詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "画家"
11,520件中 1-20の結果を表示しています
  • 田村 能里子
    日本農村医学会雑誌
    2010年 58 巻 6 号 651-658
    発行日: 2010/03/30
    公開日: 2010/05/13
    ジャーナル フリー
  • 松原 直子
    教育心理学年報
    2013年 52 巻 184-192
    発行日: 2013/03/30
    公開日: 2013/10/30
    ジャーナル フリー
  • *野口 克洋
    人工知能学会全国大会論文集
    2019年 JSAI2019 巻 3L3-OS-22a-02
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/06/01
    会議録・要旨集 フリー

    本研究では、神話学者ジョセフ・キャンベルのヒーローズ・ジャーニーとして知られる単一神話論に基づく物語創作を、計算機上で再現する手法を提案する。物語中での任意の地点におけるイベントの作用や強度を、三角関数を用いて数理的に求めた。単一神話論における物語の類型の一部について表出を確認し、提案手法の有効性の検討を行った。

  • 斎藤 了一, 富永 昌治, 堀内 隆彦
    日本色彩学会誌
    2018年 42 巻 6+ 号 52-
    発行日: 2018/11/01
    公開日: 2019/01/29
    ジャーナル フリー

     本研究では著名な印象派

    画家
    の色彩表現に着目して色使いの特徴解析を行っている.研究開始当初は,
    画家
    ごとの作品全体での色分布から主成分分析による解析や,3属性で作品ごとの平均値を用いた多面判別面による解析で色使い傾向を検討した.しかし,分布全体主成分や平均値では詳細な特徴を抽出し切れないため,
    画家
    ごとの色度点分布を属性ごとに均等分割し,分割中心値と分割域幅の関係を関数表現することで詳細な色特徴の解析を考案した.分割による近似曲線を数値表現した分割近似値による解析で,各
    画家
    のより詳細な色特徴を見出すことができた.対象としたのは,同時期に活躍した印象派のマネ,セザンヌ,ゴッホ,モネ,ルノアールの5
    画家
    である.本報では,前報までに対象とした全65作品に加えて作品数を新たに14作品増やして分割近似値を解析し,各
    画家
    ともに今までと同様な色特徴が得られており,分割近似値による手法が
    画家
    特有の色特徴の解析に有用であることを報告する.また,ルノアールとモネは蒐集してある作品が各年代に亘っており,本手法による色特徴解析で前期と後期での作品を分けた場合に,色使いの変化が見られるのでその特徴を報告する.

  • 英国都市計画家像の検討
    西山 康雄
    都市計画論文集
    1977年 12 巻 133-138
    発行日: 1977/10/25
    公開日: 2020/10/01
    ジャーナル オープンアクセス
  • 水谷 頴介
    社会・経済システム
    1987年 5 巻 34-35
    発行日: 1987/11/01
    公開日: 2017/07/28
    ジャーナル フリー
  • 斎藤 了一, 富永 昌治, 堀内 隆彦
    日本色彩学会誌
    2017年 41 巻 6+ 号 39-42
    発行日: 2017/11/01
    公開日: 2018/02/20
    ジャーナル フリー

     本研究では著名な印象派

    画家
    の色彩表現に着目して色使いの特徴解析を行っている.研究開始当初は,
    画家
    ごとの作品全体での色度点分布から主成分分析による解析や,3属性で作品ごとの平均値を用いた多面判別面による解析で色使い傾向を検討してきた.また,分布全体主成分や平均値では詳細な特徴を抽出し切れないため,
    画家
    ごとの色度点分布を属性ごとに均等分割し,分割中心値と分割域幅の関係を関数表現することで詳細な色特徴の解析を考案した.本報では,この分割による解析法を発展させて,各
    画家
    の作品ごとに3属性の近似曲線を数値表現することで,より詳細な解析をしたので報告する.対象としたのは,マネ,セザンヌ,ゴッホ,モネ,ルノアールの5
    画家
    における全65作品である.各
    画家
    作品の色分布を3属性ごとで色度点の個数が均等になるよう8分割し,この分割結果から分割中心値と分割域幅の関係を近似した曲線を求め,色相については余弦関数で近似し,明度と彩度では2次関数で近似曲線を得た.この近似曲線を数値表現して作品の比較をすることで色分布状態による特徴を示すことができ,且つ,平均値を合わせた検討により詳細な特徴を見出すことができた.

