詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "文化地理学"
564件中 1-20の結果を表示しています
  • 笠谷 健太郎
    地理科学
    1990年 45 巻 3 号 179-180
    発行日: 1990/07/28
    公開日: 2017/04/27
    ジャーナル フリー
  • 藤裔 常行
    地理学評論
    1932年 8 巻 1 号 75-78
    発行日: 1932/01/01
    公開日: 2008/12/24
    ジャーナル フリー
  • 佐藤 廉也
    日本地理学会発表要旨集
    2020年 2020a 巻 S205
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/12/01
    会議録・要旨集 フリー

    問題の所在

     本稿の準備のために、1989年に出版された『文化地理学』を読み返していて「文化地理学とは何か」というアンケート結果の紹介に目が留まった。これは大島襄二氏が1980年IGU東京大会の準備に際し、川喜田二郎、谷岡武雄、米倉二郎、藪内芳彦といった当時の第一線・重鎮の地理学者たちに対しておこなったものである。回答を具体的に述べる紙幅はないが、上に挙げた多くの地理学者が総合的な学問としての文化地理学を構想し、目指していたことがその回答内容からわかる。大島氏はその結果をうけて、「文化地理学は人文地理学を超えるものとして、従来の地理学が扱わなかったものも含めて、総合的・学際的視野から文化そのものを総体・複合体として扱う」ものとして文化地理学を(一案として)位置づけている。IGU東京大会から40年が経過した現在、総合的視野から個別具体的研究を位置づけようとする意思は地理学界のなかで後退し、地理学の粒子化がよりいっそう進んだようにも見える。もしそうだとすれば原因はなんだろうか。例えば当時大島は、文化という概念が多様で統一性を欠いたものであることに懸念を表明している。文化地理学の退潮と地理学の粒子化の一因にこのような問題があるかは定かではないが、一方でこの40年の間に、文化を経済行動を含む人間行動や、その社会の基盤的要素とみなし、文化の動態を解明することから人間活動やその歴史の統一的な理解・説明を目指す大きな学際的うねりがみられる。地理学周辺で起こるそうした動きをみながら、地理学の学問の総合性を取り戻す可能性について議論したい。

    文化進化理論の学際的展開 

     地理学(学問)が総合的であるために必要な要素とは何だろうか。報告者は少なくとも、全ての時空間上(時代・地域・スケール)での人間活動の動態、および人間と環境の動態的関係を統一的に理解・説明する理論・枠組みが不可欠であると考える。この報告では、前者を文化進化理論にもとづく近年の研究動向に、後者を環境適応(文化的適応)にもとめる。例えば完新世以降の人間社会・文化の動態を環境適応の側面を含めて総合的に説明した好例として、J.ダイアモンドやP.ベルウッドなどの研究が挙げられるだろう。ダイアモンドの研究は日本でもよく知られているが、彼の研究の背景にはこの40年来の文化進化に関する理論の展開があることをふまえることが重要であると考える。1980年代以降、文化を離散的な単位として、人から人へ伝えられ蓄積・変化する情報と捉え、ミクロ・マクロな文化動態を統一的に理解し、さらには文化動態と環境適応との関係の具体的理解を促す研究潮流が、人類学、考古学、歴史学、経済学、政治学、心理学などの分野で展開している。理論面での大きな貢献者として、R.ボイドやL.L.カヴァリ=スフォルツァなどの人類学者が挙げられる。彼らは、生物進化の理論と同様に、文化進化を経路依存的で自然選択をともなう文化の動態とみなして構想した。文化を人から人へ、世代から世代へ伝えられる経路依存的な情報の流れとみなすことによって、従来は解くことが困難であった様々な問題に答えを与える試みがなされている。そのなかには例えば、ある文化がある地域にみられるのは、環境適応の結果なのか、それとも人の移動の結果なのか、あるいは情報だけが広がったものなのか、といった問いが含まれる。こうした手法は、小規模な伝統社会の文化の持続・変容の研究から、現代世界において近代的価値観がなぜ拡大し、なぜ地域差がみられるのかといった、グローバルな社会文化動態の研究にまで広がっている。

