詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "石材"
7,953件中 1-20の結果を表示しています
  • 紺野
    地学雑誌
    1932年 44 巻 3 号 180
    発行日: 1932/03/15
    公開日: 2010/12/22
    ジャーナル フリー
  • 西本 昌司
    日本地質学会学術大会講演要旨
    2019年 2019 巻 T4-O-13
    発行日: 2019年
    公開日: 2020/08/28
    会議録・要旨集 フリー
  • 先山 徹
    日本地質学会学術大会講演要旨
    2019年 2019 巻 T4-O-11
    発行日: 2019年
    公開日: 2020/08/28
    会議録・要旨集 フリー
  • 高橋 直樹, 赤司 卓也, 高木 淳
    日本地質学会学術大会講演要旨
    2018年 2018 巻 T1-P-3
    発行日: 2018年
    公開日: 2019/08/16
    会議録・要旨集 フリー
  • 鈴木 敏
    地質学雑誌
    1919年 26 巻 310 号 291-309
    発行日: 1919/07/20
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
  • 岡 淳平
    石膏と石灰
    1971年 1971 巻 115 号 256
    発行日: 1971/11/01
    公開日: 2011/03/07
    ジャーナル フリー
  • 林 実花, 藁谷 哲也
    日本地理学会発表要旨集
    2016年 2016s 巻 P052
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/04/08
    会議録・要旨集 フリー
    アンコール遺跡は,カンボジア・シェムリアップ周辺に9~15世紀に存在したクメール王朝時代の石造建築遺跡群である.遺跡に使用されているラテライト石材は,遺跡の土台部分や環濠・城壁を中心に多く利用されている.近年,ラテライト石材の劣化は深刻な問題となっており,1952年には,アンコール・ワット西参道が大崩壊した例もある.そこで本研究は,アンコール遺跡群のアンコール・ワット西参道に使用されている建設当時の古いラテライト石材や,近年修復により新たに導入された新しいラテライト石材を対象に,風化プロセスの検討を行なった.アンコール・ワット西参道では,北東部の側壁に近年修復された新しいラテライト石材が,北西部のそれに建設当時の古いラテライト石材がみられる.ラテライト石材の劣化状態を把握するため,北東部3地点,北西部4地点にて,観察およびサンプルの採取を行った.また,石材の風化度および石材表面の水分量を把握するため,エコーチップ硬さ試験機・帯磁率計および赤外線水分計による測定を行った.そして,ラテライトの風化特性を把握するため,室内にて乾湿繰り返し実験を行った.一方サンプリングした石材は,主要構成鉱物を同定するため,X線回折分析を行った.西参道北西部では,側壁基部に顕著な凹みのみられる地点があり,最大で36cmの奥行きを持つ凹みが確認された.そして,北西部の石材表面には,最大直径5cm程の数多くの空隙がみられた.一方北東部では,凹みや空隙はほとんど認められず,稀に最大直径2cm程度の空隙が観察された.環濠の水位変化を基準にすると,側壁上部の石材強度(HLD),帯磁率,含水比(%)の平均値は,それぞれ北西部で312,0.56,14.8,北東部で374,0.82,12.8であった.一方,側壁下部における平均値は,北西部で224,0.48,30.0,北東部で363,0.82,20.2であった.乾湿繰り返し実験により,石材の残留率は17サイクルで90%まで減少した.古いラテライト石材の主な構成鉱物は,ゲータイト・ヘマタイト・石英であった.なお,未風化のラテライト(採石場より採取)からは,カオリナイトも確認されている.西参道の側壁は下部が水に接しており,雨季と乾季の降雨によって最大60cmの水位変化が生じる.測定された含水比は側壁下部で高い値を示していることから,水位変化が石材の風化に影響を与えていることが推定できる.乾湿繰り返し実験からわかるように,湿潤・乾燥が繰り返されると石材に破砕が生じる.西参道北東部と比較して,北西部の石材の強度は約19%低く,帯磁率も約32%低かった.このことから,水位変化に伴う乾湿の繰り返しによって,石材の風化は進行し,強度低下が生じたと考えられる.また,石材表面の空隙の拡大には,水位変化によるカオリナイトの流出が考えられる.
  • 鈴木 敏
    地質学雑誌
    1919年 26 巻 309 号 235-249
    発行日: 1919/06/20
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
  • 竹本 喜昭
    日本建築学会技術報告集
    2004年 10 巻 20 号 53-58
    発行日: 2004/12/20
    公開日: 2017/04/14
    ジャーナル フリー
    The pourpose of this paper is proposing the method that evaluates the risk of stone trouble for floor material. First, the water penetration speed was measured regarding floor stones of several thicknesses through four hours each. Second, I propose the method of the reappearance test that is able to reappear of stone trouble acceleratory. Finally the relations between the penetration speed and the results of the reappearance test were studied and revealed the potentiality of stone trouble.
  • 中山 實
