詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "池尻町"
30件中 1-20の結果を表示しています
  • 日本農芸化学会誌
    1939年 15 巻 12 号 80Bb
    発行日: 1939年
    公開日: 2008/11/21
    ジャーナル フリー
  • 日本農芸化学会誌
    1939年 15 巻 12 号 80Ba
    発行日: 1939年
    公開日: 2008/11/21
    ジャーナル フリー
  • 賀陽 徹生
    農産加工技術研究會誌
    1958年 5 巻 3 号 143-144
    発行日: 1958/06/20
    公開日: 2009/04/21
    ジャーナル フリー
  • 丹羽 誠一
    日本機械学会誌
    1960年 63 巻 497 号 941-942
    発行日: 1960/06/05
    公開日: 2017/06/21
    解説誌・一般情報誌 認証あり
  • 藤尾 秀治, 日吉 明, 浅利 喬泰, 住江 金之
    日本食品工業学会誌
    1968年 15 巻 10 号 471-473
    発行日: 1968/10/15
    公開日: 2010/01/20
    ジャーナル フリー
    (1) FD食品のコーティングによる酸化防止法について,試料の保存中における酸化の動向と復元性の面から,その効果を検討した。
    (2) グルコース,澱粉などコーティング液の濃度は復元性を考慮すると2%付近が適当であった。また,コーティング溶液はアルコールより水のほうが酸化を抑制した。
    (3) コーティング材はグルコースがもっとも効果があり,無処理の場合と比較すると著しく酸化を抑制した。
    (4) 本方法では,コーティング後,再度FDする必要があった。
  • 大畑 進, 日吉 明, 桜井 弘, 浅利 喬泰, 住江 金之
    日本食品工業学会誌
    1967年 14 巻 6 号 244-246
    発行日: 1967/06/15
    公開日: 2009/04/21
    ジャーナル フリー
    (1) 凍乾工程においてバックフラッシュに使用するガスの吸着現象を検討した。凍乾マグロを用いガス吸着測定装置で20℃における測定結果は酸素がもっとも多く,窒素,空気の順で1~4mg/試料1gであった。
    (2) 大豆油を試料とし,空気と窒素ガスでそれぞれバックフラッシュした結果,大豆油中の溶存酸素量はかなり変化し,その後の保存中における酸化に影響を与えた。
    (3) マグロを凍乾しバックフラッシュと保存雰囲気にそれぞれ窒素と空気を用いて保存した結果,両操作とも不活性ガスの使用が油脂の酸化防止に効果があることを認めた。
  • 中城 忠彦, 久保 宏
    材料
    1964年 13 巻 134 号 875-879
    発行日: 1964/11/15
    公開日: 2009/06/03
    ジャーナル フリー
    Considerable cavitation erosion has recently been observed in high-speed boats of a certain class on their propellers after a continuous high speed operation of only several hours.
    Such cavitation erosion occurred within a small area of the propeller-blade roots.
    The present study has been made with the object of finding effective means for the prevention of the cavitation erosion.
    High Mn-Al bronze and high Ni-Al bronze propellers were prepared for this study. The high-speed boat was equipped with two propellers, and was operated for 4 hours at the rate of over 30 knots per hour.
    The results obtained are as follows:
    (1) It is confirmed that cavitation erosion resistance of high Mn-Al bronze propeller is more efficacious than that of high Ni-Al bronze.
    (2) It is supposed that two materials better than Al bronze (AlBC3) about cavitation erosion resistance have been found.
    (3) The tendency shown in the present operating test is the same as the result of the magnetostrictive cavitation test.
  • 竹下 隆三, 坂上 米次, 樋口 〓男
    食品衛生学雑誌
    1967年 8 巻 2 号 127-130
    発行日: 1967/04/05
    公開日: 2010/03/01
    ジャーナル フリー
    The method described herein consists of (1) extraction of 2- (2-furyl) -3- (5-nitro-2-furyl) -acrylamide (F-NFA) with benzene from food, (2) separation of F-NFA from nitrofurazone and nitrofurylacrylamide on a silica gel chromatographic column and (3) determination of the separated F-NFA by ultraviolet spectroscopy at 380mμ.
