詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "本草製薬"
5件中 1-5の結果を表示しています
  • 吉川 雅之, 原田 英美子, 三木 晶子, 塚本 貴庸子, 梁 思潜, 山原 條二, 村上 啓寿
    YAKUGAKU ZASSHI
    1994年 114 巻 2 号 129-133
    発行日: 1994/02/25
    公開日: 2008/05/30
    ジャーナル フリー
    In the course of our search for natural antioxidants, the methanol extract of the fruit hulls of mangosteen (Garcinia mangostana L.) originating in Vietnam was found to exhibit a potent radical scavenging effect. By monitoring the radical scavenging effect, two xanthones, α- and γ-mangostins, were isolated together with (-)-epicatechin, procyanidins A-2 and B-2 as active principles. The antioxidative activity of these two xanthones was measured by the ferric thiocyanate method and it was found that γ-mangostin showed more potent antioxidative activity than BHA and α-tocopherol.
  • 林 伸和, 川端 康浩
    日本臨床皮膚科医会雑誌
    2018年 35 巻 1 号 63-67
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/06/27
    ジャーナル フリー
     イボにヨクイニンを奨める広告を見て,脂漏性角化症(老人性疣贅)にヨクイニンの処方を希望して皮膚科を受診する患者が少なくない.そこで,ヨクイニンの脂漏例角化症に対する有効性を文献的に検討した. 【方法】医薬品医療機器総合機構のホームページで一般用を含むヨクイニンに関係する医薬品の添付文書の適応症を確認し,医学中央雑誌とPubMedを用いて,脂漏性角化症に関連するヨクイニンの論文を検索し,該当した論文を精査した. 【結果】ヨクイニンを配合する医療用医薬品は36品目あり,そのうちヨクイニンエキスの2品目は尋常性疣贅と青年性扁平疣贅に適応があり,麻杏よく甘湯エキスはイボを適応症としていた.一般用医薬品・要指導医薬品には,ヨクイニンを主成分とする製剤(狭義のヨクイニン)が7品目,せんじ薬である薏苡仁煎が1品目あり,狭義のヨクイニンの適応症は「いぼ,皮膚のあれ」,薏苡仁煎では,「いぼ,皮膚のあれ,利尿,関節痛」となっていた.医学中央雑誌を用いた検索では,「ヨクイニン」で453,「ヨクイニン」と「いぼ」の組合せで113の論文が抽出され,「ヨクイニン」と,「老人性疣贅」もしくは「脂漏性角化症」で3つの論文が該当したが,いずれもヨクイニンの脂漏性角化症への有効性を述べたものではなかった.また,PubMedではヨクイニンで6論文があるが,脂漏性角化症に関係するものはなかった. 【結論】ヨクイニンに脂漏性角化症の適応はなく,有効性を述べた論文はなかった.一般用医薬品などでは平易な病名にするため「いぼ」と表現しているが,ヨクイニンの適応疾患として老人性疣贅は含まれず,ウイルス性疣贅のみを指すと考えられる.患者の誤解をなくすため,適切な啓発活動が必要である.
  • 古閑 健二郎, 村田 知佳子, 大嶋 耐之, 毛利 哲郎, 河島 進
    病院薬学
    1995年 21 巻 1 号 93-100
    発行日: 1995/02/10
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
    We have developed a combined Kampo medicine information database system. The database system comprises contains Kampo medicine products information database and a crude drugs information database. In the former, information on component crude drugs and their contents and safety is unified in a relational database for each product and compared with each other within a given Kampo formula by display scrolling. In the latter, information on application, indications, constituents, dosage and other data, is separately obtained for each crude drugs.
  • 吉川 雅之, 畠山 祥子, 茶谷 展安, 西野 由貴江, 山原 條二
    YAKUGAKU ZASSHI
    1993年 113 巻 4 号 307-315
    発行日: 1993/04/25
    公開日: 2008/05/30
    ジャーナル フリー
    As a continuing study on the evaluation of various Zingiberis Rhizoma and the chemical characterization of the processing, a quantitative method by high performance liquid chromatography (HPLC) for 6, 8, 10-gingerol (1, 2, 3), 6, 8-shogaol (4, 5), 6-dehydrogingerdione (6), and galanolactone (7) has been developed. By the use of this HPLC method, the contents of these compound in twenty kinds of Zingiberis Rhizoma [originating in China, Taiwan, Vietnam, and Japan (Shizuoka Prefecture)] and fresh ginger root cultivated in Shizuoka Prefecture were examined. It was found that Japanese Zingiberis Rhizoma and fresh ginger root contained 6-gingerol (1), 6-dehydrogingerdione (6), and galanolactone (7) as major constituents, whereas 7 was not detected in imported Zingiberis Rhizoma and 6 was detected in Vietnamese Zingiberis Rhizoma. Furthermore, the contents of 1 and 7 in fresh ginger root decreased remarkably during the processing procedure for Zingiberis Rhizoma. In addition, anti-ulcer sesquiterpene constituents in seven kinds of Zingiberis Rhizoma were analyzed by means of gas liquid chromatography (GLC).
  • 八木下 和恵, 茂木 美保, 島谷 和恵, 八幡 三郎, 牛田 由佳, 梅田 誠, 石川 烈
    日本歯周病学会会誌
    2006年 48 巻 2 号 142-148
    発行日: 2006年
    公開日: 2006/10/17
    ジャーナル フリー
    本研究は,歯科衛生士による音波歯ブラシの使用法に対する口腔衛生指導の有効性について評価することを目的とした。被験者は住友商事 (株) および関連会社社員で,電動歯ブラシ,音波歯ブラシ等の使用方法について歯科の専門家による指導を受けたことのないボランティア24名 (男性12名,女性12名) を対象とした。歯科衛生士による口腔衛生指導を行う試験群,口腔衛生指導を行わない対照群に分け,音波歯ブラシ使用開始時および1週間後の口腔清掃時間とO’LearyのPlaque Control Record (PCR) の比較を行った。口腔清掃時間については試験群が対照群と比較し1週間後の清掃時間が長くなった。PCR値については試験群の指導前PCR値44.1%に対し,指導後1週間後では27.5%となり有意な改善が見られた (P<0.01) 。対照群のPCR値は音波歯ブラシ使用開始時の46.2%から使用1週間後では40.8%であり,有意差は見られなかった。また,各歯面別 (近心,遠心,頬側,舌側) では,試験群の近心が18.8% (指導前65.8%→指導後47.0%) ,遠心が24.9% (指導前61.7%→指導後36.8%) と指導前と指導後ではPCR値が有意に改善された。歯垢除去効果が高いとされている音波歯ブラシで,より効果的なプラークコントロールを行うには歯科衛生士による専門的な口腔清掃指導が不可欠であることが示された。
feedback
Top