詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "極右"
856件中 1-20の結果を表示しています
  • 上村 博
    美学
    1997年 48 巻 2 号 75-
    発行日: 1997/09/30
    公開日: 2017/05/22
    ジャーナル フリー
  • 古賀 光生
    年報政治学
    2009年 60 巻 2 号 2_246-2_268
    発行日: 2009年
    公開日: 2013/02/07
    ジャーナル フリー
      Clientelism affects strategies of extreme right-wing parties (ERPs) in Western Europe. In 1990s, more and more people criticized clientelisitic exchanges than before. Some ERPs could find ‘niche’ in electoral market where voters who disliked mainstream parties because of clientelism existed. But how ERPs mobilized was very different between parties. This article compares electoral market in three European countries where clientelism widely spread and analyzes how clietelism affected ERPs’ strategies. In Belgium, clietelism had endurance in spite of critics. In Italy, clientelism so suddenly broke down, that ERPs must change their strategies. In Austria, mainstream parties gradually privatized nation-owned industries which were major resources of clientelism. These differences influenced electoral market which ERPs could get into. With this comparison, we can see how ERPs adjust themselves to the ‘niche’ in electoral market, and why some parties like Austrian Freedom Party (FPÖ) could formed the electoral coalition between “modernization losers” and “social climbers”.
  • 古賀 光生
    日本比較政治学会年報
    2008年 10 巻 171-190
    発行日: 2008/09/30
    公開日: 2010/09/09
    ジャーナル フリー
  • 青木 茂
    日本耳鼻咽喉科学会会報
    1960年 63 巻 3 号 765-777
    発行日: 1960/03/20
    公開日: 2008/12/16
    ジャーナル フリー
    The heads of three leghorns were stimulated galvanically (4m A. 8V.) for five minutes in two opposite directions passing through both external auditory meati every day for two weeks. The labyrinthine reflexes observed during and after galvanization showed marked changes at the end of two weeks as compared with those prior to the start of stimulation, as follows:
    1. The head which had deviated toward the side of anode during galvanization at the beginning, became to deviate in the opposite direction i.e. to the side of cathode at the end of two weeks.
    2. Galvanic nystagmus. and especially after-galvanic nystagmus decreased in number of jerks as the day of stimulation went on.
    3. Ataxia during and after galvanization decreased with days of stimulation and almost disappe-ared at the end of two weeks.
    4. It is very interesting that leghorns which had been stimulated solely with galvanic current for two weeks showed "kinetic labyrinthine reflex" at the first Barany rotation, i.e. deviation of the head during rotation in the direction of rotation after normal deviation, . the reflex previously reported by Fukuda as a functional development of labyrinthine reflex with rotatory training.
  • 渡邊 啓貴
    国際政治
    1998年 1998 巻 118 号 205-208
    発行日: 1998/05/08
    公開日: 2010/09/01
    ジャーナル フリー
  • 森 千香子
    日本中東学会年報
    2004年 20 巻 2 号 323-351
    発行日: 2005/03/31
    公開日: 2018/03/30
    ジャーナル フリー
    The <<fear of Islam>> is not a new subject in France : this country's geographic location, in permanent contact with the Arab Islamic world, always brought complex relations, both close and strained, with the Islamic world. A combination of different reasons has led to the present situation : ancient history (France is a catholic nation, particularly active during the Crusade), recent history (the Iranian revolution, increasing number of <<fundamentalist's terrorist acts>> in Algeria, the September 11 attacks...), and France's sociological situation itself (with an important Muslim community). However, since