詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "海馬回"
203件中 1-20の結果を表示しています
  • 清水 一, 佐藤 茂, 大石 一二三, 森 修, 森 隆, 大網 弘
    日本老年医学会雑誌
    1997年 34 巻 6 号 461-467
    発行日: 1997/06/25
    公開日: 2009/11/24
    ジャーナル フリー
    アルツハイマー型老年痴呆者脳25例 (60~97歳) と非痴呆老年者脳10例 (75~101歳) のプロテオグリカン量を測定した. プロテオグリカンはヒアルロン酸, ヘパラン硫酸, デルマタン硫酸, コンドロイチン硫酸について測定した. アルツハイマー型老年痴呆者脳の総プロテオグリカン量は, 非痴呆老年者脳と比較して海馬回で約2倍, 上前頭回で約4倍であった. 特に, ヘパラン硫酸量の増加が顕著であり, 海馬回で約9倍, 上前頭回で7倍であった. 免疫電顕法でヘパラン硫酸の局在を検索したところ毛細血管基底膜と老人斑の一部に観察された.
    アルツハイマー型老年痴呆患者脳のヘパラン硫酸量の増加は, 毛細血管基底膜と老人斑の一部に由来すると考えられた.
  • 清水 一, 森 隆, 小山 美弥, 関谷 政雄, 大網 弘
    日本老年医学会雑誌
    1994年 31 巻 12 号 950-956
    発行日: 1994/12/25
    公開日: 2009/11/24
    ジャーナル フリー
    75歳以上101歳までの非痴呆高齢者15例と非痴呆成人者10例の剖検大脳について, アルミニウム量と神経細胞の形態学的変化, 特に神経原線維変化と老人斑の形成との関連性について検討し以下の結果を得た.
    1. 非痴呆成人者例の大脳組織中のアルミニウム量は海馬回では, 14.4±1.39ppb, 前頭葉皮質では20.4±2.54ppbと微量であった. 非痴呆高齢者例の海馬回では401.7±60.05ppb, 前頭葉皮質では373.29±72.35ppbの値を示した. 非痴呆高齢者例の脳内に海馬回で28倍, 前頭葉皮質では19倍と非痴呆成人例に比べ顕著に増量を示した.
    2. Morin 法によるアルミニウムの組織化学的検索では, 非痴呆高齢者脳内の神経原線維変化や老人斑内の amyloid core の一部に蛍光反応を認めた. 正常部位では毛細血管壁, 血管周囲の支持組織, 星状膠細胞の核内, 神経細胞の核および核小体の一部に蛍光反応を認めた. しかし, 非痴呆成人例には, アルミニウムは認められなかった.
    3. 形態学的に老人斑は, 脳内アルミニウム高値を示す非痴呆高齢者の一部の症例に前頭葉皮質のIからIV層にかけて classical および diffuse type の老人斑が多く出現して認められた. 海馬回では diffuse type がわずかに認められた. 神経原線維変化は前頭葉皮質では出現量に乏しく, 海馬回のCA1, CA2, CA3 領域に増加してみられた. 超微形態学的には神経原線維変化に Paired helical filament (PHF) 構造を, 老人斑内には Amyloid fibril が確認された.
    痴呆症状を示さない高齢者の大脳に高濃度のアルミニウムの蓄積が認められ, 組織化学的にも神経原線維変化を示す部位と, 老人斑にアルミニウムの蛍光反応を示した症例が認められた. この結果から神経原線維変化および老人斑の形成の一因にアルミニウムが関与している可能性が示唆される. さらにアルツハイマー型老年痴呆の発生におけるアルミニウムの役割について考察を加えた.
  • 赤木 制二
    岡山医学会雑誌
    1953年 65 巻 11supplement 号 25-26
    発行日: 1953/11/30
    公開日: 2009/03/30
    ジャーナル フリー
  • 松井 健三
    Archivum histologicum japonicum
    1951年 2 巻 2 号 181-184
    発行日: 1951/03/20
    公開日: 2009/02/19
    ジャーナル フリー
    Im Hinblick auf die Tatsache, daß die Neurofibrillen lockerer strukturiert und mit großmolekularen Farbstoffen besser färbbar sind als die gliösen Elemente, wurden die vergleichenden Studien über die Mengenverhältnisse der nervösen und gliösen Elemente im NISSLschen Grau an verschiedenen Orten des menschlichen Gehirns vorgenommen, und zwar nach der Azanmethode. Das Grau der zonalen (molekularen) Schicht der Großhirnrinde, welche an färbbaren Gebilden verhältnismäßig arm ist, enthält verhältnismäßig viel Neurofibrillen. Das Verhältnis der Neurofibrillen zu den gliösen Flementen in den übrigen fünf Schichten der Großhirnrinde ist in den Assoziationszentren, Gyrus frontalis medics, Lobulus parietalis inferior und Gyrus temporalis medius, kleiner, in den Sinneszentren, Trigonum olfactorium, Wände des Sulcus calcarinus, Gyri temporales transversi, Gyrus postcentralis und Gyrus hippocampi, wo der Ein- und Austritt der Nervenfasern sehr häufig sind, aber größer und im willkürlich-motorischen Zentrum, Gyrus praecentralis, mit sehr reichlichem Nervenfassernverkehr noch etwas größer. In dem lateralen Kern des Thalamus, dem Globus pallidus und dem Putamen ist das nämliche Verhältnis wie im Gyrus hippocampi und praecentralis. Im medialen Kern des Thalamus sind die Neurofibrillen am reichlichsten. Im übrigen erweist sich das NISSLsche Grau der Rinde und des Nucleus dentatus des Kleinhirns als reich an den nervösen Elementen.
