詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "斑入り"
300件中 1-20の結果を表示しています
  • 栁下 良美, 原 靖英, 中山 真義
    園芸学研究
    2013年 12 巻 2 号 125-130
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/07/03
    ジャーナル フリー
    日本で施設切り花栽培に用いられる日長反応が中性のスイートピーの冬咲き性品種は,花色などの多様性がヨーロッパで利用されている長日性の夏咲き性品種に比較して小さい.我々は冬咲き性品種の多様性を拡大するために,夏咲き性品種に特有の花弁に斑の入る形質の導入を試みた.最初のステップとして斑入り形質の遺伝様式と着色性や開花習性との連鎖について検討した.斑入り花と全着色花,全白色花との交雑による後代での花弁着色の表現型の分離比から,斑入り形質は劣性の1遺伝子により制御されており,斑入りの表現型は着色性を制御する遺伝子により劣性上位で抑制されていることを明らかにした.また既存の報告と同様に,現在日本で栽培されている冬咲き性も1つの劣性遺伝子により制御されていることを明らかにした.さらに斑入り形質,着色性および開花習性は互いに独立して分離していることを示した.これらのことから,冬咲き性は表現型が発現した世代で固定が完了する一方で,斑入り形質はその自殖後代で全白色花が現れない世代で固定が完了すると考えられる.
  • 間 和夫
    育種学雑誌
    1957年 6 巻 4 号 205-211
    発行日: 1957/03/25
    公開日: 2008/05/16
    ジャーナル フリー
    It has been reported by rhany investigators that the appearance of variegation in the petal was the somatic mutation of mutable gene. In spite of the mutation rate of the gene changing under different enviromental conditions, the physiological meaning of the mutability has, not yet been clarified. These experiments have been carried out to study the appearance of variegation from the standpoint of physiological genetics in Petunia hybrida. . As variegated plants generally segregate in F2 generation of crosses between cyanic and acyanic strains and offsprings. of the variegated plant s, egregate into the coloured and white in the ratio 3 : 1, it is believed that the genotype of variegated plant is heterozygous for E gene, which controls the activity of polyphenol oxydase. However, the s.egregation ratio comes off so often from I full coloured : 2 variegated : I white in the offsprings of variegated plant and I variegated : I white in backcross. The ratio of variegated appearance also differs in parent and filial screnerations. Then, the variegation appears as a result of the somatic mutation of E gene. The mutation must bc occuring by the reduction of activity of polyphenol oxydase as proved by the enzyme distribution.
  • 飯島 章彦
    関東東山病害虫研究会年報
    1993年 1993 巻 40 号 119-121
    発行日: 1993/11/01
    公開日: 2010/03/12
    ジャーナル フリー
    リンゴ主要品種のゆず果病及びさび果病の病徴を接ぎ木接種により明らかにした。ゆず果病では果面に凹凸を生じたがその程度は品種によって異なり, 品種により斑入りを併発した。さび果病では斑入りの発生, 斑入りとさびの併発, 緑斑症状を起こすなど, 品種により病徴に差異がみられた。また, 接ぎ木接種後, さび果病で1~2年, ゆず果病で2~3年で特徴的病徴を示すに至った。
  • 村上 賢悟, 佐野 芳雄, 貴島 祐治
    日本育種学会・日本作物学会北海道談話会会報
    2003年 44 巻
    発行日: 2003年
    公開日: 2017/04/28
    会議録・要旨集 フリー
  • 島倉 亨次郎
    遺伝学雑誌
    1940年 16 巻 3 号 106-112
    発行日: 1940/06/20
    公開日: 2011/03/14
    ジャーナル フリー
    1) 實用鶉の中に偶然分離出現した斑入りの白の羽裝を有する個體が, 單一のメンデル式劣性常染色體性遺傳子に關するホモ接合體であつた事を確かめ, 此の遺傳子を「斑入り白」 “brown-splashed white” (記號p) と呼ぶ事にした。又其れの對立遺傳子で, 正常野生型の羽裝を發現するものを「褐色」 “Brown (記號p+) と呼ぶ事にした。
