詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "真田丸" NHK
11件中 1-11の結果を表示しています
  • 眞田 幸俊
    電子情報通信学会 通信ソサイエティマガジン
    2016年 10 巻 1 号 44-45
    発行日: 2016/06/01
    公開日: 2016/06/01
    ジャーナル フリー
  • 林田 将来, 北村 紀一郎, 吉藤 昌代, 山本 佳則
    放送研究と調査
    2018年 68 巻 3 号 76-83
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/04/20
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • 吉藤 昌代, 斉藤 孝信, 林田 将来, 山本 佳則
    放送研究と調査
    2018年 68 巻 9 号 88-95
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/10/20
    研究報告書・技術報告書 フリー
    The NHK Broadcasting Culture Research Institute conducted a nationwide survey on audience ratings from June 4 (Monday) to 10(Sunday), 2018, using a drop-and-collect survey method. 3,600 individuals aged seven and older all over Japan were surveyed.
  • 和田 崇
    日本地理学会発表要旨集
    2017年 2017s 巻 812
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/05/03
    会議録・要旨集 フリー
    本研究は,「映画のまち」と呼ばれる広島県尾道市と映画とのかかわりについての全国的な認知状況,さらに尾道市における映画を活用したまちづくりに対する認識を把握,整理したものである。
    旅行先を決定する際に参考とするメディアについて尋ねたところ(MA),「旅行雑誌」が最も多く(38.3%),「テレビ旅番組」(33.2%),「知人・友人からのクチコミ」(24.3%),「旅行代理店パンフレット」(21.9%)が続いた。テレビ旅番組以外の映像メディアは「テレビCM」が10.1%,「映画」が9.1%,「テレビドラマ」が6.6%となり,一定の情報源となっている状況が確認できた。 これに対して,実際に映画やテレビドラマで映し出された場所や作品の舞台となった場所を観光で訪れたことのある者(フィルム・ツーリスト,以下「FTs」)の割合は回答者全体の38.3%に達した。年齢や性別による違いは確認できないが,近畿と関東以北の居住者,および映画鑑賞本数の多い者ほど,その割合が大きくなる傾向が認められた。FTsのうち直近5年以内にそうした観光を行った者は72.1%で,そのうち90.5%が個人で,14.8%が団体で旅行している。 個人旅行の訪問先をみると,国内では北海道が最多で(25件),長野(9件),東京(8件),京都(6件)などが続いた。北海道は映画「北の国から」「幸せの黄色いハンカチ」のロケ地を訪ねた者が,長野はNHK大河ドラマ「真田丸」やNHK連続テレビ小説「おひさま」の舞台を訪ねた者が多い。外国のロケ地等を個人で旅行した者も18件と多く,国別にみると,「千と千尋の神隠し」の舞台といわれる台湾,「ローマの休日」ロケ地のあるイタリアを旅行した者が比較的多い。団体旅行でも,個人旅行と同様に,外国(11件)と北海道(6件)を訪ねた者が多かった。
    尾道市が「映画のまち」と呼ばれていることの認知状況を尋ねたところ,「知っている」と回答した者は26.6%であった。年齢性別では40~50歳代の女性が,居住地では中国・四国と関東の居住者が,また映画鑑賞本数が多いほど,「知っている」と回答した者の割合が大きかった。 尾道でロケが行われた映画等(以下「尾道ロケ映画」)を鑑賞したことがある者の割合は59.2%であり,作品別にみると,「時をかける少女(1983年)」が37.3%,「てっぱん(NHK連続テレビ小説,2010年)」が19.0%,「転校生(1982年)」が18.4%,「男たちの大和/YAMATO」が17.3%,「東京物語(1953年)」が10.5%と1割を超えた。年齢別にみると,60歳以上は「東京物語」を,40~50歳代は「時をかける少女」「転校生」などの大林宣彦監督作品を鑑賞した者の割合が大きく,「てっぱん」は年齢の高い女性ほど鑑賞率が高まる傾向がみてとれた。