詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "星が丘元町"
115件中 1-20の結果を表示しています
  • 三田 有紀子, 石原 健吾, 小林 利佳子, 杉田 恵美, 安本 教傳
    Biomedical Research on Trace Elements
    2008年 19 巻 1 号 105-109
    発行日: 2008/04/01
    公開日: 2008/09/26
    ジャーナル フリー
    Chromium(Cr)is an essential trace element for normal carbohydrate metabolism, and its deficiency in animals can cause a diabetic-like state. Human and experimental animal studies suggest that urinary Cr excretion is increased in diabetic patients. To investigate whether hyperglycemia-induced elevation of urinary Cr excretion at relatively early stages of diabetes reduces tissue Cr storage, we assessed Cr excretion and Cr distribution in streptozotocin(STZ)-induced diabetic mice. Male C57BL mice were randomly assigned to STZ or control groups. STZ mice were injected with STZ to induce insulin-dependent diabetes(day 0)and 24-hour urinary collections were taken 3, 4 and 5 days after the STZ treatment. An inductively coupled plasma mass spectrometer equipped with a dynamic reaction cell was used for the determination of Cr in urine, plasma and tissue samples. The urinary Cr concentration and urine volume in the STZ-treated mice on day 5 after STZ injection was approximately∼3 times and 7 times higher than those of control. STZ-induced diabetic mice excreted 35-fold Cr compared to control mice, during 5 days after STZ injection. The renal Cr concentrations in STZ-induced diabetic mice were significantly lower than those in controls(p < 0.05). These results suggested that hyperglycemia by STZ increased urinary Cr output and caused reduction of renal Cr concentration.
  • 日本家政学会誌
    2001年 52 巻 2 号 224
    発行日: 2001年
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
  • 野崎 健太郎, 井上 光也, 寺山 佳奈, 高橋 伸行, 加藤 元海
    応用生態工学
    2017年 20 巻 1 号 99-105
    発行日: 2017/09/28
    公開日: 2018/01/15
    ジャーナル フリー

    本実践では,教員希望者が半数を占める大学生集団を対象にして,河川は多様な環境の連続体であることを理解させるために,四万十川の支流,梼原川上流部(高知県梼原町田野々)で 4 泊5 日の宿泊型自然体験学習を行った.自然体験学習の教育効果を高めるために,事前学習において Google Earth,地理院地図を用いて調査地の間接体験を行い,その教育効果を確認した.受講学生は,瀬・淵構造および,河床が砂礫から岩盤までの多様な河川環境を含む 1 つの区間の中を繰り返し移動しながら学習を進めた.事後の自由記述式の質問紙調査により,受講学生が河川には,多様な環境が連続していることを実感し,それらへの対応を理解していることが確認できた.受講学生の半数を占める保育者・教師志望者には,自身の近未来を見据えて,自然体験学習における安全確保の力を身に付けたいという要望が強い.質問紙に見られる受講学生の記述からは,本実践で実施した内容が,その要望に十分に応えていることを示していた.

  • 堀田 千津子, 高田 晴子, 木村 友子, 内藤 通孝
    日本食育学会誌
    2008年 2 巻 4 号 141-148
    発行日: 2008/10/25
    公開日: 2017/10/07
    ジャーナル フリー

    Objective :

    To find a practical dietary education method for kindergarten children and their mothers.

    Materials and methods :

    Kindergarten children were divided into two groups ; the intervention group (kindergarten A) and control group (kindergarten B). To the intervention group, a dietary education program was performed and a questionnaire was done before and 6 months after the intervention. To the control group, the same questionnaire was reformed twice at the same interval. The dietary education program consists of 4 parts ; 1)a questionnaire on the eating habits of children and the consciousness of their mother, 2) a dietary guidance using the Three-Food-Class Sheet, 3)a guidance of vegetable culture, and 4)distribution of current information on the dietary education.

    Results :

    1) A questionnaire on the eating habits of kindergarten children and the consciousness of their mothers stimulated the interest to the food and nutrition.

    2) The frequency to eat local dishes was significantly increased in the intervention group compared to the control group. However, other than this, there were no significant direct effects of the dietary education program.

    Conclusion :

    Performing a questionnaire to the mothers of kindergarten children per se was proved to be more effective than a dietary education program, motivating them to be interested in the food and nutrition.

