詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "対称性"
108,766件中 1-20の結果を表示しています
  • 熊谷 貞男
    図学研究
    1978年 12 巻 2 号 13-16
    発行日: 1978年
    公開日: 2010/08/06
    ジャーナル フリー
  • 久場 友加里, 井上 卓也, 森 槙子, 永瀬 浩太郎, 成澤 寛
    西日本皮膚科
    2017年 79 巻 6 号 562-565
    発行日: 2017/12/01
    公開日: 2018/02/20
    ジャーナル 認証あり

    68 歳,男性。徐々に増大する後頚部の皮下腫瘤を主訴に当科を受診した。初診時,後頚部に径 15 cm の軟らかい皮下腫瘤を認め,体幹・四肢にも

    対称性
    に境界不明瞭な軟らかい皮下腫瘤が多発していた。生検にて成熟脂肪細胞の増生を認め,アルコール性肝硬変・高尿酸血症の既往があったことより,良性
    対称性
    脂肪腫症と診断した。良性
    対称性
    脂肪腫症は,頚部・体幹・四肢近位部を中心に左右
    対称性
    に脂肪組織が増生する疾患で,アルコール性肝障害,耐糖能異常,高脂血症,高尿酸血症などを伴うことが知られている。今回,自験例を含めた本邦報告 125 例の検討を行ったところ,男性が 85%と圧倒的に多く,50∼60 代に多かった。発生部位は頚部・背部・上腕など上半身に多い傾向であった。機序は解明されておらず,他臓器への圧迫解除や整容的な理由で外科的切除がなされることもあるが,再発も多く,確立された治療法はない。

  • 古林 利治, 白井 利彦, 西谷 喜治
    皮膚の科学
    2005年 4 巻 3 号 281-285
    発行日: 2005年
    公開日: 2011/05/17
    ジャーナル 認証あり
    66歳,女性。MCTDにて加療中に発症した両側性非
    対称性
    帯状疱疹の1例を経験した。当科初診の5日前より両側性に胸部から背部にかけて浮腫性紅斑,小水疱が出現(右Th5,6領域および左Th2,3領域)。3日前より痛みが出現した。入院の上,アシクロビル(ビクロックス®)点滴静注にて皮疹が軽快した。1970年以後の本邦皮膚科領域における複発性帯状疱疹の報告39例に自験例を含めて,その臨床的特徴をまとめ,若干の考察を加えた。
  • 竹尾 千景, 加藤 雪彦, 古賀 道之
    西日本皮膚科
    2003年 65 巻 1 号 45-48
    発行日: 2003/02/01
    公開日: 2008/05/23
    ジャーナル 認証あり
    症例は53歳,女性。両側乳癌,脳転移のため当院脳神経外科入院中に,右側頚部~肩および左下腿外側に小水疱を伴う浮腫性紅斑が出現。全身には汎発疹と思われる小水疱も散在していた。汎発疹を伴った複発性帯状疱疹と診断し,アシクロビル点滴にて皮疹の軽快がみられたが,原疾患のために死亡した。1970年から2001年までの本邦報告65症例の複発性·多発性帯状疱疹では,単発性帯状疱疹に比べ悪性腫瘍の合併が高率に認められた。以上より,複発性·多発性帯状疱疹の患者に遭遇した際には,単発例の場合よりもいっそう注意深い検索が必要と思われた。
  • 木村 邦彦, 小西 正良
    民族衛生
    1981年 47 巻 2 号 51-61
    発行日: 1981年
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    In the present paper, the relationship between handedness and laterality in some measurements of the human upper limb was discussed. On the basis of a questionaire on the handedness in routine work and action or sports movement deviced by Kimura and Asaeda (1974), of 392 male medical students, 28 (7.4%) were identified to be left handed and 2 (0.5%) ambidextrous, and others (92.4%) were right handed. The subjects of the study consisted of 28 left handed students and 22 right handed ones sampled at random. The following items were measured; somatornetrically the grip strength, the girth of upper arm and forearm, and the length of upper limb, upper arm, forearm and hand; and on the radiographs of the hand and wrist, the length and the width at mid shaft of all the metacarpals and phalanges, in both right and left sides. Laterality was discussed based on the differences of the means in both sides, the distributions of the dominant side and the laterality coefficient for each measurement between the right and left handed groups. The laterality coefficient was calculated based on the following equation for each individual; L.C. = 100(R-L)/C.V.(R+L). In this equation, the R and L are the measured values in the right and left sides, and the C.V. is the coefficient of variance. A negative sign is conventionally added to the coefficient, when the measurement is dominant at the left side. From this study, the following results were found; (1) The grip strength and the girth of forearm, followed by the girth of upper arm and the length of forearm, are apparently dominant at the same side of the handedness. The length of hand is dominant at the left side for both right and left handed groups. The length of upper limb and upper arm do not show any laterality. A relationship of compensatory is suspected between the forearm and the hand in length. It serves probably to keep a balance between the right and left upper limbs. (2) The length of every hand bone generally shows little lateralities. The width of the second metacarpal and proximal, middle and distal phalanges, the third metacarpal and proximal and middle phalanges, the fourth metacarpal and proximal phalanx, and the fifth metacarpal are dominant at the same side of the handedness. (3) Dominance of the measurement at the side of handedness is generally more apparent in the right handed group than in the left, as well as in males than in females.
