詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "村本大輔"
18件中 1-18の結果を表示しています
  • 宮下 美恵, 佐藤 満雄, 斎藤 和也, 小林 孝光, 村本 大輔, 小濱 久美, 木下 智美, 村山 佳子, 土井 勝美
    AUDIOLOGY JAPAN
    2012年 55 巻 5 号 291-292
    発行日: 2012年
    公開日: 2013/12/05
    ジャーナル フリー
  • 土井 勝美, 村本 大輔, 長谷川 太郎, 太田 有美, 諏訪 圭子, 大崎 康宏, 藤本 揚子
    AUDIOLOGY JAPAN
    2010年 53 巻 5 号 383-384
    発行日: 2010年
    公開日: 2013/12/05
    ジャーナル フリー
  • 荒木 真美佳, 福喜多 晃平, 福家 智仁, 谷山 岳司, 山田 弘之
    耳鼻咽喉科臨床
    2011年 104 巻 7 号 523-529
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/07/01
    ジャーナル 認証あり
    We report a case of gas gangrene of the neck, a rare but life-threatening infection readily progressing to mediastinitis and damaging vital chest organs. A 80-year-old woman who had had a canine tooth extracted two days earlier developed left mandibular, neck, and chest gas gangrene. We conducted emergency surgical and antibiotic treatment with favorable results. Anaerobic Streptococcus milleri bacteria were identified in necrotic tissues. The woman has remained free of complications in the month since treatment underscoring the importance of early diagnosis, aggressive surgical drainage, and intravenous antibiotic administration in treating deep neck abscess.
  • 成尾 一彦, 細井 裕司, 笹井 久徳, 鎌倉 綾, 黒川 雅史, 宮原 裕
    耳鼻咽喉科臨床
    2009年 102 巻 2 号 145-152
    発行日: 2009年
    公開日: 2010/07/17
    ジャーナル 認証あり
    We encountered three cases of advanced deep neck abscess extending to the mediastinum. Delayed diagnosis and inadequate mediastinal drainage are the primary causes of a high mortality rate. In all three cases, there were delays in referral to the ENT department to diagnose the deep neck abscess extending to mediastinum because of chronic renal failure requiring hemodialysis, Alzheimer's disease and cerebral vascular dementia, respectively. Computed tomography was very useful to diagnose and analyze the infected compartments.
    After diagnosis, we underwent surgery as soon as possible with the cooperation of thoracic surgeons. To drain the mediastinum, we chose thoracoscopic drainage, mediastinoscopic drainage and conventional thoracotomy, respectively, according to the site of abscess and general condition of the patient. In all cases, immediate postoperative management was performed in the intensive care unit and postoperative progress was satisfactory. If deep neck abscess is suspected, adequate diagnosis and immediate surgical procedures are necessary.
  • 大迫 茂人, 佐野 光仁, 愛場 庸雅, 近藤 千雅, 北尻 雅則, 坂下 啓史, 東川 雅彦, 村本 大輔, 奥村 隆司, 坂本 平守, 浅井 英世
    小児耳鼻咽喉科
    2009年 30 巻 1 号 10-15
    発行日: 2009年
    公開日: 2012/11/20
    ジャーナル フリー
      大阪府における新生児聴覚スクリーニング後の精密聴力検査結果を過去 5 年間にわたり検討し,本事業の評価を試みた。
      対象児は聴覚スクリーニング後に要検査児として大阪府下の36精密聴力検査施行病院耳鼻咽喉科に紹介された新生児達である。
