詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "浄心駅"
3件中 1-3の結果を表示しています
  • 韓 載香
    経営史学
    2015年 50 巻 2 号 3-27
    発行日: 2015年
    公開日: 2018/01/23
    ジャーナル フリー

    This paper discusses the pachinko industry's tremendous market expansion and development in the 1980s through an examination of factors related to the transformation of pachinko parlor management during this period.

    The first factor in this development is related to increasing stability of the profit structure of parlors that occurred as sales fluctuations became smaller, a trend spurred by the sudden rise in sales brought about by greater enthusiasm for gambling. At the same time, management became increasingly independent as it no longer needed to readjust the individual pins on game boards, a process that required a great deal of technical skill.

    The second factor is related to the supply system of the ‘Fever’ machine, which occurred in response to the pachinko boom. Since there is high fluctuation in demand, machinery manufacturers generally do not have sufficient production facilities to fill orders in a short period of time when popular models appear. However, in response to the sudden popularity of the ‘Fever’ machine, other makers, in addition to the original manufacturer, started to produce and supply imitations, making it possible to meet expanded demand throughout Japan.

    On the other hand, competition became more fierce as many new parlors entered the market, enticed by the industry's growth potential. Parlor management, which had previously relied on, among other things, technical expertise related to pachinko board pin adjustment, now found itself confronted with limitations. The industry thus sought new management approaches as it attempted to come to terms with the new situation.

  • 牧野内 猛, 塚本 将康, 檀原 徹, 山下 透, 内園 立男, 濃尾地盤研究委員会断面WG
    地質学雑誌
    2013年 119 巻 5 号 335-349
    発行日: 2013/05/15
    公開日: 2013/09/28
    ジャーナル フリー
    濃尾平野東部において,南北約31 kmの地質断面図の作成と泥質堆積物のテフラ分析によって,地下地質の特徴や解明すべき課題が明らかになった.それらは,①軽石を含む砂層からなる熱田層上部(D3U)には2枚の泥層挟在層準がある.②海成粘土層からなる熱田層下部(D3L)には,平野西部の臨海部地下から検出された長島テフラ(BT36, B75-2)が挟まれる.長島テフラは,平野東部ではD3Lの上部,西部では下部に挟まれ,挟在層準が大きく異なる.この差異が何を意味しているのか,今後の課題である.③東部のD3Lは西部に劣らない層厚を有している.④海部・弥富累層には,Ata-Thの降灰層準を含む厚い海成粘土層(Dmc-m)が挟まれる.⑤濃尾傾動運動による沈降が平野西部より小規模であったと想定される東部において,厚いD3LやDmc-mの挟在が何を意味するのか,これも今後の課題である.
  • 森本 瑛士, 越川 知紘, 谷口 守
    交通工学論文集
    2018年 4 巻 1 号 A_71-A_79
    発行日: 2018/02/01
    公開日: 2018/02/01
    ジャーナル フリー

    日本は人口減少・超高齢社会に対応して,公共交通を軸としたコンパクト+ネットワークの実現に向けた計画が進んでいる.拠点間で都市サービス機能を有する施設を補完するためには,拠点に施設が集積していることに加え,拠点間を公共交通で円滑に移動できることが重要である.そこで,本研究は施設集積率および拠点間公共交通所要時間の把握を通じて,各都市がコンパクト+ネットワーク施策を考える際の参考情報を得ることを目的とする.分析の結果,各都市がおかれている相対的なコンパクト+ ネットワークの現状が明らかとなった.また,1)地方圏都市における拠点間の多くで所要時間が60 分を超えていること,2)特にその傾向は他拠点との施設補完が不可欠と思われる施設集積率の低い拠点を含む拠点間にみられることがわかった.

feedback
Top