  • 浅上 文雄, 河村 奨, 川嶋 正男, 清水 道彦, 有山 重美, 東 光生, 前谷 昇, 播麿 一雄, 永富 裕二, 相部 剛, 多田 正弘, 天野 秀雄, 河原 清博, 富士 匡, 岡崎 幸紀, 竹本 忠良, 篠山 哲郎, 大下 芳人, 田辺 満彦, 長井 謙造, 林 謹也
    日本消化器内視鏡学会雑誌
    1981年 23 巻 9 号 1263-1268_1
    発行日: 1981/09/20
    公開日: 2011/05/09
    ジャーナル フリー
    われわれは,職域胃集検の精検として施行された胃内視鏡検査後に,前庭部急性胃潰瘍を発症した5例を経験した・全症例とも明らかな誘因が不明であった.このような急性胃潰瘍の成因はなお不明であるが,胃内視鏡検査自体がなんらかの形で急性潰瘍発症に関与しているのではないかと推測した.なお,集検の場以外での通常の内視鏡検査自体が誘因となったと考えられる急性胃潰瘍の1例を追加した.
  • 岡 夏樹
    認知科学
    2009年 16 巻 1 号 179-184
    発行日: 2009年
    公開日: 2010/06/11
    ジャーナル フリー
    It is known that most other animals than humans are unable to pass the symmetry test. Some authors of the Cognitive Studies, 15(3), pointed out that the arbitrary matching to sample task, a standard test for the symmetry, includes a time sequence of stimuli, which may cause a difficulty in reversing the relation between the sample stimuli and the comparison stimuli, and in passing the test. Moreover, the task requires ability to actively select a stimulus, which also may cause the difficulty. This paper hence proposes a simple test for symmetry which excludes additional obstacles in the test such as the time order between the stimuli, and also excludes the action of selection.
