行日: 2006/07/22
    公開日: 2011/11/08
    ジャーナル フリー
    背景: 男性乳腺に発生したInvasive micropapillary carcinoma (以下IMPC) を経験したので報告する.
    症例: 73歳, 男性.1ヵ月前より右乳輪外側に径7mm大・無痛性の硬い腫瘤を自覚し, 外来を受診.穿刺吸引細胞像は血性ではあるが, 比較的清明な背景の中に小型~中型の乳頭状型・多形型を呈する癌胞巣が島状に多数出現していた.集塊辺縁部は細胞質で覆われたものが多く, 一部に微絨毛様の所見も認められた.また血管結合織性問質を伴った集塊も随伴していた.組織学的には, 網目状の問質によって隔てられたIMPCの典型的な像に加えて, 隣接する間質内に乳頭状の構築 (papillary subtype ofIMPC;P型) からなる像がみられた.また連続切片作成により, 従来から指摘されている腔形成型IMPC (lumen forming typeof IMPC;L型), 充実型IMPC (solid type of IMPC;S型) とP型および細い問質を有する乳頭腺管癌との問に連続性が確認された.
    結論:連続切片の結果から, IMPCの亜型である従来のL, S型に加えて, 乳頭腺管癌類似のP型 (乳頭状型) を提唱したい.
  • 福富 純一郎, 中瀬 敬之, 一宮 昌司, 篠原 善哉
    日本機械学会論文集 B編
    1998年 64 巻 618 号 442-446
    発行日: 1998/02/25
    公開日: 2008/03/28
    ジャーナル フリー
    This paper describes the effect of inlet guide vanes on the performance of a cross-flow fan. The prewhirl in the opposite direction to a rotor rotation is generated by the inlet guide vanes. The pressure coefficient of the cross-flow fan increases with increase of guide vane angle γ, because of the increase of Euler's head in the suction cascade of the rotor. In case of γ=30∼50 degrees both efficiency and pressure coefficient are higher than those of the rotor without guide vanes. Moreover, it is found that a cross-flow fan without guide vanes also has a considerable prewhirl at the rotor inlet.
  • 三神 俊彦, 大村 東生, 鈴木 やすよ, 奥谷 浩一, 沖田 憲司, 浅沼 広子, 東 恭悟, 木村 幸子, 佐藤 昌明, 平田 公一
    日本臨床外科学会雑誌
    2003年 64 巻 10 号 2369-2374
    発行日: 2003/10/25
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
    【はじめに】Invasive micropapillary carcinoma (IMC)は浸潤性乳管癌においてわずかに併存が認められ,予後不良因子とされている.【対象および方法】過去2年間にIMCの組織像が腫瘍全体の25%以上を占める浸潤癌7例について検討した. ER, PgR, c-erbB2, Eカドヘリンおよびβカテニンの発現を免疫組織学的方法を用いて検討した.【結果】画像上はIMCを特異的に示唆する所見はなかった.細胞診による診断は全例class Vで, fibrovascular coreを有しない乳頭状細胞集団が観察され,術前にIMCを診断できる可能性があると考えられた.リンパ節転移を高率に認めた. ER, PgRそれぞれの陽性率は71%, 57%であった. c-erbB2陽性(++/+++)が71%であり, ERとc-erbB2が共に発現している症例が71%であった. Eカドヘリンおよびβカテニンは全例に陽性所見を認めたが,その局在は間質に向いた面では認められなかった.【結論】IMC 7例について検討した.病理組織学的にいくつかの予後不良とされる因子が各症例で認められた.
  • 菅原 元, 久留宮 康浩, 水野 敬輔, 世古口 英, 井上 昌也, 加藤 健宏, 秋田 直宏, 南 貴之
    膵臓
    2020年 35 巻 6 号 622-629
    発行日: 2020/12/28
    公開日: 2020/12/28
    ジャーナル 認証あり

    症例は77歳男性.69歳時に膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)に対し,他院で膵尾部切除+脾摘出術を施行されている.術後1,2年目CT検査では異常所見を認めず,術後5年目CT検査で,主膵管は拡張し多発する嚢胞性病変を認めた.IPMN異時性再発を疑い,手術適応と診断したが,患者の希望により経過観察とした.術後6,7年目CT検査では嚢胞性病変の増大を認めた.術後8年目CT検査で嚢胞性病変はさらに増大し,超音波内視鏡検査で膵体部に壁在結節を認め,残膵全摘を施行した.術後経過は良好で第28病日に退院した.病理組織学的にはIPMN high-grade dysplasiaであり,前回病変との連続性はなく,多中心性発生による異時性再発と診断した.IPMN切除後,異時性再発に対し手術適応と診断してから3年間画像検査をもとに経過観察したことが本症例の特徴であり報告する.