  • *野中 健一, 柳原 望
    日本地理学会発表要旨集
    2007年 2007f 巻 P633
    発行日: 2007年
    公開日: 2007/11/16
    会議録・要旨集 フリー

     本研究は、ネイチャー・アンド・ソサエティ研究において重要なカギとなる自然への働きかけとその価値観(人間性)とそれらが生起する場所(空間性)に注目して、文化と環境との相互作用を説明するための手法の一つを作るものである。
     文化と環境との相互作用は、人間と環境を構成する諸要素の存在・行為・結びつき・変化が組み合わさって起こっている。この結びつきと組み合わさり方(関係性)から明らかにされる。それにもとづいて、具体的な人々の認識、活動、地域性、生態史(環境変化・社会変化)を対象として、現実世界に起こっている「人間の環境の生き生きとした関係」として現れている姿が体系的に理解される。その相互作用を解明するにあたって、人々の環境への働きかけという主体的行為に注目すること、すなわち、「なぜそうするのか?」という人間性の内面を実証的に解明することが求められる。それは、まず、第一に人々の対象(環境要素)に対する感性と感情からとらえることができると申請者は考えている。そのような人間の理解があって、社会・文化の多様性や環境問題への関心という豊かな人間の理解と現代社会の問題解決への視座が生まれるであろう。しかし、人間性は内面的なものであり、さらに環境という現実的・空間的要素とを合わせて分析しその結果を説明することは、しばしば困難を生じる。環境要素の存在を空間的かつ変化する状況的なものとして説明するには、相互関連を空間的に位置づけることが有効である。そこで、申請者は、主体-環境の関係性を可視化することによって、それが可能になるのではないかと考え、イラストの技法を適用することが良いのではないかと考えた。イラストの特性は、可視化、行為の描写、感情表現、単純化と強調、定式化された技法を有する点にある。とくに主体の動き・感情や空間表現および時間の流れや変化を表すストーリー構成においてイラスト描画の方法は適している。それは、共通認識されたルールをもって定式化されているため、写実的なあるいは抽象的な絵画とは違い、描画者の心象ではなく、対象となる人々の意識に基づいて事実を描写することができる。そのため、研究対象とそれを受け止めようとする者の間で共通に議論できるプラットフォームになる。
     「人間と環境との生き生きとした関係」を、自然・社会・文化が合わさっている動きのある生きた世界として図化し、その場所に生起する人間の活動を感情とともに空間的に構成する新しい図表現を、「地理イラスト」と称し、その事例を製作するとともに技法を構築する。それによって、人間性と空間性が融合された「人間と自然」の相互作用の形成プロセスとインタラクションを説明する。
  • 阿部 敬由, 豊浦 正広, 茅 暁陽
    映像情報メディア学会技術報告
    2012年 36.16 巻 AIT2012-71
    発行日: 2012/03/09
    公開日: 2017/09/21
    会議録・要旨集 フリー
    我々は,指定した
    画家
    のスタイルを写真に転写する手法を提案する.提案手法によって,その
    画家
    が描いたような絵画調画像を写真から生成できる.写真が入力として与えられると,まず,指定した
    画家
    のデータベースから,入力した写真と似た構造を持った絵画が探索される.探索には,人間がシーンの大まかな構造を知覚するのに利用しているとされるGIST特徴量を用いる.次に,探索された絵画の色遣いと筆使いを入力写真に転写することで,その
    画家
    のスタイルを反映した絵画調画像を生成する.この提案手法では,写真と
    画家
    を指定するだけで,画材や技法を意識することなく,自動的にその
    画家
    のスタイルの絵画調を生成することができる.
  • 岡田 修二
    繊維製品消費科学
    2018年 59 巻 7 号 486-487
    発行日: 2018/07/25
    公開日: 2018/07/25
    ジャーナル 認証あり
  • 堤田 賢人, 白岩 祐子
    人間環境学研究
    2020年 18 巻 1 号 31-36
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/06/30
    ジャーナル オープンアクセス
    死者は生者よりもポジティブに評価される傾向がある。death positivity biasと呼ばれるこの現象は、シナリオ実験と実際の雑誌記事の両方で確認されている。絵画の世界でも同様に、ゴッホやモジリアーニなど、死後になって評価が高まる
    画家
    の存在が知られている。死後に評価が向上する現象は、ゴッホのように傑出した才能をもつ特別な
    画家
    以外でも生起するのだろうか。つまり、death positivity biasは絵画全般において生起するのだろうか。この点を検証することが本研究の第一の目的であった。第二の目的は、上記でdeath positivity biasが確認されたとして、それが
    画家
    の死による効果なのか、あるいは作品の希少性の高まりによる効果なのかを検討することであった。筆者らはシナリオ実験を行い、架空の無名
    画家
    の死亡条件と存命条件、さらに活動停止条件で、絵画および
    画家
    への評価を比較した。分散分析の結果、death positivity biasは確認されなかった。この結果は、先行研究がターゲットとした実業家や一般人などとは異なり、
    画家
    は死による恩恵を受けにくいことを示している。death positivity biasの発生境界条件や今後の研究の方向性が議論された。
  • 地理学的課題を伝えるための漫画・イラスト表現の可能性
    *野中 健一, 柳原 望
    日本地理学会発表要旨集
    2010年 2010f 巻 P908
    発行日: 2010年
    公開日: 2010/11/22
    会議録・要旨集 フリー
     本研究は、地理学的な研究課題において重視される時間・空間・環境とその主体(行為者)を、一般読者に効果的に示すことを試みるものである。
     地理学の研究課題の成果を示す上で、図を用いることは通例である。研究対象の時空間的把握、人間と自然とを総合的に含めた環境やそれらの要素間の関係性が、分析され、解釈された成果は地理学のオリジナリティとして重要である。しかし、もっと一般の人々に対して、社会における地理学への関心を高め、かつ、社会に有用であることをアピールし、さまざまな現場で実践的に活用されるためには、専門論文や専門書に用いられるような専門的知識があることを前提とした図ばかりでなく、地理学的な方法や視点を、わかりやすく、かつ、関心を高め、親しみやすく描くことが必要である。