    The analysis can be applied to the determination of F-NFA in either fish meals or Soybean curd.
  • 竹下 隆三, 坂上 米次, 葛原 由章, 樋口 〓男
    食品衛生学雑誌
    1967年 8 巻 2 号 124-126
    発行日: 1967/04/05
    公開日: 2010/03/01
    ジャーナル フリー
    A procedure for qualitative analysis of 2- (2-furyl) -3- (5-nitro-2-furyl) -acrylamide (FNFA) in foods is presented.
    F-NFA is extracted from food with benzene and the extract is applied to column chromatography using silica gel to remove substances that interfere with the separation of F-NFA from nitrofurazone and nitrofurylacrylamide on thin-layer plates. F-NFA is, hereby, separated from both of the chemicals by thin-layer chromatography using silica gel.
  • 小田 実, 和田 八三久
    高分子化學
    1958年 15 巻 153 号 33-37
    発行日: 1958/01/25
    公開日: 2010/10/14
    ジャーナル フリー
    酢酸繊維素繊維および皮膜の吸湿による密度の変化を有機媒質を用いて浮沈法で測定し, さらに水中の密度も測定した。他の繊維の場合と同じように, 密度は数%の吸湿量で極犬を示す。これらの結果から, 試料内部 (有機媒質の入れない部分) の吸湿量pと全吸湿量xの関係を求めた。三酢酸繊維素繊維 (酢化度61.8%) は二酢酸繊維素繊維 (酢化度54%) よりpが少ない。これは前者の結晶化度が高いためであろう。未処理の三酢酸繊維素皮膜 (酢化度60.5%) は二酢酸繊維素皮膜 (酢化度54.7%) とほとんど同じpの値をもつ。これは両皮膜が似た結晶化度をもつためであろう。また, 繊維, 皮膜とも, p-x曲線は徐々に飽和値まで増大する。
  • 大畑 進, 日吉 明, 若泉 章, 浅利 喬泰, 住江 金之
    日本食品工業学会誌
    1967年 14 巻 6 号 241-243
    発行日: 1967/06/15
    公開日: 2009/04/21
    ジャーナル フリー
    (1) 4種の凍乾食品のBET表面積を温定した結果,0.56~5.12mm2/gで同一試料の熱風乾燥に比べ約80~160倍の大きさを示した。
    (2) 異なる温度で予備凍結した乾燥マグロの表面積は凍結温度の低い(凍結速度の早い)ものほど表面積が大で,-196℃凍結区は-20℃区の14倍の大きさを示した。また,表面積の大きな試料は小さなものに比べ,構成する細孔の半径が小さくかつ,数が多いことを示した。
    (3) 異なる温度で予備凍結した乾燥マグロの保存中の酸化速度は凍結温度の低いものほど早く,予備凍結温度が低ければ表面積は大きくなり,酸化速度は早くなるという一貫した関係を明らかにした。
  • 岡田 正順, 原田 宏
    園芸学会雑誌
    1955年 23 巻 4 号 259-263
    発行日: 1955/03/31
    公開日: 2008/12/19
    ジャーナル フリー
    Seasonal changes of numbers of flowerlets, rayflowers and disk-flowers in flower heads were observed on eighteen commercial dahlia varieties for cut flower from early June to middle November in Tokyo.
    In Kinkazan, Minamino-homare and Izumi, seasonal variations of the ratios of ray-flowers to disk-flwers were rather small; in Benitsubaki, Shinpi, John, Kozakura, Baby Royal, they were very large; and in the other varieties, they were intermediate.
    Six varieties were grown under short day condition in August, and were also grown under long day condition after middle September. By these treatments, it was found that numbers of flowerlets per flower head were not affected by photoperiod, but is affected by temperature.
    Ratios of ray-flowers to disk-flowers were affected by both photoperiod and temperature, though degree of response was varied with varieties. Varieties were classified into the following three types according to their response to photoperiod and temperature.