  • 佐々木 健
    岡山医学会雑誌
    1980年 92 巻 3-4 号 435-453
    発行日: 1980/04/30
    公開日: 2009/03/30
    ジャーナル フリー
    1) The frequency and microscopic morphology of senile changes are compared, in frontalcut Bodian preparations, in two cases of progressive supranuclear palsy (ages 62 and 71) and 14 control senile brains (between the ages of 70 and 91).
    2) Neurofibrillary tangles were found in all the control brains with a predilection for hippocampal areas. Senile plaques were found in 86 per cent of all the control cases. Most were small and primitive, with great individual variations in frequency. The numbers of neurofibrillary tangles and of senile plaques did not correlate, but rather were dissociated. No relation was found between the number of tangles and/or senile plaques and the ages of the control patients.
    3) Two cases of progressive supranuclear palsy showed no senile plaques. Neurofibrillary tangles were more numerous than in the control senile cases. Tangles were found in the outer and middle layers of the cerebral cortex and in the pontine basis. In Bodian preparations, most were black, presenting fine tangles with string and mesh forms. The nucleus and cell plasma were preserved in contrast to senile brains. But in the hippocampal areas, differences in form were not observed between tangles of progressive supranuclear palsy and control brains.
  • 植田 豊, 園田 隆, 丸山 良平, 竹之内 智, 園田 顕
    日本耳鼻咽喉科学会会報
    1958年 61 巻 3 号 386
    発行日: 1958/03/20
    公開日: 2008/03/19
    ジャーナル フリー
  • 渡辺 登
    総合健診
    2010年 37 巻 1 号 84
    発行日: 2010年
    公開日: 2015/03/15
    ジャーナル フリー
  • 影山 浩
    岡山医学会雑誌
    1961年 73 巻 7-9 号 641-652
    発行日: 1961/09/30
    公開日: 2009/03/30
    ジャーナル フリー
    By observing the histological changes in the brains after administering ACTH to monkeys and mice with experimental Japanese encephalitis, the author studied the effects of ACTH on pathological changes of the brain, and arrived at the following conclusions.
    1. In the case of the mice, it has been found that ACTH tends to diminish inflammatory changes, and it markedly lessens the diffuse proliferation of glia cells.
    2. The inhibitory effect on the diffuse proliferation of glia cells shows no parallel relationship with the dosage of ACTH administered.
    3. In the case of the monkey with the ACTH administration, there can be observed a similar tendency to lessen the imflammatory changes and in addition, the demolition of nerve cells is inhibited.
    4. With these findings as the basis, some of the therapeutic effects of ACTH on Japanse encephalitis have been discussed.
  • 川森 正夫, 松本 一弥, 金沢 知子, 赤井 契一郎, 小俣 好作
    杏林医学会雑誌
    1979年 10 巻 1 号 79-
    発行日: 1979/03/30
    公開日: 2017/02/13
    ジャーナル フリー
  • 松本 一弥, 金沢 知子, 川森 正夫
    杏林医学会雑誌
    1979年 10 巻 1 号 79-
    発行日: 1979/03/30
    公開日: 2017/02/13
    ジャーナル フリー
  • 萩原 仁, 松本 寿吉, 土肥 貢, 吉原 博之, 池田 二三夫, 川村 毅, 高木 友彦
    体育学研究
    1964年 9 巻 1 号 412-
    発行日: 1964/06/10
    公開日: 2016/12/31
    ジャーナル フリー
  • 久保 宗人, 三方 淳男
    医療
    1977年 31 巻 12 号 1357-1364
    発行日: 1977/12/20
    公開日: 2011/10/19
    ジャーナル フリー
    重症心身障害児の2剖検例について, 臨床的に, 病理学的に検討を加えて報告した.