なお,男女とも20~30歳代において尾道ロケ映画を鑑賞したことのない者の割合が他世代と比べて20%以上高い結果となった。また,それらが尾道でロケが行われたことを知っている者は35.9%にとどまった。 次に,尾道市で行われている映画関連活動の認知状況を尋ねると,いずれかの活動を知っている者は回答者全体の14.4%にとどまった。活動内容別にみると,「大林宣彦監督作品ロケマップ」が最多で(6.8%),その他は「おのみちフィルム・コミッション」3.5%,「シネマ尾道(NPO運営映画館)」2.9%,「おのみち映画資料館」2.5%と低率にとどまった。また,「大林宣彦監督作品ロケマップ」を知っている者は40歳代,「おのみち映画資料館」を知っている者は50歳代以上が中心で,20~30歳代はいずれの活動も知らない者が多かった。
    尾道に観光目的で訪れたことのある者は19.2%で,そのうち「映画のまち」と知ったうえで訪れたことがある者は5.4%,「映画のまち」と知らずに訪れたが訪問後にそのことを知った者が3.9%,「映画のまち」と知らずに訪れ訪問後もわからなかった者が9.5%であった。 また,尾道市で開催されれば参加したいと考える映像関連イベントを尋ねたところ,「映画より他の観光施設等を楽しみたい」と回答した者が21.6%と最多であったが,「ロケ地訪問ツアー(マップ配布・個人)」が19.2%,「ロケ地訪問ツアー(ガイド付・団体)」が13.8%,「尾道ロケ映画愛好者による交流会」が10.1%など,映画鑑賞本数の多い者や20~30歳代の女性を中心に,映画関連イベントに対するニーズの存在も一定程度確認できた。
  • 村野八兵衛
    林業経済
    2016年 69 巻 7 号 i
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/04/27
    ジャーナル フリー
  • 土田 ひかり, 遠藤 忠, 禹 在勇
    日本デザイン学会研究発表大会概要集
    2017年 64 巻 PA-37
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/06/29
    会議録・要旨集 フリー
    漢方に使用される生薬の一つに「地黄」がある。地黄はかなり古くから用いられてきた生薬であるが、地黄の知名度はかなり低い。本研究は地域デザインの一環として我々の研究室と信州上田薬草の会が連携し、栽培、収穫、加工、パッケージデザイン、販売を共に行い、6次産業化を目指した。今回はジオウの知名度に焦点を当て活動を行う。そして現代人に合った形で薬草の商品を提案し、ジオウの知名度の向上を図る。
  • コンピュータ&エデュケーション
    2016年 40 巻 99
    発行日: 2016/06/01
    公開日: 2016/12/01
    ジャーナル フリー
  • 宮田 章
    放送研究と調査
    2018年 68 巻 4 号 16-43
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/05/20
    研究報告書・技術報告書 フリー
    本稿は、テレビドキュメンタリーを、取材対象である現実を、作り手が意味づけたものととらえ、あるテレビドキュメンタリーのテクストがどの程度〈現実寄り〉であるか、また、どの程度〈作り手寄り〉であるかという問いを立てて、テクストの各領域をデータ化し、それに基づいてテクスト内容を読み解く研究を提示するものである。具体的にはテクストを構成する映像と音声を現場/非現場、言語/非言語の指標を用いてデータ化し、それに基づいてテクスト内容をマルチモーダルに読み解く方法を示す。あわせて、日本のテレビドキュメンタリー史上最初のヒット作である『日本の素顔 日本人と次郎長』(1958)がなぜヒットしたかを上記の方法を用いて考察する。
  • 池口 徹
    電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review
    2017年 11 巻 1 号 4-5
    発行日: 2017/07/01
    公開日: 2017/07/01
    ジャーナル フリー
  • 加瀬 善洋
    堆積学研究
    2017年 76 巻 1 号 33-37
    発行日: 2017/12/26
    公開日: 2018/03/02
    ジャーナル フリー
  • 西川 敦
    生体医工学
    2017年 55 巻 5 号 225-229
    発行日: 2017/10/10
    公開日: 2018/03/10
    ジャーナル フリー
feedback
Top