詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "漿液"
16,162件中 1-20の結果を表示しています
  • 中央獸醫會雑誌
    1925年 38 巻 11 号 e1
    発行日: 1925年
    公開日: 2008/10/24
    ジャーナル フリー
  • 黒岩 久平
    日本蚕糸学雑誌
    1972年 41 巻 6 号 461-464
    発行日: 1972/12/25
    公開日: 2010/07/01
    ジャーナル フリー
    1. 産卵後25℃に保護して48時間目に25℃~-2.5℃の各種温度に保護した休眠卵の漿液膜細胞の形態を120日間にわたって生体観察した。
    2. 25℃および20℃に保護した卵の漿液膜細胞には核・色素粒の移動がみられるのみであったが, 15~2.5℃に保護した卵の漿液膜には核・色素粒の凝集による黒斑が形成された。0°および-2.5℃に保護したものには核・色素粒の移動が全くみられなかった。
    3. 15~2.5℃に保護した卵の漿液膜に形成された黒斑の様相は温度によって異なり, 5℃では5~6個の濃色小細胞に核が凝集しているが, 温度が高くなるに従って濃色小細胞のほかに核・色素粒が細胞の一端に凝集したものがみられ, 15℃では越冬中の休眠卵の場合とほぼ同様の黒斑が形成された。2.5℃に保護したものには小形細胞による黒斑がみられたが核の移動は認められなかった。
    4. 15~2.5℃に保護した卵の漿液膜に形成される黒斑の形態変化から, 15℃は核色素粒集積の臨界低温であり, 2.5℃はその最低温度であることが認められた。
    5. 15~2.5りに保護した卵の漿液膜細胞にみられる核・色素粒の移動集積は, それらの卵の休眠離脱と一致していることから, 核・色素粒の移動集積はただ単に漿液膜細胞での変化にとどまらず, 胚子の休眠離脱との間に何らかの関係があるものと考察した。
  • 田島 義夫, 杉山 裕一
    日本ゴム協会誌
    1995年 68 巻 7 号 436
    発行日: 1995年
    公開日: 2007/07/09
    ジャーナル フリー
  • 横地 千仭, 成田 安弘, 牧野 アツ
    Archivum histologicum japonicum
    1954年 6 巻 2 号 197-212
    発行日: 1954/04/20
    公開日: 2009/02/19
    ジャーナル フリー
    Seit langem ist es allgemein angenommen, daß die menschlichen Ösophagusdrüsen reine Schleimdrüsen sind. Wir haben in der vorliegenden Untersuchung die Ösophagusdrüsen aus der menschlichen Speiseröhre in 8 Fällen zytologisch und histologisch eingehend studiert und festgestellt, daß die menschlichen Ösophagusdrüsen gemischte Drüsen sind, da sie in der Mehrzahl der Fälle außer den Schleimzellen seröse (albuminöse) Zellen in wechselnder Zahl enthalten.
    Die in den menschlichen Ösophagusdrüsen gefundenen serösen Zellen zeigen gleiche zytologische Beschaffenheiten wie dieselben in anderen serösen oder gemischten Drüsen; so sehen sie im allgemeinen dunkel aus und führen durch verschiedene Färbungen gut tingierte Sekretgranula und durch Verflüßigung der letzteren gebildete Sekretvakuolen. In dem mit Sekretgranula und -vakuolen verstopften Stapelstadium sind die Kerne, im Gegensatz zu den Schleimzellen, nicht nach der Basalfläche der Zelle verdrängt und abgeflächt. Sie behalten vielmehr den ganzen Sekretionszyklus hindurch die rundliche Gestalt. Zwischen den serösen Zellen des Endstückes kommen einfache zwischenzellige Sekretkanälchen vor, die bei den Schleimdrüsen, wie allgemein anerkannt, niemals auftreten.
    Die einfache verästelte menschliche Ösophagusdrüse besteht aus dem unverästelten Ausführungsgang, den innerhalb des Läppchens verästelten Schaltstücken (Halsstücken) und den Endstücken (Acini). Die dünnen Schalstücke besitzen ein einschichtiges kubisches oder Zylinderepithel, dessen Epithelzellen (Schaltstückzellen) die gleiche Sekretionstätigkeit wie die Drüsenzellen der Endstücke besitzen und verschiedene Sekretionsbilder zeigen.