several years, a sort of mutation has been taking place in Islam's representation, while the number of anti-Muslim acts is on the rise. What does this mutation consist of? What is exactly the <<new anti-Muslim phenomenon>> in French society? To answer these questions, we analyze the new anti-Islam discourses and focus on its promoters, in order to grasp the crucial issues and the underlying ideas of this phenomenon in French socio-political context. First of all, this paper will outline some of the principal characteristics of Islamophobia in France, especially the relations between ultranationalist xenophobia and current Islamophobia. Then, new forms of critical discourses towards Islam are to be studied and their relations with new Islamophobia's logics. The objective of this paper is to analyze if the latest outbreak of anti-Islamic attacks is only a variation of <<traditional>> anti-Arab racism, or if current Islamophobia presents, on the contrary, some new peculiarities, partly or entirely distinct from traditional xenophobia. Our analysis will clarify two points : first, ultranationalist racist ideology plays a nonnegligible part in the contemporary Islamophobia. This point of view, systematically amalgamating <<terrorists>>, <<fundamentalists>>, <<Muslims>> and <<immigrants>>, consists in considering the Islam as a <<potential threat>> to the French nation and, on the basis of an essentialist ideology, in excluding Islam from the phantasmagoric fabrication of a so-called <<French identity>>. Secondly, the present-day Islamophobia is nevertheless clearly irreducible to the ultranationalist anti-Arab racism : <<criticism of Islamic fundamentalists>> by several actors (experts of <<New anti-Semitism by Muslims>>, defenders of <<universal values>> or even <<Moderate Muslims>>), also exercises sometimes-in its own ways- some vicious influences on the reinforcement of anti-Muslim stereotypes, potentially leading to some latent legitimatization of its overstepped forms.
  • 関根 政美
    社会学評論
    2005年 56 巻 2 号 329-346
    発行日: 2005/09/30
    公開日: 2009/10/19
    ジャーナル フリー
    現在, 経済グローバリゼーションを促進する「新自由主義経済イデオロギー」が国境の開放・自由化を求めている.他方で, 国民国家政府は, 人の自由な移動を厳しく制限・管理しようとしている.本稿ではこれを「移民 (入国管理) 政策のジレンマ」として考察する.そのためまず, 近代の人口移動のグローバリゼーションの歴史を探り, 次に, 入国管理規制の変遷について概観し, 最後に, 近年先進諸国では新自由主義経済イデオロギーのもとで移民制度の整備と入国管理規制強化が進められ, 管理能力を一段と高めていることを明らかにする.
    その影響としてまず第1に, 下積み職種労働者・家族呼寄せ移民の入国が困難になり, 逆説的な結果として, 難民申請者や非合法入国者が増大していることを明らかにする.また第2に, 非合法滞在者・外国人犯罪増加による社会的不安が先進諸国に醸成されるとともに, 戦後の大量移民が先進諸国の多文化社会化を促進した結果生まれた「文化戦争」状況を, 極右政党の台頭を例にみる.最後に, こうした社会・文化変動のなかで「多文化主義」の変容が進み, 新自由主義経済イデオロギーにより合致した移民政策と多文化主義が登場し, 社会的弱者の多い移民・難民は, 一度は人道主義観点から入国を許可され社会に包摂されるが, 結果的には, 社会的に排除・周辺化される傾向にあることを指摘する.
  • 竹岡 敬温
    経済史研究
    2006年 10 巻 237-245
    発行日: 2006/12/20
    公開日: 2018/12/01
    ジャーナル オープンアクセス
  • 森川 俊夫
    ドイツ文學
    1969年 42 巻 106-107
    発行日: 1969/03/31
    公開日: 2008/03/28
    ジャーナル フリー
  • 南 徳次
    耳鼻咽喉科臨床
    1930年 24 巻 1 号 44-57_2
    発行日: 1930/03/10
    公開日: 2011/10/14
    ジャーナル フリー
    The author finds a kind of the spontaneous nystagmus after the galvanic nystagmus, which occurs by the stimulation of ear usually, owing to few observation about this kind of the spontaneous nystagmus, the author examined it preciously, and obtained that: 1. In its characters, this nystagmus is similar to that which appears after removal of a labyrinth; 2. this phaenomene is caused by irritation of the peripheral organ, but not from the central course of the vestibular nerve.
  • 関根 政美
    社会学評論
    2016年 67 巻 4 号 502-503
    発行日: 2016年
    公開日: 2018/03/31
    ジャーナル フリー
  • 阿部 るり
