詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "展開図"
4,412件中 1-20の結果を表示しています
  • 藤井 美枝子
    人間工学
    1984年 20 巻 Supplement 号 182-183
    発行日: 1984/07/15
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
  • (その3, 先端の展開図)
    坂井 純, 橋口 公一, ラム バンハイ, 岩崎 浩一
    農業機械学会誌
    1983年 45 巻 Supplement 号 39
    発行日: 1983/04/01
    公開日: 2010/05/21
    ジャーナル フリー
  • -展開図と立体の要素対応を読み取る力を伸ばすアレンジによる開発-
    澁谷 久
    日本数学教育学会誌
    2016年 98 巻 9 号 15-
    発行日: 2016/09/01
    公開日: 2020/11/05
    ジャーナル フリー
  • 海瀬 忍, 伊藤 哲男, 前田 佳克, 八木 弘, 前田 洸樹, 進士 正人
    土木学会論文集F1(トンネル工学)
    2020年 76 巻 1 号 62-78
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/04/20
    ジャーナル 認証あり

     高速道路会社(NEXCO)の覆工詳細点検システムは,走行車両を用いた覆工表面画像撮影技術(以下,「画像撮影」と呼ぶ.)による覆工表面画像撮影記録(以下,「覆工画像」と呼ぶ.)を用いてパソコンの画面上から重点点検個所を抽出する机上点検と,技術者による現場での詳細点検の組合せで構成されている.本研究は,覆工詳細点検システムの高精度化および高度利用を目的に,画像撮影を道路法の改正により平成27年から全線で実施している近接目視点検の代替えの可能性について,実トンネルで覆工詳細点検の試行試験を実施し,ひびわれ,漏水等の検出精度について検証した.その結果,内部欠陥把握の課題はあるが,鉄筋区間は対象外とし,点検回数により点検内容を変えることで,代替えすることができる可能性があることが明らかとなった.

  • 鈴木 賢次郎, 相沢 龍彦, 磯田 浩
    図学研究
    1984年 18 巻 1 号 1-6
    発行日: 1984年
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
    Since the warped surfaces are always developed by triangulation on flat planes, the surfaces constructed by rolling the developments without folding become single-curved surfaces. In the present paper, we report the results of the estimation of approximation in these procedures, i.e., the development by triangulation and construction of warped surfaces. Comparison has been made between the warped surfaces and single-curved surfaces whose restriction conditions are similar to each other. The principale results are as follows.
    1. Warped transition surfaces
    In the parameter range used in usual design, the area of the development of a 4-branched warped transition becomes nearly equal to that of the convolute surface whose directrices are identical to those of the warped transition. It shows that it is possible to construct convolute-like surfaces by rolling smoothly the developments of 4-branched warped transitions. Similar results have been obtained for 2-branched warped transitions.
    2. Helicoids
    In the parameter range R2L/R12≤3, the area of the development of the helicoid becomes nearly equal to that of the convolute surface whose directrix is the inner helix of the helicoid. It shows that it is possible to construct convolute-like surfaces by rolling the developments of the helicoids smoothly. It is, however, impossible to construct surfaces similar to the original helicoids for large R2L/R12.
  • 小林 範夫
    図学研究
    1995年 29 巻 1 号 25-30
    発行日: 1995年
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
    In general, when developing a round solid such as a sphere, there are three wellknown ways of doing so. The zone method cuts the surface of the sphere in a holizontal parallel line ; the meridian method vertically cuts the sphere through the poles the triangular method develops the sphere by considering its surface as a triangular mass. Based on these methods, this study attempts to classify the development structures which are led from various development patterns of a regular dodecahedron, and form solids using simple curved surfaces according to each development structure. Six development structures are selected as typical examples. a) is Horizontal development structure, b) is Vertical development structure, c) is Inclined development structure, d) is Spiral development structure, e) is Reticulate development structure, f) is Wave-like development structure. Many other expression are hidden in the transformation process from multi - curved to single curved surfaces. Various development patterns may be obtained from a single model. The formation of an object from a development pattern may differ in image according to the development method.