    Das Drüsenläppchen der menschlichen Ösophagusdrüse lässt sich in den mucösen, gemischten und serösen Abschnitt einteilen. Der mucöse Abschnitt nimmt den größten Rauminhalt des Läppchens, der gemischte und seröse Abschnitt dagegen den kleineren ein. Im mucösen Abschnitt ist das Endstück aus den Schleimzellen zusammengesetzt und die dem anschließenden Schaltstückzellen sind meistens in Schleimzellen verwandelt; im gemischten Abschnitt besteht das Endsück aus den serösen Zellen, die Schaltstückzellen sind öfters verschleimt, dabei bilden die Endstücke sog. Halbmonde, indem die ersteren durch die verschleimten Schaltstücke nach der Peripherie abgedrängt werden und die halbmondförmigen Zellenkomplexe bilden. Im serösen Abschnitt sind die Endsücke aus serösen Zellen zusammengesetzt, die Schaltstückzellen wandeln sich auch in seröse Zellen um und üben genau die gleiche seröse Sekretion wie die serösen Drüsenzellen des Endstückes aus. Die gleiche Erscheinung wurde schon von OINUMA (1946) bei menschlicher Parotis und von ITO und NARITA (1952) bei menschlicher Submandibularis beobachtet. So werden also die morphologischen Veränderungen und die Funktionen der Schaltstückzellen lediglich durch die HEIDENHAIN'sche Verschleimungstheorie nicht vollkommen geklärt.
    Bei Anwendung der Perjodsäure-SCHIFF'schen Reaktion (PAS-Reaktion) erweisen sich die Schleimgranula der Schleimzellen als SCHIFF-positiv, aber ein Teil der Sekretgranula in den serösen Zellen der Ösophagusdrüsen reagiert dabei ebenfalls positiv. Die Tatsache, daß an den Sekretgranula der serösen Zellen die Perjodsäure-SCHIFF'sche Reaktion öfters positiv ausfällt, wurde neuerdings von LILLIE (1949) u.a. bei gewissen Drüsen festgestellt.
  • 高橋 知昭, 野田 勝久, 池田 義孝, 三善 英知, 柳沼 裕二, 林 博章, 石川 睦男, 谷口 直之
    日本分子腫瘍マーカー研究会誌
    1999年 14 巻 23-25
    発行日: 1999/09/29
    公開日: 2000/04/12
    ジャーナル フリー
  • 山城 竹信, 手島 英雄, 八木 裕昭, 平井 康夫, 山内 一弘, 荷見 勝彦, 増淵 一正, 佐野 裕作
    日本臨床細胞学会雑誌
    1989年 28 巻 6 号 745-751
    発行日: 1989年
    公開日: 2011/11/08
    ジャーナル フリー
    子宮体部の漿液性腺癌 (Uterine papillary serous carcinoma) 5例について, 内膜細胞診で診断が可能かどうかを検討した. 比較のため子宮内膜腺癌 (Adenocarcinoma) Grade1, Grade3, 明細胞腺癌 (Clearcellcarcinorna) 各々5例についても細胞学的検討を行った.
    (1) 漿液性腺癌では, clearな背景にぶどう房状や乳頭状の細胞配列が多く, 腫瘍細胞はNIC比が大きく粗顆粒状のクロマチンも増加し, 核小体は不整で大型化および複数化し, G1と比較して低分化な形態を示す.
    (2) 漿液性腺癌では, 細胞形態がG3と類似するので鑑別困難である. しかし漿液性腺癌はtu上mordiathesisが少なく, またpsammomabodyが出現しやすい.
    (3) 漿液性腺癌では, 核の形態が明細胞腺癌とほぼ類似している. 明細胞腺癌は, 背景にtumordiathesisが強く, 腫瘍細胞は空胞を伴った広い胞体を持ちシート状に出現しやすい.
    以上の結果より, 漿液性腺癌は, G1や明細胞腺癌とはおもに腫瘍細胞の形態に注目することで鑑別が可能であると思われた. G3とは腫瘍細胞の形態が類似しているので鑑別困難である. しかし, 背景において, 漿液性腺癌にtumor diathesisが少なく, psammoma bodyが比較的出現しやすいことを考慮することでG3との鑑別が可能と思われた.