    1. The ratio is not affected by photopeiod, but is markedly affected by temperature……………… Kozakura type (Kozakura, Honoho).
    2. The ratio is not affected by temperature, but is markedly affected by photoperiod…………………John type (Izumi, Karyu, John).
    3. The ratio is affected both by photoperiod and temperature…………… Matsuno-yuki type (Matsuno-yuki).
  • 中城 忠彦, 久保 宏, 浜田 忠嗣, 木下 秀次朗
    材料
    1965年 14 巻 136 号 54-60
    発行日: 1965/01/15
    公開日: 2009/06/03
    ジャーナル フリー
    The propellers of ships have often been observed as damaged as a result of cavitation erosion. Although several investigations have been made on the problem of cavitation erosion of coatings by way of prevention against damage of propellers, the cavitation tests have been conducted under different test conditions with different test methods. This is the report of test conducted of 6 coatings (neoprene, polyurethane, electro nickel plating, electrochromium plating, flame sprayed colmonoy (fused) and welded high Al-bronze) with a view to determining their comparative efficacy for cavitation erosion resistance. A magnetostrictive cavitation test apparatus, a rotating-blade cavitation test apparatus and a water-tunnel cavitation test apparatus were used for the purpose. These coatings were applied to base Al-bronze. The results obtained are summarized as follows:
    (1) In the magnetostrictive cavitation test, the electrochromium plating shows superior cavitation erosion resistance, but the flame sprayed colmonoy (fused) shows cavitation erosion 3 times as large as that in the electrochromium plating.
    (2) In the rotating-blade cavitation test, the electrochromium plating shows superior cavitation erosion resistance, but the welded high Al-bronze shows cavitation erosion 10 times as large as that in the electrochromium plating.
    (3) The ranking of cavitation erosion resistance of coatings in the water-tunnel cavitation test is the same as in the magnetostrictive cavitation test.
  • 農業土木研究
    1952年 19 巻 3 号 242-245
    発行日: 1952/03/25
    公開日: 2011/02/23
    ジャーナル フリー
  • 山田 伴次郎
    農業土木研究
    1952年 19 巻 3 号 234-241
    発行日: 1952/03/25
    公開日: 2011/02/23
    ジャーナル フリー
  • 松永 信敬
    應用獸醫學雑誌
    1935年 8 巻 3 号 163-171
    発行日: 1935/03/20
    公開日: 2008/10/24
    ジャーナル フリー
  • 北川 信一郎, 臼井 忠男, 石川 和弘, 松井 祐佐公
    感染症学雑誌
    2008年 82 巻 5 号 434-440
    発行日: 2008/09/20
    公開日: 2011/02/07
    ジャーナル フリー
    平成18年度に, 京都市内で発生した感染性胃腸炎の集団感染事例 (食中毒を除く) で, 保健所が調査・指導を実施した96件 (有症者6, 483人) の記述疫学調査と, 衛生公害研究所における分子疫学調査を合わせて検討を行った. 高齢者福祉施設56, 病院31, その他9件で, 有症者の25.9%が職員, 74.1%が施設利用者で, 高齢者福祉施設3カ所で集団感染が再発していた.「発生~ 終息」の期間のうち最も頻度が高いのは約20日であり, また, 「発生~ 指導」の期間との問に正の相関がみられた. 利用者側の問題点は認知症に伴うものが多く, 施設側では不適。切な処置, 面会者の健康状況未把握等があげられた.検体のうち74サンプルを解析したところ, すべてがGII/4で, さらに, 同一年度内に再度発症した高齢者福祉施設における代表サンプル2株を遺伝子解析したところ, 共に全国で流行したヨーロッパ2006b変異株と同じクラスターに含まれていた. 職員が初発であることも多く, 一度発生すると終息までに最長で67日もかかったこと, 吐物からの検出率が高く取り扱いには注意が必要であったことから, 流行時期以前に, 感染対策に関する知識の普及啓発が重要であることが再確認された. また, 「発生~指導」と「発生~終息」の期間の問に正の相関がみられたことから, 早期に速やかな介入が大切であり, さらには同シーズン中の再発者もいたことから, 今後, 高齢者の免疫の持続期間ならびに遺伝子の変異等についての追跡調査と多数の症例の解析が必要である.