    2) 斑入り白の鶉が卵肉兼用の家禽として, 或は研究室の實驗動物として用ゐられる場合の得失につき考察した。
    本稿を終はるに臨み, 御校閲の勞をとられた犬飼教授に對し厚く感謝の意を表したい。又研究中種々御援助を與へられた本學畜産學教室の里教授, 井口教授, 三田村助教授並びに松本氏に對し深謝の意を申し述べたい。術本研究は日本學術振興會の援助を得て爲しつゝあるものゝ一部分である。記して衷心より謝意を表する。
  • 容疑チューリップよりウィルス検出
    山口 昭, 桜井 博
    園芸学会雑誌
    1963年 32 巻 4 号 326-332
    発行日: 1963年
    公開日: 2007/05/31
    ジャーナル フリー
    萠芽期の William Pitt を検定植物として, 容疑チューリップ株からウイルスを検出する方法を用いて, 各種のチューリップの花や葉が示す症状とウイルス感染との関係を明らかにした。
    1. 黄色花 (Golden Harvest) または白色花 (Mrs. Grullemans, White Dutchess) の花弁に赤色細点や条線が見られても, 葉に病徴の無い株からはウイルスが検出されず, 葉に streak 症状が認められる株からのみ検出された。したがつて花弁に見られる赤色斑は必ずしもウイルス感染特有の病徴ではないと結論した。これらの品種では花色によるウイルス診断は困難で, 葉または花梗の色弁異常によらざるを得ない。
    2. ウイルス感染によつて地色の白色または黄色が露出しない紫色花品種 (Queen of the Night, Van derNeer) では, 花弁にかすかな濃淡斑を示す株からウイルスが検出された。花弁を陽にすかしてみるとよくわかるこの症状が, 濃紫色花品種のウイルス症状であることがわかつた。
    3. 覆輪品種で, その紅色部分に白色絞りがみられたPink Beauty からウイルスが検出された。このような品種では花に breaking による診断が容易である。
    4. Parrot 種の Sunshine はウイルスを含んでいなかつた。
    5. 八重咲きで花弁が赤と黄の斑入りを示す Nizza はウイルスを含んでいなかつた。
    6. Rembrandt 系は花に斑入りがあるのが特徴で, 遺伝的斑入りのものとウイルス性斑入りのものとがあるといわれているが, 供試した American Flag は, 葉にstreak 症状を示す株からはウイルスが検出されるが, 葉が正常な株からは検出されなかつた。したがつて American Flag の花の斑入りはウイルス性のものではないと思われる。
    7. 黄と赤の斑入り花をもち, その混色割合の変異が巾広い Gudoshnik は, 供試したどの株からもウイルスが検出されなかつた。本品種の花色の変異は雑種性に起因する遺伝的のものと考えられる。
    8. 斑入り葉 (Variegated-Leaved) と総称される品種は, 葉の黄色斑入りが規則的 (外斑) であると不規則(しま斑) であるとを問わず, すべての供試株からウイルスが検出されなかつた。用いた品種は Cochenille, Peach Blossom, Purple Kroon, Rose Luisante, Yellow Prince, William Pitt である。しかし葉に黄色斑入りのほか, 緑色部分に streak 症状を示す株や, 花に明らかな breaking 症状を示す株 (Rose Luisante) からはウイルスが検出された。したがつて, 後者は斑入り葉品種がウイルス病にかかつたものであり, もとの斑入り葉品種は遺伝的のものであることが明らかになつた。これに反して, 黄緑色の外斑葉をもつ Hydra は, 花が breaking を示さない株からもウイルスが検出された。
  • 堀田 治邦, 佐々木 純, 西脇 由恵
    北日本病害虫研究会報
    2013年 2013 巻 64 号 81-85
    発行日: 2013/12/26
    公開日: 2018/01/20
    ジャーナル フリー

    2007~2008 年に北海道の道南および上川地域で栽培されたストックに生育抑制,葉の退緑斑紋,葉の弱いモザイクおよび花弁の斑入り症状が発生した.ELISA によるウイルス検定,単離したウイルスの遺伝子配列や各種植物への宿主反応からソラマメウイルトウイルス2(BBWV2)およびキュウリモザイクウイルス(CMV)と同定された.接種試験から,BBWV2,CMV ともに原病徴が再現され,花弁の斑入り症状も確認した.以上から,北海道における斑紋病の発生とCMV はストックで未報告であることから,モザイク病の病原として追加したい.

  • 村松 昇, 山ノ内 宏昭, 伊藤 祐司, 増田 哲男, 吉岡 照高, 武弓 利雄
    園芸学研究
    2011年 10 巻 2 号 143-149
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/05/18
    ジャーナル フリー
    放射線育種場のガンマーフィールドで緩照射を行ったニホンナシ‘おさゴールド’において,葉色変異が認められた.変異した枝の部分を切り取り,一般圃場に植栽された実生台木に接ぎ木して養成した結果,全体が黄色~黄緑色(黄緑色型)の葉および斑入りの葉(周縁黄緑色型)を持つ2種類が主に確認された.2004年と2009年の調査比較により,黄緑色変異は非常に安定と考えられた.一方,変異葉の着生程度などにより斑入り変異枝からは5種の枝の変異が認められた.これは斑入り変異が不安定のようであるが,SAM構造は比較的安定と考えられた.“twin sector”(緑色の黄色の斑が並んでいるもの)の存在,光学顕微鏡による葉身横断面の観察結果および後代実生の葉色から,この葉色変異は半優性で遺伝的にヘテロであり,茎頂分裂組織のL2に分布していると考えられた.さらに,得られた変異体の利用法について論議した.
