詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "島見町"
151件中 1-20の結果を表示しています
  • 西原 康行, 生田 孝至
    体育学研究
    2010年 55 巻 1 号 169-176
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/07/20
    [早期公開] 公開日: 2010/02/24
    ジャーナル フリー
    PE teachers usually take actions that are based on prior mental reflection. In order to do so, they must possess creativity to cope with any situation and also implement effective techniques in a timely manner. The present study was performed to evaluate these capacities in PE teachers from the viewpoint of self-recognition. The effectiveness of the method used for capacity evaluation was also evaluated. For this evaluation, teachers were requested to state what they recognized during teaching employing the following three scenarios: 1) Teachers reproduced their feelings of recognition while watching a VTR of the whole space in a classroom; 2) Teachers reproduced their feelings of recognition while watching a VTR representing the teacher's view of the classroom; 3) Teachers simply stated what they recognized while actually teaching. It was found that scenario 3 was the best way of grasping a teacher's recognition, and was also effective for clearly demonstrating feedback/feed forward elements.
  • 荒井 弘和, 平井 啓, 所 昭宏, 中 宣敬
    行動医学研究
    2006年 12 巻 1 号 1-7
    発行日: 2006年
    公開日: 2014/07/03
    ジャーナル フリー
    本研究では、外来化学療法に関する意思決定のバランス尺度を作成した。さらに、外来化学療法に関する意思決定のバランスと外来化学療法移行の変容段階との関連が検討された。本研究では、入院または外来通院によって化学療法加療中の肺がん患者105名を対象とした。外来化学療法に関する意思決定尺度を作成する目的で、外来化学療法に関する恩恵に関する質問19項目、および負担に関する質問19項目の合計38項目を用意した。探索的因子分析および分散分析によって、外来化学療法に関する意思決定のバランス尺度は、各10項目を含む2因子構造(恩恵因子と負担因子)であることが明らかにされた。外来化学療法に関する意思決定のバランス尺度は、内容的妥当性、構造的妥当性、因子的妥当性、および信頼性を持つことが確かめられた。さらに、熟考期、準備期、および実行期の3つの変容段階における恩恵標準得点と負担標準得点を布置したところ、準備期の周辺において、恩恵と負担の評価が交差していた。結論として、外来化学療法に関する意思決定のバランス尺度は、がん患者が外来で化学療法を受けるよう支援するために有効な評価指標になるだけでなく、退院支援のための患者教育の資料としても役立つことが予想される。
  • 髙橋 良光, 風間 順一郎, 山本 卓, 成田 一衛, 追手 巍
    日本透析医学会雑誌
    2015年 48 巻 6 号 393-394
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/06/30
    ジャーナル フリー
  • 佐藤 大輔
    体力科学
    2019年 68 巻 1 号 99-101
    発行日: 2019/02/01
    公開日: 2019/01/17
    ジャーナル フリー
  • 濱口 豊太, 金澤 素, 福土 審
    行動医学研究
    2007年 13 巻 1 号 1-5
    発行日: 2007年
    公開日: 2014/07/03
    ジャーナル フリー
    過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome;IBS)は脳腸相関の異常が病態の中心をなす疾患群である。IBSの病態は、消化管運動異常、消化管知覚過敏、心理的異常で特徴づけられる。消化管知覚過敏の発生機序の解明に、脳腸ペプチド・免疫・粘膜微小炎症による消化管機能変化・遺伝子・学習・神経可塑性・脳内神経伝達物質およびヒトの心理社会的行動などから進歩が見られる。消化管への炎症や疼痛を伴う刺激が先行刺激となって内臓知覚過敏を発生させる機序の一つとしてあげられる一方で、腹痛や腹部不快感の二次的な増悪を心理ストレスが引き起こし、そのときの消化器症状が関連づけられている可能性がある。本稿は、消化管知覚過敏が発生するメカニズムとして考えられている消化管粘膜微小炎症後の消化管知覚過敏、繰り返される大腸伸展刺激後の内臓知覚と情動変化の視点から、ヒトの心理的背景と遺伝要因について概説する。
  • 岩森 大, 村山 篤子
    日本調理科学会誌
    2009年 42 巻 2 号 144-146
    発行日: 2009年
    公開日: 2015/03/20
    ジャーナル フリー
  • 山代 幸哉, 佐藤 大輔, 吉田 拓矢, 石川 知志, 大西 秀明, 丸山 敦夫
    体力科学
    2012年 61 巻 3 号 307-312
    発行日: 2012/06/01
    公開日: 2012/06/15
    ジャーナル フリー
