詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する: 検索条件を変更
クエリ検索: "発見"
507,296件中 1-20の結果を表示しています
  • 林 魁一
    人類學雜誌
    1938年 53 巻 9 号 429-441
    発行日: 1938/09/25
    公開日: 2008/02/26
    ジャーナル フリー
  • 尾形 良彦
    総合講演・企画特別講演アブストラクト
    2004年 2004 巻 Spring-Meeting 号 79-87
    発行日: 2004年
    公開日: 2010/07/01
    ジャーナル フリー
  • 高橋 進, 田倉 智之
    日本透析医学会雑誌
    2011年 45 巻 2 号 99-100
    発行日: 2012/02/28
    公開日: 2012/02/29
    ジャーナル フリー
  • 早期腎臓病発見プログラム(KEEP JAPAN)を足がかりとしてグローバル・コラボレーションに向けて
    高橋 進
    日本透析医学会雑誌
    2011年 44 巻 2 号 109-121
    発行日: 2011/02/28
    公開日: 2011/03/31
    ジャーナル フリー
    腎臓病早期
    発見
    推進機構(IKEAJ)は,いかに早く,CKDを
    発見
    し治療を進めていくかということを目指している.早期
    発見
    は絶対に必要であるが,残念ながら,言うのは簡単であるが,それを実行することは難しいのが現実であり,さまざまな問題点が指摘されている.まず,だれを選択したらいいか,日本人全員を調べる,これは当然コストの面から不可能であろう.次に,どのような検査がよいのか,検査といっても,全国共通で行うためには,単純かつ簡易なものでなければならず,さらに,効率的に見つけるということも必要である.また,診断基準は当然のことながら,世界的標準のものを用いるべきである.IKEAJは,米国腎臓財団(NKF)による早期腎臓評価プログラム(KEEP)の日本版プログラムを開発し,KEEP JAPANを呼称し,本人に糖尿病や高血圧症の有無,または糖尿病・高血圧症・腎臓病の家族既往症歴の有無のリスク因子のある方を対象に,わが国のCKD発生率およびリスク因子等を検討している.アルブミン-クレアチニン比率と推定糸球体ろ過量(eGFR)によるCKD発生率(ステージ1-4)は26.7%である.糖尿病の参加者の中でのCKD発生率は35.0%,非糖尿病の参加者と比べて1.7倍上回っている.高血圧症の参加者の中でのCKD発生率は34.8%,非高血圧症の参加者と比べて3.4倍上回っていた.CKDの参加者のCVD発生率は28.9%で,非CKD参加者と比べて1.9倍上回っている.糖尿病および高血圧症の既往症歴をもった参加者の38.3%はCVDである.CKD罹患率は従来想像されていたより高い.KEEP JAPNは,本プログラムの目標とされた本質に基づいて,CKDの痕跡がある高リスク集団を明らかにし,これらのデータを基に各国のデータと比較する.世界保健機関(WHO)は戦略の一つとして非感染性疾患(NCD)対策を重要課題とし,フォーカスとなっているのは,CVD,がん,糖尿病,慢性呼吸器疾患であり,これらは密接にタバコ,不健康な食事,運動不足,およびアルコール摂取などの生活習慣共通のリスクの関与が明白となっている.糖尿病やCVDとCKDはその発症や合併症の面などで関連が強いにもかかわらずCKDに対する社会認識はこれらの生活習慣病に比べて低い.しかし,CKDを生活習慣病の仲間といえ,CKDの認知度をグローバルに向上させることが,とりもなおさずCKD対策である.
  • 内村 正幸, 土屋 凉一, 正 義之, 武藤 良弘, 伊達木 伸男, 陳
    発見
    , 土山 秀夫
    日本小児外科学会雑誌
    1972年 8 巻 1 号 50-51
    発行日: 1972/06/01
    公開日: 2017/01/01
    ジャーナル フリー
  • 藤田 美保
    日本乳癌検診学会誌
    1994年 3 巻 2 号 157-161
    発行日: 1994/07/30
    公開日: 2011/03/02
    ジャーナル フリー
  • 佐藤 陽子, *田渕 弘子, *中田 玲子, 五十嵐 美智恵, 植木 千恵子, 萱野 静香, 石山 晃子, 鈴木 香里, 大炊 三枝子, 白澤 幸雄, 米澤 外喜夫, 福永 淑子
    日本調理科学会大会研究発表要旨集
    2017年 29 巻 2C-8
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/08/31
    会議録・要旨集 フリー
    【目的】
    「地産地消」と地方創生の一環として「我孫子市の農力
    発見
