詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "瀬古東"
7件中 1-7の結果を表示しています
  • 前田 守弘, 仲宗根 安弘, 岡本 啓史, 浅野 裕一, 藤原 拓, 永禮 英明, 赤尾 聡史
    土木学会論文集G(環境)
    2012年 68 巻 7 号 III_103-III_111
    発行日: 2012年
    公開日: 2013/03/15
    ジャーナル フリー
     施設園芸栽培では,塩類集積を防ぐ目的で休閑期間に除塩灌水を行う.しかし,商品作物栽培後に栄養塩が土壌に残留していると,灌水とともに溶脱した栄養塩が水質汚濁の原因になる.本研究では,ナス施設栽培農家実圃場の休閑期を対象に,クリーニングクロップ栽培が休閑期(クリーニングクロップ栽培,除塩灌水,土壌還元消毒)の窒素,リン溶脱に与える影響を2年間調査した.その結果,クリーニングクロップによって,休閑期の窒素溶脱量を2010年には12.2 g m-2,2011年には5.4 g m-2削減できた.この違いはクリーニングクロップ栽培前に土壌中に残存していた無機態窒素の差によるものと推察された.一方,リンに対しては,クリーニングクロップを栽培しても溶脱量は有意に低減しなかった.これは,クリーニングクロップのリン吸収量に比べて,供試圃場の土壌リン酸蓄積量が非常に多かったためと考えられる.
  • 吉本 憲正, 兵動 正幸, 中田 幸男, 村田 秀一, 西園 崇志, 本郷 孝, 大中 昭, 虫合 一浩
    材料
    2008年 57 巻 1 号 71-76
    発行日: 2008年
    公開日: 2008/01/20
    ジャーナル フリー
    With the aim of using granulated coal ash mixed with natural sand as geo-material, laboratory experiments were performed on the composite material to understand its cyclic shear characteristics. A series of undrained cyclic shear tests was performed on loose samples of the composite material to assess the effect of the mixed proportion on the cyclic shear characteristics. The tests revealed that (1) the composite material in which the proportion of granulated coal ash mixed was about 50% or more has cyclic shear strength almost equal to that of pure granulated coal ash, irrespective of the type of natural sand used ; (2) The cyclic shear strength of the composite material increased when the particle strength of the natural sand was low ; (3) When the composite material consisted of about 30% natural sand, the initial shear modulus G0 of the mixture was almost equal to that of granulated coal ash. Based on these test results, it was shown that when the mixed proportion of granulated coal ash was about 50%, the cyclic shear characteristics and dynamic deformation characteristics of the composite material were almost similar to those of pure granulated coal ash.
  • 安保 育子, 中村 廣隆, 大戸 好穂, 加藤木 かおり, 大河原 亜矢子, 日比野 津貴子
    東海公衆衛生雑誌
    2018年 6 巻 1 号 51-59
    発行日: 2018/07/07
    公開日: 2018/12/01
    ジャーナル フリー

    目的 都市部委託型地域包括支援センターが主催する研修で,多職種で地域課題を共有することが協働の推進や資質向上に繋がったことから,その工夫と成果を報告する。

    方法 2017年に地域包括支援センター(以下,包括センター),学術経験者,保健所で研修会を開催し,「見える化」した地域診断結果を用いた地域課題分析を実施。また,地域住民と協働した地域づくりの実践方法について学び,今後の地域実践について意見交換会を行った。その後,自記式質問紙を用いて研修内容を評価した。

    結果 包括センター職員が,地域包括ケアシステムの住民主体の地域づくりのための地域課題の分析の必要性を理解し,住民共同の取り組みの実際を知ることができた。さらに,研修企画の過程でセンター内保健師等チームが,介護予防を実践するための地域の課題を分析し,実践計画を立てることができた。単独の包括センターでは解決できない生活圏域の地域課題を,多機関協働で共有し,検討することができた。

    結論 多機関多職種協働の研修により以下の成果を得た。①包括センター職員が,地域課題の把握分析の重要性の認識を深める。②包括センターの保健師等チームが,地域住民共同の介護予防実践の計画と,その課題を振り返り,実践事例や客観的データの分析方法を知る。③地域課題や介護予防の具体的な取り組みについて,学術,行政の視点も含め,所属や機関を超えて検討することができた。