    Taping is widely used by sports trainers to prevent injury and to protect affected sites post-injury. However, it is not clear whether taping affect the perception of somatosensory stimulation. We sought to clarify the effect of taping on somatosensory stimulation using somatosensory evoked potentials (SEPs). We recorded SEPs following transcutaneous electrical stimulation of the right medial forearm in ten healthy volunteers. SEPs were recorded from 9 electrodes on the scalp under control, elastic-taping and white-taping conditions. Subjects relaxed on a comfortable reclining seat without taping in the control condition, while they were subjected to taping along the muscle of forearm with tension (elastic-taping) and without tension (white-taping) in the taping conditions. Results showed that the peak amplitude of N140 did not differ significantly among the three conditions but the peak amplitude of P250 was significantly lower in the elastic-taping condition than control and white-taping conditions. Elastic-taping with tension along the muscles changes various afferent inputs from muscle spindle or skin, and this may affect the perception of somatosensory stimulation.
  • 山代 幸哉, 佐藤 大輔, 大西 秀明, 中澤 翔, 下門 洋文, 山﨑 雄大, 丸山 敦夫
    体力科学
    2016年 65 巻 4 号 393-400
    発行日: 2016/08/01
    公開日: 2016/07/15
    ジャーナル フリー
    Taping is widely used in sports medicine to prevent injury, protect affected sites post injury and relieve pain. However, it is not clear whether taping affects the perception of noxious stimulation because in previous studies, it was difficult to selectively activate Aδ fibers. A recently developed, useful, new tool named intra-epidermal electrical stimulation (IES) can preferentially activate Aδ fibers. We aimed to clarify the effect of taping on pain-related somatosensory evoked potentials (pSEPs) using IES. We recorded pSEPs following IES of the right medial forearm in twelve healthy volunteers. pSEPs were recorded from 9 electrodes on the scalp under control, elastic-taping and white-taping conditions. Under the control condition, subjects relaxed on a comfortable reclining seat without taping, whereas under the taping conditions, they were subjected to taping along the forearm with tension (elastic-taping) and without tension (white-taping). Subjects were asked to assign a visual analog scale (VAS) score after each session. The peak amplitudes of N2-P2 were significantly lower under the elastic-taping and white-taping conditions than those under the control condition. VAS was significantly lower elastic-taping condition than those under the control and white-taping conditions. Moreover, there was a significant positive correlation between the amplitude of N2-P2 and VAS. We revealed that taping along the forearm decreased pSEPs and subjective pain perception under the white-taping and elastic-taping conditions. The underlying mechanism of pain relief was the distraction effect in both taping conditions. In addition, elastic-taping with tension changes afferent inputs mainly from the skin, and this might more effectively decrease the subjective pain perception than that achieved under the white-taping condition.
  • 小田切 毅一
    体育学研究
    2010年 55 巻 2 号 299-311
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/12/28
    [早期公開] 公開日: 2010/06/01
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study was to ascertain the process by which the physical education profession was established during the period of the American Association for the Advancement of Physical Education (AAAPE, 1885-1903).