     発表者らは、これまで自然−人間関係を効果的に示すために、イラストの効果的な利用と漫画の技法を適用した「地理イラスト」として1枚の図で表現することを提唱し(Nonaka&Yanahara 2008)、論文や地図等で実践してきた(野中編2009、野中・柳原2007、2008、2009など)。
     今回、『虫はごちそう!』(小峰書店2009年刊)では、小学校高学年~一般向けの単行本として、世界各地の昆虫食用慣行を軸に人々の暮らしや生活環境を、文章・写真による説明とともにイラスト・漫画によって表現することを積極的におこなった。
     この報告では、1)活動の時空間的連続行為の説明、2)生業活動を含んだ地域概観、3)人間−自然関係のさまざまな行為に生じる感情、を表現する図・イラスト表現をとりあげ、時間・空間表現、視点の誘導を含めた方法と可能性について述べる。
     行為そのものに加えて、場面、空間的な広がり、行為の連続性やプロセスをわかりやすく述べるための要素の抽出、捨象と漫画表現技法の適用、限られた分量で説明するためのコンパクト化、とりわけ単行本ならではの紙面空間やページめくりを生かした図・イラストの活用法について検討を進めたい。
  • 猿害対策マップを事例に
    *野中 健一, 柳原 望
    日本地理学会発表要旨集
    2009年 2009f 巻 P812
    発行日: 2009年
    公開日: 2009/12/11
    会議録・要旨集 フリー
    本研究は、地図に不慣れな者にも地域の空間情報を共有し、地域の問題に関心をもたせる手法を作り上げることを目的として、地図表現にイラスト技法を取り入れ、見やすく、親しみやすい地域情報地図を作成する試みである。事例研究として、三重県亀山市の猿害対策におけるサルの位置情報を共有するためのベースマップを作成した。
    ここでは猿害対策として農地や住宅地へ出没するサルの追い払い防除活動が行なわれている。調査員がサルの居所をラジオ・テレメトリにより取得し、GPS付携帯電話で情報を発信している。また、住民からも電話により目撃情報を収集している。これらの情報は携帯電話メールとWebページにより、文字と地図で閲覧されている。効果的な防除のためには、サルの出没情報を住民が的確に把握することが望まれる。しかし、既存の地図では、読図に不慣れな者には場所の特定がしづらいため、情報の共有や普及に適した地図が望まれていた。
    そこで、地図の情報がだれにでもわかりやすく受け止められることに主眼を置き、以下のように地図作成を行った。
    ・現場のニーズや状況を正しく把握するために、サル位置情報を調査し発信している市民に、情報提供の仕方、住民への口頭での説明時の道路、ランドマーク等を聞き取り、地域の環境や情報について討論し、描き方と描画要素を検討した。
    ・ ランドマークとなる施設や場所は、情報発信者や住民によって目印とされているものを中心に描いた。一目でわかるよう、その特徴を表したアイコンを作成した。名称は地元で通用している名称を優先した。
    ・地域の特徴が表現でき、景観的特徴が想起できるよう、地図表現を工夫した。
    ・位置関係、距離、方向が正しくわかるよう、また、Web-GIS処理ができるように、道路や河川はスケール通りとした。
    ・サル群の出没範囲とその周辺地域を中心とし、市民に将来的な注意喚起もできるように地図化する範囲を広く取った。
    ・情報の更新や共有を容易にするため、市販パソコンソフトを用いて作成した。描画要素はすべてベクトルデータ形式として、画面表示サイズ、配布用、掲示用など用紙サイズに応じて任意に拡大縮小してもきれいに出力できるようにした。
    ・猿害対策情報システム「サルどこネット」(http://www.sarudoko.net)と組み合わせて出没情報をさまざまな様式で閲覧および印刷して情報配布を行えるようにした。
     このイラストマップにより生活や情報伝達でなじんだランドマークが具体的イラストで記されているため、会話や文章による位置の伝達がしやすく、直感的に位置や情報の把握が容易となると考えられる。この情報地図が多くの住民の目にふれる場に掲示されることによって、サルの出没場所・範囲、被害や対策の状況が把握されると同時に、関心を高めることによりさらに多くの情報が集まり、対策に向けた議論が活発となることが期待される。
  • 小学校安心安全マップを事例に
    *野中 健一, 柳原 望
    日本地理学会発表要旨集
    2008年 2008f 巻 P731
    発行日: 2008年
    公開日: 2008/11/14
    会議録・要旨集 フリー
    本研究は、地図表現にイラスト技法を取り入れることによって、地域環境や情報に親しみやすく馴染むベースとしての地図を作り、読図者に対してわかりやすく、かつ共感をもたらすインターフェイスの手法を作り上げることを目的としている。
    事例研究として、小学校区における地域住民と生徒が活用できる安心安全マップを作成し、その効果を検証した。
    小学校区の子どもの通学、遊びにおいて地域の安全情報は重要な課題になっており、一つの手法として各地で安心安全マップの作成が盛んになっている。地域の安全情報をいかに収集するか、わかりやすく示すか、そしてその情報をどうしたら効果的に共有できるかという点について、実践をともなった議論が重要な課題となっている。
    事例では、校区内の保護者に集まってもらい討論することにより、情報を収集したが、討論の場を設けたこと自体が、参加者にとって情報共有や横のつながりの構築といった点で有意義なものとなった。また、いくつかの異なる視点からの情報によって、地域の特徴や地域の大人および子どもが必要とする情報を明確にすることができた。 地図化にあたっては、生活行動範囲における道路や基準軸になる河川などを描き、生活になじんだランドマークを具体的イラストで記した。これによって安心安全マップが親しみやすく受け入れられ、位置や情報の把握と地図によるコミュニケーションが活発化することを目指した。 さらに作成した地図によって地域情報が明確になり討論が深まるとともに地図を通じて地域への共通理解が促進されることが期待される
