詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "岩崎テル子"
17件中 1-17の結果を表示しています
  • 佐藤 仁
    埼玉理学療法
    2005年 12 巻 1 号 43-46
    発行日: 2005年
    公開日: 2005/07/29
    ジャーナル フリー
    本研究の目的は,脳卒中片麻痺者の麻痺側手掌面の感覚入力が,ストレッチングによって変化するか否かを明らかにすることである。対象は31名の脳卒中片麻痺者(平均年齢68.9歳)とした。方法は,麻痺側手掌面のストレッチングを施し,その前後の感覚を2点識別覚(2PD)で測定した。結果,ストレッチング施行後の2PD値が有意に減少を示し(p<0.05),ストレッチングが麻痺側の感覚入力向上に有効であった。これは痙縮に支配された麻痺側手掌面の皮膚や筋の状態が変化したことで,潜在能力が発揮され感覚入力が向上したと考えた。今後,片麻痺者の感覚障害に対する評価と治療の一助となることが示された。
  • 福井 信佳, 谷合 義旦, 永井 栄一
    日本義肢装具学会誌
    2014年 30 巻 4 号 227-231
    発行日: 2014/10/01
    公開日: 2015/10/15
    ジャーナル フリー
    2013年度から,筆者らは義肢装具学の授業においてギプスソケットを用いた仮義手システム(以下,仮義手システム)の製作を導入している.対象は作業療法学専攻の第3学年の学生である.本研究の目的は,学生にとって仮義手システム製作の導入がどのような学習課題の理解と関係しているのかを分析することである.調査は授業終了後に実施したアンケートによって行った.その結果,仮義手システム製作は「義手の種類」,「ハーネスの操作」,「ソフトドレッシング法」,「リジッドドレッシング法」を学習することに対して正の相関を認めた.仮義手システム製作の導入は,今後いっそう授業の進め方に工夫が必要であるが,切断の評価と訓練を学習する上で,有効な学習方法になりえるのではないかと考えられた.
  • 諸根 理仁, 遠藤 麻衣, 遠藤 央, 柿崎 隆夫
    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集
    2015年 2015 巻 1A1-I10
    発行日: 2015/05/17
    公開日: 2017/06/19
    会議録・要旨集 認証あり
    In this study, to support handicapped people, especially focusing on a hemiplegic person, a life support system is proposed. For improving their QoL, the system is required to support their early rehabilitation rather than care for whole ADLs. Therefore, we propose a system, which measures and estimates a state or a condition of a patient using multiple RGB-D sensors. In the system, by calculating angle and estimating position of each joints, the Brunnstrom stage of patient is estimated based on a method proposed by Ueda. On the other hand, in the case of measurement using only a RGB-D sensor, some joints are occluded by the other objects and their positions are not able to be estimated. In this paper, to avoid occlusions, a way of measurement a motion of patients using multiple RGB-D sensors is described.
  • 杏林医学会雑誌
    2016年 47 巻 1 号 89-90
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/03/31
    ジャーナル フリー
  • 道祖尾 弦, 隈上 秀高, 髙橋 晴雄
    Equilibrium Research
    2014年 73 巻 6 号 528-532
    発行日: 2014/12/31
    公開日: 2015/02/01
    ジャーナル フリー
     We hereby report on our experience regarding a case of rotatory vertigo exhibiting vestibular disorder-like findings accompanying normal pressure hydrocephalus (NPH).
     The case pertains to a 60-year-old man. Gait disturbance, dysuria, and so on, appeared from around 2007, and he was diagnosed as having NPH by the Department of Neurology of our hospital?. Rotatory vertigo suddenly appeared in October 2011, and he was admitted to the Department of Neurology and subsequently referred to our department on the 2nd sick day. Third degree of horizontal rotatory nystagmus to the left was observed, with no difference between the left and right observed upon a hearing test, and although he was observed with an increased threshold in the high sound area appropriate to his age, no other neurologic symptoms were observed. An equilibrium test was carried out at a later date under the suspicion of right vestibular neuronitis, however, no decline in semicircular canal function was observed upon caloric testing, with no difference between the left and right observed as well upon vestibule-ocular reflex (VOR), and so a follow-up was carried out with a diagnosis of vertebrobasilar insufficiency. The symptoms subsequently rapidly improved, however, nystagmus to the left at III° appeared again one week later, with the same nystagmus appearing again two months later. Lightheadedness was prolonged when rotatory vertigo attacks were not observed and so the patient consulted the Department of Neurology and underwent a tap test taking into consideration his dizziness caused by NPH, as a result of which his dizziness rapidly disappeared compared to the day prior, along with the other symptoms including improved gait disturbance and dysuria, which all continued to improve further. Subsequently, all dizziness disappeared after undergoing an endoscopic third ventriculostomy.
