詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "東城区" 北京市
22件中 1-20の結果を表示しています
  • 戴 維, 長谷川 直樹, 鈴木 博志
    都市計画論文集
    2010年 45.1 巻 14-20
    発行日: 2010/04/25
    公開日: 2017/01/01
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究では、北京市における住区基幹公園の法的制度や基準を整理するとともに、整備水準と利用者の特徴等を調査することにより、住区基幹公園の現状を明らかにし、整備にあたっての今後の課題を考察することを目的とする。その結果、北京市における住区基幹公園は、住宅地の形態により整備水準と整備方法が異なり、それにより整備水準の格差などが生じていることが把握できた。特に、北京市の住区基幹公園は、行政が整備する公園よりも民間の住宅地開発に伴う開発地区内の中心緑地が極めて多い状況を明らかにした。また、都心部における公園等の確保が極めて少ない状況及び住区基幹公園内に安全な運動・遊び場が確保できていない状況を明らかにし、今後の課題への提案ができた。
  • 喬 乗善, 鐘 杰夫
    耳鼻と臨床
    1998年 44 巻 4Supplement1 号 491-495
    発行日: 1998/09/20
    公開日: 2013/05/10
    ジャーナル フリー
    広大な北京市の東城区における空中花粉の年間における花粉植物科属、花粉飛散数量などを鑑別した。1. 花粉植物科属として松属、唐檜、雪松属、ヒノキ科、銀杏属、クルミ属、シタン属、コナラ属、ニレ属、マカンバ属、ハンノ木属、ポプラ属、柳属、トネリコ属、ヒイラギ科などが鑑別された。さらに胞子、不明なるものを未知とした。2. 年間を通して観察すると花粉播散数量からヒノキ科 (柏科cupressaceas) 931粒、次いでポプラ属 (楊、populus) 697粒、マカンバ属 (betula) 496粒、ニレ属 (ulmus) 425粒の順となる。3. 月別ではヒノキ科が4月に530粒で最も多く、トネリコ属 (fraxinus) 457粒、5月でマカンバ属の389粒となる。1、2、11、12月は季節別で最も少ない。
  • 東城区を事例として
    上野 和彦, 胡 佳蔭
    新地理
    2005年 52 巻 4 号 18-31
    発行日: 2005/03/25
    公開日: 2010/04/30
    ジャーナル フリー
    This paper aims to make clear changes in the relation between the township enterprises and the town, examining the economic and social role of the township enterprises in the town, in the case of Dongcheng District in Beijing City. The result can be summarized as follows:
    1. From planned economy to the initial stage of Reform and Opening, the township enterprises was united with local administration, and contributed greatly to town's economy and society through public finance, employment, and residents' service. However, economic system reform and change of locational environment for the township enterprises have reduced gradually their role in employment, administrative expenses and so forth.
    2. And the Local management organization reform “Separation of politics and economy” carried out from 1999 has separated local administration from the township enterprises, and their relation has disappeared in the eye of the law. The arrangement integration by the Collection object economy management centerof Dongcheng District, new management organization, and reform of Possession system tended to convert township enterprises to private companies, and resulted in disappearance of the relation between the enterprises and the town.
    3. However, some companies completely sever relations with the local society, namely the town and others maintain them in some way. The former are usually classified into manufacturing industry, the latter into commerce or service industry. Such situation is influenced by the locational environment in Dongcheng District and the “tertiary industry-oriented” policy of Beijing City based on it and by the industrial feature that commerce and service industry have close combination with residents' life.
  • 范 麗霞, 村尾 修
    日本建築学会技術報告集
    2011年 17 巻 36 号 681-686
    発行日: 2011/02/20
    公開日: 2011/06/20
    ジャーナル フリー
    On 12 May 2008, the severe earthquake struck Sichuan province in China, which claimed 69,226 lives and injured 374,643 people. Drawing a lesson from this extremely strong earthquake, also as an important respect of urban disaster prevention, the evacuation area construction was carried out in many places in China after the Wenchuan Earthquake. Based on the collection of latest construction information and a site survey about facilities and surroundings of existed evacuation area, this report introduces and analyzes the construction condition of emergency evacuation areas in central zone of Beijing. It also discusses on some problems found in the survey.