  • 坂本 亘
    日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集
    2003年 2003 巻
    発行日: 2003/03/27
    公開日: 2004/02/24
    会議録・要旨集 フリー
    VAR1およびVAR2はそれぞれチラコイド膜に局在するタンパク質で、FtsHと呼ばれる膜結合型のATP-dependent metalloproteaseである。両タンパク質はシロイヌナズナで葉に斑入りを生じる突然変異体var1およびvar2の原因遺伝子から同定された。これらの変異体では強光照射による光化学系IIの活性が低下することから、VAR1/VAR2が光阻害を受けた系II複合体の分解に関わることが示唆された。両遺伝子が同様の機能を持つと推測されるにも関わらず、変異体では相補されずに一方の遺伝子の欠損によって斑入りが生じることは、両遺伝子の発現に何らかの協調的な制御があると予想される。両タンパク質の発現を抗VAR1ポリクローナル抗体により調べたところ、var2変異体ではVAR1タンパク質の蓄積が著しく減少していた。また、チラコイド膜のショ糖密度勾配による分画、およびBlue-native gelによる解析からはVAR1タンパク質が少なくとも二量体以上の複合体を形成することが明らかとなった。これらの結果から、VAR1およびVAR2がチラコイド膜で複合体を形成し、VAR1の欠損により複合体を形成できないVAR2が分解されるために斑入りを生じると考えられた。
  • 柳野 利哉
    植物組織培養
    1994年 11 巻 1 号 74-75
    発行日: 1994年
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
  • 浅井 俊光, 梶村 和男, 飯島 健太郎
    ランドスケープ研究(オンライン論文集)
    2015年 8 巻 58-63
    発行日: 2015/07/29
    公開日: 2015/08/18
    ジャーナル フリー
    In this study, we used three variegated cultivars of Euonymus japonicus (Ougon masaki (Euonymus japonicus Thunb. cv.ougon), Kin masaki (Euonymus japonicus Thunb. cv.kin), and Gin masaki (Euonymus japonicus Thunb. cv.gin)), in the six rate (0%, 20%, 35%, 50%, 65%, 80%) light shading experiment during the eleven months. As a result, the degree of spindly growth was strongly shown Ougon masaki > Kin masaki > Gin masaki. Also, the spindly growth appeared in Ougon masaki and Kin masaki in the 20% - 35% light shading environment. For the reasons mentioned above, it seems that it is desirable to plant Gin masaki where there is not much sunlight. And, it was confirmed that all test plants grow except for the 80% light shading environment. Regarding leaf color changes, it was presumed that Ougon masaki is most influenced by all test plants, and it is difficult to keep the original leaf color (bright yellow or pale yellow) in the 50% - 80% light shading environment. On the other hand, it is clear that, on Kin masaki and Gin masaki, the leaf color changes less. Thus, they are a little influenced by shady environment.
  • 高橋 新平, 近藤 三雄
    造園雑誌
    1990年 54 巻 5 号 161-166
    発行日: 1990/03/30
    公開日: 2011/07/19
    ジャーナル フリー
    遮光条件下における地被植物の生育適域は,(1) 相対照度50%~10%でセイヨウイワナンテン, フッキソウ緑葉種ならびに班入り種ヘデラカナリエンシスの基本種 (緑種) ならびに班入り種, ソヨゴ,(2) 相対照度100%~50%でツワブキならびにブイリツワブキ, サツキツツジ, マツバギク, トケイソウ,(3) 相対照度100%~10%でカロライナジャスミン, ビグノニア, メキシコマンネングサ, クレマチスアルマンディ,(4) 相対照度50%~0.0%でオモトであった。また, 班入り種と緑葉種の光合成速度を測定し, 光の強弱に対する生理反応の特性も把握できた。
  • シンポジウム「光環境におけるUVの動・植物への影響と産業利用」
    高橋 邦夫, 峰内 健一, 小林 智, 石井 弘允
    照明学会誌
    1996年 80 巻 Appendix 号 359-360
    発行日: 1996/03/31
    公開日: 2011/07/19
    ジャーナル フリー
  • 角谷 晃司, 池田 千亜紀, 野々村 照雄, 松田 克礼, 豊田 秀吉
    生物環境調節
    2002年 40 巻 1 号 99-105
    発行日: 2002/03/31
    公開日: 2010/06/22
    ジャーナル フリー
    Meristem tissues removed from aseptically cultivated tomato seedlings were treated with two chemical mutagens, and the growth and differentiation or morphological changes of the mutagen-treated leaf primordia were traced in developed leaves. The morphological variations were most frequently detected in the leaves developed from meristems treated withN-methyl-N'-nitro-N-nitrosoguanidine at 100 μg/ml. The variegated leaves were cultured on MS medium supplemented with 2.0 μg/ml BAP for in vitro isolation to multiply morphologically altered tomato plants. The calli were obtained from the leaves and successfully differentiated to plants with the variegated leaves. Consequently, the regenerated plants produced variegated leaves similar to that originally used for tissue culture. The present results suggest that the present method to apply chemical mutagens is to induce variegated leaves and to multiply their regenerants in vitro.