      調査項目は10項目であるが,今回は上記の目的に関係の深い 3 項目について検討した。
      精密聴力検査医療機関を受診した児数は平成14年度159名より年々増加し,平成18年度は372名と順調にのびていた。また,精密聴力検査を受けた児数も平成14年134名から増加し平成18年度は318名であった。
      その受診児に対する精密聴力検査の結果の中,難聴児の検出数とその率は平成14年度では63名47%であったがその後,年々増加し平成18年度では194名61%であった。他方,両側性高度難聴児の検出は平成18年度でも受診児中精密検査を受けた318例中29例であった。
      スクリーニング検査結果と精密聴力検査結果を比較して両検査結果が一致している割合は平成14年度の35.4%から年々上昇し平成18年度には63.5%と高まっていた。この事実から両検査施行者の検査技術の向上などがうかがわれる。
      上述調査の結果は耳鼻咽喉科の観点からみると大阪府における本事業は順調に歩んでいることを示す一面と考えられる。
  • 齋藤 和也, 寺尾 恭一, 村本 大輔, 森 一功, 村田 清高
    耳鼻と臨床
    2006年 52 巻 3Supplement2 号 S159-S163
    発行日: 2006/05/20
    公開日: 2013/05/10
    ジャーナル フリー
    気管再建に大胸筋皮弁が奏功した1症例を経験した。気管の再建には、欠損部の大きさによりそれぞれの方法を選択する必要があると考えた。しかし、施設により方針はさまざまであり絶対的な方法はないが、当科における現時点での方針につき述べた。
  • 植田 清文, 木村 雅友, 筑後 孝章, 土橋 千琴, 上杉 忠雄, 佐藤 隆夫
    日本臨床細胞学会雑誌
    2012年 51 巻 4 号 290-294
    発行日: 2012年
    公開日: 2012/10/09
    ジャーナル フリー
    背景 : アレルギー性真菌性鼻副鼻腔炎 (allergic fungal rhinosinusitis : AFRS) は真菌に対するアレルギー反応が原因とされる再発率の高い難治性鼻副鼻腔炎である. 本邦では AFRS の存在があまり認識されておらずまれな疾患と考えられている. 今回 AFRS を経験し副鼻腔内容物を材料とする塗抹細胞診が実施されたので報告する.
    症例 : 42 歳, 女性. 2 年前に左副鼻腔真菌症と診断され手術されたが完全な治癒にはいたらず, 今回その再発と考えられる真菌性汎副鼻腔炎となり内視鏡手術が施行された. 副鼻腔からピーナツバター様物質が採取されその組織標本に散在する菌糸を含むアレルギー性ムチンが確認された. その 1 週間後, 前頭洞から鼻腔内に漏出した同様の検体の塗抹標本で組織標本同様にアレルギー性ムチンがみられ少数の真菌が散在していた.
    結論 : 副鼻腔炎からの検体において細胞診での背景が粘液の場合, AFRS を念頭におき, アレルギー性ムチンを確認することが重要である. 細胞診標本は組織標本より厚みがあり, 菌を見出す確率が高く, また菌糸形態の観察に有用である.
  • 座長:加瀬 康弘, 本田 耕平
    日本耳鼻咽喉科学会会報
    2015年 118 巻 4 号 486-487
    発行日: 2015/04/20
    公開日: 2015/06/05
    ジャーナル フリー
  • 座長: 三邉 武幸, 横山 純吉
    日本耳鼻咽喉科学会会報
    2012年 115 巻 4 号 436-437
    発行日: 2012年
    公開日: 2013/04/20
    ジャーナル フリー
  • 森川 大樹, 瀬尾 徹, 速水 康介, 宮下 美恵, 村本 大輔, 磯野 道夫, 土井 勝美
    耳鼻咽喉科臨床
    2016年 109 巻 4 号 247-250
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/04/01
    ジャーナル 認証あり
    Inverted teeth in the nasal cavity are a rare clinical entity. We report herein on a case with resection via the endoscopic endonasal approach. A mass in the left nasal cavity was incidentally found in a 1-year-old boy at the local otolaryngologist, and the infant visited our department, suspected as having a nasal tumor. Anterior rhinoscopy indicated a peduncular lesion with partial calcification 3 mm behind the cutaneomucous transition site of the left nasal cavity. CT imaging indicated a mass with soft tissue density in the left nasal vestibule. We speculated an ectopic tooth or a teratoma including tooth tissue. We subsequently endoscopically removed the tumor via the endonasal approach under general anesthesia. The post-operative finding was an inverted ectopic tooth in the nasal cavity. Early diagnosis and treatment are required to prevent concomitant nasal symptoms.