  • 徐 培〓, 斎藤 光格
    人文地理
    1994年 46 巻 6 号 642-657
    発行日: 1994/12/28
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
  • 王 飛雪, 中山 徹
    日本建築学会技術報告集
    2009年 15 巻 31 号 915-920
    発行日: 2009/10/20
    公開日: 2009/10/26
    ジャーナル フリー
    In this study from the viewpoint of urban planning, we analyzed the changes about the contents, by comparing “Master plan 2005” with “Master plan 1993”. Furthermore we made the differences clear concerning the contents and methods between “Detailed plan 1999” and “Detailed plan 2006”. Then we probed into them and worked out some viewpoints.
  • 鍾 淑玲
    イノベーション・マネジメント
    2019年 16 巻 79-101
    発行日: 2019/03/29
    公開日: 2020/03/31
    ジャーナル フリー HTML

    セブン‐イレブン中国(SEC)は2017年の1年間に中国市場において100店舗以上を新規出店し、中国市場においてテイクオフした可能性を示唆される。本稿では、SECが大量出店を実現した時点における「コンビニの事業システム」の現状を把握するため、3つの事業システムを構成する「フロントシステム」、「バックシステム」、「店舗運営システム」について、SECが直面した課題および対策方法を明らかにした。

    2004年以来、中国・北京のマクロ環境が大きく変化したことを背景に、SECは段階的に「フロントシステム」における革新と現地化を行い、高い平均日販を実現した。10年余り苦労した背景には出店数の伸び悩みがあったが、2017年のFC出店契約についての政策が改定され、店舗展開が容易になった。現在、SECが成長軌道に乗りつつある理由は、2017年の出店数の増加に伴う規模の経済と、これまでに築いた「フロントシステム」や「バックシステム」、「店舗運営システム」の相乗効果が発揮されるようなったからである。SECの「コンビニの事業システム」の特徴をみると、最も重視されている戦略は「フロントシステム」における革新と現地化であり、コンビニ国際化が成功する原動力になった。また、「バックシステム」の商品調達システムも品揃えなどと連動しているため、2012年にパートナーの現地誘致や資金投資が行われた。一方、技術重視の商品供給システムでは現地企業が採用された。

  • 鈴木 真
    エル・エス・ティ学会誌
    1995年 7 巻 4 号 27-36
    発行日: 1995/12/10
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
    去る1995年3月,国際交流部会では中国の上海及び北京へ視察団を派遣し,中日シンポジウム開催の打ち合わせと,併せて高齢者福祉の状況の視察調査を行った。紙面を借りて,その調査結果を報告する。なお,現状に関する内容は調査当時のものであること,言葉の問題から細部に不十分な点もあることをご了承いただきたい。
  • 何 晨
    E-journal GEO
    2019年 14 巻 2 号 364-377
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/11/27
    ジャーナル フリー

    本研究の目的は,北京市の什刹海歴史文化保護区を事例に,北京オリンピック開催後における観光空間の変容を,観光主体(観光客),観光客体(観光資源,観光施設),観光政策(観光に関連した政策),および外部環境(社会・経済環境)の視点から明らかにすることにある.什刹海は北京市の重要な水辺空間であり,かつ湖岸に伝統的な四合院や胡同が連なる風光明媚な地域である.当該地域は,2002年に「北京旧城25片歴史文化保護区」の一つに指定された.また, 国際オリンピック委員会が2008年夏季オリンピックの北京市での開催を決定した2001年以降,什刹海地区では地方出身の若年層によるバーなど店舗の開業が相次ぎ,北京を代表する観光空間の一つへと成長した.