    議論したいこと 

     報告では、上記の動向を、様々な分野の様々なスケール・時代での具体的な研究例をまじえて紹介し、その上でもう一度地理学が総合的な問いを取り戻すための可能性について議論したい。その際に一つ肝要なことと思われるのは、個別具体的な研究を総合的・包括的な理論に結びつけるリンクであろう。

    <文献>

    大島襄二 1989. 文化地理学の展望. 大島襄二・浮田典良・佐々木高明編著『文化地理学』367-389.古今書院.

    [本発表のもとになった調査はJSPS科研費(18K185390)「系統解析手法を用いた知識の伝達・継承・変容・拡散に関する実証的研究」を用いた。]

  • 戸祭 由美夫
    地理科学
    1990年 45 巻 3 号 178-179
    発行日: 1990/07/28
    公開日: 2017/04/27
    ジャーナル フリー
  • C. O. サウァーとバークレー学派の役割
    久武 哲也
    人文地理
    1987年 39 巻 4 号 341-369
    発行日: 1987/08/28
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
  • 小倉 真
    経済地理学年報
    1996年 42 巻 2 号 132-133
    発行日: 1996/05/31
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル フリー
  • 小林 茂
    人文地理
    1992年 44 巻 4 号 476-494
    発行日: 1992/08/28
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
    Concerning the appraisal of American cultural geography, two distinct trends are found among English-speaking geographers. Those who attached importance to social and ideological aspects of culture criticized the work in this field for ignoring the dynamic nature of cultural practice. On the other hand, Carl Sauer's thought and attitude attracted the attention of many researchers, and the sources of his originality have been examined as part of a movement.
    Although these trends seem to be contradictory, they share some common features. Both of them concentrated on the traditional aspects of American cultural geography, and neglected to take recent research themes into consideration. As is well known, diverse research frontiers expanded in relation to this field during these three decades. It is necessary to examine the development of such frontiers in order to see the present state of cultural geography in its proper perspective.
    Research on traditional subsistence activities as the study of man-environment relationships is one of these themes. It has been expanding steadily in close relation to adjacent scientific fields, especially anthropology, and the results are esteemed in an interdisciplinary arena rather than within geography.
    The purpose of this review is to trace the development process of this kind of study and to give a new perspective on contemporary cultural gengraphy. It also intends to lay a founation to promote emerging research on similar themes in Japan.
    The beginning of research on traditional subsistence activities can be recognized in the works of a few geographers in the 1960's. Although a fear of environmental determinism was still felt in this period, the framework of cultural ecology of J. Steward in anthropology encouraged their attempts. Some of these reserchers such as W. C. Clarke and B. Nietschmann adopted the methods of ecological anthropology which emergeds in 1960's criticizing cultural ecology. But it is noteworthy that they gave more attention to environmental change by human use of resources than to the maintenance of the homeostasis in ecological systems, which anthropologists such as R. A. Rappaport regarded as important. By the beginning of 1970's the relevancy of this kind of research was accepted in geography, but most of the studies concentrated on tropical agriculture, especially on shifting cultivation.
    Since this period, divergent objects and subthemes were pursued, and a new framework in anthropology which emphasized adaptive strategy was gradually adopted. At the same time many geographers became conscious of the common nature of traditional subsistence systems. For example, it became clear that their use of energy is more efficient than that of modern systems which depend heavily on fossil fuels. Sustainability without the supply of external resources was also regarded as a common merit of traditional systems compared with modern ones. In addition, the data accumulated by these studies were applied to inquiries on prehistoric subsistence, such as food production in the ancient civilizations of Central America. This kind of research enabled the realistic reconstruction of the systems.