    At first, the large majority of physical educators who joined the AAAPE were intended to rise to the social position of gymnastic teachers. They recommended their physical training system, which had been proved through the scientific method of anthropometry. They considered that school physical education should be a compulsory subject. In their discussion of the profession, it was confirmed that a medical degree should not be considered a sufficient qualification for a position as a physical training director and/or gymnastic teacher. It was concluded that a proper educational course was necessary to qualify a person as a director of physical training.
    Professional views of gymnastic teachers toward sport were characterized by disgust or prejudice against violent competition and excessive exercise. Sport was considered incompatible with the normal practice of gymnastics education. However, physical educators who were typically able to take positions in the YMCA were already enthusiastic about games and sports. Therefore they had to modify games and sports according to educational needs, and apply these activities to build well-balanced all-round individuals. It is evident that this well-disposed action toward sport led to gradual progress in this direction.
  • 山崎 貴子, 伊藤 直子, 大島 一郎, 岩森 大, 堀田 康雄, 村山 篤子
    日本調理科学会誌
    2008年 41 巻 3 号 176-183
    発行日: 2008/06/20
    公開日: 2013/04/26
    ジャーナル フリー
    マイタケに含まれるプロテアーゼの作用と低温スチーミング調理の併用による牛肉軟化について検討した。
    マイタケ抽出液は50-70℃ で最もカゼイン分解活性が高く, 70℃で8h 反応させたあとでも30-40% の活性が残っており, 熱安定性が高かった。マイタケ抽出液とともに牛モモ肉を低温スチーミングすると, 茹でた場合や, 水またはしょうが抽出液を使った場合に比べて,溶出するタンパク量が多かった。しかし,うま味に関係するグルタミン酸は特に溶出は増えておらず,むしろマイタケとともにスチーミングした肉で有意に増加していた。組織観察の結果,マイタケ抽出液で処理したものはタンパクが分解されている様子が観察された。破断測定および官能評価では,マイタケ抽出液とともにスチーミングしたものは有意に軟らかく,噛み切りやすいという結果となった。マイタケと低温スチーミング調理を併用すると, 効果的に食肉を軟化できることが示唆された。
  • 山崎 貴子, 岩森 大, 伊藤 直子, 堀田 康雄, 村山 篤子
    日本調理科学会誌
    2006年 39 巻 6 号 346-353
    発行日: 2006/12/20
    公開日: 2013/04/26
    ジャーナル フリー
    筋肉質でかたく,食用に不適な肉の利用を拡大することを目的に中肉を用いて低温スチーミングによる調理を行なった.本研究では中肉の低温スチーミング調理における組織構造,旨味成分,食味の変化について調べた.
    組織学的には, 「茹で」では筋肉繊維が収縮し, 繊維間に間隙ができているが,「焼き」や「低温スチーミング」では比較的形状が保たれていることが観察された. IMPは「低温スチーミング」の方が「焼き」より少ないが,AMPやグルタミン酸は増加していた.加熱によるたんぱく質の分子量変化をSDS-PAGEで観察すると,構成するたんぱく質の大きさや量に差がみられた. 官能検査では「低温スチーミング」は「焼き」と「茹で」の特長を合わせ持ったような高い評価が得られた.
  • 佐々木 美憂, 江玉 睦明, 奥山 遼, 後藤 聡介
    体力科学
    2018年 67 巻 2 号 199-204
    発行日: 2018/04/01
    公開日: 2018/03/16
    ジャーナル フリー

    The purpose of this study was to investigate the changes in patellar tendon length during passive knee flexion in the menstrual cycle. The right knee joints of 10 adult women with stable menstrual cycles were evaluated. Measurement of patellar tendon length was performed when the knee joint was bent flexibly at six angles (0°, 30°, 60°, 90°, 110°, and 130°), and the long-axis image of the patellar tendon was transversely superimposed at each angle. A photograph was taken with an ultrasonic device. Measurements were performed once during each of the four phases of the menstrual cycle (menstrual, follicular, ovulatory, and luteal phases) classified by the basal body temperature method. There were no significant differences in patellar tendon length at each knee flexion angle in each phase of the menstrual cycle. In the luteal phase, the patellar tendon was stretched significantly at 90° and 130° compared to knee flexion of 0°.