  • 石田 祥子, 萩原 一郎
    応用数理
    2016年 26 巻 1 号 15-21
    発行日: 2016/03/25
    公開日: 2016/07/27
    ジャーナル フリー
    Conformal maps are applied for designing foldable forms. This method is able to produce the complicated developed patterns for the geometrical forms such as cones, disks, and tori with different main curvatures from the simple developed patterns for cylinders that are already known, based on the similarity of the quadrilateral elements that determine regular fold lines.
  • 楊 陽, ルイス ディアゴ, 萩原 一郎
    Dynamics & Design Conference
    2019年 2019 巻 450
    発行日: 2019年
    公開日: 2020/02/25
    会議録・要旨集 認証あり

    Origami, the ancient art of folding a flat-piece of flexible material such as paper into a 3D shape, has attracted the attention of the scientific community. Origami design of 2D crease pattern originally is developed for human. However, in order to receive the folding pleasure, some crease patterns even are difficult to fold by hand. One of the most interesting applications of origami is in robots, so origami robot is designed to emancipate human from the hard work, but some of these robots use complex mechanisms to work properly. Here, we try to search for a breakthrough strategy from the point of crease pattern design. Two powerful candidate works are discussed. One is to develop the crease pattern from tree structure; another one is to design crease pattern of approximate object. However, we think that there are still undiscovered, we try to aim the general methods of improving the crease pattern and consider the requirements that should be provided for the robot.

  • 外山 真也
    精密工学会学術講演会講演論文集
    2012年 2012A 巻 I65
    発行日: 2012/09/01
    公開日: 2013/03/01
    会議録・要旨集 フリー
    本研究は、動的計画法を利用して最適な板金の展開図を求める手法について報告する。その展開図を作成する機能をAPIを利用して開発し、三次元CAD「SolidWorks」の機能のとして実現した。そして、実用としても十分な機能を有すると考える。さらに、複雑な形状において、展開図が重なる場合は、分割店を指定することで、分割した展開図を作成することで改善できた。
  • 大森 晃, 平野 直樹
    教育システム情報学会誌
    2009年 26 巻 4 号 357-366
    発行日: 2009/11/30
    公開日: 2019/03/25
    ジャーナル フリー

    Some academic societies for education were interested in and studied the education of developments of solids. We can find their various contributions to the usual education of developments that is conducted with handicraft tools such as papers, scissors and pastes. On the other hand, computer environments in elementary schools are getting better, and therefore, the use of an electronic tool in the education of developments of solids can be regarded as an important means that leads to higher educational effect. A few electronic tools were developed, but an effect of class using such an electronic tool was not verified in terms of academic ability. We developed another electronic tool “TENKAI” for learning developments of a cube and a rectangular parallelepiped. To verify an effect of class using TENKAI in terms of academic ability, we set a control group and an experimental group, and conducted experimental classes on developments. The experimental classes were conducted with a normal method for the control group; and conducted with TENKAI for the experimental group. Consequently, the academic ability in the experimental group tended to be higher than that in the control group.

  • 三谷 純
    図学研究
    2006年 40 巻 Supplement1 号 85-90
    発行日: 2006年
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
    折紙の展開図を入力するための専用エディタを開発した.このエディタには, 折紙の展開図に見られる折り線の構造を容易に入力できる機能を組み込んだ.また, 入力された展開図が平坦に折りたたむことができるものである場合には, その展開図を折りたたんだ後の完成予想図を表示する機能も実装した.折りたたみ後の完成予想図は, 折り線または紙の輪郭線によって囲まれる閉領域を折紙の構成要素とし, 折りたたみ後にそれぞれの要素がどの位置に移動するかを計算することで推定を行っている.また, 各要素の重なり順を推定する手法も提案する.本エディタをWeb上で公開したところ, 多くのアクセスがあり作品例を集めることもできたため, ここで報告する.