  • 渡邊 二郎
    哲学
    1999年 1999 巻 50 号 305-310
    発行日: 1999/05/01
    公開日: 2009/07/23
    ジャーナル フリー
  • 宇野 智子, 佐々木 賢一, 斎藤 慶太, 奥谷 浩一, 渋谷 均, 平田 公一
    日本臨床外科学会雑誌
    2013年 74 巻 11 号 2968-2973
    発行日: 2013年
    公開日: 2014/05/30
    ジャーナル フリー
    根治的恥骨後前立腺摘除術(以下RRP)は鼠径ヘルニア(以下ヘルニア)の一因と考えられている.今回,当院におけるRRP後のヘルニアの特徴についてretrospectiveに検討した.成人男性初回ヘルニア手術症例314例(357鼠径)についてRRP既往の有無により,既往群24例(33鼠径),対照群290例(324鼠径)に分け比較解析したところ,既往群では両側発症が有意に多く(既往群37.5%,対照群11.7%),全例が外鼠径ヘルニアであった.それらに対する根治術式としてmesh-plug法が大部分を占めていた.RRP施行後からヘルニア発症までの月数中央値は11カ月であった.当院におけるRRP後ヘルニア発症率は23.0%であり,過去報告範囲内ではあるものの高率であることから,予防策が必要であると考えられた.
  • 木村 康利, 平田 公一, 吉田 雅博, 真弓 俊彦, 高田 忠敬
    日本腹部救急医学会雑誌
    2013年 33 巻 3 号 557-562
    発行日: 2013/03/31
    公開日: 2013/06/07
    ジャーナル フリー
    急性膵炎の診療ガイドラインについての報告を検索し,それらから得られた情報より診療内容の変遷を検討したところ,以下のごとくであった。(1)診断基準については,厚生省(当時)特定疾患難治性膵疾患調査研究班により変更提案した急性膵炎臨床診断基準が2008年に確定し,第3版ではこれを採用した。血液・尿検査では当初,血中膵酵素としてアミラーゼを推奨したが,改訂とともにリパーゼを第一に推奨するに至った。(2)重症度診断については,従来法では,臨床徴候(5項目),血液検査成績(10項目),CTグレード,全身性炎症反応症候群(SIRS),年齢の18項目からなっていたが,大きく簡略化された。すなわち,9因子による予後因子とともに,造影CTによる重症例の診断(CTグレード分類)を採用するとともに,重症度を3分類から「軽症」と「重症」の2分類に変更した。(3)搬送基準については,第1,2版でのスコア2点以上から,第3版ではスコア基準が改定された。搬送施設については「重症急性膵炎に対応可能な施設」となった。
  • 品川 哲彦
    哲学
    2016年 2016 巻 67 号 9-24
    発行日: 2016/04/01
    公開日: 2017/06/13
    ジャーナル フリー

    Heidegger and the Kyoto school proposed to conquer the crises they saw in

    their respective states by appealing to tradition.

    Heidegger advocated a return to the fundamental task of European philosophy, endeavoring to grasp the totality of being as what is. He expected that this task could be fulfilled by the German people under Nazism. His political commitment is derived from his philosophy of existence: its authentic decisions are devoid of norms. Likewise, in his later thought, no such norm affects what call of being man should obey. In this politics of being, only being is respected, not human beings, which would be respected under the idea of human dignity. Importing that ontic evaluation of the Germans and Judaism into its ontological creed might constitute a threat to human lives.

    Nishida conceived the idea of contradictory self-identity: by denying itself, the self becomes integrated into its environment and transforms the whole, consequently restoring its identity. He and his disciples thought that this idea had guided Japan throughout history and would justify Japan’s invasion of East Asia. This imaginary solidarity might constitute a threat to other peoples' independence.

    Both parties can be accused of confusing philosophical (ontological) thinking with positive or mundane (ontic) thinking.

    At present, the idea of human dignity has a central place in the German identity. Japanese philosophers should work to explain the concept of identity in presentday Japanese society.

  • 中村 邦夫, 梅景 康裕, 友広 輝彦, 奥谷 浩一郎
    ターボ機械
    1986年 14 巻 4 号 193-200
    発行日: 1986/04/10
    公開日: 2011/07/11
    ジャーナル フリー
  • 日本大腸肛門病学会雑誌
    2004年 57 巻 9 号 519-523
    発行日: 2004年
    公開日: 2009/06/05
    ジャーナル フリー
  • 福富 純一郎, 重光 亨, 飯野 峻也
    日本機械学会論文集
    2015年 81 巻 824 号 14-00636
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/04/25
    [早期公開] 公開日: 2015/02/27
    ジャーナル フリー
    In the internal flow of the cross flow fan, the formation of the eccentric vortex centered on the rotor inner periphery is well known. So far, the relationship between fan shape and performance, and the formation mechanism and behavior of the eccentric vortex have been reported. However, few studies have focused on the relevance of the fan performance and the eccentric vortex. In this paper, the structure, behavior and driving power of the eccentric vortex are investigated. Next, the effect of the eccentric vortex on the performance is considered. As a result, the following becomes apparent. The entrance flow of the cross flow fan is sucked towards the eccentric vortex indicating strong suction pressure, and therefore, the velocity at the rotor inlet becomes non-uniform in the circumferential direction. Because inlet velocity becomes fast in the tongue side which is near the eccentric vortex, the driving power of the eccentric vortex becomes large. By generating swirling flow by the change of an entrance shape and decreasing tongue side velocity by the outward centrifugal force of this turning flow, the eccentric vortex power decreases and high fan efficiency is accomplished. Finally, the high-performance design guideline of the cross flow fan by controlling the eccentric vortex is proposed.
  • 日本臨床外科学会雑誌
    2004年 65 巻 supplement 号 690-699
    発行日: 2004/09/20
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
  • 日本臨床外科学会雑誌
    2004年 65 巻 supplement 号 341-349
    発行日: 2004/09/20
    公開日: 2009/03/31
    ジャーナル フリー
  • 日本臨床外科学会雑誌
    2003年 64 巻 supplement 号 793-802
    発行日: 2003/10/10
    公開日: 2009/09/30
    ジャーナル フリー
feedback
Top