  • 黒岩 久平, 沓掛 久雄
    日本蚕糸学雑誌
    1972年 41 巻 4 号 309-315
    発行日: 1972/08/28
    公開日: 2010/07/01
    ジャーナル フリー
    1. 冷蔵浸酸卵を再冷蔵したときに出現する漿液膜細胞の異常を種々の再冷蔵の条件下で観察し, 併せて冷蔵浸酸卵の発育に伴なう漿液膜細胞の形態的変化の様相を生体観察した。
    2. 再冷蔵による漿液膜異常卵の出現率および障害の程度の重い異常卵の出現率は, 再冷蔵時の温度差が大きいほど, 再冷蔵温度が低いほど, また再冷蔵期間が長いほど高くなることがわかった。このことから白ハゼ卵出現の原因である再冷蔵時の温度差は大きいほど漿液膜細胞に与える障害の度合いが大きく, 再冷蔵の温度は低温になるほど, またその期間が長くなるほど細胞の異常化が助長されることが明らかになった。
    3. 冷蔵浸酸当初の漿液膜細胞の形態変化をみると, 越年卵の場合と趣を異にし, 第1次冷蔵中に形成された小細胞を中心とした周囲の細胞核の集団は, 浸酸後その小細胞が拡大すると同時に移動分散して核はほぼ等間隔に分布し, また核の周囲に色素粒が形成され, その色素粒は次第に細胞全域にわたって分散し, 浸酸後84時間頃の卵の漿液膜細胞は固有の形態を呈するようになる。
    4. 冷蔵浸酸後種々の時期に再冷蔵して異常卵の出現率を調べた結果, 浸酸直後から48時間後までの卵, すなわち漿液膜細胞がほぼ固有の形態に発育するまでの卵を再冷蔵した場合には比較的多数の異常卵が出現し, 特に色素粒形成期の卵 (浸酸後24~36時間目の卵) を再冷蔵した場合に障害の程度の重い異常卵を多発することが認められた。そして浸酸後60時間目以後の卵を再冷蔵した場合には異常卵の出現率は低かった。
    5. 漿液膜異常卵は異常度の高いほど孵化歩合は低下したが, 高度の異常卵が孵化できない主な原因は, 一部の細胞の異常凝集による漿液膜の収縮と漿液膜の破綻であることを示唆した。
  • 赤坂 隆
    日本ゴム協会誌
    1995年 68 巻 7 号 435
    発行日: 1995年
    公開日: 2007/07/09
    ジャーナル フリー
  • 鐵原 拓雄, 広川 満良, 清水 道生, 有光 佳苗, 藤原 恵一
    日本臨床細胞学会雑誌
    1998年 37 巻 6 号 577-582
    発行日: 1998/11/22
    公開日: 2011/11/08
    ジャーナル フリー
    卵巣の粘液性腫瘍27例と漿液性腫瘍25例の捺印塗抹細胞像を形態的に比較検討した. 粘液性腫瘍は高円柱状で, 細胞質内に粘液を有し, 三日月状核が特徴的であった. 一方漿液性腫瘍は立方状を呈し, 細胞質はライトグリーンに好染する傾向がみられた. 核の縦溝は粘液性腺腫に特徴的であった. 砂粒体は漿液性腫瘍だけではなく, 粘液性腫瘍にもみられること, 背景の粘液は漿液性腫瘍でも出現する場合があること, 腸上皮型の粘液性腺腫や粘液性境界悪性ではcribriform様配列がみられること, 漿液性腺腫や漿液性境界悪性では乳頭状の集塊から突出する核がみられるが, 腺癌ではみられないことなどが明らかになった. 上記の結果から粘液性腫瘍や漿液性腫瘍を細胞診にて診断することは可能と思われる.
  • 順天堂医学
    1921年 T10 巻 562 号 562_C1
    発行日: 1921/07/25
    公開日: 2015/06/12
    ジャーナル フリー
  • 真田 淳, 荻原 正示, 武井 和夫, 水村 泰夫, 水口 泰宏, 武田 一弥, 三輪 一彦, 真神 易, 堀部 俊哉, 角谷 宏, 新戸 禎哲, 斉藤 利彦
    消化器内視鏡の進歩:Progress of Digestive Endoscopy
    1996年 49 巻 238-239
    発行日: 1996/12/02
    公開日: 2015/03/20
    ジャーナル フリー
    A 60-year-old female took medical checkup and examination of upper GI tract revealed irregularities of outlines of stomach, suggestive of compression by extramural mass. Further examination was performed at our hospital.
    Ultrasonography revealed an echogenic tumor picture and a small cyst in the tail of pancreas. CT and endoscopic ultrasonography showed intratumor honeycomb appearance. Deviation of the main pancreatic duct adjacent to the tumor was demonstrated by ERP. The angiography showed a hypervascular area at the tumor and an intermission of pancreatic magna artery.
    This patient underwent distal pancreatectomy. Histological dignosis was serous cystadenoma, and tumor showed microcystic pattern, single lining epithelial cells without cellular atypism, and two intracystic hemorrhages in the tumor.