    Along with these studies, changes of subsistence systems which have the merits mentioned above attracted the attention of researchers. Most of the societies they studied had exposed to external forces and were compelled to transform their subsistence systems. According to their reports this kind of influence brought drastic changes to the systems, such as the excessive exploitation of local resources of high market value and the reduction of their sustainability.
    Some researchers extended the scope of analysis to development policies, which not only altered traditional systems but also generated social problems. Emphasizing the role of external influence, the study of disaster in traditional societies adopted a similar point of view.
  • 文化地理学的視角から
    大城 直樹
    日本地理学会発表要旨集
    2013年 2013s 巻 S0601
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/09/04
    会議録・要旨集 フリー
    本シンポジウムは,「地域文化」が,近代以降どのように生産され,流通し,消費されるかに関して,文化地理学の視角から検討を行うものである。ここでいう「地域文化」には,特定の地域の生活様式のみならず,当該地域がその地に住む人々や他者にどのように表象されているか,ということも含まれる。よって観光や民俗,民芸のみならず,地域博覧会や博物館,百貨店の物産展,さらには,様々な社会運動の中で,その地域が何と結びつけられて表象されるか,なども対象となる。こうした地域文化の再現=表象が立ち現わる契機とその文脈,ならびにその際必要であった道具立てを手掛かりとして,資本主義の発達に伴う,通信・運輸,マス・メディアや広告の展開,消費行為と言説の大衆化の関係性について,理論的洞察も含めて切り込んで検討していく。また,広いコンテクストでいえば,資本主義の発達とモダニティ(近代性)との関係性がいかなる様式を持ち,社会生活にどのような作用をもたらしたかを対象とする問題系に連なるものである。そしてとりわけ文化的局面に注目し,我々の身体性と表象(ないしはイメージ形成)へのその影響圏を精査しようというものである。
  • 過去10年間 (1987~1996) を対象として
    戸祭 由美夫
    人文地理
    2001年 53 巻 2 号 149-172
    発行日: 2001/04/28
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
    The author believes that it is essential to establish a new model of terminology for recent trends in geography in order to further develop geographical studies. Fortunately in 1998, the author was requested to make a tentative list of English-Japanese terms for the Project on the Multilingual Glossary of Cultural Approach in Geography from the IGU Study Group. Not only to participate in the IGU project but also to advance his own research, the author compiled lists of the main terms used in cultural geography from the following three kinds of geographical sources in recent Japan.
    1) Terms selected from the titles of geographical research papers in cultural geography during 1987-1996 and published in Japan. The above-mentioned titles were collected in 'category 26 culture' of "chirigaku bunken mokuroku (Bibliography of geography)"* vol. 9 (1987-1991) and vol. 10 (1992-1996). The titles numbered about 1100 in all.
    2) Terms selected from the summaries, chapter titles and maps/figures' titles of 55 articles. These articles were carried in four major professional journals** of geography in Japan during 1987-1996.
    3) Terms selected from the index and chapter titles of books*** on cultural geography published during the same ten year period.
    From the vast number of terms from three kinds of geographical sources, 1290 main terms were selected according to three principles as follows:
    (a) those reflecting the characteristics of recent research in Japan,
    (b) terms neither on the basis of personal knowledge nor of personal liking,
    (c) those which are possible to compare with terms in other countries.
    Table 1, which occupies about half of this paper, shows not only the list of main terms but also their frequencies in the above-mentioned sources.
    1) The first row (X1) shows their frequencies by sub-category**** of cultural geography in "Bibliography of geography" vol. 9
