詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "照が丘"
4件中 1-4の結果を表示しています
  • 山西 弘城, 三宅 均, 中吉 久雄
    RADIOISOTOPES
    2009年 58 巻 9 号 611-615
    発行日: 2009年
    公開日: 2009/09/29
    ジャーナル オープンアクセス
    環境放射線量測定において,電子式積算線量計(EPD)で測定した線量をガラス線量計で得た値と比較した。両者の測定結果はほぼ一致し,高い相関があることがわかった。しかし,回帰直線の勾配は1より大きく,更にゼロ線量点から外れており,EPDの値の方が常に大きかった。この原因究明のためγ線照射を行った。その結果,期待される線量よりも4~11%高い値であった。一方,EPDを10cm厚鉛ブロック内に設置した結果,0.019~0.028μSv/hの範囲でばらつきがあり機器による指示値の差を確認できた。したがって,EPDをRPLDの代替とする時は,個々の線量計の感度差を明らかにして測定値を補正する必要がある。
  • 辻 成人, 中司 等, 藤井 茂久
    保健物理
    2002年 37 巻 2 号 136-142
    発行日: 2002年
    公開日: 2010/08/05
    ジャーナル フリー
    At the last amendment of the radiation protection law, dose limits were reduced. The natural radiation dose cannot then be negligible for radiation protection dosimetry at medical facilities. But because the natural radiation dose is not regulated, we should estimate it and subtract it from the measured gross dose. It is difficult to estimate a natural radiation dose precisely because it is affected by many factors. We examined the methods of evaluating a natural radiation dose when an integral dosimeter is applied to environmental radiation dosimetry in medical facilities. Because X-ray energy is low at most medical facilities and we ascertained that a filtered glass dosemeter can effectively separate X-rays and natural radiation. In this method, the total error is less than 30%, which is permissible for radiation protection dosimetry.
  • 小金澤 孝之, 飯田 孝夫, 緒方 良至, 辻 成人, 垣内 正久, 佐竹 洋, 山西 弘城, 佐久間 洋一
    RADIOISOTOPES
    2004年 53 巻 5 号 277-285
    発行日: 2004/05/15
    公開日: 2011/03/01
    ジャーナル フリー
    近年開発された固体高分子電解質膜式電解濃縮装置は電解の際に電解質を加える必要がなく, その利点を活かすため, 電解前の試料水の蒸留を濾過にて代替し, 電解後の蒸留を省略する方法を提案し, 検討した。純水を用いた実験により, 電解装置からの溶出イオンはトリチウム濃度測定に影響がないことを確認した。電解前の蒸留の代替法として逆浸透法と精密濾過法を用いて河川水などの環境水中トリチウム濃度測定を行った。精密濾過では試料水中の溶存イオンが除去できず, 電解装置の電極や電解質膜に付着及び吸着し電解装置の故障を招いたが, 逆浸透法では故障しなかった。どちらの濾過法もトリチウム計測への影響がないことを確認した。電解の前処理に逆浸透法を用い, 後処理を割愛することで, 電解前後の処理時間を2日間程度から1.5時間程度に短縮することができた。液体シンチレーション計測法による電解濃縮法を必要とする環境水中トリチウム濃度測定法を簡素化できた。
  • 宇田 達彦, 棚橋 秀伍, 大林 治夫, 中司 等, 伊藤 麻理子
    保健物理
    2000年 35 巻 1 号 53-63
    発行日: 2000年
    公開日: 2010/02/25
    ジャーナル フリー
    The safety and health problems of an experimental magnetic fusion facility for a static magnetic field and variable electric and magnetic fields were considered. Static magnetic field strength was measured with a gauss meter in a large helical device (LHD) hall and outside of the 2-m concrete wall used as the radiation shield. In the case of 1.5T plasma operation, the magnetic field strength was 70mT near the cryostat and 0.05mT outside of the radiation shield. The measured magnetic strength values almost agreed with those calculated. The magnetic field strength of extremely low frequencies was measured using some commercially available monitors at the LHD site. All measured values were less than the occupational regulation levels proposed by the International Commission on Non-Ionizing Radiation Protection (ICNIRP). Reasonable management of electromagnetic workplaces based on guidelines should be proposed for occupational safety, and active continuous survey is recommended for the facility.
feedback
Top