  • 木村 友子, 加賀谷 みえ子, 鬼頭 志保, 内藤 通孝, 菅原 龍幸
    日本食生活学会誌
    2009年 20 巻 3 号 187-194
    発行日: 2009/12/30
    公開日: 2010/01/26
    ジャーナル フリー
      Dietary Behavior and Health Consciousness for Female Students Majoring in Nutrition and their Mothers

      In order to investigate the desirable dietary lifestyle for women, we performed a survey on the dietary behavior, nutrition, and health consciousness of female students majoring in nutrition (n=135) and their mothers (n=132), who lived in the urban area of Nagoya City After2years of professional education, we performed a follow-up survey of the students, examining the effects of their education on their dietary habits and health.

    I. Comparisons of the dietary behavior and health consciousness between students and their mothers
      Over half of the students and their mothers belonged to the ‘low’ physical activity group (Level I). 53.8% of the mothers had an exercise custom, which is higher than the 41.5% of the students. About 30% of students and their mothers self-assessed their health condition as ‘not good’ . 85.2% of the students and 87.9% of their mothers were interested in dieting Also, 85.2% of the students and 51.5% of their mothers understood the ‘metabolic syndrome’ (p<0.001). Students had a higher frequency of missing regular food intake and the use of home delivery foods for lunch compared to their mothers. 88.1% of the students did not cook, and their mothers took charge of the cooking at home, of the students, 57.1% were interested in the consumption conditions of the food items, and 34.8% were interested in the distribution of the food products, much lower compared to their mothers Improving the will of good dietary habits related to their health tended to be higher for the students compared to their mothers.
    II. Effects of education and training on the dietary behavior and health consciousness of the students
      After2years of professional education as nutritionists, the students with a BMI less than 18.5 kg/m2 increased from 15.6% to 28.0%. Also, the students who defecate everyday significantly increased from 17.0% to 57.6%. Subjects who complained about easy fatigability
  • 谷嶋 正彦
    図書館界
    2001年 53 巻 2 号 154-
    発行日: 2001/07/01
    公開日: 2017/05/24
    ジャーナル フリー
  • 江崎 秀男, 野原 優子, 小野崎 博通, 大澤 俊彦
    日本食品工業学会誌
    1990年 37 巻 6 号 474-477
    発行日: 1990/06/15
    公開日: 2011/02/17
    ジャーナル フリー
    納豆の抗酸化力について検討した.脂質の過酸化度を測定した結果,納豆は発酵前の蒸大豆より安定であった.また,納豆の水溶性メタノール抽出物は蒸大豆抽出物より脂質酸化に対しより安定であることが明らかとなった.納豆,蒸大豆中の天然抗酸化物質であるトコフェロールおよび遊離イソフラボンをHPLCにて定量した.納豆と蒸大豆の間にこれらの抗酸化物質の著しい含量の差は認められなかった.発酵中に増加した納豆中の抗酸化物質の部分精製をトヨパールHW-40クロマトグラフィーにて行った所,納豆のクロマトグラムにおいて増大した3つのピークが納豆の抗酸化力の増強に関与していることが推定された.