  • 木村 忠司, 村本 大輔, 徳野 潔, 村田 清高
    耳鼻咽喉科臨床
    2005年 98 巻 6 号 477-482
    発行日: 2005/06/01
    公開日: 2011/10/07
    ジャーナル フリー
    Antrochoanal polyps arising in the maxillary sinus mucosa, are relatively common in children, and are thought to be caused by chronic maxillary sinusitis. To achieve a cure, the base of the polyp must not remain in the maxillary sinus, otherwise recurrence is likely. The Caldwell-Luc procedure was previously the standard technique for maxillary sinus surgery. It is associated, however, with postoperative complications such as maxillary mucocele and paraesthesia of the cheek. In paediatric patients, there are further concerns regarding impaired development of the maxilla or teeth. Functional endoscopic sinus surgery has therefore largely replaced the Caldwell-Luc procedure.
    At this institution, we have for some time used the endoscopic nasolacrimal duct inferior turbinate swing technique for maxillary sinus lesions associated with chronic sinusitis. With this technique, we strip the mucosa from the nasolacrimal duct and inferior meatus anteriorly, then detach it from the wall of the maxillary sinus. The mucosa is then cleared from the walls of the maxillary sinus, opening up the antrum. This procedure has the advantage of creating a relatively wide visual field via the nasal approach alone, and procedures within the maxillary sinus can then be readily performed. In this paper, we report 2 cases in which favourable results were achieved using this nasolacrimal duct inferior turbinate swing technique, along with a discussion of the literature.
  • 村下 秀和, 田中 秀峰, 米納 昌恵, 田渕 経司, 原 晃
    日本鼻科学会会誌
    2010年 49 巻 1 号 22-25
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/04/09
    ジャーナル フリー
    Antrochoanal polyps arise mostly from the maxillary sinus and are relatively common in children and young adults. The most important point during surgery for antrochoanal polyp is to remove it completely from its base. For this purpose, various techniques such as inferior meatal approach, endoscopic nasolacrimal duct inferior turbinate swing technique or canine fossa approach have been considered. The canine fossa approach is minimally invasive but risks trocar injury to infraorbital nerve branches. To avoid this, we use endoscopically guided canine fossa trephination. In some patients, nerve branches are clearly visible and a trephination site can be chosen that avoids these. Otherwise, anatomic landmarks least likely to risk injury to the nerve are the intersection of midpupillary line and a line through the nasal floor. In 10 subjects undergoing this approach, non experienced postoperative upper lip and/or tooth numbness or paresthesia. Endoscopically guided canine fossa trephination is thus useful in antrochoanal polyp removal due to fewer neurological complications than occur using a conventional approach.
  • 座長:志賀 清人, 鈴木 政美
    日本耳鼻咽喉科学会会報
    2015年 118 巻 4 号 487-489
    発行日: 2015/04/20
    公開日: 2015/06/05
    ジャーナル フリー
  • 有本 友季子, 工藤 典代, 仲野 敦子
    小児耳鼻咽喉科
    2007年 28 巻 1 号 58-63
    発行日: 2007年
    公開日: 2012/09/24
    ジャーナル フリー
    コルネリア・デ・ランゲ症候群は特異顔貌や重度精神遅滞などがみられる稀な先天性疾患であるが,高度難聴の合併もあり耳鼻咽喉科でも遭遇する疾患である。今回当科で経験した10症例の同症候群中,3例に鼻茸の合併を認めた。初診時年齢は8歳から11歳であり,高度の鼻閉,摂食障害,睡眠時呼吸障害などの鼻呼吸障害を呈していた。鼻茸は両側に存在し,うち一例は上顎洞性後鼻孔ポリープで,両側後鼻孔を閉塞する程増大していた。3例とも鼻用内視鏡を用いて鼻内手術(鼻茸切除)を行っても術後3カ月から4カ月という短期間で再発を繰り返し急速に増大している。他の小児鼻茸例とは術後経過が異なっており,本症候群は鼻茸の易発生性,易再発性,易増殖性を示す何らかの因子を内在している可能性があると考え報告した。
  • 座長:岩井 大, 梅野 博仁
    日本鼻科学会会誌
    2018年 57 巻 3 号 536-542
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/09/14
    ジャーナル フリー
  • 中谷 彩香, 前田 陽平, 端山 昌樹, 識名 崇, 小幡 翔, 武田 和也, 津田 武, 猪原 秀典
    日本耳鼻咽喉科学会会報
    2017年 120 巻 12 号 1457-1466
    発行日: 2017/12/20
    公開日: 2018/01/12
    ジャーナル フリー

     アレルギー性真菌性鼻副鼻腔炎 (AFRS) は真菌に対するアレルギー反応を本態とする, 再発率の高い難治性鼻副鼻腔炎である. これまでに欧米では多数報告されているが, 本邦ではいまだ報告が少ない.