    プロジェクト」と題し,地元の野菜を用いた料理教室は二年目を迎えた。今回は4回開催し,季節野菜の魅力を生かした献立を和,洋,中華にし,選食形式で行った。アンケート調査により,参加者の料理教室後の地元野菜に対する意欲などから食生活に及ぼす影響を調べた。
    【方法】
    1. 我孫子市の年間の生産野菜を生かし,6~8回目の料理教室を計画した。6回目は10月に「我孫子の新米と秋採れ野菜でつくる旬の味」,7回目は12月に「クリスマス音楽美食と一緒においしく学ぶ」,8回目は翌年2月に「我孫子の野菜と点心の出会い」というテーマを設定した。役所から地元の市民に毎回約40~70名の応募をかけ,料理教室を開催した。
    2. 毎回,季節野菜の献立の情報を事前に広報にて知らせた。
    3. 食事後に食生活とのかかわりなどの座学を行い,最後にアンケート調査を行った。
    【結果】
    参加者の半数以上は女性で,60代と70代が多かった。6回目は丼ぶりのごぼうのだし汁炊き鶏ごぼう丼,7回目は前菜の里芋コロッケ,8回目は塩味点心の中華粥の評価が5段階で一番高かった。評価の高かった理由として,『美味しかった・好みだった』が85%以上であった。また,『自宅で作りたい』との回答が90%以上であり,その理由として『また食べたい』『家族たちにも食べさせたい』との回答が6割以上であった。前年の1~4回目の調理実習よりも選食形式を希望する者が多かった。
    【まとめ】
    地域食材を使用した選食形式の料理教室を開催すると地域食材への認識が深まり,自宅での調理に積極的に地域食材を利用する傾向が認められた。地産地消を推進するには地域食材を使用する料理講座は有効と考えられた。
  • 石渡 喜代治
    地図
    1999年 37 巻 1 号 19
    発行日: 1999/03/31
    公開日: 2011/07/19
    ジャーナル フリー
  • 吉田 幸夫, 斎藤 等, 斉藤 武久, 坪川 俊仁, 高波 二三, 涌井 慎哉, 大坪 俊雄, 藤枝 重治, 岩城 詠子, 坂下 勤武, 佐藤 文彦
    喉頭
    1989年 1 巻 1 号 52-55
    発行日: 1989/06/01
    公開日: 2012/09/24
    ジャーナル フリー
    From May to July in 1985, and again in June of 1988 a mass screening for early detection of laryngeal cancer was conducted in Fukui prefecture. All persons who responded to a newspaper add for free voice assessment were examined. A total of 918 people, 542 males and 376 females from 30 to over 90 years of age were studied. The age distribution included 95 people in their thirties, 288 in forties, 288 in their fifties, 152 in their sixties, 84 in their seventies, 8 in their eighties and 1 who was 90 years of age. The screening included a routine indirect mirror laryngoscopic examination. Ten glottic laryngeal cancers were detected, nine of them were Tla cases and one was a T3. Thus, approximately 1.1% of the population studied were identified as having laryngeal cancer. This cancer rate is considerably higher than that reported for cancer screening for other organs. Of the 918 persons screened there were no false positives. These results demonstrate the usefulness of this screening technique for early detection of glottic laryngeal cancer.
  • 福島 愛美, 倉澤 正典, 篠崎 貴之, 登坂 庸平, 四方田 武瑠, 堀川 慶太, 村岡 美幸, 古屋 和彦
    国立のぞみの園紀要
    2019年 12 巻 122-127
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/08/15
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス

    国立のぞみの園では認知症の罹患者が増加傾向にある中で,周辺症状が現れる前に認知症の発症に気づくなど,早期

    発見
    が喫緊の課題となっている.そこで2010(平成22)年から開始したDSQIIDの調査結果を用いて,全入所者を対象とした2017(平成29)年1月と2018(平成30)年1月の調査結果を分析し,早期
    発見
    の効果的な方法を検証した.その結果,重度の知的障害があっても「情緒が不安定になる」,「今までにできていたことができなくなる」,「活力が低下した印象を受けるようになる」,「動作が緩慢になる」といった兆候が見られたときには,認知症を疑いつつ,支援方法や支援計画を見直していくことの必要性が示唆されたと同時に,DSQIIDを最重度の知的障害者の認知症の早期
    発見
    に活用できることが明らかになった.

  • 外来発見sm癌との対比
    田邊 一郎, 河村 奨, 篠山 哲郎, 宮崎 誠司, 田辺 満彦, 武波 俊彦, 林 謹也, 中田 和孝, 浅上 文雄, 大下 芳人, 河原 清博, 竹本 忠良
    消化器集団検診
    1984年 1984 巻 64 号 63-67
    発行日: 1984/09/15
    公開日: 2012/12/11
    ジャーナル フリー
  • 吉野 邦俊, 佐藤 武男, 馬谷 克則, 野間 成則, 藤井 隆, 八田 千広
    日本気管食道科学会会報
    1988年 39 巻 2 号 151-157
    発行日: 1988/04/10
    公開日: 2010/10/20
    ジャーナル フリー
    Since about 80% of the patients with the hypopharyngeal carcinoma have advanced stages (III, IV) at the first examination, the prognosis is poor (the 5-year-survival rate is only 20-30%) . Therefore, the early detection of this carcinoma is especially important.
    We investigated 146 patients, treated at our hospital from 1978 to 1986; 110 pyriform sinus type (PS), 21 postcricoid type (PC), and 15 posterior wall type (PW) . For the initial symptoms, about half of the patients complained of characteristic pains of the pharynx (fairly localized pain, especially when swallowing), about 20% neck nodal swelling (i. e. already advanced stage) . There existed no definite correlation between the interval from the appearance of initial symptoms to the first examination and the stage of the disease, but most patients with stage I, II visited doctors within 3 months. About 80% of the patients visited an otolaryngologist, and about 20% visited a surgeon or a physician, for the first time. Many of the latter group had the symptom of neck nodal swelling. There were three patients whose carcinomas were detected unexpectedly by medical examination for cancer of the lung or the stomach. By the analysis of the courses of the patients, it was suggested that about 20% of the carcinomas would have been detected one-four months earlier, if examined in detail at the first visit, and about 30% detected four months earlier, if visited a doctor before the secondary symptoms appeared.
    There are the following three risk factors for the carcinoma; i. e. smoking and drinking (Brinkman index=600, Sake index=60), sideropenic anemia, and radiation. Because of the very low incidence of the carcinoma, it is important to keep these factors in mind when examine the patients older than 50 years.
    Sputum cytology for three cosecutive days seems to be very useful for screening the patients at risk. The positive rate was 55. 5% in Ti and 69. 6% in T2.
    For the suspicious cases, the endoscopy (e. g. fiberscope with hood) must be done actively.
  • 小野 勇
    日本気管食道科学会会報
    1988年 39 巻 2 号 127-132
    発行日: 1988/04/10
    公開日: 2010/10/20
    ジャーナル フリー