  • 大谷 香代, 橋本 沙幸, 林 佐奈衣, 木村 友子, 内藤 通孝
    日本食生活学会誌
    2011年 22 巻 2 号 114-120
    発行日: 2011/09/30
    公開日: 2011/10/27
    ジャーナル フリー
    目的 : 運動習慣を有しない健常若年日本人女性において, 脂質代謝と抗酸化能に対する有酸素運動トレーニングの効果を検討した。
    方法 : 運動習慣を有しない健常若年日本人女性で, 正常体重 (BMI18. 5以上, 25未満), 正常月経周期, アポリポ蛋白質E 3/3型の8名を対象に, トレッドミルで最大酸素摂取量の約50%に相当する30分間の歩行運動を週5回, 4週間行った。OFTTクリーム (上毛食品, 体重1kg当たり1g) を用いて, トレーニング前と後 (最後の運動の約24時間後) に経口脂肪負荷試験を実施した。脂肪負荷前 (0時間), 負荷後1・2・4・6時間後に静脈から採血し, トリグリセライド (TG), アポリポ蛋白質B-48, グルコース, インスリン等を測定した。また, 抗酸化能に対する効果をみる目的で, トレーニング前後における血漿8-epi-prostaglandin F (8-epiPGF) 等を測定した。
    結果 : 血清TG濃度の曲線下増加面積 (IAUC) と血漿8-epiPGF濃度は, トレーニング前に比べて, トレーニング後には有意に減少した。
    結論 : 中等度の有酸素運動 (最大酸素摂取量の約50%, 30分) トレーニングは, 運動習慣を有しない健常若年日本人女性において, 食後脂質代謝 (IAUC-TGの減少) と抗酸化能 (8-epiPGFの低下) を改善した。
  • 浦部 貴美子, 灘本 知憲, 川村 正純, 安本 教傅
    日本食品科学工学会誌
    1999年 46 巻 7 号 484-486
    発行日: 1999/07/15
    公開日: 2009/05/26
    ジャーナル フリー
    著者らは,野草から新しい防臭あるいは消臭成分を見出すための予備的な探査研究として,特に身近に自生する20種類の野草について,悪臭指標物質であるCH3SHに対する消臭活性を求めた.消臭活性はCH3SHに対する消臭率をヘッドスペースガスクロマトグラフ法により求めた.それらの中で顕著な消臭活性を示したのは,タンポポ,オニノゲシ,ノアザミ,クマザサ,スギナ,ドクダミであり,それぞれの消臭率は97.5%,88.6%,90.2%,87.5%,93.7%,98.3%であった.これらの野草の消臭性に関する報告は,これまでにドクダミ以外には見あたらない.
  • 田村 謙次, 鳥居 隆司
    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)
    2015年 135 巻 5 号 559-560
    発行日: 2015/05/01
    公開日: 2015/05/01
    ジャーナル 認証あり
    Interactive Evolutionary Computation is applied to generate art design such as CG, music, fashion and so on. However, it has a problem to replace individuals by the user, so the system has to generate good quality individuals to relieve the user's burden. In this paper, we introduced Aesthetic Measure in Interactive Grammatical Evolution. It is used as a fitness to replace individuals. And our method shows a result to generate favorite beautiful design for users.
  • 田村 謙次, 鳥居 隆司
    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)
    2010年 130 巻 1 号 160-161
    発行日: 2010/01/01
    公開日: 2010/01/01
    ジャーナル 認証あり
    This paper proposes an Estimation of Distribution Algorithm with partial solution. In the proposed method, partial solutions are generated by estimated value and search local solution by co-evolution. The proposed technique is applied to some optimization problems to verify its performance.
  • 松山 智恵子, 中島 豊四郎, 石井 直宏
    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)
    2005年 125 巻 12 号 1914-1915
    発行日: 2005年
    公開日: 2006/03/01
    ジャーナル フリー