    マス・コミュニケーション研究
    1997年 51 巻 104-121,263
    発行日: 1997/07/31
    公開日: 2017/10/06
    ジャーナル フリー
    Since the end of the Cold War, Germany has enteren into an age of unstable conditions concerning their collective ethnic identity. Although Germany has been known for its de-facto multiethnic society, racism has been having an increasing impact on society, especially in the 90's. This study examines the representation of'Auslander' in the German mass media based on the framework of Van Dijk's dicourse analysis. It shows the media's responsibility in causing 'new racism' as one of the social factors in society. The newspapers Frankfurter Allgemeine, Suddeutsche Zeitung and Bild are analysed.
  • 金 明秀
    フォーラム現代社会学
    2015年 14 巻 36-53
    発行日: 2015/06/25
    公開日: 2017/09/22
    ジャーナル フリー
    近年、日本でもマイノリティへのヘイトスピーチなどを特徴とする極右運動が問題視されるようになったが、それを下支えする社会的態度だと考えられている排外主義について、計量的なアプローチを用いて規定要因を探索的に特定することが本稿の目的である。データは2012年に「外国人集住都市会議」に加盟する自治体の有権者を対象に郵送法によって実施された調査である。分析モデルを構築するにあたっては、多数の態度概念を媒介させることで、社会構造上の位置をあらわす変数と従属変数の共変関係の「意味」を精緻に特定する社会意識論のフレームを用いた。分析の結果、次の3点が明らかになった。すなわち、(1)排外主義の形成に直接作用する社会構造変数はみられず、社会意識が媒介するかたちで排外主義が変動する、(2)排外主義を直接的に押し上げる最大の要因は同化主義である。同化主義は年齢が高いほど強い、(3)排外主義を直接的に抑制する要因は一般的信頼である。一般的信頼は社会的ネットワークの幅が広いほど高く、社会的ネットワークの幅は教育達成が高いほど広い。以上の発見に基づいて、社会全体の統合や秩序を毀損する排外主義を抑制するためには、「多文化関係資源」とでも呼びうる希少資源が重要であること、また、「多文化関係資源」の価値を再評価し、資源を再生産するシステマティックな取り組みが必要であることを論じた。
  • 廣澤 全紀, 網本 和, 砂田 瑞季, 山本 純一郎, 小森 智子, 髙城 翔太, 松島 栞
    理学療法学Supplement
    2015年 2014 巻 P1-A-0265
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/04/30
    会議録・要旨集 フリー
    【はじめに,目的】Karnathら(2000)は,脳卒中患者における健側肢が接触面を押して患側方向に倒れ込むpusher現象が,主観的身体垂直(以下,SPV)と主観的視覚垂直(SVV)の乖離により生じるとした。また,直流前庭電気刺激(以下,GVS)は,経頭蓋直流電気刺激(tDCS)機を使用し,両側の乳様突起間から微弱な直流電流を通電し,前庭器官を刺激する電気刺激法である。先行研究では,GVSにより側方・回旋方向への自己動揺感覚が生じるとされており,GVSがSPVに与える影響が示唆されているが,定量的な検討はなされていない。仮に,GVSによってSPVが偏倚することが明らかとなれば,SPVを意図的に偏倚させ,垂直認知の偏倚に起因するpusher現象を代表とする姿勢定位障害患者の姿勢を操作する可能性がある。上述したGVSの臨床応用の可能性の基盤として,本研究では健常者へのGVSがSPVに及ぼす影響について,簡易型身体垂直測定装置を用いて定量的に検討することを目的とする。【方法】対象は健常成人8名(男性3名,女性5名,25±1.8歳)とした。電気刺激にはDC-STIMULATOR(neuroConn GmbH製)を使用した。臨床神経生理学会の脳刺激法に関する委員会が示した,経頭蓋直流電気刺激の安全性についての指針に準じ,GVSの刺激強度は1.5mA,刺激時間は20分間とした。左乳様突起に陰極電極,右乳様突起に陽極電極を貼付する方法(以下,L-GVS),左に陽極電極,右に陰極電極を貼付する方法(以下,R-GVS)との2条件を2日間に分けて実施した。左右どちらの極性を先行させるかは,各対象者に無作為に割り付け,1日目と2日目の測定はそれぞれ極性が異なるGVSを実施した。1日目の測定から2日目の測定は,2日以上7日以内の間隔で実施した。SPV値を刺激前(Baseline)に測定してから,閉眼の安静端座位にてGVSを20分間実施した。その後,刺激終了直後,10分後,20分後に同様の手順でSPV値を測定した。統計処理は,BaselineにおけるSPV値の平均値についてWilcoxonの符号付順位検定を用いて差の検定を行った。また,GVS後の計3回のSPV値の平均値について,Baselineの平均値を1として変化率を求め,Wilcoxonの符号付順位検定を用いて差の検定を行った。すべて有意水準は5%とした。【結果】BaselineのSPV値はL-GVSにおいて0.29±1.37°,R-GVSにおいて0.08±0.97°となり有意な差は認められなかった。GVS実施から20分後のSPV値の変化率に有意な差が認められた(p<0.05)。L-GVSでは前額面上で反時計周りへ13.6%,R-GVSでは時計周りへ17.4%の変化率であった。また,GVS実施直後,10分後の変化率に有意な差は認められなかった。【考察】先行研究では,陽極側に身体の自己動揺感覚が生じるとされている。本研究においても,GVSによって陽極側の前庭器が刺激され陽極側への身体の動揺感覚が生じたことにより,測定時には陽極側へ偏倚したSPVを鉛直に近づけようとした結果,SPV値は陰極側へ有意に偏倚したと考える。また,20分後の変化率に有意な差が認められた点について,先行研究では半側空間無視患者へのGVSは,星末梢試験や線分二等分試験の結果を即時的かつ1日から数日間に渡って持続的に改善するとの報告がある。同様に,SPVにおいてもGVSによる効果が持続した可能性があるかもしれない。また,本研究におけるSPVの測定の特性上,複数回測定を行うことで精度が向上し誤差が小さくなったことで,GVSによる効果が検定結果として出現したとも推察できるが今後の検討課題である。【理学療法学研究としての意義】GVSは刺激強度の調整が可能であり,副作用の少ない前庭刺激法であるとされている。また,機器は小さく持ち運びが可能であり,運動療法や机上課題での併用など応用範囲は広いと考える。本研究は,GVSがSPVへ及ぼす影響について検討した初めての研究であり,今後のGVSのリハビリテーションへの応用に向けての手がかりになると考える。
  • 西平 重喜
    選挙研究
    1993年 8 巻 146-151
    発行日: 1993/05/30
    公開日: 2009/01/22
    ジャーナル フリー
  • 立木 翔太, 佐々木 亮樹, 中川 昌樹, 宮口 翔太, 小島 翔, 齊藤 慧, 犬飼 康人, 正木 光裕, 大鶴 直史, 大西 秀明
    理学療法学Supplement
    2017年 2016 巻 P-KS-06-3
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/04/24
    会議録・要旨集 フリー