  • 金野 達也, 佐藤 彰紘, 矢﨑 潔, 森田 良文, 柴垣 浩明, 秋月 千典
    理学療法科学
    2017年 32 巻 1 号 117-121
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/02/28
    ジャーナル フリー
    〔目的〕把持力調整能力評価の基礎研究として,測定機器の測定誤差の程度を明らかにすることを目的とした.〔対象と方法〕健常者27名を対象に,測定機器iWakkaを用いて得られた,把持力調整能力の2回の測定値に対し,Bland-Altman分析を実施した.〔結果〕Bland-Altman分析により,加算誤差と比例誤差は認められず,MDC95は利き手で1.2 g,非利き手で2.1 gであった.〔結語〕得られた測定誤差の程度より,iWakkaを用いた測定法による介入効果の分析が可能になると見込まれる.
  • 小松崎 明, 江面 晃, 末高 武彦, 黒川 裕臣, 遠藤 敏哉, 長谷川 優
    老年歯科医学
    2007年 22 巻 3 号 319-325
    発行日: 2007/12/31
    公開日: 2011/02/25
    ジャーナル フリー
    介護老人保健施設の入所者24名を対象として, 食事形態など食事内容, ADLなど全身的状況, 要介護状況を質問項目とした質問紙調査 (記入は担当看護師に依頼) を実施し, 口腔, 義歯の状況については口腔診査を行い, 分割表分析により食事形態 (普通食群, 特別食群に群別) と全身・口腔状況との関連性を検討した。
    その結果, 口腔状況のうち義歯装着 (p<0.01), 機能歯数 (p<0.05) は, 食事内容により有意差が認められ, 義歯を装着し機能歯数の増加を図ることが食事内容の改善に影響すると考えられた。また, ADL要介助項目数 (p<0.01), 要介護度 (p<0.01), BDR要介助項目数 (p<0.01) で食事内容により有意差が認められ, 全身機能, 要介護状態と食事内容との関連が認められた。
    これら結果から, 歯科医師は食事内容や日常生活機能なども把握した上で歯科治療にあたる必要があり, 積極的に口腔機能の維持・向上を図ることで, 要介護者の食事内容が改善されQOL向上に寄与できる可能性が示唆された。今後は, 義歯未装着者への対策を中心に, 要介護者の口腔保健の向上について検討する余地がある。
  • 古館 裕大, 山本 一希, 千葉 馨, 石田 裕二, 三上 貞芳
    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集
    2017年 2017 巻 2P1-O10
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/11/25
    会議録・要旨集 認証あり

    A lot of rehabilitation devices for fingers are researched, currently. After leaving a hospital, an intervention by therapists decreases significantly. Therefore, the rehabilitation device is required functions not only the rehabilitation but also the automatic evaluation function. In this study, we aim to develop the finger rehabilitation device for home rehabilitation. Especially, in this report, we propose automatic evaluation system of the finger independent movement. Movements from index finger to little finger, are measured by pressure sensors on the prototype we developed. Measured data are used as time-series signals, states of each finger are quantified by calculating dissimilarities between healthy subject signals and patient signals. Finally, an entire finger movement is quantified by integrating all dissimilarities. From the experiment conducted with hemiplegia patients and healthy subjects, we could show the change of the integrated dissimilarity corresponding to the level of the hemiplegia.

  • 諸根 理仁, 遠藤 央, 柿崎 隆夫
    ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集
    2016年 2016 巻 1P1-01b2
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/06/19
    会議録・要旨集 認証あり

    To judge and suggest optimal training for realizing early rehabilitation, the estimation using multiple RGB-D sensors is proposed. The system consists with multiple RGB-D sensors and measuring computers connects with each RGB-D sensor, a server, which integrates information from each computer. Based on measurements of a target person by a RGB-D sensor, each computer estimates positions of all joints of the target. The server collects and integrates joint information from each computer. By integrating information, the server compensates occlusion. Based on the integrated joint information, the system judges the grade of paralyze and the state of the target and suggests training to the target, family and so on, supporting menu to an other system or supporting robot/robots. In this paper, a method for position calibration of each RGB-D sensors and a method for integrating information measured by each sensor are described especially on Microsoft KINECT V2. By using implemented experimental system, the validity of the proposed method is shown.