    The production of animations was made the subject of a university programming course in order to make students understand the process of program creation, and so that students could tackle programming with interest. In this paper, the formats and composition of the programs which students produced were investigated. As a result, it was found that there were a lot of problems related to such matters as how to use indent, how to apply comments and functions etc. for the format and the composition of the source codes.
  • 田近 正洋, 山之内 国男, 杉本 季代, 鈴木 恵美, 山口 有紗, 安井 まり, 平岡 潤子, 高野 良子, 竹田 紀子, 加賀谷 みえ子, 加藤 昌彦, 武藤 泰敏, 戸谷 理英子
    糖尿病
    2003年 46 巻 6 号 429-435
    発行日: 2003/06/30
    公開日: 2011/03/02
    ジャーナル フリー
    食事療法用宅配食品の有用性について検討した. 外来糖尿病患者12例を対象とし, 3カ月間宅配食を摂取させ, その前後で糖尿病の病態およびQOLを観察し比較した. 食事摂取量は研究前1841 kcal day (平均) が, 宅配食摂取1カ月後, 2カ月後と徐々に低下し, 3カ月後には1640 kcal dayと有意に低下 (p<0.05), 指示量1583 kcal/dayに近づいた. HbA1cは研究前7.2%に対し, 3カ月後7.0%と低下する傾向を示し (p=0.079), さらにTGは2017 mg/dlから3カ月後158.8 mgdlへと有意に低下した (p<0.05). QOLは宅配食摂取中には変化を認めなかった. 宅配食は栄養計算の理解が不十分な症例や実際の献立, 調理が難しい症例などにおける糖尿病治療法の一つとして有用である可能性が示唆された. しかし, 今後も利用したいと答えた患者は4例のみであり, 長期に利用するには食事内容など更なる工夫が必要であると思われた.
  • 図書館界
    2016年 68 巻 2 号 196-198
    発行日: 2016/07/01
    公開日: 2017/07/01
    ジャーナル フリー
  • 西堀 すき江, 並木 和子
    日本食品科学工学会誌
    1998年 45 巻 2 号 144-148
    発行日: 1998/02/15
    公開日: 2009/05/26
    ジャーナル フリー
    野菜ジュースのO2-消去能を2種類の測定法(NBT法・ルミネッセンス法)で比較した.
    (1) NBT法において実験に供した20種類の生ジュースはいずれもO2-消去能を有していた.特にブロッコリー・キャベツ・ピーマン・ニラ等は強い活性を示した.しかし,ルミネッセンス法ではニンジンの生ジュースに活性は認められなかった.
    (2) 加熱処理によりキュウリ・カボチャ・レタスの活性が最も低下した.1O2消去能が高いと報告されているカロテノイド系の色素を含むトマト・ニンジンも,加熱により活性が低下した.特に,加熱後のニンジンはほとんどO2-消去能が認められなかった.タマネギ・モヤシ等のフラボノイド系野菜も加熱により活性が低下した.
    (3) クロロフィル系野菜は品種によって幅があるが,比較的加熱後もO2-消去能が持続した.クロロフィル類縁体の存在比率は,生・加熱に関わりなくクロロフィルaが圧倒的に高く,加熱によってクロロフィルaは減少するものの,1/2~2/3量残存した.逆にフェオフィチンaは1.5~2倍に増加した.
    一般的に,野菜の色素の中ではカロテンの活性酸素消去能が高いと報告されているが,実際に野菜ジュースにおいて,特に温野菜においてはクロロフィル系の色素を含む野菜に,活性酸素消去能の活性が持続することがわかった.
  • 小林 重喜
    日本家政学会誌
    1991年 42 巻 6 号 565-573
    発行日: 1991/06/15
    公開日: 2010/03/10
    ジャーナル フリー
  • 斉藤 裕美, 加賀谷 みえ子, 鈴木 舞子, 内藤 通孝
    日本食生活学会誌
    2013年 24 巻 2 号 92-97
    発行日: 2013/09/30
    公開日: 2013/11/02
    ジャーナル フリー
    目的 : 健常若年女性において, 果糖の吸収に影響を与える要因を, 呼気中水素濃度を用いて検討する。
    方法 : 日本人健常若年女性17名を被験者とし, 12時間以上の絶食後, 果糖摂取試験を行い, 呼気中水素濃度を15分間隔で180分後まで測定した。試験は, 10%F : 果糖25g/水250mL ( 対照 ), 5%F : 果糖25g/水500mL, 10%F+0. 5hW : 対照+0. 5時間後に飲水250mL, 10%F+1hW : 対照+1時間後に飲水250mLの4回とし, 無作為交差法で実施した。腹部症状の評価にはvisual analogue scaleを用いた。
    結果 : 呼気中水素濃度の上昇開始およびピーク時間は4試験でほぼ一致していた。10%F, 10%F+0. 5hW, および10%F+1hW試験では, 呼気中水素濃度は果糖摂取後180分で前値に戻ったが, 5%F試験では戻らなかった。呼気中水素濃度の曲線下増加面積は, 5%F試験が10%F試験よりも大きかった。4試験すべてで腹痛, 腹部膨満感, 腹鳴, ガスの発生, 下痢がみられたが, 症状の強さや発生人数には有意差はみられなかった。