  • ファルマシア
    2016年 52 巻 2 号 112
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/02/23
    ジャーナル フリー
  • 朱 玉, 矢澤 進, 浅平 端
    園芸学会雑誌
    1993年 62 巻 2 号 431-435
    発行日: 1993年
    公開日: 2008/05/15
    ジャーナル フリー
    カラジウムの9品種の葉身切片から不定芽原基集塊の経由で幼植物体を再生した. 9品種の再生植物体の葉色の変異率は品種によって全く異なり, 変異しない品種と約15%から45%の変異率を示す品種に分けられた. 'キャンディダムジュニア', 'アーロン', 'フレイダヘンプル', 'ジョンピート.,LC, R. 5'の5品種は再生植物体に葉色の変異個体が認められなかった.'ピンククラウド', 'ホワイトウィング', 'ロザリオ','ジンジャランド'は高い変異率で葉色の変異個体が認められた. 各品種の葉色の変異は葉脈部の色が緑色化したものであった. また, 葉脈部の色が緑色に変化した品種のうち, 'ピンククラウド'と'ジンジャランド'では, 葉脈間の色の変異は認められなかったが, 'ホワイトウィング'と'ロザリオ'では, 葉脈間の色も緑色に変化し, 緑色葉身の変異個体となった.
    また, 葉色の変異個体の葉身を再び培養し, 得られた再生植物体の変異調査を行った. いったん葉脈部の色あるいは葉身全体の色が緑色に変化した変異個体は再びin vitro培養で繁殖しても葉色の変異は認められなかった.
  • 島崎 一彦, 澤 完
    植物組織培養
    1996年 13 巻 2 号 169-171
    発行日: 1996年
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    Multiple shoots were successfully regenerated via meristematic nodules from inflorescence sections of Rohdea japonica Roth on MS medium supplemented with 10μM BA and 1μM NAA. Shoots with unusual variegation types were obtained from the inflorescence sections.
  • 山口 昭
    日本植物病理学会報
    1985年 51 巻 3 号 258-260
    発行日: 1985/07/25
    公開日: 2009/02/19
    ジャーナル フリー
  • 有賀 琢人, 櫻庭 康仁, 柳澤 修一
    日本土壌肥料学会講演要旨集
    2020年 66 巻 4-1-8
    発行日: 2020/09/01
    公開日: 2020/11/02
    会議録・要旨集 フリー
  • 中西 弘充, 内川 荘司, 辻 孝, 田口 悟朗, 小島 峯雄, 金子 康子, 林田 信明
    日本植物生理学会年会およびシンポジウム 講演要旨集
    2003年 2003 巻
    発行日: 2003/03/27
    公開日: 2004/02/24
    会議録・要旨集 フリー
    葉の色が異常になった個体は、クロロフィルの合成過程、もしくはクロロフィルの蓄積される場である葉緑体の形成に異常が起きている可能性が高い。そこで、葉緑体の形態形成に関連する遺伝子を解析するために、体色変異株の収集と解析を行った。これまでにEMSを変異原とした変異株ライブラリーから77系統の体色変異株を見出した。各変異株のプロトプラストを観察し、葉緑体の形態が異常な株を見つけた。そのうちの2系統について、電子顕微鏡を用いてさらに詳しい観察を行った。
    1系統は斑入り変異株で、植物体の成長にともない斑が拡大した。電子顕微鏡観察の結果、緑色部の葉緑体は野生株のものとほぼ同じ構造だったが、白色部の色素体は発達したチラコイド膜はなく、空胞が見られた。葉緑体の分化維持の制御機構に異常が起きたものと考えられる。表現型が細胞ごとに現れたり消えたりする斑入りの機構は、特に興味深い。
    別の1系統は葉緑体の大きさと外形の変異株である。この系統では、葉緑体の直径が野生株の2倍以上に拡大していたものや、逆に縮小したものが同じ細胞中に観察された。葉緑体の分裂機構に異常が起きたものと考えられた。しかし、電子顕微鏡観察の結果、さらに興味深いことが分かった。葉緑体の分裂異常だけではなく、チラコイド膜の配向が異常で、ストロマ領域の割合と局在も異常を示していた。葉緑体内の膜構造の制御に関わる変異と考えられる。
feedback
Top