    ●地図の作製のポイント ・PTA作成の手描き地図を参照し、基本的な構成や情報を用い、その一般化をはかった。 ・校区内で異なる特徴を持つ地区に居住する保護者に協力を求め、地域の環境や情報について討論の場を持ち、その結果を地図に反映させた。 ・地図の情報がだれにでもわかりやすく受け止められることに主眼をおいた。 ・地域の特徴が表現でき、場所や位置関係がわかりやすく把握できることを目指した。 ・安心安全情報が的確に示され、注意を喚起できるアイコンの形を追求した。 ・汎用性をもち、情報の更新や共有を容易にするため、市販コンピュータソフトを用いて描画を行った。作成した図形はすべてベクトルデータとすることにより、任意に拡大縮小することを可能とした。 ・地名・施設名は一般的に通称が使用されているものは親しみやすさと理解を優先して通称と正式名を併記した。 ・校区を中心とし、その周辺でも遊びなどで出かける機会の多い場所は記した。 ・坂や起伏の多い事例地区ならではの注意喚起ができるよう、地図表現を工夫した。 ・親子で対話しながら個別家庭に即した地図にアレンジできる様式を提案した。
  • 小野 健吉
    造園雑誌
    1985年 49 巻 5 号 49-54
    発行日: 1985/03/31
    公開日: 2011/07/19
    ジャーナル フリー
    明治中期~昭和初期にかけて京都を中心に多岐にわたる分野で活躍した日本
    画家
    ・神坂雪佳は、庭園にも関心を示し、設計にかかわった大橋氏松ヶ崎別邸 (無書庵) 庭園では雪佳らしい特色も出した庭園意匠を見せている。この時期、雪佳のほかに竹内栖鳳、橋本関雪らの
    画家
    も庭園に関心を持ち、自邸の庭園を作っている。そしてこれらの
    画家
    の庭園への関心が、この時期の京都の庭園の水準を引き上げる要因の一つであった。
  • 大久保 純一
    浮世絵芸術
    2002年 142 巻 9-14
    発行日: 2002年
    公開日: 2021/03/17
    ジャーナル オープンアクセス
  • 鈴木 麻記
    マス・コミュニケーション研究
    2016年 88 巻 117-136
    発行日: 2016/01/31
    公開日: 2017/10/06
    ジャーナル フリー
    This paper aims to reinterpret the activities of the Manga Artists' Association, the Tokyo-Manga-Kai, in terms of a movement attempting to improve the social position of manga, through a socio-historical consideration of the group's significance and limitations. This study seeks to overcome the limitations of conventional studies of manga history by avoiding the a priori assumption that "manga" was always a self-evident category. Rather, it aims to understand how it became possible for manga to be established as a cultural field and how artistic productions came to be consumed as manga. Additionally, the study aims to problematize these as historical phenomena in their own right. To clarify these points, this study focuses on an association of manga artists, rather than readers or the works themselves. Between the Meiji and Taisho periods, the referential category of "manga" encompassed a wide variety of representational forms, with only vague boundaries between manga and other representational media. To understand manga in contemporary terms as the category that oscillated between multiple boundaries, we need to question how manga artists had defined their own position by prioritizing their self-definition. Therefore, this study focuses on Japan's first association of manga artists, the Tokyo-Manga-Kai, and undertakes an analysis of the group's activities. The results of my analysis revealed that, in the Taisho period, without the establishment of manga as an autonomous and bounded field, manga artists were situated in a multi-layered and ambivalent position between the categories of art and journalism, and carried out various movements to define their position. While these movements may appear to have led to the promotion of manga and manga artists, they did not ultimately lead to the elimination of characteristic ambivalence.
  • 首藤 譲
    日本釀造協會雜誌
    1986年 81 巻 11 号 803
    発行日: 1986/11/15
    公開日: 2011/11/04
    ジャーナル フリー
  • 鑑賞者が作者の作品世界をより深く鑑賞することを可能にする機械学習を活用した体験型展示
    *小林 茂, 桑久保 亮太, 松井 茂, 大谷 芳之, 張 心祈, 仁泉 大輔
    人工知能学会全国大会論文集
    2020年 JSAI2020 巻 1G3-ES-5-04
    発行日: 2020年
    公開日: 2020/06/19
    会議録・要旨集 フリー