  • Ryutaro SHIODA, Yoshiharu KARIYA, Noritsuka MIZUMURA, Koji SASAKI
    スマートプロセス学会誌
    2016年 5 巻 4 号 259-265
    発行日: 2016年
    公開日: 2018/12/27
    ジャーナル フリー
    A tensile test and a stress relaxation test were carried out using nano-sized Ag particles pressureless sintered at two levels of temperature to investigate the effects of sintering temperatures on the creep mechanism of sintered nano-sized particles. Inverse analysis using micro scale FEM model revealed that the creep stress exponent of the compact portion in the sintered nano-sized Ag particles was close to the value of dislocation creep. However, the sintered nano-sized Ag particles have a different type of creep mechanism from that of bulk Ag, regardless of sintering temperature levels. This creep is considered to be resulted from the low quality grain boundary structure. And the grain boundary quality does not improve with an increase in sintering temperature. Since the deformation in the low quality grain boundary is considered to be dominant on microscopic behavior of sintered body, sintered nano-sized Ag particles exhibit extremely brittle behavior compared to pure metals.
  • 前田 史篤
    視覚の科学
    2017年 38 巻 1 号 1-4
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/04/14
    ジャーナル フリー

    瞳孔の対光反射についてレビューし,その反応経路について詳解した。対光反射の反応経路はシンプルな非膝状体系視覚路で処理されると考えられているが,後頭葉障害による同名半盲の患者では半盲側を刺激した際に対光反射が減弱あるいは消失する。この半盲性瞳孔強直について,古くからある仮説に新知見を交えて考察した。

    メラノプシン含有網膜神経節細胞の発見以来,瞳孔に関する常識が改められつつある。対光反射の経路についても教科書の記載が将来的に変わる可能性がある。

  • 江原 義弘
    日本義肢装具学会誌
    2017年 33 巻 1 号 2-3
    発行日: 2017/01/01
    公開日: 2018/01/15
    ジャーナル フリー
  • 盛岡 頼子, 佐藤 弘
    日本東洋医学雑誌
    2013年 64 巻 5 号 265-268
    発行日: 2013年
    公開日: 2014/02/28
    ジャーナル フリー
    経過観察中の気胸患者に,易疲労を目標として補中益気湯を投与したところ,一時的に気胸の改善が認められた症例を経験したため報告する。
    症例は56歳女性。X-3年に右気胸を指摘され,安静治療を行ったが完治せず,経過観察されていた。X 年5月,疲労により気胸が悪化する傾向にあったため,易疲労改善のために補中益気湯エキスを投与したところ,5日後の胸部X 線にて気胸の改善を認めた。しかし,その後再び悪化し,11月に内視鏡的手術が行われた。
    気胸は一般的に漢方治療の適応にはならず,症例報告もみられない。今回,一時的ではあるが,補中益気湯により気胸が改善した可能性が推測され,貴重な症例と思われる。
  • 永野 康治
    理学療法学
    2014年 41 巻 8 号 607-609
    発行日: 2014/12/20
    公開日: 2017/06/10
    ジャーナル フリー
  • 菅原 和広
    理学療法学
    2014年 41 巻 8 号 552-554
    発行日: 2014/12/20
    公開日: 2017/06/10
    ジャーナル フリー
  • 黒川 幸雄
    理学療法学
    2007年 34 巻 8 号 313-315
    発行日: 2007/12/20
    公開日: 2018/08/25
    ジャーナル フリー
  • 今村 徹
    高次脳機能研究 (旧 失語症研究)
    2010年 30 巻 2 号 313-316
    発行日: 2010/06/30
    公開日: 2011/07/02
    ジャーナル フリー
feedback
Top