詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "猪子石原"
5件中 1-5の結果を表示しています
  • 丸山 智美, 山本 由子, 鈴江 緑衣郎
    栄養学雑誌
    2000年 58 巻 3 号 137-139
    発行日: 2000/06/01
    公開日: 2010/02/09
    ジャーナル フリー
    外来通院中の摂食障害経験妊婦 (33歳) を対象に, 出産までの40週間, 継続的栄養指導を行い, 成熟正常児出産への効果を検討した。妊娠初期から体重, TP, Alb, T-cho, Ht, MCVによる栄養評価やエネルギー, たんぱく質, 脂質, 糖質, カルシウム, 鉄, ビタミンB1, ビタミンB2, ビタミンC, 食塩, 食物繊維の栄養素摂取量評価を試み, 異常所見がみられた場合には, 輸液療法導入も含む栄養摂取と, 医師による適切なカウンセリングにより摂食障害再発回避の必要がある。摂食障害経験者が妊娠した場合には, 成熟正常体重児出産を目的に, 妊娠初期から出産までの長期的栄養管理が必要であると思われた。
  • 丸山 智美, 鈴木 薫, 熊沢 幸子, 戸谷 誠之, 鈴江 緑衣郎
    栄養学雑誌
    2003年 61 巻 1 号 25-29
    発行日: 2003/02/01
    公開日: 2010/11/26
    ジャーナル フリー
    Leptin is a protein encoded by the ob gene and expressed in adipocytes, and is known to be correlated with themass of body fat and to respond to changes in energy intake. Leptin may be an important mediator of the reproductivefunction. We hypothesized that the leptin concentration in women with hypothalamic amenorrhea (HA) wouldbe low and that leptin may be a sensitive marker of overall nutritional status. We therefore examined the leptin concentrationand energy intake of 19 hypothalamic amenorrheal women and 12 control women. The leptin concentrationwas lower in the HA subjects than in the control subjects, and the fat intake, insulin concentration, irregular eatingbehavior and smoking habit were higher in those women with HA than in the control subjects.
    These data demonstrate that leptin was independent of the fat mass and nutritional intake in women with HA.The low leptin level may have reflected a nutritional abnormality, irregular eat ing behavior and smoking habit.
  • 丸山 智美, 鈴江 緑衣郎
    栄養学雑誌
    2000年 58 巻 6 号 261-265
    発行日: 2000/12/01
    公開日: 2010/02/09
    ジャーナル フリー
    正常月経周期を有する邦人女性7人 (33.3±2.7歳, body mass ihdex (BMI) 25.1±1.3) を対象とし, 血清レプチン, エストテジオール, プロゲステロン, BMI, 体脂肪率の月経期, 排卵期及び黄体期の臨床的機能段階における変動を調査, 検討した。結果は以下のとおりである。
    1) 血清レプチン量は, BMI, 体脂肪率と月経期, 排卵期及び黄体期それぞれにおいて, 正相関していた。
    2) 血清レプチン量, エストラジオール及びプロゲステロンは, 周期内変動を示し, レプチン, エストラジオール及びプロゲステロンは, 正相関を認めた。
    3) レプチン, エストラジオールは月経期に最も低値を示し, プロゲステロンは黄体期に最も高値を認めた。
    4) 摂取エネルギーは, 周期内変動を認めなかった。
    5) 月経期摂取エネルギーは, 血清レプチン量と負相関傾向を認めたが, 排卵期及び黄体期には相関はなかった。
    今回の結果より, 正常排卵性月経を有する邦人女性の血清レプチン量の周期内変動が確認された。 また, レプチンは, 月経期摂取エネルギー及び月経周期内エストラジオール, プロゲステロンと相関を認めたことから, 月経周期内において性ステロイドホルモンと相互に関係をもちながら, 摂取エネルギーに影響を与えている可能性が示唆された。
  • 丸山 智美
    栄養学雑誌
    2005年 63 巻 2 号 57-66
    発行日: 2005/04/01
    公開日: 2010/02/09
    ジャーナル フリー
    Leptin is a 16kD protein that is produced by adipocytes and regulates fat stores and body weight by affecting the appetite and thermogenesis. It is known that a correlation exists between the circulating leptin level and body mass index. It is also known that the plasma leptin level is higher in women than men, particularly in pregnant women, and rises with the onset of puberty. Leptin has been shown in vitro to affect the hypothalamic-pituitary release of gonadotropin and ovarian steroidogenesis, suggesting that leptin may be associated with normal reproductive events. This paper reports the relationship among the plasma leptin level, sex hormones, nutritional intake and eating behavior for ovulatory functions.
    The serum leptin concentration was correlated with the serum estradiol concentration, and changed during the menstrual cycle. The serum leptin concentration in the group with an ovulatory dysfunction was lower than that in the group with regular ovulation. The fat intake, irregularity of eating behavior and smoking habits in the group with the ovulatory dysfunction were more prominent than in the group with regular ovulation. The lower leptin level may have reflected nutritional abnormalities and eating behavior.
    Leptin should therefore be considered a key factor for indicating regular ovulation or an ovulatory dysfunction.
  • 石川 利博, 金 兌勝, 梁 哲周
    日本東洋医学雑誌
    2011年 62 巻 6 号 750-759
    発行日: 2011年
    公開日: 2012/03/21
    ジャーナル フリー
    黄帝内経・霊枢には「陰陽五態」「陰陽二十五人」と二種類の類型が存在する。それは「性格」「体格」「体質」「治療」に項目を分けてまとめ直すことができる。それらは相互に密接に関連している。これは,「形神合一」という概念があることで説明できる。「形」即ち「身体」と「神」即ち「精神」が合一であるという整体観が基礎になっている。
    また,この類型を性格類型とみなすと,現代の心理学的な性格類型と比較する事が出来る。クレッチマーやコルマンは性格と体格,性格と相貌を関連付けて論じている。体格,相貌は望診である。一方,性格は望診と問診両方に当たる。これらの知見を借りることで,漢方的な診断の技術を上げられるのではないかと考える。
feedback
Top