  • 苗村 佑樹, 大塩 恭彦, 花岡 淳, 赤澤 彰, 堀本 かんな, 林 一喜, 片岡 瑛子, 五十嵐 知之, 橋本 雅之
    気管支学
    2015年 37 巻 5 号 610-
    発行日: 2015/09/25
    公開日: 2016/10/29
    ジャーナル フリー
  • 滝沢 寛三, 山口 定次郎
    日本蚕糸学雑誌
    1971年 40 巻 6 号 439-444
    発行日: 1971/12/28
    公開日: 2010/07/01
    ジャーナル フリー
    1. 家蚕の越年卵, 即時浸酸卵の胚子発育丙Bの時期に紫外線 (殺菌螢光灯) を照射したところ, 反転期前後に照射卵面中央部に不整形黒点状に漿液膜色素の凝集がおこった。
    2. このような色素凝集卵には漿液膜の破裂したものはみられず, 色素凝集部では色素が漿液膜細胞を貫通して卵内に多少陥入していた。
    3. 蚕品種による色素凝集卵発現の難易をみると, 日本種系統に多く発現し, 支16号を除いた支那種系統, ヨーロッパ種系統には全く発現しなかった。
    4. 色素凝集卵の酸素消費量, 孵化およびその卵から孵化した幼虫の発育は, ともに非照射の対照卵に比べ特に損色はみられなかった。
  • 豊嶋 健治
    九州歯科学会雑誌
    1977年 30 巻 6 号 887-903
    発行日: 1977/03/31
    公開日: 2017/12/22
    ジャーナル フリー
    In our clinical practice, we occasionally perform the operation of unilateral removal of the submandibular gland in treating the submandibular diseases, malignant, benign tumors or chronic, specific inflammations. In such cases, it seems to be very interesting how the remaining major salivary glands behave histologically. Little work has been done, however, which observes the histological behavior of the remaining major salivary glands after unilateral removal of the submandibular gland. 33 adult mongrel dogs were used for the experiment and the patho-histological changes in the remaining major salivary glands, contralateral submandibular, bilateral sublingual and bilateral parotid glands, were studied during the period from the 1st to the 180th day after removal by trying the H-E, PAS, AB (pH 2.5) and AB (pH 1.0) staining. The results obtained are summarized as follows : 1. The change in the remaining submandibular gland was recognized 3-21 days after removal with a certain extent of increase in size in the serous cells of the demilunes. And the change reached its peak on the 5th day of removal. The nuclei showed tendency to increase in size 3-14 days after removal. In this period, PAS, AB (pH 2.5) and AB (pH 1.0) positive granules contained in the serous cells of the demilunes were found to be homogeneously distributed in the whole cell, which suggested the increase of PAS, AB (pH 2.5) and AB (pH 1.0) reactive substances, coincident with increase in size of cell. 2. In the period when the serous cells of the demilunes were found to be increasing in size, the mucous cells of the remaining submandibular gland maintained their normal states, except that the morphological irregularity was seen in the terminal portions. And they still proved to maintain the normality by the PAS, AB (pH 2.5) and AB (pH 1.0) staining. 3. As for the ductal system of the remaining submandibular gland, obvious changes were not observed. 4. There were 3 changes in the remaining sublingual glands ; the increase of mucous terminal portions which were observed continuously from the 3rd to 180th day of removal, the enlargement of the lumens in the mucous and the serous terminal portions which were observed 3-28 days after removal and finally the enlargement of the small ducts which were observed 1-21 days after removal. 5. In the remaining parotid glands, obvious systematic changes couldn't be observed at all. In many cases, they maintained their normality. It may be concluded from these observations that after unilateral removal of the submandibular gland, the changes appear on the gland cells which are in the deepest connection from the chemical quality with the removed salivary gland cells. And this would also suggest the compensatory activity of these gland cells.
  • 松本 浩次, 高野 裕, 三好 俊策, 片倉 玲樹, 櫛方 美文, 手島 伸一
    日本消化器内視鏡学会雑誌
    2010年 52 巻 3 号 426-431
    発行日: 2010年
    公開日: 2011/11/07
    ジャーナル フリー
    症例は68歳男性.糖尿病にて通院加療中,腹部CT検査にて,膵体部に38mm大の軽度造影効果を伴い,内部に小嚢胞を含有した充実性腫瘍を認め,その尾側膵管は嚢胞状に著明に拡張していた.ERCP検査では,主膵管は膵頭部で途絶する像が得られた.画像上,膵漿液性嚢胞腺腫が強く疑われたが,主膵管途絶像より悪性腫瘍も否定できず,膵体尾部脾臓合併切除術を施行.術後病理組織検査では,膵漿液性嚢胞腺腫と診断された.