  • 砂金 美紀, 山﨑 一樹, 越塚 慶一, 大木 雄示, 飯沼 智久, 木下 崇, 鈴木 猛司, 米倉 修二, 花澤 豊行
    頭頸部外科
    2020年 30 巻 3 号 401-408
    発行日: 2020年
    公開日: 2021/03/19
    ジャーナル フリー
    良性
    対称性
    脂肪腫症(Madelung病)は頸部や躯幹,四肢などに
    対称性
    ,多発性に脂肪が蓄積する疾患である。Madelung病の3例を経験したので考察を加えて報告する。症例1は76歳男性で,嗄声や嚥下障害,喉頭周囲の脂肪沈着を認めた。手術後の嚥下機能の悪化を懸念して経過観察の方針とした。症例2は61歳男性で,咽頭後間隙に脂肪組織を認め腫瘍摘出術を行った。症例3は72歳男性で,咽頭後および傍咽頭間隙に脂肪沈着を認め,腫瘍摘出術を行い整容的に高い満足度が得られた。本疾患では患者に整容的な改善の希望がある場合や気道閉塞,嚥下障害などの機能異常を認めた際には積極的に外科的治療を検討することが重要である。
  • 法橋 登
    大学の物理教育
    2009年 15 巻 1 号 43-44
    発行日: 2009/03/15
    公開日: 2018/11/30
    ジャーナル オープンアクセス
  • 新嘉喜 長, 山本 雄一, 粟澤 遼子, 仲松 あや乃, 安里 豊, 平良 清人, 上里 博
    西日本皮膚科
    2007年 69 巻 6 号 624-627
    発行日: 2007/12/01
    公開日: 2008/01/08
    ジャーナル 認証あり
    症例は72歳,男性。15年前より慢性関節リウマチ。5年前に胃潰瘍。帯状疱疹罹患歴なし。2004年1月,背部に疼痛を伴う皮疹に気づいた。近医皮膚科を受診し,鎮痛剤と外用薬を処方·投与された。翌々日同様の皮疹が腹部にも出現し,水疱を形成してきたため,その2日後に他院を受診,帯状疱疹の診断で当科に紹介された。初診時,右背部,右肩部から肩甲上部(C4~5領域)と右腹部~側腹部~背部(Th8~9領域)に紅色丘疹ないし小水疱が集簇し,一部痂皮を伴っていた。自験例を複数の神経節支配領域にまたがる帯状疱疹と診断し,抗ウイルス剤による治療を行った。患者は加療約1週間目から右上肢の挙上困難を訴え,神経内科を受診した。その結果帯状疱疹に伴う運動神経麻痺と診断された。以上のことから自験例は運動神経麻痺を伴った稀な複発性帯状疱疹であった。
  • 竹内 郁也, 阪口 真
    日本物理学会講演概要集
    2016年 71.2 巻 22pSB-7
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/12/05
    会議録・要旨集 フリー

    AdS/CFT対応において,ブレーン上の超共形場理論の共形超

    対称性
    とブレーン解のnear-horizon極限で拡大する超
    対称性
    が対応すると考えられる。昨年秋の学会発表では,4次元N=4SYM理論の共形超
    対称性
    とD3ブレーン解のnear-horizon極限で拡大する超
    対称性
    との対応関係を具体的に与えた。今回の発表では,3次元N=6超共形場理論であるABJM模型の超共形
    対称性
    の生成子とAdS4xCP3超重力解の超
    対称性
    の生成子と具体的対応関係を与える。これによりブレーン上の共形超
    対称性
    とnear-horizon極限で拡大する超
    対称性
    が対応することを示す。

  • 久木田 章, 篠倉 均, 花田 晃治, 長峯 岳司, 中島 民雄, 武藤 祐一, 大橋 靖
    日本口腔科学会雑誌
    1991年 40 巻 1 号 109-116
    発行日: 1991/01/10
    公開日: 2011/09/07
    ジャーナル フリー
    The present investigation was undertaken to compare changes of the soft tissue frontal view between the bilateral sagittal osteotomies of the rami and the unilateral sagittal osteotomy of the ramus combined with body ostectomy by using the frontal face asymmetric correction index in 26 patients with mandibular protrusion assosiated with lateral deviation.
    The following results were obtained:
    1. Although the frontal view was improved in both osteotomies, the extent of improvement after correction of unilateral sagittal ramus osteotomy with body ostectomy was superior to that of bilateral sagittal ramus osteotomy in all measurements.
    2. As compared to bilateral sagittal ramus osteotomies, unilateral sagittal ramus osteotomy combined with body ostectomy showed significant improvement in upper lip inclination, asymmetric correction indices of the area of the chin, the distance from the submandibular line, and the mandible angle.
    The results suggest that the combination of unilateral sagittal ramus osteotomy and body ostectomy is a better surgical procedure for the treatment of asymmetric face patients.