    第1例は周産期における脳の循環障害による後遺所見と, “てんかん”による二次的変化とがみられた. 第2例は主として神経細胞の移動異常を示し, 前例と同様に“てんかん”による二次的病変がみられた.
    これまで我々が報告した14例についてみると, Prenatal, PerinatalあるいはPostnatalの病変がいりまじつて複雑な所見を呈しているが, 半数以上にPrenatalの変化がみられたことは注目に値する.
    我々は重症心身障害児発生の原因を解明するためには, Prenatalの事象を十分に追求することを強調したい. その一つとして, 妊婦が服用する薬剤について少しく述べた. Prenatalの時期に有害な要因を除くときは, これら障害児の多くが発生しないですむと考える.
  • 柏木 孝夫
    日本平滑筋学会雑誌
    1965年 1 巻 2 号 155-168
    発行日: 1965/12/20
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
    In order to investigate the correlation between the cortical function and the motility of bowels, the responses of the action potentials in bowels to the cutting or stimulation of several cortical areas were observed.
    Rabbits were anesthetized with urethane. In some of them, the rostral portions of diencephalons were cut and in the others, electrical or chemical (1-glutamate) stimuli were given to the following cortical areas which seem to be closely correlated with the autonomic nervous system; prefrontal area, gyrus cinguli anterior, gyrus cinguli posterior and hypocampus. The action potentials were recorded from the serous membrane sides of duodenum and ileum by means of bipolar metal electrodes. The results obtained were as follows:
    1. By cutting off the rostral portions of diencephalons, the increase in amplitude of action potential, the appearance of large spikes (200μV or more) and the prolongation of the duration of the burst were observed.
    2. By stimulation of the prefrontal area, gyrus cinguli anterior and hypocampus, spike potentials increased its amplitude and prolonged its duration. On the other hand, stimulation of gyrus cinguli posterior depressed the action potential.
    3. After cutting off the vagi at the level of the neck, stimulation of cortical areas was ineffective to produce the remarkable change in action potentials of bowels.
  • 医療
    1974年 28 巻 8 号 737-738
    発行日: 1974/08/20
    公開日: 2011/10/19
    ジャーナル フリー
  • 高屋 豪瑩, 田平 武
    日本らい学会雑誌
    1994年 63 巻 2 号 51-54
    発行日: 1994/10/15
    公開日: 2008/02/26
    ジャーナル フリー
    By the advance of chemotherapy and aging of the inpatients with leprosy (mean age: 75.7 years), geriatric disease are becoming major problems in Japanese National Leprosarium. Dementia is not diagnosed inpatient with leprosy. After autopsy Alzheimer fibrillary tangle and senile plaques in the brain of aged leprosy is not easy demonstrated by routine stains. However, these is easy demonstrable a def f erent senile plaque with accretion to the Alzheimer f ibrillary tangle, if it employed the specific immunohistochemical method on these brain. We employed both τ protein and the divided β protein, and each of protein is able to divid dementia and non-dementia into aged groups in leprosy. Low prevalence in Japanese leprosy patients is demonstrable in dementia of what happened was accurate in alzheimer disease with subtype of senile plaque.
  • 高屋 豪瑩, 佐々木 紀典, 工藤 聖子
    日本らい学会雑誌
    1983年 52 巻 1 号 17-28
    発行日: 1983/03/30
    公開日: 2008/02/26
    ジャーナル フリー
    It is unknown that senile dementia of leprosy on the necropsy case have been reported. This report is based on an autopsy case of a senile dementia associated with leprosy unlike previously known to us. The disease become apparent to ten years ago before death and distinctive neuronal change consisting of swelling of the cell body and resistance to staining methods (achromasia). This neuronal change differed from the axonal reaction (retrograde cell change) or any identifiable storage process in the pigmented portion of the substantia nigra in this case and the dentato-thalamo-striatic system.
    It has not been possible to determine the pathogenesis of this condition, which is a primary metabolic abnormality of particular groups of a neurons in likely.
    However the plaque of cerebral cortex in our case pathomorphologically is little similar in ordinary type of senile plaque, but able to asign them suitable region in frontal and limbic system of cerebrum. It is taken a lesions as distribution as Neuro-Bechcet disease and pellagra encephalopathy, and its plaque formation were not same hold good of ordinary type. Among the other distribution of degenerated neuron, PAS-positive materials contained the cytoplasm in neuron is very similar to associated pattern of pellagra encephalopathy.
    It may be a trigger of pathogenesis of a senile dementia that trasient ischemia infection of lepra bacilli at early age treatment of DDS and Chaulmoogra oil, phenomena of institutional psychosis and etc have had affected as some kind of disturbance of metabolism or infections.
