詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "朝ズバッ!"
7件中 1-7の結果を表示しています
  • 沼尻 了俊, 宮川 愛由, 神田 佑亮, 中尾 聡史, 藤井 聡
    人間環境学研究
    2015年 13 巻 2 号 141-151
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/12/27
    ジャーナル フリー
    In elections, the nation is required to judge candidates or parties which have the ability to lead the country or regions toward a good direction. However, in some elections, it seems that the factors extraneous to the ability, such as name value or popularity, have enormous influence to the support attitude or voting behaviour. This study performed questionnaire survey in Sakai city, Osaka prefecture in order to examine the effect of the media which serves information regarding elections to people. As a result, positive correlations has been shown between the contact tendency of media and TV programs which emphasise atmosphere or image and the positive attitude towards candidates or parties. The contact tendency is stronger in Japan Restoration Party, Osaka Restoration Association, and other related candidates.
  • 渡邊 久哲, 佐藤 友紀
    日本世論調査協会報「よろん」
    2015年 115 巻 56-61
    発行日: 2015/03/31
    公開日: 2017/03/31
    ジャーナル フリー
  • 平野 浩
    選挙研究
    2011年 26 巻 2 号 60-72
    発行日: 2011年
    公開日: 2017/06/12
    ジャーナル オープンアクセス
    本稿は,2009年衆院選の前後に実施された2波の全国パネル調査データに基づき, この選挙時におけるメディアへの接触が有権者に対してどのような影響を及ぼしたのかを明らかにし,それを通じてメディアと選挙との今日的関係について考察することを目的とする。分析の結果,(1)政治的知識への効果に関しては,特定のテレビ番組や対人ネットワークが知識の3次元のすべてにプラスに働くのに対し,新聞やインターネットの効果は限定的である,(2)メディア接触は内閣への業績評価・期待,政党リーダーへの感情に対しては一定の影響を及ぼしているが,経済状況認識や争点態度に対する影響は僅かである,(3)投票方向に対するメディア接触の影響は,一部のテレビ番組視聴を除いてほとんど見られない,などの点が明らかとなった。これを受けて,メディアの影響力に関する有権者の実感と上記の知見との架橋について考察する。
  • 宮田 加久子, 安野 智子, 市川 芳治
    社会心理学研究
    2014年 30 巻 1 号 21-34
    発行日: 2014/08/18
    公開日: 2015/06/06
    ジャーナル フリー HTML
    How do the news media stimulate political deliberation, political interest, and political knowledge? To compare the effects of online news with those of the traditional news media, we collected three types of data: a web-based survey, diary logs of mass media use, and access logs to news sites. The results showed that exposure to news media reinforced political interest and political deliberation. Online news use, however, facilitated only online deliberation, while exposure to TV and newspapers stimulated face-to-face conversation. In addition, online and TV news use had a direct effect on political knowledge. The results also showed that political conversation with the family had a direct effect on interest in politics and political knowledge, while political conversation with friends had a positive impact only on political interest. The implications of the findings were discussed in terms of how occasional political communication narrows the gap between the politically sophisticated and the less sophisticated.
  • 稲増 一憲, 池田 謙一
    社会心理学研究
    2009年 25 巻 1 号 42-52
    発行日: 2009/08/31
    公開日: 2017/02/20
    ジャーナル フリー
    This research combines the quantitative content analysis of election coverage and survey data analysis to demonstrate the effect of TV shows on democratic politics in Japan. First, we classified 31 private TV shows into two categories-"hard news" and "soft news"-via the quantitative content analysis of coverage of the 2007 election. Secondly, we examined the effects of the programs on interest in the 2007 election as well as political involvement using the Asian barometer 2/CSES3 dataset. The results show that: 1) exposure to "hard news" positively correlated with interest in the election as well as political involvement, 2) exposure to "soft news" had a positive correlation with interest in the election only among less-informed people. This study reveals the importance of quantitative content-based classification to distinguish the particular effects of TV shows on democratic politics in response to diversifying forms of political news coverage.
  • 逢坂 巌
    選挙研究
    2011年 26 巻 2 号 44-59
    発行日: 2011年
    公開日: 2017/06/12
    ジャーナル オープンアクセス
    2009年総選挙におけるテレビの選挙報道を振り返ると,報道時間は少なかったものの,マニフェストが多く採り上げられていたということがわかった。しかし,マニフェスト報道で採り上げられていた争点が,民主党が設定したものに近似していたこと,また,政策が「全体像」においても個別争点においても厳しく問われず,取材VTRに写る困窮する人々の姿(イメージ)が中心的に伝えられたことで,結果として,報道全体が民主党のパブリシティに化していた。民主党は,テレビの議論においても政権獲得後の「全体像」を正面から問いかけることはなく,CMでは人々の「不安」や「不満」に訴えるキャンペーンに回帰した。それは流動化する選挙市場への適合という面もあったが,選挙後の政策の「引渡」の段階での困難を準備するものだった。
  • 水出 幸輝
    スポーツ社会学研究
    2016年 24 巻 1 号 79-92
    発行日: 2016/03/25
    公開日: 2016/04/25
    ジャーナル フリー
     本稿では、2020 年オリンピック・パラリンピックの東京開催決定を伝えたテレビ報道の検討を試みる。第一に、東京開催決定報道においてテレビが描いた社会的現実の偏りを同時期の世論調査と比較することで明らかにし、第二に、その偏りをE. Said の「オリエンタリズム」以来議論されるようになった「他者化」の概念を用いて考察した。
     招致委員会による「被災地・福島」の他者化を指摘し、他者化ではなく、包摂の必要性を指摘するメディア関係者も存在していた。しかし、本稿ではテレビ報道において他者化された存在として、日本国外は中国・韓国を、日本国内は「被災地・福島」を挙げる。両者は東京開催決定に否定的な態度を示すことで他者化されていた。他者である「かれら」に対置される存在の「われわれ」は、送り手が設定した「われわれ」日本人であるが、「われわれ」には東京開催決定を喜ぶ者として、日本にとっての外国が含まれる場合もあった。
     招致成功の喜びを表現する「われわれ」と、それに対置する存在で否定的な見解を示す「かれら」(「被災地・福島」)という構図によって、「かれら」は“当然東京開催決定に否定的である”というステレオタイプが醸成される可能性がある。それは、一方で、「われわれ」に位置づけられた東京の人々の中に存在していた否定的な見解を、“当然東京招致成功に肯定的である”というステレオタイプによって覆い隠してしまってもいる。東京開催決定報道で採用された、喜びを表現する「われわれ」―喜びを表現できない「かれら」という構図は、東京の人々の中に存在する否定的な意見、すなわち、東京開催の当事者である人々が抱える問題を不可視化してしまうものであった。
feedback
Top