    日本建築学会構造系論文集
    1998年 63 巻 510 号 7-14
    発行日: 1998/08/30
    公開日: 2017/02/02
    ジャーナル フリー
    Deterioration of stones such as delamination, discoloration and efflorescence, which became evident during on-site surveys was investigated from petrological and chemical viewpoints. Results showed that most cases of the deterioration were caused by chemical reactions of inherent minerals to external water absorbed or action of crystallisation force caused by soluble salts in water to the fragile texture. To summarize, the deterioration can be classified into the following categories: 1. Exfoliation by expansion due to oxidation of iron sulfide minerals 2. Delamination of weak cohesive structure due to florescence 3. Exfoliation by saturation and dissolving of zeolite minerals 4. Discoloration by rust of iron sulfide minerals 5. Dissolution of carbonate materials due to acid rainwater 6. Efflorescence from crack and weak cohesive structure by soluble salts Much of the deterioration due to minerals inherent in stones was clarified. Many imported stones without adequate data are being used in construction. Therefore, the importance of obtaining data on these materials, especially petrographic data, can be emphasized.
  • 宮本 知治, 伊福 澪, 島田 和彦
    日本地質学会学術大会講演要旨
    2018年 2018 巻 T1-O-2
    発行日: 2018年
    公開日: 2019/08/16
    会議録・要旨集 フリー
    【災害のためプログラム中止】 平成30年北海道胆振東部地震により学術大会のプログラムが大幅に中止となりました.中止となったプログラムの講演要旨については,著者のプライオリティ保護の見地からJ-STAGEに公開し,引用可能とします.ただし,学術大会においては専門家による議論には供されていませんので「災害のためプログラム中止」との文言を付記します.(日本地質学会行事委員会)
  • 柏木 裕之
    日本建築学会計画系論文集
    2007年 72 巻 613 号 227-233
    発行日: 2007/03/30
    公開日: 2017/02/25
    ジャーナル フリー
    This series of papers focuses on Prince Khaemwaset's stone structure discovered by Waseda University Team in the Abusir-south hill in Egypt, and the current issue especially examines the inclination and height of the walls of the structure. Since dressing works of the wall surfaces were unfinished, the planned inclination of the walls could only be estimated indirectly. In this study, the author calculates the planned inclination by hypothesizing the building process of the walls. The height of the walls also is estimated by applying the analysis of the wall decoration and the height of the column in the portico. Based upon these results, the elevation of the entire structure is presented.
  • 乾 睦子, 北原 翔
    地質学雑誌
    2009年 115 巻 3 号 146-
    発行日: 2009/03/15
    公開日: 2013/11/27
    ジャーナル フリー
    訂正
    地質学雑誌115巻1月号掲載の口絵(乾 睦子・北原翔,2009,日本の建築用大理石石材と産地の現状.地質雑,115,Ⅰ-Ⅱ.)において,石材産地の記述に誤りがありましたので,下記のとおり訂正いたします.
    著者一同
    第2図.キャプション2行目.
    誤)岩手県大槌町
    正)岩手県遠野市(宮守町)
  • 岡島 寛, 竹 祐亮, 松永 信智, 上瀧 剛
    計測自動制御学会論文集
    2019年 55 巻 12 号 783-791
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/12/14
    ジャーナル フリー

