詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "山口淑子" 李香蘭
6件中 1-6の結果を表示しています
  • 工藤 貴正
    比較文学
    2013年 55 巻 228-232
    発行日: 2013/03/31
    公開日: 2017/06/17
    ジャーナル フリー
  • 史学雑誌
    2002年 111 巻 6 号 1124-1146
    発行日: 2002/06/20
    公開日: 2017/12/01
    ジャーナル フリー
  • 阿南 順子
    演劇学論集 日本演劇学会紀要
    2005年 43 巻 31-46
    発行日: 2005/10/01
    公開日: 2018/12/14
    ジャーナル フリー

    In the 1970s and 1980s, KISHIDA Rio mainly focused on how the Emperor system affected Japanese women. However, in the 1990s, through collaborations with artists from other Asian countries, she extended her focus to non-Japanese Asian women who had been subjugated by Japan's colonial policy during the first half of the twentieth century. Bridging these two foci is Tsui no Sumika Kari no Yado (1988), a play about Kawashima Yoshiko, a Chinese princess in the Qing dynasty, who was adopted by a Japanese couple. This paper examines the way that women and the Emperor system are portrayed in this play, and how that contributes to our understanding of gender and nationality.

  • 多田 富雄
    順天堂医学
    1991年 37 巻 2 号 231-242
    発行日: 1991/07/20
    公開日: 2014/11/18
    ジャーナル フリー
    この講演は, 順天堂大学医学部専門課程の新P3学生を対象としたクラスセミナーの一環として, 学生部主催により, 平成3年1月19日順天堂大学有山記念館講堂において開催された当日の録音から収録したものである.
  • 北村 匡平
    映像学
    2016年 96 巻 68-88
    発行日: 2016/07/25
    公開日: 2016/08/19
    ジャーナル フリー

    【要旨】

     本稿の目的は、占領期のスターダムのなかでなぜ原節子の価値が最も高まり、どのような大衆の欲望によって彼女のペルソナが構築されたのかを、敗戦後の社会・文化的条件に即して実証的に明らかにすることにある。これまでスターを対象とする研究は映画の表象に傾斜した分析が多かったが、スター研究の視座から、スターを取り巻く言説、とりわけファン雑誌におけるイメージやテクストと映画との関係を重視し、複数のメディア・テクストにおける原節子の個性的アイデンティティ構築が、占領期のジェンダー・セクシュアリティ規範のなかでいかなる価値を形成していたのかを探究する。

     原節子は、敗戦後に求められる理想的な女性像としての「理知的」で「意志」の強い主体的なイメージを戦中から準備し、戦前と戦後の連続性を引き受けることで、占領期に最も人気の高いスターとなった。彼女の映画のパフォーマンスと、雑誌のパーソナリティに通底する他者の身体から「離れている」ペルソナは、日本女性の身体をめぐるアメリカと日本の占領の言説において、文化的価値を高めることになった。彼女は戦後に現れた敗戦の歴史的トラウマを喚起するパンパンなどの「敗者の身体」とは決して重なることない〈離接的身体〉としての理想的ペルソナを言説によって構築していたのである。本稿では、占領期という歴史的コンテクストのなかで原節子がいかに価値づけされ、欲望されているのかを分析し、アメリカへの抵抗を可能にする原節子のスターペルソナを通して大衆の戦後意識を解明する。

  • 石田 美紀
    美学
    2005年 56 巻 2 号 41-54
    発行日: 2005/09/30
    公開日: 2017/05/22
    ジャーナル フリー
    From the beginning of the 1940s, Italian cinema critics have called the commercial films produced under the fascist regime "white telephones". This specific term indicates the white and brilliant visual texture many popular films shared in those days. This visual texture originated in the Hollywood cinema, which dominated the world market including Italian one. Italian cinema industries tried to assimilate a Hollywood-like production to overcome the long-lasting crisis from the 1920s. As a result, Italian screens were covered with white shining lights. This paper aims to reveal the significance of the "white" vision in the Italian cotemporary culture, focusing on the properties of cinema, namely the expressive medium of light and the most powerful economic system of the last century. From this point of view, we can discover another aspect of the first talky colonial film, Lo squadrone bianco, which is renowned for a fascist propaganda.
feedback
Top