    Seven hundred and sixty-seven patients with laryngeal cancer were clinically and epidemiologically studied with special reference to early detection of the cancer. In the cases with carcinoma of the glottis, the average period from the onset of hoarseness to the detection of the cancer was approximately 9 months. When laryngeal cancer was detected within 3 months after the onset of hoarseness, early cancer of Ti accounted for 70% of the cases. Therefore, effective public education and mass screening are mandatory for early detection of the laryngeal cancer.
    It is noteworthy that, in the cases of supraglottic cancer, sore throat and/or cough were very often the first symptoms. Sore throat was the first symptom in 62% and 28% of the cases with cancer of the epilarynx and the false cord respectively.
    Second primary cancers may sometimes be the cause of death. In this study, double and triple primary cancers developed in 131 (17. 1%) and 13 (1. 7%) cases respectively. Close observation concerning second primary cancer is most advisable during the follow-up period of laryngeal cancer even after 5 years, because the incidence of second primary cancer is quite high.
  • 佐藤 文彦, 斉藤 等, 斉藤 章, 竹中 洋, 上出 一朗, 斉藤 武久, 吉田 幸夫, 坪川 俊仁, 高波 二三, 黒川 泰資
    日本気管食道科学会会報
    1985年 36 巻 3 号 267-271
    発行日: 1985/06/10
    公開日: 2010/02/22
    ジャーナル フリー
    Mass examination of laryngeal cancer has been attempted only in a few area in this country. From May to July in 1984, our mass examination for early detection of glottic cancer and other diseases of the vocal fold was performed in co-operation with eight health centers, twenty four E. N. T. clinics and a local press in Fukui prefecture.
    Six hundred and eleven patients, who complained of hoarseness, underwent the examination. They consisted of 343 males and 268 females. Age distribution of the patients was 68 in thirties, 211 in fourties, 260 in fifties, 75 in sixties, 50 in seventies, 6 in eighties and 1 in nineties.
    Seven males (1.2%) of the glottic cancer and eight males of precancer (seven hyperkeratosis and one leukoplakia) were found among the 611 patients. In these laryngeal cancers, six cases were T1a of early stage and one was T3 in the classification by Intenational Union Against Cancer (UICC).
    Other 596 patients distributed to 296 chronic laryngitis, 60 acute laryngitis, 66 laryngeal polyp, 41 Rienke's edema, 55 laryngeal nodule and others.
    We achieved our purpose by early detection of six glottic cancers in this mass examination, and look foward to the examination same as ours in other prefectures.
  • 川西 秀樹, 高橋 進
    日本内科学会雑誌
    2014年 103 巻 12 号 3036-3038
    発行日: 2014/12/10
    公開日: 2015/12/10
    ジャーナル フリー
    内科系学会社会保険連合(内保連)腎・血液浄化療法関連委員会では平成26年度は,新規・既収載を含め12技術の提案を行ったが,残念ながら1提案しか反映されなかった.透析療法に代表される血液浄化療法は技術料・管理料として診療技術も含めて包括化されており,新たな内科診療技術を提案するには限界がある.しかし,逆に腎不全医療は対象集団が限定されており,しかもアウトカムの設定が容易であるため,費用対効果の検討の対象となり得る.今後,エビデンスと費用対効果に基づく提案を行う必要がある.
  • 寺川 智祐
    日本科学教育学会年会論文集
    1992年 16 巻
    発行日: 1992/07/29
    公開日: 2018/05/16
    会議録・要旨集 フリー
  • 中冨 一郎
    薬剤学
    2021年 81 巻 4 号 269-275
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/10/01
    ジャーナル フリー
  • -肺塞栓症予防を目指して-
    渡邊 美恵
    理学療法学Supplement
    2019年 46S1 巻 P-B-8-1
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/08/20
    会議録・要旨集 フリー

