詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "学歴社会"
925件中 1-20の結果を表示しています
  • 小内 透
    現代社会学研究
    2005年 18 巻 17-37
    発行日: 2005/06/10
    公開日: 2009/11/16
    ジャーナル フリー
    In recent years, the employment system called Japanese feature shows fluctuation. The increase in change of occupation and unemployment and the increase of non-regular employment brought fluctuation to lifetime employment, and the merit system and performance-based system of the wage structure has replaced the seniority system. By a job shortage for new graduates and a serious consideration of mid-career recruitment, the system of simultaneous recruitment of new graduates is collapsing and young part-time jobbers and NEET (Not in Employment, Education or Training) are increasing.
    Receiving the influence of change of the employment system, the formal academic career-oriented society in which the school career as a title is thought as important changed a lot. However, it does not mean the demolition of an academic careeroriented society itself. Special knowledge and technology are thought as important, and the functional academic career-oriented society where the academic career has a meaning as the index has appeared. Furthermore, the "true" academic career-oriented society theory that the owner of the advanced academic career which involves special knowledge and technology can receive suitable social treatment was produced by the increase in graduate school students.
    However, an unequal social structure does not change and a desirable society will not be born, supposing the employment system continues changing in the form in a present progressive, even if the academic career-oriented society changes and a "true" academic career-oriented society is born. Rather, the inequality in the social structure may increase more. In order to construct a desirable society, it is necessary to reexamine the change of the employment system which is producing more unstable and more unequal society, and to reconsider the structure of the society itself.
  • 甲斐 健人
    日本体育学会大会号
    1993年 44A 巻
    発行日: 1993/10/05
    公開日: 2017/08/25
    会議録・要旨集 フリー
  • 今田 高俊
    教育社会学研究
    1983年 38 巻 21-26
    発行日: 1983/10/20
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
  • 新堀 通也
    教育社会学研究
    1983年 38 巻 15-20
    発行日: 1983/10/20
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
  • 藤田 英典
    教育社会学研究
    1983年 38 巻 76-93,en263
    発行日: 1983/10/20
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    This paper examines the seemingly inevitable tedency toward a credential society along with the expansion of school education. In section one three major forces promoting the credentialization of society are identified: equalization of status orientation among individuals, demand for economic rationalization, and demand for organizational rationalization along with the industrialization and bureaucratization of society. Then, a brief review of the related literature shows that many previous studies support the inevitability hypothesistoward a credential society.
    Section two points out some shortcomings of previous studies. First, previous studies have failed to consider the structure of objects for individual's needs of achievements, and secondly, their consideration of the function of school education has been insufficient in relation to educational expansion.
    Section three, then, investigates economic benefits of obtaining educational credentials for an individual. It is confirmed that as school education has expanded, the rates of return of schooling have decreased at least in post-war Japan. Then, a cross-societal comparison based on the data of 43 countries also confirms the declining tendency of rates of return along with the expansion of school education. But, absolute differences of rates of return among various countries are not only due to the size of school education but also due to the level of equity in society.
    Section four investigates social benefits of educational credentials. Here again, it is confirmed that as school education has expanded, more prestiged occupationssuch as professional and managerial ones have become occupied more and more by university graduates. Then, as for determinants of occupational attainment, the relative importance is examined between father's occupational status and son's educational credential by path and regression analyses and by a cross-societal comparison based on 27 sets of correlations. Here again, it is confirmed that the more industrialized, and the more expanded school education, the more important educational credentials for occupational attainment are.
    Finally, section five discusses the relationships between the expansion of school education, credential society, and credentialism, and points out the unique characteristics of educational credentials as a determinant of individual career: that is, educational credentialis surely achieved by an individual, and at the same time it functions as an ascribed attribute in the process of one's status attainment.