    2) The second row (X2) shows their frequencies by sub-category of cultural geography in "Bibliography of geography" vol. 10
    3) The third row (Y1) shows their frequencies by journal during the first five years (1987-1991).
    4) The fourth row (Y2) shows their frequencies by journal during the latter five years (1992-1996).
    5) The fifth row (Z) shows their frequencies by book. In this case, the following book was included in addition to the two books.
    Bunka-chirigaku no keifu (History of Cultural Geography)" written by Hisatake, T. (2000). Chijinshobo, Kyoto.
    The author believes that this table must make professional cultural geographers understand the recent trends in Japanese cultural geography in the respect of terms which are used.
    However, in order to make the trends more obvious, 152 important terms were selected out of the main terms on the basis of frequencies, and these were classified by four groups according to their frequencies. It is these important terms that are the most typical and which represent recent trends in Japanese cultural geography. Table 2 shows which of sixteen themes the important terms belong to by group on the basis of frequency. From Table 2, we can clearly recognize not only recent trends in cultural geography, especially in a theme, (M) behavior and information, but also the main study areas where Japanese cultural geographers undertook field surveys.
    *: The bibliography has been compiled even five years since 1953 by Editorial committee of The Human Geographical Society of Japan (Jimbun-Chiri Gakkai).
    **: "Chirigaku-Hyoron (Geographical Review of Japan)", "Jimbun-Chiri (The Human Geography)", "Kikan-Chirigaku (Quaterly Journal of Geography)" and "chiri-kagaku (Geographical Sciences)".
    ***: "Bunka-Chirigaku (Cultural Geography)" edited by Ohshima, G. et al (1989).
  • 岩沢 格
    人文地理
    1979年 31 巻 2 号 187-189
    発行日: 1979/04/28
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
  • 地理学評論 Ser. A
    1996年 69 巻 8 号 706-713,724
    発行日: 1996/08/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
  • 佐々木 高明
    人文地理
    1963年 15 巻 1 号 109-110
    発行日: 1963/02/28
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
  • 河野 通博
    経済地理学年報
    1990年 36 巻 2 号 157-160
    発行日: 1990/06/30
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル フリー
  • 人文地理
    2002年 54 巻 2 号 190-201
    発行日: 2002/04/30
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
  • 成瀬 厚
    地理科学
    1994年 49 巻 2 号 95-108
    発行日: 1994年
    公開日: 2017/04/27
    ジャーナル フリー
  • 報告・討論の要旨および座長の所見
    人文地理
    1991年 43 巻 1 号 85-100
    発行日: 1991/02/28
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
  • 木村 宏
    人文地理
    1955年 7 巻 1 号 77
    発行日: 1955/04/30
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
  • 地学雑誌
    1934年 46 巻 8 号 399a-400
    発行日: 1934/08/15
    公開日: 2010/12/22
    ジャーナル フリー
  • 遊興文化の制度化、あるいは文化ポリティクスとしての風俗営業取締
    加藤 政洋
    日本地理学会発表要旨集
    2013年 2013s 巻 S0604
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/09/04
    会議録・要旨集 フリー
    本研究は、昭和23(1948)年7月に公布され、その後、昭和34(1959)年2月に一部改正された「風俗営業(等)取締法」ならびに同法の各都道府県における施行条例を素材にして、「文化」を制度化する力学を明らかにし、その帰結である地理的変奏に関して文化地理学的な検討をくわえるものである。風俗営業あるいはそれを取り締まる法令については、これまで文化地理学の研究対象として取り上げられることがほとんどなかったものの、実のところそれらは地域の文化と密接に関わっている。というのも、そもそも「風俗」とは特定の時代の地域や集団に固有の慣習であり、仮にそれらが近代以降の国家スケールの法令によって一律に取り扱われるところとなるならば、自ずとスケール間・地域間の矛盾が発現し、実状に沿わぬ改変が強制されるなどして、文化の様態も(少なくとも表面的には)変化を余儀なくされるだろう。本発表では、風俗営業取締のなかでも花街に照準した条文とその解釈に焦点を絞り、法令制定の背後に潜む意図を踏まえつつ、都道府県レヴェルで地域の遊興文化に及ぼした影響を明らかにしてみたい。いくぶん結論を先取りして述べるならば、GHQの介入を受けた東京都の条例を、それと知らず他府県が雛形として援用したことで、花街における遊興文化――「お座敷あそび」――は奇妙なかたちで制度化/地域化されるのだった。
  • 大城 直樹, 丹羽 弘一, 荒山 正彦, 長尾 謙吉
    地理科学
    1993年 48 巻 2 号 91-103
    発行日: 1993年
    公開日: 2017/04/27
    ジャーナル フリー
feedback
Top