    考察 : 4試験すべてにおいて, 果糖飲料摂取後に吸収不良を引き起こしたと推察される。なかでも5%F試験では呼気中水素濃度の顕著な上昇を示し, 果糖濃度を下げても, 同時に摂取する水分量が多くなると果糖の吸収が抑制されることが示唆された。
    結論 : 果糖飲料 ( 25g/水500mL ) の急速な摂取は吸収不良を引き起こしやすい。
  • 間瀬 民生, 下末 祥代, 近藤 徹弥, 田中 万絢, 高田 莉帆, 日渡 美世, 一色 忍, 河合 潤子
    日本食品化学学会誌
    2017年 24 巻 1 号 39-43
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/04/29
    ジャーナル フリー
    A newly isolated yeast strain, Pseudozyma hubeiensis 31-B, produced an extracellular carboxypeptidase but no detectable proteinase activity. The carboxypeptidase was purified from filtered culture medium by ammonium sulfate precipitation and successive four column chromatography steps: TOYOPEARL DEAE-650M, TOYOPEARL Butyl-650M, hydroxylapatite, and TOYOPEARL HW-55 chromatography. The final enzyme preparation appeared homogeneous on SDS-polyacrylamide gel electrophoresis. The enzyme had a molecular mass of 70.5 kDa. The optimum temperature and pH of the purified enzyme were approximately 50°C and 5.0, respectively. The purified carboxypeptidase preferentially hydrolyzed Z-Phe-Leu, and its activity was inhibited by diisopropyl fluorophosphate. The carboxypeptidase produced by P. hubeiensis 31-B has potential applications in the food industry as a food additive.
  • 木村 友子, 加賀谷 みえ子, 鬼頭 志保, 内藤 通孝, 菅原 龍幸
    日本食生活学会誌
    2010年 21 巻 2 号 139-147
    発行日: 2010/09/30
    公開日: 2010/10/27
    ジャーナル フリー
      黒大豆の煮汁と豆ペースト及び蒟蒻ゾル置換が水羊羹の品質に及ぼす影響について性状, 物性, 離漿率, 抗酸化性, 嗜好性により検討した。
    1) 黒大豆煮汁の試料A (基本 : 煮汁製品) に比べ, 試料B, C, D, E (試料Aに豆ペーストそれぞれ10, 20, 30及び40%置換製品) は, 豆ペーストの置換率の増加につれ, 水分量と離漿率は共に有意に漸減した。また, 水羊羹の色調では, L*, a*, b*値は漸増したが, 試料Aの濃黒褐色が試料B, C, D, Eの豆ペーストの置換率の増加に伴い, 淡くなり色調が変化した。
    2) 官能評価では豆ペーストの置換量は, 30%が最も良好で, 黒大豆の微妙な風味を感じ, 総合的な好みで好まれた。
    3) 総ポリフェノール及びDPPHラジカル捕捉活性は試料A, B, C, D, Eは試料S (煮汁と豆ペースト無置換) に比べ, 煮汁と豆ペースの使用により, 何れも高い抗酸化効果を示した。
    4) 試料AとBに蒟蒻ゾル5%置換した試料A-3とB-3は試料A及びBに比べて食感が硬くなり, 離漿が抑制された。
      以上のことから, 黒大豆の煮汁と豆ペーストの利用は, 水羊羹の抗酸化性の機能性向上に寄与し, 食味もよく嗜好的にも好まれ, かつ, 豆ペースト及び蒟蒻ゾル置換は製品の物性が硬くなり, 著しく離漿を抑制し, 品質を高めることが示唆された。
  • 加賀谷 みえ子, 木村 友子, 内藤 通孝, 菅原 龍幸
    日本食生活学会誌
    2009年 20 巻 2 号 105-110
    発行日: 2009/09/30
    公開日: 2009/10/28
    ジャーナル フリー
      女子大学生の健康管理に資する目的で, 健常な女子大学生を強制運動群と自由運動群とに区分して, 健康度評価と食生活状況の実態調査を行い, 健康習慣と食生活の諸問題を見出し,運動の効果を検討した。
      1) 健康度評価では,運動負荷が動機づけとなり, ウエスト周囲径, 安静時心拍数, LDLコレステロールなどの改善がみられた。
      2) 栄養摂取状況では, %エネルギー比は,強制運動群は自由運動群に比べて改善されたが, 自由運動群では変化がなかった。また, 両群とも運動負荷後も, カルシウム, 鉄, ビタミン, 食物繊維の摂取量は不足していた。
      3) 運動負荷後の歩数は,強制運動負荷群は1万歩以上, 自由運動負荷群は1万歩未満であったが, 両群の運動内容は強い運動と速歩の割合が増加した。
      女子大学生において, 運動 (特に強制運動負荷プログラム) は, 健康状況, 栄養摂取状況および1日あたりの歩数の改善に有用であった。
feedback
Top