    本研究では、美術作品の鑑賞に対する積極的な評価と機械学習技術の発展に対する関心の高まりを背景に、機械学習を活用した美術作品の新しい鑑賞方法を提案する。20世紀前半に活躍し、独特の構図と色合いで知られるイタリアの

    画家
    Giorgio Morandiをテーマに選び、
    画家
    のモチーフを再現した物体を鑑賞者が自由に配置して構図を決め、機械学習(pix2pixおよびCycleGAN)によって
    画家
    の色合いを再現した画像を生成して表示する体験型展示を開発した。29人を対象としたアンケート調査の結果より、この作品を体験することにより
    画家
    に対する関心が深まったことが確認できた。

  • 市街化調整区域での開発許可条例による開発コントロールを中心に
    塚本 太一, 和多 治
    都市計画論文集
    2005年 40.3 巻 403-408
    発行日: 2005/10/25
    公開日: 2017/07/01
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究では、地方都市の今日的状況の考察を通しての法改正の背景の把握をもとに、調整区域を抱える地方都市のうち 65都市を対象(1)に、調整区域に焦点を当てて区域区分制度の運用実態を分析した。また調整区域での開発許可条例について、県レベルでの制定方針を概観したうえで、市レベルでの条例活用状況の把握を行った。さらにその中で典型的な自治体を取り上げ制定の経緯・運用及び問題点についての分析を行った。以上を通して、今後の調整区域での 34・8・3条例を中心とした開発コントロール手法への有効性や問題点を評価することを目的とする。
feedback
Top