  • 吉田 直樹, 福岡 哲男, 今西 幸仁, 藤井 良憲, 向野 雅彦, 大田 哲生
    The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine
    2013年 50 巻 5 号 339-344
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/06/04
    ジャーナル フリー
    We report a patient displaying several symptoms of myelitis associated with atopic dermatitis. The patient, a 35-year-old female, initially suffered from gait titubation that gradually developed into motor disturbance. She underwent many tests (blood, cerebrospinal fluid, electromyography, and brain, cervical, and lumbar spinal cord and muscle MRIs) at several hospitals, including a university institution, over the course of two years until she finally came to our hospital. However, her disease was never identified by these tests, and she was referred to our hospital to start rehabilitation for her disability which was believed to be caused by disuse syndrome. On first examination, muscle hypertonia of both legs, hypoesthesia of all extremities, difficulty sitting, and a low performance level of ADL were observed. Judging by the factors (e.g. age, neurological symptoms), we considered that the patient was not suffering disuse syndrome, and recommended that she attend another medical college hospital for a thorough investigation. The disease was finally diagnosed as atopic myelitis, as indicated by the test results (e.g. hyperIgEemia). She could sit without a back rest and undertake gait training between parallel bars after steroid pulse therapy at the hospital. While she undertook rehabilitation at our hospital, we applied some approaches to adapt to her fluctuating symptoms (e.g. making short leg braces for both legs, injection of botulinum toxin A (BOTOX®) in the leg). We recognized we should gather as much information as possible given the rarity of the disease.
  • 関 得一郎, 佐竹 一夫, 原沢 四郎, 武藤 聡雄, 丸山 正生
    分析化学
    1960年 9 巻 13 号 34-52
    発行日: 1960/12/05
    公開日: 2010/02/16
    ジャーナル フリー
  • 平井 松午
    地理学論集
    2014年 89 巻 1 号 26-37
    発行日: 2014/03/12
    公開日: 2014/09/30
    ジャーナル フリー
     幕末の開国政策を背景に,第二次幕領期(1855 ~1868 年)に東北6 藩および松前藩が江戸幕府より蝦夷地の分担警衛を命じられた。これら諸藩は,蝦夷地ならびに国後・択捉・樺太の合計22 ヵ所に軍事拠点となる陣屋を建設するとともに,数十~数百人単位で藩兵を各地の陣屋に派遣した。その一方で,蝦夷地支配の中核機関であった箱館奉行所も,1857(安政4)年には箱館市街地の守衛に備えて市街地郊外に五稜郭の建設を開始した。 五稜郭や陣屋遺構の一部については国史跡などに指定され,それらについては今日でも空中写真や地図で確認できるが,一部の陣屋については市街地化や施設建設に伴って遺構が消滅し,五稜郭も建設当時とはその様相を大きく変えている。そこで本稿では,箱館近在に建設された五稜郭,遺構が確認できない弘前藩元陣屋(千代ヶ台陣屋)・盛岡藩元陣屋(水元陣屋)を取り上げ,建設時に作成された絵図面などを用いて,GIS ソフト上で建設当時におけるこれら防御的施設の復原作業を行った。 その結果,建設当時の五稜郭の形状や元陣屋の位置・縄張りを示した実測絵図「箱館亀田 一円切図〔人〕」(函館市中央図書館蔵)・「箱舘表之図 一」(盛岡市中央公民館旧蔵)をもとに,元陣屋の位置を比定することができた。また,絵図面に記載された地理空間情報をGIS データ化することで,五稜郭や元陣屋における建設当時の三次元景観復原や,さらにはデータソースが異なる絵図情報の一元化が可能となった。このことは,古地図・絵図のGIS 分析が,歴史地理学的命題の解決に向けてより有効な手段となりうることを示すとともに,他の陣屋の復原に際してもそうした手法が援用できるものと考える。
feedback
Top