    【はじめに 目的】

     2016年4月~2017年7月の16か月間に、当院でリハビリを行っている入院患者のうち5例が肺塞栓症を発症した。うち1例ではリハスタッフが肺塞栓症発症前にDVT徴候の存在に気付いていたが、残り4例は呼吸苦で看護師が

    発見
    した。今回、リハスタッフがDVTの存在を見逃さないよう取り組んだ。

     結果、脳卒中例で、DVTを

    発見
    した例が多く、報告する

    【方法】

     リハを行っている全例で毎日リハ開始前にDVT徴候(下腿の腫脹、発赤、ホーマンズ兆候、表在静脈の怒張)の有無を確認した。下腿の腫脹は最大周径を測定し、左右差2㎝以上を差ありとした。DVT存否の確認は下肢静脈エコー検査で行った。

    【結果】

     2017年8月21日~12月10日の約3.5カ月に1006例がリハを開始した。

    ①リハ対象者の基礎疾患:脳卒中312例(うち脳梗塞179例、脳出血65例)、神経外傷88例(うち脊髄損傷13例)、神経変性疾患38例(うちパーキンソン病関連疾患29例)、CIDP 8例、脊髄炎8例、他の神経疾患64例、四肢骨折118例(うち大腿骨頚部骨折64例)、呼吸器疾患68例(うち肺炎45例、肺がん5例)、循環器疾患52例(うち心不全28例)、消化器疾患140例(うち胃・大腸・直腸がん42例、胆管炎20例、肝硬変7例)、その他88例。

     ②DVT存在確認例:期間中にDVTの存在が確認されたのは10例。基礎疾患は、脳梗塞6例、脳出血1例、大腿骨頚部骨折1例、胆管炎1例、肝硬変1例であった。なお、脳梗塞1例は直腸がんを、胆管炎1例は胃がんを併発していた。

     ③DVT確認の経緯とDVT徴候:10例中、9例には上記DVT徴候のいずれかがあり、リハスタッフから主治医へ報告。下肢静脈エコー検査でDVTの存在を確認した。いずれの徴候も示さなかった残り1例では、定期CT検査で肺塞栓症(無症候性)が

    発見
    されたため、下肢静脈エコー検査を行い、DVTの存在が確認された。

     兆候があった全例とDVTの関係をみると、「腫れ」があった17例中9例にDVTがあり、「腫れ+ホーマンズ兆候」があった3例中3例にDVTがあった。

    【考察】

     当院は急性期・回復期病棟を有するが、DVTは肝・胆道系疾患だけでなく、急性期CVA患者でも多かった。

     DVT

    発見
    件数は、本取り組み前と比較すると増加しているが、少なくとも1例は上記DVT4徴候を欠いており、評価法の改善が必要である。

     なおDVTを早期

    発見
    した9例に関しては、治療が行われ、肺塞栓症は発症しなかった。

     脳卒中急性期患者のVTEリスクは高い。「Caprini VTE Risk Assessment Model」では脳卒中1か月以内例はそれだけで5点となり、VTEハイリスクとなる。今後も、取り組みを継続し、DVT早期

    発見
    に努める。

    【倫理的配慮,説明と同意】

    本研究は社会医療法人ペガサス馬場記念病院倫理委員会の承認を得て実施した。

  • 増田 寛次郎
    日本内科学会雑誌
    1997年 86 巻 12 号 2233-2234
    発行日: 1997/12/10
    公開日: 2008/06/12
    ジャーナル フリー
    視力障害はQOL (quality of life)を著しくそこなう.早期
    発見
    ・早期治療によってこのような悲劇はさけられる.早期
    発見
    のポイントは患者さんからの訴えられる症状を早く適確にとらえ予想診断を下すことである.急激あるいは慢性的な視力障害,眼病の中にはいろいろな疾患が含まれている.
  • 第5回「声がれ検診」の結果を中心に
    野田 一郎, 井川 秀樹, 岡本 昌之, 須長 寛, 木村 有一, 山本 健人, 杉本 千鶴, 藤枝 重治, 大坪 俊雄, 斉藤 武久, 津田 豪太, 斎藤 等
    喉頭
    2001年 13 巻 2 号 85-88
    発行日: 2001/12/01
    公開日: 2012/09/24
    ジャーナル フリー
    Mass screening examinations for the detection of early laryngeal cancer were carried out five times in the past 20 years in Fukui prefecture. A total of 1452 people, 1003 male and 449 female, ranging from 30 to over 90 years of age, underwent the examination. 14 glottic laryngeal cancers were detected.
    Of those 14 cases, 13 were Tis or Tla cases and one was a T3. Thus, approximately 1% of the population studied was identified as having laryngeal cancer.
    As mentioned in previous reports, this rate was considerably higher than that reported for cancer screening for other organs. Thirteen patients, those diagnosed with Tis or Tla, were cured of cancer by radiation therapy only. Their larynxes were preserved. Therefore, this mass screening contributed to curing patients with laryngeal cancer while preserving their larynxes. On the other hand, this screening process had several weak points, such as the small absolute number of examinees, the high relative number of examinees who were not in a high-risk group and few subsequent checkups for patients with benign laryngeal disease. Taken together, mass screening examinations have proved useful for early detection of laryngeal cancer, and should be continually refined to overcome faults.
feedback
Top