    Many traditional cultural assets in Kumamoto City were damaged by the Kumamoto Earthquakes in 2016. The Kumamoto Castle disastrously damaged by the earthquakes should be completely repaired because it is one of the most important cultural assets in Japan. The Kumamoto Castle recently celebrated its 400th anniversary. In this paper, we propose database design method of broken stones in the Kumamoto Castle for completely repairing the wall of stones which is called “ISHIGAKI”. It is required to find accurate position of each stone before the Kumamoto Earthquakes. However it is difficult to matching each stones because of the shooting environment problem of the photographs of each stone. It is required to construct ISHIGAKI database for matching collect position of stones. We focus on location after broken ISHIGAKI and the surface area of each stone for increasing the ability to find the collect location. Moreover, we propose the entire ISHIGAKI matching algorithm based on not only image matching but also surface area information and location information of stones.

  • 乾 睦子
    日本地質学会学術大会講演要旨
    2014年 2014 巻 T2-O-4
    発行日: 2014年
    公開日: 2015/03/16
    会議録・要旨集 フリー
  • 乾 睦子, 北原 翔
    地質学雑誌
    2009年 115 巻 1 号 I-II
    発行日: 2009/01/15
    公開日: 2013/02/23
    ジャーナル フリー
  • 石器製作における石材の選択とその背景
    山本 薫
    地学雑誌
    1989年 98 巻 7 号 911-933
    発行日: 1989/12/25
    公開日: 2009/11/12
    ジャーナル フリー
    Comprehending patterns of raw material utilization for stone implements can be a key to the solution of questions concerning cultural tradition, cultural behavior, culture areas and trade in prehistoric times. The materials of stone implements reflected “knowledge of requirements (specificastion)” of the tool-makers, and this point is exemplified by stone implements of the Middle Jomon period, the Neolithic period in Japan.
    Patterns of raw material utilization for stone implements, at that time, were different among tool types. Evidence is presented which supports the view that Jomon people intentionally selected raw materials according to their “knowledge of tool requirements” (relating to the size and the shape of the tools). In addition, utilization of raw materials for sometypes of stone tools varied between districts. However, such differences confirmed to the intentional hypothesis.
    Eight types of stone implements in the Middle Jomon period, arrowheads (sekizoku), drills (ishikiri), points (sentouki, sentoujyousekki), pounding stones (tatakiishi), ground or pitted stones (suriishi, kubomiishi), querns (ishizara), roughly chipped ax-like stone tools (daseisekifu) and polished ax-like stone tools (maseisekifu), have been divided into three categories (1, 2, 3) according to the pattern of raw material utilization.
    Category 1 : Arrowheads, drills and points. All these are small light thin and sharp pointed tools which were made from thin flakes and hard compact silicious materials, predominantly obsidian or shale. There were two regional spheres of raw material utilization, the shale area and the obsidian area. Near the producing areas of obsidian in Chubu and Kanto districts, Jomon people tended to use this material. However, in the shale producing district, Tohoku district, Jomon people used often shale (silicious shale and hard shale).
    Category 2 : Pounding stones, ground or pitted stones, and querns. These stone implements are big heavy round lumpish tools which were made from round stones and primarily either andesite or sandstone. In every site in Eastern Honshu, these implements were predominantly made of one of these two rock types regardless of region. In addition, such characteristic materials used for category 1, such as obsidian and shale (silicious shale or hard shale), were rarely utilized for this category.
    Category 3 : Roughly chipped ax-like stone tools and polished ax-like stone tools. These are the middle weight-thickness implements for which various kinds of raw materials were used, except for obsidian and shale (silicious shale or hard shale). The typical regional patterns of raw material utilization could not be found among the sites.
  • 新藤 芳一, 中山 實, 武井 吉一
    Finex
    1991年 3 巻 6 号 26-27
    発行日: 1991/04/30
    公開日: 2020/06/23
    解説誌・一般情報誌 フリー
  • 鈴木 敏
    地質学雑誌
    1919年 26 巻 311 号 325-335
    発行日: 1919/08/20
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
  • 乾 睦子
    日本地理学会発表要旨集
    2019年 2019a 巻 501
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/09/24
    会議録・要旨集 フリー