  • 中川 惠正
    日本教育心理学会総会発表論文集
    1997年 39 巻 3-PC78
    発行日: 1997/09/24
    公開日: 2017/03/30
    会議録・要旨集 フリー
  • 齋藤 綾
    図学研究
    2001年 35 巻 Supplement 号 43-46
    発行日: 2001年
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
    正多面体を形成する正多角形の代わりに、すべて同形で埋め尽くすことができるタイル割り模様のユニットを用いたさまざまな展開方法を考える。
    今回は正4面体、正8面体、正20面体を形成している正3角形もとにしたタイル割りユニットで正多面体を再構築し、そのバリエーションを考察する。
  • 松永 公廣, 前迫 孝憲, 菅井 勝雄
    日本教育工学雑誌
    2001年 25 巻 suppl 号 161-165
    発行日: 2001/08/20
    公開日: 2017/10/20
    ジャーナル フリー
    小学校における幾何教育にコンピュータシミュレーションを用いるためには, 学習者の状況を合わせた指導方法を明確にすることが必要であろう.そこで本研究ではDOS版で開発した立方体の展開図組立シミュレーションをWindowに移植し, そのシミュレーションと正方形の紙をセロテープで張り合わせて展開図を作成する「紙とセロテープ」による2つの授業方法を組み合わせた実践から, 以下のような結論を得た.(1)2つの授業方法による学習結果を比較すると, シミュレーションを利用した方が試行回数が多かった.学習者は頭に浮かんだ自分のアイデアを確認する方法としてシミュレーションを利用していることがうかがえる.(2)2つの学習方法を組み合わせた授業の場合は, 最初に「紙とセロテープ」を, 次に「展開図組立シミュレーション」を利用した方が成功数が多かった.(3)「展開図組立シミュレーション」を用いた授業では, 児童の興味が展開図以外の多様な図形を作ることにも向くことがあるため, 場合によっては展開図の学習に集中させる授業条件を設けることも必要であろう.(4)学習者は「展開図組立シミュレーション」を用いた授業を楽しいと回答していた.
  • 胴部体表面形態からみた婦人服パターンの構成に関する研究 (第2報)
    増田 智恵, 今岡 春樹
    日本家政学会誌
    1996年 47 巻 4 号 343-355
    発行日: 1996/04/15
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
    Fifty tight-fitting patterns of the front bodice (T) were made by draping on the replicas of female trunks using sheeting. The front surface of each replica was divided into ten blocks by standard lines, and the blocks were traced. The gap lengths on each side of the blocks of T were compared with those of the front surface development patterns (D) made from the same replicas. The gap lengths of T were calculated by subtracting the side lengths of the body surfaces (B) from those of T; and the gap lengths of D were measured on the side of D. On T, most of the gaps were positive, as were those on D, showing that the side lengths of blocks on T were longer than those of B. However, on the sides of the center front and the front shoulder blocks of T covering the concave parts of the trunk, the gaps were negative. Therefore, the area of the center front blocks of T was smaller than that of D; and the curvature of the shoulder lines of T was more gradual than that of D. In order to construct a T, which fitted each individual without draping but by drafting, it was necessary to add positive and negative gap lengths to the side lengths of blocks on B which conformed to the body's concave and convex surfaces.