  • 柳瀬 由起子, 村上 忠洋, 小林 麻記子, 宮原 利博
    理学療法科学
    2008年 23 巻 5 号 557-560
    発行日: 2008年
    公開日: 2008/11/21
    ジャーナル フリー
    〔目的〕深部感覚障害を定量的に測定できるように工夫した「指あわせ試験」の再現性について検討すること。〔対象〕初発脳卒中片麻痺患者30名(脳梗塞20名,脳出血10名)とした。〔方法〕「指あわせ試験」は,対象者を端座位にて閉眼させ,検者が麻痺側上肢を他動的に動かして任意の位置に固定した後,対象者に非麻痺側示指先端を麻痺側示指先端にあわせるよう指示し,この際に両示指間のずれた距離を1 cm単位で測定する方法である。2名の検者(検者A,B)が1名の対象者に対して施行し,検者内および検者間再現性を級内相関係数(intraclass correlation coefficient;ICC)を求めて検討した。〔結果〕検者内再現性を示すICCは0.91,検者間再現性はICCが0.90であった。〔結語〕「指あわせ試験」の再現性は良好なものであった。
  • 医療
    1996年 50 巻 Supplement 号 396-406
    発行日: 1996/10/01
    公開日: 2011/10/19
    ジャーナル フリー
  • 医療
    1994年 48 巻 Supplement 号 321-342
    発行日: 1994/10/07
    公開日: 2011/10/19
    ジャーナル フリー
  • 高木 亜希子, 法橋 尚宏
    日本小児看護学会誌
    2006年 15 巻 2 号 15-21
    発行日: 2006/09/20
    公開日: 2017/03/27
    ジャーナル フリー
    Prader-willi症候群の子ども(PWS児)をもつ母親のQOLをPWS児の食行動の変化に応じた年齢区分別に評価し、それと食事療法との相関を検討することで、看護支援への示唆を得ることを本研究の目的とした。自記式質問紙を用いた郵送法による調査を実施し、母親135名の有効回答を分析した。WHO QOL26の「QOL平均値」は1歳以上6歳未満よりも12歳以上18歳以下のPWS児をもつ母親のほうが有意に低く、領域別にみると「心理的領域」「社会的関係」「環境」「全体」で有意に低かった。母親は長期にわたり常にストレスを感じ、療育上の不安や困難を抱えていることが考えられた。また、1歳以上6歳未満のPWS児をもつ母親では「盗み食いの頻度」が、12歳以上18歳以下のPWS児をもつ母親では「食事療法が家族に与える影響度」「学校生活での食事療法の協力度」が母親のQOLと相関関係があった。これらより、食事療法を継続できるような環境を整え、母親への継続した支援が必要であることが示唆された。
  • 赤松 公子, 深井 喜代子
    日本看護技術学会誌
    2014年 13 巻 2 号 108-116
    発行日: 2014/08/20
    公開日: 2016/06/06
    ジャーナル フリー
     本研究の目的は,しびれの評価のための基礎研究として,地域在住の高齢者のしびれの特徴と手指の触 ・ 圧覚,つまみ力 (第1指 ・ 第2指による),握力がしびれをきたす疾患の早期発見の評価指標として有用かどうかを検討することである.承諾の得られた106名 (男性31名,女性75名,平均年齢75.6歳) を被検者とした.まず被検者の両手でSemmes-Weinstein monofilamentを用いた触 ・ 圧覚,ピンチメータによる指つまみ力,握力検査をそれぞれ実施した.次に被検者をしびれあり群 (n=15),しびれなし ・ 疾患あり群 (n=18),しびれなし ・ 疾患なし群 (n=73) の3群に分け,触 ・ 圧覚,つまみ力,握力としびれとの関係をみた結果,有意差はみられなかった.しかし,しびれなし ・ 疾患なし群の右手では第4指の触 ・ 圧覚が左手では第5指の触 ・ 圧覚が最も高かった.他の2群では5指間に触 ・ 圧覚差はなかった.また,しびれのある者にはつまみ力と握力の左右差が消失していた.以上の結果から,しびれのアセスメントには触 ・ 圧覚,つまみ力,握力を精査することが有用である可能性がある
  • 中村 Thomas 裕美, 山田 孝, 菊池 恵美子
    東京保健科学学会誌
    2003年 6 巻 3 号 238-246
    発行日: 2003/12/25
    公開日: 2017/10/27
    ジャーナル フリー
    本研究では, 国際生活機能分類(ICF)の視点を柱に, 人間作業モデル(MOHO) の枠組みを用いて, 地域サービスにおける作業療法(OT)の在り方を再考し, 就労支援 を進める上でのMOHOの有効性を検討することを目的とした。 MOHO を1事例に適用し, 分析の過程を通して, 著者は事例の適応問題の核を捉え, 就労支援への総合的視点を持つ ことの重要性を再確認することができた。本研究により, 維持期にあり意志および環境要 因の確認を必要とする事例の就労支援に対するMOHOの有効性が確認された。また地域 サービスにおけるOTには生物・心理・社会的アプローチの統合ならびにサービスのシス テムを検討する主導的役割が求められていることが示唆された。
  • 関 喜一
    日本音響学会誌
    2009年 65 巻 3 号 148-153
    発行日: 2009/03/01
    公開日: 2017/06/02
    ジャーナル フリー
  • 河野 光伸, 金田 嘉清, 井上 薫, 菊池 恵美子
    日本保健科学学会誌
    2009年 12 巻 1 号 41-48
    発行日: 2009/06/25
    公開日: 2017/10/27
    ジャーナル フリー
    脳血管障害患者166例を対象に定量化に努めて感覚評価を行い,手指の異常感覚の有無と各種感覚検査の結果について検討した。また,CTによる視床皮質路上の病巣の有無と異常感覚の有無との関係についてもあわせて検討した。その結果,1.対象者166名のうち,98例(59.0%)に異常感覚があることがわかった。2.98例について,異常感覚は視床皮質路上の病巣の有無に関係なく生じていたが,異常感覚の発現時期は明確に検討できなかった。3.振動覚を除く他の感覚種は,障害されるか否かの二極化傾向にあった。4.二点識別覚や書画覚,形態覚などの難易度の高い感覚種は異常感覚により障害されやすくなることが示唆された。
feedback
Top