    【はじめに,目的】

    経頭蓋直流電流刺激(tDCS)は,大脳皮質の興奮性を変調させることが可能な非侵襲的脳刺激法の一つである(Nitsche, et al., 2000)。また,末梢神経電気刺激も皮質の興奮性を変化させることが可能である。Ziemannら(2004)は,皮質の興奮性が低下している際には,その後に皮質の興奮性が高まりやすい状態となることを報告している。そのため我々は,皮質興奮性を低下させる陰極tDCSを行った後に,皮質興奮性を高めるPESを行うことで,皮質脊髄路の興奮性がより増大するのではないかと考えた。そこで,本研究では陰極tDCS後のPESが皮質脊髄路興奮性に与える影響について明らかにすることを目的とした。

    【方法】

    対象は健常成人8名であった。皮質脊髄路の興奮性評価には,経頭蓋磁気刺激によって誘発される運動誘発電位(MEP)を使用した。刺激部位は左一次運動野(M1)手指領域とし,右第一背側骨間筋からMEPを導出した。磁気刺激の強度は,介入前に約1 mVのMEP振幅値を導出する強度とした。MEPは介入前の2区間(pre1,pre2)と,介入終了直後から20分後まで5分毎に各15回計測した(post0,post5,post10,post15,post20)。介入は陰極tDCS(c-tDCS)のみの条件,PESのみの条件,c-tDCS終了直後にPES(c-tDCS+PES)を行う条件の合計3条件を設定した。c-tDCSは左M1に陰極電極,右眼窩上に陽極電極を貼付し,1 mAで10分間実施した。PESは右尺骨神経に対して刺激頻度を30 Hz,強度を110%運動閾値,4秒on 6秒offのduty cycleで実施した。解析対象は,MEP振幅値とし,各区間で得られたMEP振幅の加算平均値を算出し,pre1を基準としてMEP ratioを求めた。統計解析には,反復測定二元配置分散分析を用い,事後検定にはFisher's LSD法を用いた。有意水準は5%とした。

    【結果】

    MEP ratioにおいて,時間の主効果(F=2.99,p=0.02)と交互作用(F=2.25,p=0.02が認められた。c-tDCS条件ではpre(104.7±7.8%)と比較してpost0(50.4±0.11%),post5(76.2±13.6%)でMEPの有意な低下を認めた。また,PES条件ではpre(90.6±6.2%)と比較しpost5(122.7±16.0%),post10(131.3±20.9%),post15(122.6±11.6%)でMEPの有意な増大を認めた。一方,c-tDCS+PES条件では,MEPの有意な変化を認めなかった。

    【結論】

    陰極tDCS直後のPES介入は,皮質脊髄路の興奮性を増大させないことが明らかになった。

  • 石原 健司
    高次脳機能研究 (旧 失語症研究)
    2016年 36 巻 1 号 73-75
    発行日: 2016/03/31
    公開日: 2017/04/03
    ジャーナル フリー
  • 佐藤 紀子
    東欧史研究
    1978年 1 巻 190-202
    発行日: 1978年
    公開日: 2017/09/28
    ジャーナル オープンアクセス
  • 小野 義典
    法政論叢
    2018年 54 巻 1 号 177-
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/07/14
    ジャーナル フリー
  • 宮川 真一
    ロシア・東欧学会年報
    1999年 1999 巻 28 号 92-99
    発行日: 1999年
    公開日: 2010/05/31
    ジャーナル フリー
feedback
Top