  • 吉村 正博, 森 秀生, 朝長 正徳, 山之内 博, 葛原 茂樹
    日本老年医学会雑誌
    1984年 21 巻 6 号 580-587
    発行日: 1984/11/30
    公開日: 2009/11/24
    ジャーナル フリー
    痴呆を伴うパーキンソン病 (PD) における cholinergic neuron system の障害を検討する目的で, その Nucleus basalis of Meynert (NbM) の細胞脱落の程度をPD類似疾患と比較検討した. 症例は痴呆のないPD5例, 平均76.4歳, 痴呆を伴うPD5例, 平均78.4歳, 汎発性 Lewy 小体病5例, 平均84.2歳, SDAT5例, 平均76.4歳, 進行性核上麻痺3例, 平均75.0歳, 線条体黒質変性症2例, 平均63.5歳及び正常コントロール群5例, 平均80.3歳の計30症例. 検索方法: 前記症例について中枢神経系各部位の Lewy 小体 (LB), 老人斑 (SP) 及び Alzheimer 神経原線維変化 (ANC) の出現頻度を調べ, 次いで無名質中のNbMのニューロン数を調べた. ニューロン数算出は細胞密度 (CD) 及び総細胞数 (TCC) で示した. 結果: NbMの神経細胞脱落はSDAT, 汎発性 Lewy 小体病 (DLBD) 及び痴呆を伴うPDでコントロール群と比較し有意の差で認められた. 即ち, CDではコントロール群と比較してSDAT及びDLBDで約70%の減少が, 又痴呆を伴うPDで約35%の減少が認められた. 一方, TCCでもSDAT及びDLBDで70%, 痴呆を伴うPDで約40%の減少がみられた. 痴呆のないPD, 進行性核上麻痺, 線条体黒質変性症ではコントロール群と大差なかった. LB及び脳老人性変化の出現状態は, DLBDでは大脳皮質, 基底核, 間脳, 脳幹部で多数のLBが認められ, 同時に高度の脳老人性変化を伴っていた. 痴呆を伴うPDでは, LBは間脳, 脳幹部では多数認めたが, 大脳皮質では散在性であった. 脳老人性変化は中等度に認められた. 痴呆を伴わないPDではLBの分布は脳幹部に限局しており, 脳老人性変化も加齢相応であった. 以上の結果から, 痴呆を伴うPD及びDLBDでは dopamine 作動系及びcholine 作動系両者の system degeneration が想定された.“汎発性 Lewy 小体病”の病理学的位置付けについて考察した.
  • 川浦 幸光, 川上 和之, 岩上 栄, 若林 時夫, 小川 滋彦, 早川 康浩, 池田 直樹
    日本消化器病学会雑誌
    1996年 93 巻 3 号 167-175
    発行日: 1996/03/05
    公開日: 2008/02/26
    ジャーナル フリー
    若年の雑種成犬31頭を用いて自家胆汁逆流性膵炎を作製した後,活性酸素阻害剤の1つであるカタラーゼを投与した群(B1群)と非投与群(B2群)に分け,脳組織学的変化を検討した.両群間の比較では生存率において有意差はなかった.脳組織学的検査では1カ月以内は両群とも虚血性変化が強く,特にB2群で著明であった.一方,3カ月,6カ月後ではB2群でsatellitosis,neuronophagiaなど非可逆的変化を認めた.血清過酸化脂質はB1群では有意に低値で,かつ脳組織学的変化も軽微であったことから,カタラーゼによるフリーラジカル発生抑制の効果であると思われた.急性膵炎発症早期からフリーラジカルの発生を阻止することが脳組織の障害の予防になるとの結論を得た.
  • 園田 隆
    耳鼻咽喉科臨床
    1958年 51 巻 3special 号 308-335
    発行日: 1958年
    公開日: 2011/10/14
    ジャーナル フリー
  • 渡辺 登
    総合健診
    2010年 37 巻 5 号 520-521
    発行日: 2010年
    公開日: 2013/07/15
    ジャーナル フリー
     In order to determine the degree of disturbance of memorization in the consultation room, it is recommended that the physician ask questions about what the patient had for breakfast and how he or she reached the hospital (itinerary using the bus, train, car, etc.). These questions do not offend patients or impair the dignity of elderly patients. The physician may obtain the right answer from the accompanying family member. If the answer given by the patient is wrong, the diagnosis of disturbance of memorization can be made. A simple test may be made by asking the patient to remember three words, such as cherry, cat and train, and to repeat them immediately. Ask questions such as “what date is it today?”, “Where are you now?”, etc., and then, ask the patient to repeat the three words they have just remembered. If they fail to answer correctly, the diagnosis of disturbance of memorization can be made.
feedback
Top