  • II ヒト大唾液腺の組織化学的研究
    須賀 康夫
    歯科基礎医学会雑誌
    1972年 14 巻 1 号 21-40
    発行日: 1972年
    公開日: 2010/10/28
    ジャーナル フリー
  • 中央獸醫會雑誌
    1897年 10 巻 11 号 24-27
    発行日: 1897/11/28
    公開日: 2008/10/24
    ジャーナル フリー
  • 森山 初男, 佐藤 哲郎, 野口 剛, 川原 克信
    日本臨床外科学会雑誌
    2005年 66 巻 3 号 743-746
    発行日: 2005/03/25
    公開日: 2009/01/22
    ジャーナル フリー
    比較的稀とされている後腹膜漿液性嚢胞に対し,腹腔鏡下に切除した1例を経験したので報告する.症例は60歳,女性で左側腹部痛から左腰部痛を主訴に当院を受診した.腹部超音波検査,腹部CT検査および腹部MRI検査にて左後腹膜腔に50×30×20mm大の内部均一な単房性の嚢胞性腫瘤を認めた.後腹膜嚢胞の術前診断にて腹腔鏡下に手術を施行した.嚢胞は周囲との癒着はなく剥離も容易であり,腹腔鏡下に摘出可能であった.標本は40g, 内容液は漿液性で単黄色であった.病理組織学的に嚢胞壁の内面の上皮は一層の中皮細胞と,これと連続するように一層の円柱細胞より構成されており,中皮細胞の一部が円柱細胞に分化したものと推測された.術後13カ月の現在,再発の徴候を認めず経過良好である.
  • (I) 冷藏浸酸種の漿液膜細胞について
    沓掛 久雄, 黒岩 久平
    日本蚕糸学雑誌
    1953年 21 巻 4 号 163-166
    発行日: 1953/01/30
    公開日: 2010/07/01
    ジャーナル フリー
    1) 蚕卵の漿液膜細胞のカタラーゼ作用の消長を調べた。
    2) 冷蔵浸酸種 (冷蔵日数93日) の漿液膜細胞のカタラーゼ作用は浸酸区, 不浸酸区ともに出庫後12時間目から36~48時間目の間に急激に増加し, 72時間には低下してその後徐々に降下しつつ点青前日に至る。
    3) 出庫後再冷蔵するときは白ハゼ卵を発現する。その時期は24~48時間目に再冷蔵したものに多発する。
    4) 再冷蔵した場合に自ハゼ卵が多発する時期は, 漿液膜細胞のカタラーゼ作用もまた比較的旺盛になりつつあるときか, または旺盛のときであることを認めた。
  • 木倉 幹乃, 星野 知之, 松本 真吏子, 黄川田 啓子, 黄川田 徹
    Otology Japan
    2004年 14 巻 2 号 193-196
    発行日: 2004/05/25
    公開日: 2011/06/17
    ジャーナル フリー
    Auricular swelling is seen in auricular hematoma, pseudocyst, chondritis, atheroma, and infection of ear fistula and others. Auricular hematoma mostly occurs in the superior anterior part of the auricle after a certain trauma, and blood is aspirated with puncture. However, we recently experienced 9 cases (a total of 10 auricle) of auricular swelling in which there was no obvious past history of trauma and the serum was aspirated by puncture.
    The patients visited our clinic 5 days, on the average, after first recognition of the swelling. In all cases except one, a soft swelling was observed between the antihelix and concha and the symptom was relatively mild without severe pain. In all cases, small amount of the rose-wine colored or straw-colored serum (0.2-1.0ml) was aspirated by puncture. In most cases, serum accumulation reappeared after the first aspiration, and further twice or 3 times of aspiration of serum were required.
    Characteristics of these 9 cases are summarized such as 1) no obvious past history of trauma, 2) accumulation of small amount of the rose-wine colored or straw-colored serum, 3) site of predilection is in between the antihelix and concha, 4) no remarkable sign of inflammation or severe pain, 5) disappearance without marked fibrous tissue proliferation. The term auricular seroma seems to be more appropriate to these conditions. There are few reports about the auricular seroma, and the definition of auricular seroma has not been clearly settled. We advocate that an auricular seroma should be treated as an independent disease entity that is different from other auricular swelling, such as auricular hematoma or pseudocyst.
feedback
Top