詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "嬰ハ長調"
3件中 1-3の結果を表示しています
  • 石田 海, 池田 一成, 入戸野 宏
    生理心理学と精神生理学
    論文ID: 2008br
    発行日: 2020年
    [早期公開] 公開日: 2020/10/24
    ジャーナル フリー 早期公開

    右前頭部初期陰性電位(early right anterior negativity: ERAN)は,西洋の調性音楽において調性的文脈から逸脱した和音が提示されたときに生じる事象関連電位である。ERANは,音楽の統語処理を反映すると考えられている。近年の研究で,ピッチ逸脱が主旋律に生じたときは,他の声部に生じたときよりもERANが増大すると報告された。しかし,その研究はソプラノの主旋律のみを検討していたため,この効果が主旋律の逸脱によるものか,高音声部の逸脱によるものかは明らかでない。本研究ではバス主旋律の刺激を用いて,ソプラノが逸脱する和音とバスが逸脱する和音に対するERAN振幅を比較した。その結果,ERAN振幅は,ソプラノ声部が逸脱するときにバス声部が逸脱するときよりも大きかった。これは,音楽の統語処理において,高音声部の効果が主旋律の効果よりも優勢であることを示唆している。

  • 山脇 一宏, 椎塚 久雄
    感性工学研究論文集
    2005年 5 巻 3 号 31-37
    発行日: 2005/05/31
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    This paper discusses about the relevancy of Solfege ability and Color-heard-sense. We do the questionnaire survey that listens to music and answered the color image. We analyze tonality recognition with questionnaire survey of the music major students and students except for the music major. We use method of the feature extraction of the music according to the adjective image chart, because it is superior than the feature extraction of the music by the factor analysis. From the analysis of the questionnaire survey, two results are shown. It is suggested that the human beings have the synesthesia subconsciously. It is shown that the synesthesia is caused by an influence on the common recognition of music and color.
  • ドラァグ、赤い靴、そしてパフォーマティブな身体のスキャンダル
    木戸 繭子
    ドイツ文学
    2012年 144 巻 67-83
    発行日: 2012/03/25
    公開日: 2018/03/31
    ジャーナル フリー
feedback
Top