  • 木村 邦博
    理論と方法
    1998年 13 巻 1 号 107-126
    発行日: 1998/09/30
    公開日: 2016/09/30
    ジャーナル フリー
     階層意識としての不公平感の形成過程に関して、自己利益正当化仮説と客観的公正判断仮説という2つの仮説を構築する。階層的地位のうち学歴に注目することにより、客観的公正判断仮説の下位類型の中でも教育による啓蒙効果に関する仮説に焦点を合わせる。自己利益正当化仮説・啓蒙効果仮説のそれぞれから、学歴、学歴社会イメージ、社会に対する全般的不公平感の三者間の関連に関する予想を導き出す。予想に適合的な傾向が観察されるかどうか、高校生とその両親を対象とした社会調査で得られたデータを用い、クロス集計結果のグラフ表示により検討する(交互作用効果に関するパラメタを条件付き効果の形で表現したロジット・モデルも適用する)。自己利益正当化仮説から導出した予想を支持する傾向が見られたのは、高校生の父親においてのみである。啓蒙効果仮説から導出した予想を支持する傾向は、高校生の母親において観察される。
  • 池上 知子
    日本心理学会大会発表論文集
    2010年 74 巻 3PM006
    発行日: 2010/09/20
    公開日: 2018/12/22
    会議録・要旨集 フリー
  • 小内 透
    現代社会学研究
    1992年 5 巻 38-61
    発行日: 1992/04/15
    公開日: 2009/11/16
    ジャーナル フリー
    本稿では、旭川市の小中高校生を対象に、子どもたちの生活の全体像を浮き彫りにし、「学歴社会」といわれている現実が、児童・生徒の生活にいかなる問題を生み出しているのかを明らかにした。
    その結果、第一に、旭川の子どもたちは、「学歴獲得競争」をそれほど重視せずフォーマルな「学校文化」に背をむけて日々を過ごしていたこと、第二に、「学歴社会」は、(1)学年の上昇にともなう「社会関係からの孤立化傾向」、(2)拡大する親子の間の認識のズレ、(3)「底辺校」の高校生の職業選択の遅れ、(4)「学ぶこと」の真の意義の喪失等々の問題を生み出していたこと、第三に、その中で、学歴獲得競争に比較的積極的な姿勢を示していたのは、管理的職業や専門技術の親をもつ一部の階層の小中学生であったこと、第四に、高校段階になると階層差は進学校と「底辺校」の生徒の出身階層の違いとなって現われていたことが明らかになった。
    このことは、一方で、子どもたち全体の生活や意識の変化の中に「学歴社会」の弊害を見いだすことの重要性、他方で、「学歴社会」における学歴獲得が決して平等な形で展開されているものではないという事実を示している。
    「学歴社会」の克服は、これらの点をふまえなければ十全な形で実現することはできないといえる。
  • 山崎 博敏, 島田 博司, 浦田 広朗, 藤村 正司, 菊井 隆雄
    教育社会学研究
    1983年 38 巻 94-109
    発行日: 1983/10/20
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
  • 菊池 城司
    教育社会学研究
    1992年 50 巻 87-106
    発行日: 1992/08/07
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
  • 田中 萬年
    産業教育学研究
    2017年 47 巻 2 号 28-29
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/07/31
    ジャーナル フリー
  • 西浦 功
    現代社会学研究
    2000年 13 巻 117-121
    発行日: 2000/06/30
    公開日: 2009/11/16
    ジャーナル フリー
  • 甲斐 健人
    体育学研究
    1994年 39 巻 4 号 255-266
    発行日: 1994/11/10
    公開日: 2017/09/27
    ジャーナル フリー
    In Japan, there is extreme pressure on students about their academic careers. For high school students, this pressure is particularly acute. Students involved in extra-curricular sport activities (Student athletes) are also under the same pressure. But, they do not devote themselves totally to the preparation for the college enterance examination. They manage to make their high school lives more comfortable. The sport sociologists in Japan have overlooked the culture of student athlete from the viewpoint of their daily life. The aim of this paper is to demonstrate the effectiveness of P. Bourdieu's theory of cultural capital for studying culture of high school student athletes in this "Gakureki" society (credential society). In the educational sociology, it is well known that Bourdieu's theory of cultural capital is available to discuss student subculture and school culture based on many studies about school culture and student subculture in high school. According to Bourdieu, the "educational career" is a cultural capital of which distance from necessity is short and "extra-curricular sport activities" are cultural capital of whith distance from necessity is long in the credential society. Conclusions are: (1) an aspect of "the acquisition of culture" against educational credentialism and school culture is available to explain Student athletes' culture. (2) The examination of "extra-curricular sport activities" enable us to rethink the credential society and school culture.