  • 小林 範夫
    図学研究
    2003年 37 巻 Supplement1 号 53-58
    発行日: 2003年
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
    直線を面素にもつ単双曲線回転面を手掛かりに, ねじれ面立体の展開について造形的な視点から考察する。過日, 単双曲線回転面の展開図を変形させて展開図と立体の関係を探っていた時, 今まで見たことのない不思犠な形が現れた。偶然手にしたこの形が単双曲線回転面の展開図から派生した立体であることから, 単双曲線回転面の展開と共に, この新しい立体の展開も取り上げて周辺の形を探ることとした。鼓形の美しいフォルムをもつ単双曲線回転面は, ある条件下に置かれた直線が, 中心軸の回りを回転移動する時の軌跡として描かれる。また,糸を直線面素に見立ててっくった円筒形をねじっても同様の形が出現する。一方, ねじられた立体の表面はいずれも複曲面となり, 複曲面を紙で展開するには一旦, 平面や単曲面の集合体に転換しなければならない。展開造形の性 (さが) とでもいえるこの制約はしかし, 造形的な処理のための様々なアイデアを想起させ, 結果的に, 展開造形特有のフォルムをもたらしている。このような形態上の特徴を吟味しながら形の試行錯誤を繰り返し, 単双曲線回転面を軸に, 展開図とその立体について以下の順で考察する。1) 単双曲線回転面の立体モデルを, 単純化した多面体の立体として組み立てる。2) その展開図を発展させてより滑らかな単曲面立体につくり変える。3) 構造的には他の立体よりも単双曲線回転面に近い不思議な立体の展開図を探る。4) 本研究で得られたねじれ面を利用してケント紙の構成立体を制作する。
  • 澤田 吉苗
    図学研究
    2004年 38 巻 Supplement1 号 37-40
    発行日: 2004年
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
    展開図は図形清報科学の授業の後半において、重要な課題として取り上げてきたが、前半の「点、直線、平面」の系統的な学習を後半の立体や展開図の課題解決に応用できない学生が多い。本報では、前半に簡単な展開図を課題として取り上げ、前半の学習内容の有用性を認識させ、学習意欲を高めることを目指した。毎週の演習・宿題、アンケート、期末試験等の分析によって、その効果と問題点を検討した。
    成績の上位群において、展開図作製の効果を認めている学生が下位群よりやや多いようである。成績の下位群では、成績の向上にはあまり結びつかなかったようである。
    成績上位の学生の中には、「後半は物足りなかった」という感想がある一方、成績下位の学生の中には、期末試験で白紙状態のものがあり、学生の能力に応じた学習指導の必要性を感じさせられる。
  • 三谷 純, 鈴木 宏正
    図学研究
    2005年 39 巻 4 号 3-9
    発行日: 2005年
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
    本稿では多面体の新しい展開図生成手法を提案する.本手法では, はじめに全ての面を同一平面上に離散的に配置し, これらの面を3次元空間での面の接続情報を元に徐々に集約していくことで展開図を構築する.本稿ではこのような展開手法を「集約法」, 従来の手法を「逐次法」と呼ぶことととし, 両者の手法によって生成される展開図の比較を行う.また, 新しく提案する集約法を用いることで, 3次元空間での面の向きを展開図上でも維持することや, 左右対称性を維持することが容易となる.これにより, 組立て方を把握しやすい展開図の生成を行えることを示す.
  • 樋口 ゆき子, 大塚 美智子, 山田 喜美江, 二宮 玲子
    家政学雑誌
    1984年 35 巻 2 号 117-124
    発行日: 1984/02/20
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
    Moiré photographs of 5 type neck poses of two young females were taken from 6 directions to obtain draft of a neck surface development.
    The results obtained were as follows :
    1) Drafts of neck surface development of each type of neck pose were obtained using computer and X-Y plotter.
    2) Changes of the pattern of neck surface development according to pose and it's partial changes could be obtained as compared with the neck surface development at static posture.
    3) On the neck base line and neck line 40 mm upper from the base line the girth and the projected lengths could be computed.
    4) It was observed that the development of each neck pose differed in the difference of the subjects' neck shapes.
  • 前田 修治
    図学研究
    2002年 36 巻 2 号 9-12
    発行日: 2002年
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
    本論文は, 角丸のうち, 平面図上で4等分した円と正方形がすべて同形で, 立面図の上下が平行な角丸の展開法について研究したものである.この形体の展開図の曲線部分を等分し, その一部を円弧とみなせば, 展開図の中心点を求めることにより, 従来の三角形法に比較すると, 容易に作図することができる.本論分では, 円弧の描き方と中心点の求め方について述べているが, 簡単な数式により, 作図の線上に三つの点を求めるだけで展開図を描くことができる.
feedback
Top