    しかし,オリンピックが閉幕した2008年以降,地価の高騰や観光開発に対する規制の強化,競合地域の増加といった外部環境の影響により,什刹海の観光空間は大きく変容している.本研究では,2008年以降における什刹海の変化とその要因を実証的に明らかにした.

  • 銭 強, 清水 裕之, 溝口 正人, 野々垣 篤, 渡辺 日奈子, 大月 淳
    日本建築学会計画系論文集
    1998年 63 巻 505 号 105-112
    発行日: 1998/03/30
    公開日: 2017/02/02
    ジャーナル フリー
    The aim of this study is to understand the relationship between sites of theatres and urban form under the socialist system. We analysed the sites and distribution of 251 theatres in Peiking and Shianghai according to the investigating and hearing. We realized the following items: 1) From a visual point of urban form, theatres have three types which are (1) the theatres in the street, (2) the halls in the area of working groups and (3) the theatres in the housing estates. 2) Now many problems have been appearing about the theatres and halls of (2) and (3).
  • 自薦候補と共産党のコントロール
    中岡 まり
    アジア研究
    2011年 57 巻 2 号 1-18
    発行日: 2011/04/30
    公開日: 2014/09/15
    ジャーナル フリー
    Elections have performed a regime-legitimizing function for the Chinese Communist Party(CCP). Under CCP control, the electorate has been unilaterally forced to support the CCP, as questioning the content of the values of communism that the CCP sought has not been permitted. In recent years, however, the electorate has grown increasingly dissatisfied with the lack of values. For the continuing strengthening of its regime, the CCP has had to allow elections to serve to articulate interests. The greatest issue for the CCP is to what degree to allow the interests articulated and values expressed by citizens because either limiting them too much and permitting them too much could shake the existing regime.
    The direct election of Local People’s Congress delegates in Beijing in 2003 saw the entry of many independent candidates who aimed to be elected outside the influence of the CCP. This paper examines the career histories, motivations, and election campaigns of the independent candidates as well as the response of the CCP organization. The research reveals the following points regarding the limits of CCP permission on the proposal of values in the election process and the significance of those limits.
    The motivation of many independent candidates was not articulation of interests but participation in politics; however, the independent candidates who won were in the end charged with the articulation of interests as a result of their election. They told the electorate that there were options in terms of values. However, none of the independent candidates elected took an adversarial stance in relation to the CCP, and the value options that they presented were always within the range permitted by the CCP.
    The top echelon of the CCP seeks to incorporate a new conciliatory class in the CCP organization based on the policy of ‘improving the composition of delegates’ through elections. On the other hand, the response of CCP grassroots organizations reveals the imposition of the following three limits on the presentation of values. First, the presentation of values may not infringe on the power of the election management authorities in election operation. Second, the election campaigns of independent candidates may not have wide-ranging impact. Third, the values presented may not include criticism of the CCP.
    In the future, how the criteria for presenting values change needs to be examined as an issue related to the legitimacy of the CCP regime.
  • 桂 棽棽, 伊藤 亮司, 青柳 斉
    農業市場研究
    2014年 22 巻 4 号 12-22
    発行日: 2014/03/31
    公開日: 2020/06/22
    ジャーナル フリー
    This paper clarifies the following points regarding development of catering service enterprises in China. First, the events of the Beijing 2008 Olympic Games and Shanghai World Expo had an effect on increasing restaurant enterprises, their employees and catering-related revenue. Second, while the growth of the catering service industry is recently slowing somewhat, on the contrary, the fast-food industry has been continuingly growing. Related to this, compared with dinner restaurant enterprises, the earnings rate of fast-food restaurants is high. That is a result of efficiency of the store operation. Third, according to the survey of a number of restaurants in Beijing city reported on herein, the ingredient pricing for menu items, together with labor costs and rent fees has been increasing dramatically, making necessary raising menu prices in the restaurants. However, while this increase in menu prices results in increased revenue, this is still below the rises in labor and rent costs. Therefore, the management of catering service enterprises seems to be changing for worse recently.