  • 田中 俊行, 青木 治三, 田力 正好, 下山 みを, 野崎 京三, 山本 明彦
    地震 第2輯
    2010年 63 巻 1 号 11-20
    発行日: 2010/06/15
    公開日: 2012/03/26
    ジャーナル フリー
    The Tegano fault is an active fault, which is important from the perspective of the evolutionary process of reverse faults and for earthquake disaster prevention. It is believed that the longer and older Byobusan fault, which runs side by side with the Tegano fault, affects the formation of the Tegano fault. We performed precise gravity measurements to study the origin of the fault. Then, we estimated the basement structure in conjunction with a preexisting shallow re.ection survey as the constraining condition. By adopting differential filtering, we were able to see that the dip angle of the Tegano fault is low, whereas the angle of the Byobusan fault is high. The inferred schematic pro.le of the Tegano fault is consistent with a preexisting theory of the evolution of a reverse fault; this supports the hypothesis that the Tegano fault was derived from the deep part of the Byobusan fault. Moreover, we found that most of the fault plane of the Tegano fault is shallower than 1 km below the surface. Although the tectonic landform in the Tegano fault is young (or, the Byobusan fault is old), the deep part of the Tegano fault or the Byobusan fault may be capable of producing an earthquake. When assessing an active fault, it is important to comprehensively consider not only geomorphologic and ser.cial-geologic surveys but also gravimetrical ones.
  • 林 宏一, 平出 務, 飯場 正紀, 稲崎 富士, 高橋 広人
    物理探査
    2008年 61 巻 6 号 483-498
    発行日: 2008年
    公開日: 2014/05/09
    ジャーナル フリー
     2007年3月25日に発生した能登半島地震により被災が見られた石川県穴水町において,表面波探査と小規模微動アレイ探査により浅部地盤構造の調査を行った。穴水町では多くの住宅が被害を受けたが,被害はK-NET穴水観測点(ISK005)の近傍の特定の地域に集中していた。この地震において,K-NET穴水観測点では,周期約1秒が卓越する800gal近い最大加速度が観測されており,このような強い地震動と住宅の被害の関連が注目されている。表面波探査と小規模微動アレイ探査による調査の結果,K-NET穴水観測点の周辺ではS波速度約60m/sの低速度層が深度10m近くまで分布しているのに対して,穴水駅東側の古くからの市街地では地表面付近からS波速度500m/s以上の高速度層であることがわかった。またK-NET穴水観測点の南側約50mにも高速度の領域が存在し,同観測点の近傍で基盤深度が急変していると推定された。探査により推定されたS波速度構造を確認するために,K-NET穴水観測点近傍でラム・サウンディング試験を行ったが,その結果は探査結果とほぼ整合した。このような浅部地盤構造の不整形性が地震動におよぼす影響を評価するために,差分法による数値シミュレーションを行った。その結果,基盤深度が急変している場所では局所的に地震動が大きくなる可能性があることがわかった。穴水町中心部で地震被害が集中しているのは,地表から深度20m程度までの浅部地盤構造が水平方向に大きく変化している場所の近傍であり,複雑な地盤構造が被害の集中をもたらした可能性が考えられる。
  • 川本 朓万
    物理探査
    2005年 58 巻 6 号 589-597
    発行日: 2005年
    公開日: 2007/11/02
    ジャーナル フリー
    There are many abandoned coal and lignite mines, underground shelters excavated during the Second World War, hastily filled underground rooms and pipes during the re-construction following the Second World War all over Japan. Due to degradation of these cavities, sinkholes or ground subsidence resulting in casualties and damages to residential areas properties have been increasing in recent years. In addition, torrential rains and/or earthquakes make necessary to investigate the instability of such abandoned underground cavities.
    The behavior of rock mass between the ground surface and shallow underground openings is very complex and it is affected by the mechanical behavior (deformation, local failures, loosening), weathering, and deterioration, following the excavation, underground water seepage. In this article, the author describes damages caused by ground subsidence, sinkholes and their mechanism associated with environmental factors, the collapse risk of abandoned mines. Furthermore, the importance of the development of exploration and surveying techniques to detect the location and geometry of abandoned underground cavities is disccused.
  • 山内 常生, 石井 紘, 浅井 康広, 大久保 慎人, 松本 滋夫, 吾妻 瞬一
    地震 第2輯
    2005年 58 巻 1 号 1-14
    発行日: 2005/06/10
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
    We have developed multi-component borehole instruments for borehole stations deeper than 1000m. The instruments are composed of 7 strainmeter components (4 horizontal, 2 inclined, and 1 vertical), 2 tiltmeters, 3 seismometers, 4 magnetometers, and a high-resolution thermometer. The instruments are also equipped with new systems for data transmission and data monitoring, even during installation, and for determining the instrument direction at the bottom of the borehole. We have also developed an intelligent-type strainmeter based on the Ishii-type strainmeter for measuring in situ stresses. It is equipped with strain sensors, an A/D converter, a CPU, a memory, and a battery, and it has no outside cable. It is cemented into a deep borehole with expansion grout and then taken out by overcoring after it has coupled with the basement rock. By this procedure we can estimate in situ rock stresses. Observation in deep boreholes can avoid the problems of both artificial noise and meteorological disturbance. It enables the performance of high S/N ratio observations for detecting very small signals. The results obtained from deep borehole observations on the Izu Peninsula and in the Tono area of Gifu Prefecture have shown some interesting variations of strains and tilts related to the precursory phenomena of earthquakes. An example of in situ stress determination has also been demonstrated. In the case of deep borehole observation, we first measure the in situ stresses and then install a multi-component borehole instrument to monitor crustal activity. By this process we can continuously monitor stress variation. This kind of stress monitoring is very important in earthquake prediction research.
feedback
Top