  • 竹内 洋
    現代社会学研究
    1994年 7 巻 1-32
    発行日: 1994/04/15
    公開日: 2010/07/27
    ジャーナル フリー
    近代社会は雇用や地位達成において学歴が大きな規定力を持つ学歴社会である。では、なぜ学歴が地位達成におおきな比重を占めるのか。この問については技術機能主義や人的資本論、スクリーニング理論、訓練費用理論、葛藤理論など様々な説明がなされてきた。しかし、本論はこれらの伝統的アプローチに大きな欠陥があり、むしろジョン・マイヤー(John Meyer)をパイオニアとし、代表者とする制度論派の「教育論」(制度としての教育論)と「組織論」(制度的同型化論)を学歴主義の説明理論として読み直すことが重要という指摘をおこなっている。そこでまず複数の伝統的アプローチを整理するためにふたつの前提(メタ理論)から考察している。ひとつは学校効果についての前提(学歴の供給の理論)であり、それを社会化と配分に分類している。もうひとつは、雇用についての前提(学歴の需要の理論)であり、それを効率と統制に分類している。このふたつの前提を組み合わせることによって複数の伝統的な説明理論を整理するとともに、その欠陥が明らかにされる。そのあとに、学校効果と雇用の理論について異なった前提をおく制度論的アプローチの新しさと有効性を示している。最後にこうした制度論的アプローチを導きの糸としながら、日本社会における学歴主義の誕生と展開についての経験的研究の方向と可能性について若干の提言をおこなっている。
  • 潮木 守一
    教育社会学研究
    1983年 38 巻 5-14,en261
    発行日: 1983/10/20
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    Sociology of Educational Credentials can be divided into two parts; the analysis of the educational attainment process and that of the status attainment process. Most previous researches have mainly focused on analyzing the effect of educational credentials on the process of individuals' status attainment. However, the process of educational attainment should not be neglected, because, without it, the sociology of educational credentials can not be perfect. As for the analysis of educational attainment, there are two main approach, the functional approach and the moral socialization approach. The functional approach takesthe educational attainment process as a process for an individual to acquire knowledge andskills which are needed in the industrialized society.
    Against that, the moral socialization approach takes the same process as an internalization process of value orientation which is prerequisite to maintain and reproduce the already established class system. It isan important contribution of radicals that they set up, not educational credentials which individuals have attained, but value orientation which individuals have internalized as a crucial product in the educational attainment process. However, radicals have not succeeded to analyze the dynamic process of moral socialization, and they are trapped by a simplistic and mechanic logic. They depend on the simple logic of one-to-one correspondence in exlaining the causal relationships among the social class system, the formation of sub-culture, the value internarization by the family as a socialization agent, the reinforcement bythe school system and the reproduction of the social class system. But More dynamic approach is needed for the more comprehensive understanding of the educational attainment process.