  • 北京と東京の比較分析から
    吉田 友彦, 渡辺 俊
    都市計画論文集
    2009年 44.3 巻 685-690
    発行日: 2009/10/25
    公開日: 2017/01/01
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究は、東京と北京の比較分析を通して、中国の持ち家取得層の特徴を明らかにすることを目的としている。中国には1950年代と1960年代、および1980年代後半にベビーブームがあったとされている。本研究から得られた知見は以下の通りである。すなわち、現在の北京で住宅を取得している層の代表的な世帯類型は「若年単身」、「若年夫婦のみ世帯」、および「夫婦と子1人世帯」等である。1世帯あたりの世帯人員数は東京よりも少なくなっており、小世帯による住宅取得言える。彼らは1960年代のベビーブームとそれよりも若干若い世代からなる。1984年以降の一人っ子政策により、2005年時点における20歳以下の世代が極端に少ない北京では、日本で発生した「負の需要」のような現象が、早くて2015年、遅くとも2015年頃から始まるのではないかと思われる。
  • 串田 一樹, 李 紅捷, 曽 萍
    薬学図書館
    1992年 37 巻 4 号 283-287
    発行日: 1992/10/31
    公開日: 2011/09/21
    ジャーナル フリー
  • 銭 威, 岡崎 篤行
    日本建築学会計画系論文集
    2008年 73 巻 627 号 1007-1013
    発行日: 2008/05/30
    公開日: 2009/02/25
    ジャーナル フリー
    This research takes one of the most important Chinese cultural city and the Chinese capital, Beijing, as an object of study. We grasped the formation process of the historical environment conservation system and made clear it's present structure. From the development of the conservation system on regulation, planning and projects, we divided the formation process into five periods and grasped the special feature of every period. Especially, we analyzed the problems of the conservation system on historical cultural city, conservation districts, historical relics and architectures that have certain degree of historical values. Finally, the relationship of governments, citizens and specialists was made clear.
  • 劉 晨, 王 勤学, 一ノ瀬 俊明, 大坪 国順
    システム農学
    2005年 21 巻 1 号 33-46
    発行日: 2005/04/10
    公開日: 2016/09/30
    ジャーナル フリー
    本研究では人口移動の全体像を把握するための最初の一歩として、現時点で唯一利用可能となる1990人口センサスの1%オリジナルデータに基づき、市場経済導入初期の1985-1990年における人口移動について、県レベルでの空間分布及び要因分析を行った。その結果、以下の事実が明らかとなった。①高い経済発展を遂げた直轄市の市区、各省の省都や改革・開放が進んだ珠江デルタ地域が周辺農村地域の人口を吸収していた、②省内移動は省間移動より多く、総移動者数の7割弱を占めた。省内移動の目的地は主に各省の省都、大都市、改革・開放が進んだ地域、鉱区などであり、省間移動の目的地は主に北京市、天津市、上海市の市区及び付近地域、珠江デルタ地域であった、③非戸籍移動(戸籍を移さない転居)者数は戸籍移動(戸籍の移動を伴う転居)者数より少ないものの、移動者数の半数弱を占めた。非戸籍移動の約8割は農村部からの転出であったが、戸籍移動の約半数は都市部からの転出であった。戸籍移動者の約7割は大学や専門学校へ進学する学生や上級行政単位への転勤者、就職者及びその親族の随伴移動であったが、非戸籍移動者の半数は出稼ぎのため、経済発展の高い地域、あるいは経済発展見込みの高い地域で紡織業や加工業などの工業に従事する者であった、④統計解析の結果は、諸社会・経済指標のうち地域の経済規模が総流入数と最も高い相関を示しており、経済力が人々を引き付ける最も重要な要因となっていた。また、省間戸籍移動は経済規模と、省間非戸籍移動は経済規模の他に海外投資と、省内非戸籍移動は生活水準及び産業の構成と有意な相関があった、⑤全国の県に対して流入数と県内GDPの回帰分析を行い、中国全県に対する流入数を推測する式を提案した。
  • 〓 奕, 布野 修司, 重村 力
    日本建築学会計画系論文集
    2000年 65 巻 536 号 163-170
    発行日: 2000/10/30
    公開日: 2017/02/03
    ジャーナル フリー