  • その1.胃体部急性特殊型潰瘍について
    岡崎 幸紀, 中村 克衛, 河村 奨, 藤本 茂博, 浦山 澄夫, 松浦 宏, 飯田 洋三, 浜田 義之, 森戸 正俊, 清水 道彦, 富士 匡
    日本消化器内視鏡学会雑誌
    1975年 17 巻 3 号 336-344_3
    発行日: 1975/06/20
    公開日: 2011/05/09
    ジャーナル フリー
    We have observed twelve cases of unusual acute ulcers in the corpus of the stomach. These ulcers showed characteristic shapes, by fluoroscopy, endoscopy and specimens of resected stomachs, which were wide superficial and irregular shapes such as trench, map-like or tongue-like, and it was often difficult to distinguish from them to the depressed early gastric cancer, . The patients had been accopanied with severe clinical symptoms which were heavy epigastric pain, hematemesis and melena etc. They were nine male and three female in sex, ranging from twenty-six to seventy-three old-year in age. And they were almost hospitalized as an emergency because of these severe clinical symptoms. Three cases were operated under diagnosis of suspicion of malignancy that was early gastric cancer, IIc or IIc+ III. Histologically they were wide, superficial and shallow ulcers, so clled Ul-II, except for a bit of area that was so c.lled Ul-III. Stress had been suggested as an inducement in six cases, drugs in two cases, repeated vomitings in one case, but unknown in three cases. Though it would be thought that stress, drugs and vomitings induced these ulcers, we had no experiences of these types in stress-induced ulcers, drug-induced and vomiting-induced, too. Now the pathogenesis of gastric ulcer has not been obscure, so it is more difficult that we investigate the genesis of these cases. But, if allowed, it would be supposed that the diturbance of regional blood flow in the corpus might be related to these ulcers because they were rare shapes in the limited area.
  • 針生 悦子
    認知科学
    2009年 16 巻 1 号 138-141
    発行日: 2009年
    公開日: 2010/06/11
    ジャーナル フリー
    When we teach children a novel word by pointing to an object, we expect them not only to become able to say the word when they see the object again, but also to become able to remember the object just by hearing the word. Inferring the new relation “if you hear the NAME then remember the OBJECT” based on the learned relation “if you see the OBJECT then say the NAME” is called symmetry and it has been reported that non-human animals rarely show this ability. However the matching-to-sample procedures used to examine whether non-human animals have this ability seem to have problems as a method to test the above-mentioned ability that is involved in learning and using words. Still, human adults show symmetry even when tested by using such a problematic procedure, whereas human infants rarely show symmetry in this task. Based on these facts, the relationship between language use and the emergence of symmetry was discussed.
  • *倉沢 賢一, 斉木 功, 中島 章典, 池田 清宏
    理論応用力学講演会 講演論文集
    2004年 53 巻 2F9
    発行日: 2004年
    公開日: 2004/03/25
    会議録・要旨集 フリー
    多くの
    対称性を持つ系はその対称性
    が原因となり,解の多重分岐が生じ易い.特定の構造が周期的に並ぶ周期構造系も,
    対称性
    を多く有しており,数値解析における多重分岐が計算上の障害となる.本研究では,群論的分岐理論に基づくブロック対角化法を利用し,局所回転と並進の
    対称性
    を有するハニカムセル構造体を例に,分岐モードのパターン分離を行う.
  • 有尾 一郎, 高橋 浩樹
    日本応用数理学会年会予稿集
    2002年 2002 巻 W02
    発行日: 2002/09/18
    公開日: 2003/03/18
    会議録・要旨集 フリー
    古典的な
    対称性
    の研究は,その対象とする系に
    対称性
    が存在するか否かということに力がおかれてきた.近年,いくつかの動的現象に対して
    対称性
    が見え隠れする事実が発見され,数学的な解釈がなされてきた.たとえば,ミルククラウン現象は,ミルクの滴が液面に落下した瞬間に一様な液面から円形(無限
    対称性
    )の壁が立ち上り,その先端からいくつかのミルク玉が跳ね上るとき有限な
    対称性
    へ低下する典型的な物理現象である.このように
    対称性
    が低下することを「
    対称性
    の自発的破れ」あるいは単に「
    対称性
    の破れ」と呼ばれている。近年
    対称性
    の利用法として群の表現に基づくブロック対角化法(BDM)が,MUROTA・IKEDAらによって対称構造物の並列FEM解析法として開発されてきた.一様に均質な構造系には幾何学的要因が暗黙のうちに隠れており,本研究は群積の変換則を開発することによって,高次
    対称性からの対称性
    破れ現象の過程としてとらえ、系の階層的
    対称性
    の喪失の仕組みを数値解析的に明らかにする.すなわち,周期境界を持つ格子構造を仮定し,群積(群のテンソル)で記述されたBDMを用いることによって,「隠れた
    対称性
    」と
    対称性
    の系列を数値的に見つけ出す.この群積によって,ある均質場に支配される偏微分方程式を
    対称性
    を張る空間に変換し,系の階層的
    対称性
    の喪失レベルを変換後の行列表示にて追跡し,
    対称性
    の階層構造を再現する方法を提案する.