    江戸時代までの日本では,石材の利用は寺社関連,工芸品や石垣などがほとんどで,建築物の壁等に使われていたのは限られた産地付近でのみであった.継続的に採掘・整形して出荷する形の建築石材産業が成立したのは西洋建築が導入されてからである.特に国会議事堂の建設工事とそのための資源調査をきっかけに,明治時代の末期から大正,昭和初期にかけて国内に新しい石材産地が多く誕生した.このように比較的新しい時代に成立した近代石材産業が,日本の都市の近代化において大きな役割を果たしたことはもっと知られてよいことである.また,その国産石材が用いられた近代建築物も改修時期を迎え,文化財への登録やそのための評価・調査が行われている.用いられた石材資源やそれを供給した産地のことを知っておくことは,正しい評価のためにも重要である.本稿では,首都圏にもっとも近く,首都圏の近代建築物や東京の都市基盤に大量の花崗岩石材を供給した茨城県の真壁・稲田産地について,近代的な石材産業が始まって首都圏で使われるようになっていった経緯を報告する.

     茨城県中西部の稲田(笠間市)および真壁(桜川市)産地は,近代化(鉄道敷設)に伴って成立してきた.これらの産地が開発される前の東京には,花崗岩は瀬戸内海沿岸より運び込むしかなく,花崗岩が入って来る前は小田原から伊豆半島にかけての安山岩や,千葉の房州石,栃木の大谷石などの凝灰質石材が主に用いられた.稲田および真壁産地の開発を後押ししたのは1889(明治22)年の水戸線(小山駅〜水戸駅)の開業である.水戸線の敷設にも石材を出したとされ,また,開業後は鉄道を利用して首都圏に出荷できるようになったからである.

     真壁石は加波山西麓を中心に丁場(採掘場)が分布している細粒〜中粒の花崗岩石材である.関東産の花崗岩を使った近代建築物のうち最初期の代表的なものが1909(明治42)年竣工の迎賓館赤坂離宮であるが,この外装に全面的に真壁石が用いられている.国策の大規模工事であることから,このために産地の開発が進められた様子が推測できる(川俣, 2017).真壁石の出荷経路は,水戸線岩瀬駅より鉄道で鬼怒川の上流に出,そこから水運で都内まで運ばれていたものと考えられる.その後大正時代に入ると筑波鉄道(岩瀬駅〜土浦駅)が開業し,真壁石の輸送を担っていたと考えられる.

     稲田石は,水戸線稲田駅周辺に分布する稲田花崗岩を採掘しているもので,粗粒で白がちな花崗岩である.水戸線の開業当初は駅がなく,地元の有力者による採掘がうまくいかないこともあったが,その後外部から来た事業者の貢献もあって稲田駅を開通させることに成功し(1897(明治30)年に貨物駅が開業),採掘場から駅まで軽便軌道も敷いて出荷できる体制を整えた(小林,1985).稲田石は1909(明治42)年竣工の表慶館,1929(昭和4)年竣工の三井本館など数多くの近代建築物に用いられた.しかし,稲田石が東京に進出するきっかけとしてもっともよく知られているのは1904(明治37)年までに敷かれた東京の市電の軌道に使われたことである.その後1923(大正12)年の関東大震災からの復興でも稲田石は大きな役割を果たしたと言われている.

     稲田および真壁産地のどちらにも石材産業を興そうとする外部の力があり,首都圏至近な石材産地が商機として魅力的であった時代背景がうかがえる(小林, 1985; 川俣, 2017).

    《引用文献》

    乾 睦子 2017. 稲田花崗岩地域における採石産業の成立について.遺跡学研究 14: 117-125.

    川俣正英 2017. 明治期における茨城県産花崗岩石材業の展開: 桜川市・笠間市域を主として.茨城県近現代史研究. 1: 40-53.

    小林三郎 1985.『稲田御影石材史』稲田石材商工業協同組合.

feedback
Top