     今回われわれは, 2011年4月から2016年12月までに大阪大学医学部附属病院耳鼻咽喉科・頭頸部外科を受診し, AFRS と診断した8症例の患者背景および治療内容・治療成績についての臨床的検討を行い, 本邦で過去に報告された AFRS29 症例との比較検討を行った. また, 術後治療として全身ステロイド投与の有効性が報告されており, 術後全身ステロイド投与の有無と再発率の関連についても検討した.

     結果, 当科の慢性副鼻腔炎手術症例の3.2%が AFRS であった. 過去の報告と当科症例を合算すると, 年齢の平均値は45歳で, 69.7%が片側性病変であり, Ⅰ型アレルギーを示した真菌としてはアスペルギルスが最多であった. CTにおける高吸収域は全例に認めた. MRI T2 強調像における無信号域は11例中9例で認め, CT とともに術前診断に有効と考えられた. 過去の報告においては骨破壊症例が多く, 日常診療における疾患の認知が不十分である可能性が考えられた. また, 今回の検討では術後ステロイド投与の有無で再発率に差を認めなかったが, 治療に関しては今後さらなる検討が必要と考えられた.

     AFRS は難治性疾患であり, 通常の慢性副鼻腔炎とは異なる取り扱いが必要である. 本疾患がさらに広く認知され,本邦における本疾患のさらなる研究の発展が期待される.

  • 日本耳鼻咽喉科学会会報
    2005年 108 巻 5Supplement 号 660-677
    発行日: 2005/05/20
    公開日: 2010/12/22
    ジャーナル フリー
  • 榊 優, 佐伯 忠彦, 松本 宗一, 渡辺 太志
    耳鼻咽喉科臨床
    2010年 103 巻 4 号 379-386
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/04/01
    ジャーナル 認証あり
    We reviewed 42 cases of deep neck abscess drained surgically or treated conservatively between February 2001 and August 2008, based on age, gender, primary focus, main symptom, abscess location, systemic disease, pathogenic bacteria, hospital treatment, hospitalization length, complications and long-term hospitalization.
    Of the 42, 26 were men and 16 women aged 14 to 80 (central age: 54.5 years). Abscess was caused most by tonsil inflammation (38.1%). Main symptom were sore throat (54.8%) and neck swelling (35.7%). Abscesses were found in the supra- and infrahyoid region in 30 cases and extended to the mediastinum in 2. Of the 42, 14 (33.3%) had hypertension and 11 (26.2%) diabetes mellitus (DM). Inflammation was due to aerobic bacteria (mainly Streptococcus milleri) in 23 cases (54.8%) and to anaerobic bacteria (mainly Peptostreptococcus) in 11 cases (26.2%).
    Flexible fiberscopic examination was important in evaluating pharyngeal and laryngeal mucosal disorders and enhanced computed tomography was useful in both diagnosis and postoperative observation. Of the 42, 38 required surgical drainage and 4 were cured using needle aspiration and antibiotics. Of the 38 undergoing surgery-tracheostomy was required in 22. Hospitalization for those with tracheostomy and DM was longer than in those without these factors. Complications included 2 cases each of, mediastinal abscess, sepsis, disseminated intravascular coagulation (DIC), acute renal failure, severe pneumonia, upper digestive tract bleeding and swallowing disorder.
    Early surgical drainage and intravenous antibiotic administration are thus essential for treating deep neck abscesses.
feedback
Top