  • 数量的評価と感覚的評価の対応に関する実験的検討
    小早川 元博
    日本口腔外科学会雑誌
    1990年 36 巻 10 号 2322-2336
    発行日: 1990/10/20
    公開日: 2011/07/25
    ジャーナル フリー
    The relationship between subjective and objective evaluation of facial asymmetry of mandibular prognathism patients shown by photographs, was investigated. Seven parts of measuring distances and angles representing facial asymmetry were selected in the first experiment and six for the second experiment.
    The parts of the face include: the distance from the median line of the face to point A, B, Ch and Al of right and left sides, angle ABC of right and left sides, angle OBC of right and left sides, and the right and left sides of the chin (Me) as shown in the diagram of a mandibular prognathism patient. The two results are as follow:
    1) The evaluation by the oral surgeons in our department, using multiple regression analysis, showed that the more the asymmetry in the region of the mandibular angle was severe, the more the facial asymmetry was felt to be severe. On the other hand, the result obtained from a questionnaire, distributed at the same time to the same subjects showed the chin to be most important for realizing facial symmetry. Therefore oral surgeons are inclined to pay too much attention to asymmetry of the chin region.
    2) Multiple regression analysis shows, for oral surgeons and the public, that the postoperative improvement of facial asymmetry is most closely related to the improvement of the symmetry of the mandibular angle region. However, 57.5% of oral surgeons, on the questionnaire, regarded the asymmetry of the chin region as most important in evaluating the asymmetry of the face. The percentage indicating the mandibular angle was only 20%. This was remarkably different from the 60% of the public. Together the multiple regression analysis and questionnaire results coincide, and they suggest that the mandibular angle is the most important part in judging the asymmetry of the face.
  • 新井 智之, 藤田 博暁, 丸谷 康平, 細井 俊希, 森田 泰裕, 旭 竜馬, 石橋 英明
    理学療法学Supplement
    2015年 2014 巻 O-0473
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/04/30
    会議録・要旨集 フリー
    【はじめに,目的】高齢者の下肢筋力の低下は,移動やADLの障害につながる。そのため,下肢筋力の低下を予防することは重要である。これまでの下肢筋力に関する研究は,最大等尺性膝伸展筋力の最大値や左右の平均値を用いることが一般的であったが,下肢筋力の非
    対称性
    に着目した研究は少ない。病院や地域の臨床場面においては,左右の膝伸展筋力に差があり,下肢筋力が左右非対称な高齢者を経験する。下肢筋力非
    対称性
    に関する先行研究では,高齢者や脳卒中などの神経疾患を有する患者では非
    対称性
    が大きいこと,また下肢筋力非
    対称性
    が大きい対象者は歩行能力が低下していることが報告されている。しかし大規模な集団において下肢筋力非