    Qianlong Jingcheng Quantu, the the oldest map of Beijing in the Qianlong period (1750), pictures the various institutional facilities and Beijing-courtyard houses called Siheyuan in the Inner City of Beijing. The street block which form the whole plan of Beijing are different district though they are considered to follow the strict grid pattern. The Beijing is compose of almost infinite Siheyuan and Siheyuan-type facilities. The type of Siheyuan relates to the block division and subdivision system in larger scheme. Firstly, this paper distinguishes the chronological order of street patterns based on the analysis of maps and literature, and then considers the connection of the courtyard type and its related site. In addition, this research discusses transformation process of the Beijin-courtyard residences, with following analysis on courtyard subdivision development. This paper aims to illustrate the historical formation and transformation of physical residential environment of Beijing, and to propose a guide to the historic architectural-and environmental conservation.
  • 〓 奕, 布野 修司
    日本建築学会計画系論文集
    1999年 64 巻 526 号 175-183
    発行日: 1999/12/30
    公開日: 2017/02/03
    ジャーナル フリー
    Beijing as a paradigm of grid pattern planning is the latest capital city of China and has strong relevance in the form of the traditional Chinese cities. This paper is based on the studies on one of the historical residential district Cao-yang-men of the old inner city which mainly focus on the historical process of the transformation of the street (Hutong) blocks. We compare the historical maps to check the changes of names and locations of Hutongs, and also make a field survey of the distribution of different facilities and present state of the area to explain the transformation of the traditional Hutongs. This paper discusses the block model and steps of block division.
  • 楠山 研
    教育制度学研究
    2002年 2002 巻 9 号 145-157
    発行日: 2002年
    公開日: 2020/04/24
    ジャーナル フリー
  • 曹 偉琴
    社会言語科学
    2009年 11 巻 2 号 39-54
    発行日: 2009/02/28
    公開日: 2017/05/01
    ジャーナル フリー
    本稿では,まず中国の明清時代と現代の胡同名の命名の特徴を分析し,次に,民国時代と文革期及び1990年代以降の改称の特徴を分析した.その結果,胡同名の命名は,どの時代も地物・人物・市場等の表示性の顕著な地名が優勢になり,「表示性重視型」命名法の特徴が現れていると指摘できる.そして,胡同名の改称は,(1)民国時代には,多くの俗称的な地名が表示性の乏しい嘉称・好字地名に改称されていること,(2)文革期には,坂や寺院等の表示性の高い地名が消失し,共産党の歴史や思想等を反映する地名に改称されていること,(3)1990年代以降も,異称化名称の多くが表意性の高い地名に改称されていること,が判明した.このことから,胡同名の改称には,「表意性重視型」命名法の特徴が現れていると指摘できる.また,胡同名の現況は,都市開発により,胡同とともに胡同名が消失するという問題があるが,政府も,改造された住居区や道路等に伝統的な地名を伝承して命名するなどの対策を講じ,市民も胡同名の保存・保護に取り組むようになっている.しかし,現状を見る限り,多くの胡同名が消える一方で,拝金主義的な「金」「銀」の文字の付く地名や流行を追う外来語の名称等が増え,北京住民の地域的,社会的,個人的アイデンティティを脅かしている.今後,北京の胡同名を保存し,住民のアイデンティティを守るための対策が急がれる.
feedback
Top