  • 笹谷 春美
    家族社会学研究
    2001年 13 巻 1 号 8
    発行日: 2001/08/20
    公開日: 2010/05/07
    ジャーナル フリー
    現代日本は「企業社会」であると同時に「学歴社会」である。この「学歴社会」は, 教育期の子どもを抱える家族の強力な下支えによって成立している。このような〈教育する家族〉 (神原, 2001) の危うさがマスコミ等でとりあげられるようになって久しい。しかし, 「普通」の家族においては現実のところどうなのか。これらの問題を解明すべき家族社会学において, 意外にも〈教育期の子どもと親子関係〉に焦点を当てた実証研究は少ない。本書は, このような問題意識から, 名古屋近在の家族研究者グループ (通称「なごや会」) が取り組んだ実証的共同研究の成果である。
    本書はIII部構成からなる。第I部の「戦後の親子関係研究から」は, とくに実証研究を中心とした未成人の親子関係研究のレビュー (第1章) と本書の分析データとなる調査の概要 (第2章) からなる。第II部の「子育てと親子関係の現代的特徴」は, 子育ての世代間分析 (第3章), 父親に焦点をあてた「親からみた子との関係」 (第4章), 子どもの手伝いの意義を問う「子どもからみた親との関係」 (第5章) からなる。第III部は, 夫婦関係満足度と親子関係 (第6章), 家族階層と子育て (第7章), 子どもの教育への期待と親子関係 (第7章), 子ども教育への期待と親子関係 (第8章), 子育てにおけるジェンダー (第9章), 親の生き方と親子関係 (第10章), 子育てにおける人権教育 (第11章) からなる。6人の筆者が実に多様な角度から分析を行っている。
    本書の成果は, 第1に, これまで家族社会学において手薄であった〈教育期の子どもと親子関係〉の実証的研究を積み上げたこと, 第2に, その分析枠組みと調査データの重層性にある。つまり, 1995年に「なごや会」が行った名古屋市のある地域の小学5年生と中学2年生の子どもとその父母双方を対象とした調査 (名古屋調査) を中心に, さらにこの調査データの歴史的特長を探るために1960年代に行われた同様の調査との比較を試み, また, 父母に自分たちが子どもであった頃の親の子育てのあり方 (自分の育てられ方) を聞くことによって3世代の親子関係の連鎖の把握を試みている。このような複眼的な調査枠組みによって, 再生論視角やジェンダー視角からの分析も可能となり, 第III部のさまざまな角度からの重層的分析が可能となっている。
    しかしながら, それにもかかわらず各章からみえてくる結論は, 従来論じられている知見をそれ程超えるものではないことが残念である。つまり, どこからどう切っても, 性別分業家族, 手伝いより子どもの勉強や成績に熱心な父母, 一時代前より親密な親子関係, そのような家庭を暖かいと感じ伝統的ジェンダー意識や学歴志向を再生産する子どもたちがみえてくる。これを〈危うい〉と指摘する章もあるが, データそのものからの言及が少ないため説得力が弱い。それともこれが日本の実態だとすれば, 学歴社会を下支えする日本型近代家族のしぶとさを浮き彫りにした成果は大きいといえよう。
  • 柴田 鉄治
    日本科学教育学会研究会研究報告
    1995年 9 巻 5 号 29-30
    発行日: 1995/03/25
    公開日: 2017/11/17
    研究報告書・技術報告書 フリー
    日本の教育システムは,明治維新以来,欧米に追いつけ追い越せという至上命題に沿って創られ,その限りにおいては極めてうまく機能してきたといっていい。機会均等,公平を旨とし,教育内容については画一化を計るとともに,知識を身につけることを最大の目標とした。これを実現するために,ペーパーテストを徹底的に活用する手法をとったのである。ペーパーテストは,教科書があって,正解がはっきりしている場合には,どれだけ学んだか,どれだけ知識を身につけたかを測る物差しとして非常に優れている。科学教育も,この教育システムの一環に位置づけられ,科学知識を身につけることに重点をおいてきた。科学技術が常に欧米に手本を求められる状況なら,それでもいいのだろうが,これからはそれではすまない。創造性を伸ばす教育システムに切り替えるべき時である。
  • 吉川 富夫
    大阪経大論集
    2018年 68 巻 1 号 117-
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/02/15
    ジャーナル フリー
  • 下園 昌毅, 楠見 孝
    日本教育心理学会総会発表論文集
    1996年 38 巻 2-PE13
    発行日: 1996/11/02
    公開日: 2017/03/30
    会議録・要旨集 フリー
  • 中山 秀太郎
    工業教育
    1986年 34 巻 1 号 16-18
    発行日: 1986/01/10
    公開日: 2009/04/10
    ジャーナル フリー
feedback
Top