    対称性
    を調査し,運動機能だけでなく生活機能も含めて下肢筋力非
    対称性
    との関連を検討した報告はない。そこで本研究では60歳以上の中高年者の下肢筋力非
    対称性
    を調査し,年齢,運動機能,生活機能との関連を明らかにすることを目的とした。【方法】埼玉県伊奈町において,要介護・要支援に該当しない60歳から79歳までの中高年者で,研究に同意の得られた756人(平均年齢69.7±5.3歳,男354人,女411人)を対象とした。測定項目は運動機能として膝伸展筋力,握力,片脚立ち時間,Functional Reach Test,5回起立時間,歩行速度(通常・最大),2ステップ値,立ち上がりテストも測定した。また背景因子として年齢,性別,BMIに加え,既往歴として変形性膝関節症,変形性股関節症,腰部脊柱管狭窄症,骨粗鬆症,転倒,骨折の有無について聴取した。さらにアンケート調査としてWestern Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index(WOMAC)日本語版とロコチェックを行った。下肢筋力の非
    対称性
    については,(左右の膝伸展筋力の差の絶対値)/左右の膝伸展筋力の強い方の値×100で算出し,非
    対称性
    指数(%)とした。解析はまず下肢筋力非
    対称性
    の値を5歳ごとの年代間で比較した。また先行研究を元に非
    対称性
    指数が15%以上を下肢筋力非
    対称性
    群,15%未満を下肢筋力
    対称性
    群とし,両群間でその他の運動機能とそれぞれの既往の有無の比較を行った。統計解析にはSPSS 19.0J for Windowsを用いた。【結果】全対象者の下肢筋力非
    対称性
    の平均は13.2±10.5%(男13.4±10.5%,女13.0±10.5%)であった。5歳ごとの年代間の下肢筋力非
    対称性
    には有意差がなかった。非
    対称性
    指数が15%以上で下肢筋力非
    対称性
    群となった対象者は260人(34.4%)であり,
    対称性
    群は495人(65.6%)であった。下肢筋力非
    対称性群と対称性
    群の両群間の比較において有意差のみられた項目は,5回立ち上がり時間(非
    対称性
    群8.66±2.43回,
    対称性
    群8.25±2.53回,p<0.05),WOMAC日本語版の総合得点(非
    対称性
    群3.6±6.1点,
    対称性
    群2.9±5.5点,p<0.05)と下位尺度の身体機能得点(非
    対称性
    群2.2±4.1点,
    対称性
    群1.7±3.7点,p<0.05),ロコチェック(1項目以上の該当者の割合:非
    対称性
    群173人/495人,
    対称性
    群116人/260人,p<0.01)であった。一方変形性膝関節症,変形性股関節症,腰部脊柱管狭窄症,骨粗鬆症,転倒,骨折の有無による差はなかった。よって非
    対称性群は対称性
    群に比べ有意に5回立ち上がり時間が遅く,WOMACの得点が高く,ロコチェックに該当する割合が多いという結果となった。【考察】本研究では年齢と下肢筋力非
    対称性
    に関連がみられなかった。このことから60-70歳代の要介護・要支援に該当せず,日常生活が自立している中高年者においては,下肢筋力非
    対称性
    は年齢の影響は少なく,その他の要因が関わっている可能性が示唆された。また一方,運動機能との関連においては,下肢筋力非
    対称性
    が大きい中高年者は,非
    対称性
    が少ない高齢者に比べ,両足を用いる立ち上がりなどの日常生活動作能力が低下していることが明らかとなった。このことから中高年者おいても下肢筋力の評価として,筋力値だけでなく
    対称性
    の評価も重要であることが示唆された。【理学療法学研究における意義】本研究は下肢筋力の非
    対称性
    が大きいことが,立ち上がりなどの生活動作の制限につながる可能性を示した研究である。病院や地域における理学療法の臨床場面でにおいては下肢筋力の評価とともに
    対称性
    の評価も重要であると考える本研究では要介護・要支援に該当しない対象者であったが,障害のある高齢者や患者における下肢筋力
    対称性
    の検討が必要であると考える。
  • 坂東 昌子
    日本食品科学工学会誌
    1998年 45 巻 3 号 221
    発行日: 1998/03/15
    公開日: 2009/05/26
    ジャーナル フリー
  • 磯山 貴一, 野村 清英
    日本物理学会講演概要集
    2017年 72.1 巻 19pB12-7
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/04/19
    会議録・要旨集 フリー

    LSM 的な方法で構成される基底状態の候補としてはdimer的なものやN\'eel的なものがあり、これらは離散的

    対称性
    (スピン反転
    対称性や空間反転対称性
    、時間反転
    対称性
    )によって特徴づけられる。その過程にはnormalizationの議論が必要だったことを示した。加えて、限定的な離散的
    対称性
    でもこの議論が可能であることやその応用としてmagnetic plateau の場合についても述べる予定である。

feedback
Top