詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "石破茂"
23件中 1-20の結果を表示しています
  • 高島 由季
    薬剤学
    2014年 74 巻 6 号 442
    発行日: 2014年
    公開日: 2015/03/01
    ジャーナル フリー
  • 野上 浩志
    日本禁煙学会雑誌
    2017年 12 巻 2 号 34-39
    発行日: 2017/04/25
    公開日: 2017/05/26
    ジャーナル フリー
  • 菊地 英明
    学術の動向
    2016年 21 巻 12 号 12_56-12_61
    発行日: 2016/12/01
    公開日: 2017/04/07
    ジャーナル フリー
  • 武蔵 勝宏
    太成学院大学紀要
    2010年 12 巻 231-242
    発行日: 2010年
    公開日: 2017/05/10
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
    冷戦期の防衛庁長官や内局の防衛政策に対するスタンスは,自衛隊をいかに抑制するかという消極的統制の要素が強かった。しかし,冷戦の終結に伴い,自衛隊の役割に対するニーズが高まることによって,政治家の防衛政策への関与が増加し,自衛隊を海外派遣や有事対処に積極的に活用しようとする積極的統制が顕著になった。内局の官僚も生え抜き組が主流となることによって,制服組との組織的利害の一致が進むこととなった。こうした1990年代以降の安全保障環境の変化と政治家の関与,防衛庁内の内幕一体化がシビリアン・コントロールを変質させることとなったのである。
  • 宇津木 洋行
    リアルオプションと戦略
    2016年 8 巻 2 号 2-5
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/04/20
    研究報告書・技術報告書 オープンアクセス
    現在、国内の GDP 及び雇用の約 7 割をサービス産業が占めている。しかし、日本の製造業の生産性と比較するとサービス産業の生産性は極めて低い。今後、サービス産業の生産性向上を行うために何が必要なのか、龍言における生産性と顧客満足に直結する品質の向上を行うための取り組みについて講演いたします。
  • 増田 寛也
    日本不動産学会誌
    2015年 29 巻 2 号 28-35
    発行日: 2015/09/30
    公開日: 2017/01/27
    ジャーナル フリー
  • 友澤 史紀
    コンクリート工学
    2014年 53 巻 1 号 11-14
    発行日: 2014年
    公開日: 2016/01/01
    ジャーナル フリー
  • 戸田山 みどり, 工藤 隆男, 森 大祐, 中村 嘉孝, 佐藤 久美子, 金子 仲一郎
    八戸工業高等専門学校紀要
    2010年 45 巻 83-88
    発行日: 2010/12/21
    公開日: 2018/11/02
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • 藤山 浩
    農村計画学会誌
    2015年 34 巻 1 号 61-66
    発行日: 2015/06/30
    公開日: 2016/06/30
    ジャーナル フリー
  • 広田 純一
    農村計画学会誌
    2015年 34 巻 1 号 4-7
    発行日: 2015/06/30
    公開日: 2016/06/30
    ジャーナル フリー
  • 柳沢 房子
    情報の科学と技術
    1993年 43 巻 4 号 368-380
    発行日: 1993/04/01
    公開日: 2017/05/30
    ジャーナル オープンアクセス
  • 宮城 修
    マス・コミュニケーション研究
    2017年 91 巻 23-40
    発行日: 2017/07/31
    公開日: 2017/11/07
    ジャーナル フリー

     “U.S. Military Base Issues in Okinawa” refers to the issues and problems

    caused by the presence of U.S. Military bases in Okinawa. People living in

    Okinawa have been tormented by accidents and incidents caused by the U.S.

    Army. The U.S.-Japan Status of Forces Agreement has prevented inhabitants

    as well as national and local governments from taking effective action to solve

    the problems caused by the U.S. Army. This article reports how the regional

    newspaper“ Ryukyu Shimpo” has grappled with such issues and problems.

      Right before the outbreak of the Pacific War, the then-Japanese government

    forced “Ryukyu Shimpo” to be integrated with other papers into “Okinawa

    Shimpo” as the single regional newspaper published in Okinawa. After

    the integration, the newspaper cooperated with the government to fight the

    war and played the part to raise the fighting sprits of inhabitants. The lesson

    that people working for the newspaper learned from the experience during the

    war was that “we must not write to help the government wage a war again.”

    With this principle in mind, the journalists working for“ Ryukyu Shimpo” tackle

    the issues concerning the presence of the U.S. Military bases. On the other

    hand, the national government of Japan apparently learned how to successfully

    control public opinion from its experience during the war period.

      The suffering caused by the stationing of the U.S. Army began at the

    moment when the Japanese government abandoned Okinawa and provided the

    United States with the most southern prefecture in Japan as a military base in

    exchange for the restoration of the sovereignty of mainland Japan. The message

    issued by the Japanese emperor regarding the Okinawa War confirmed

    that Okinawa was sacrificed for the restoration of Japan’s sovereignty. Even

    after the U.S. government handed over Okinawa to the administration of Japan,the Japanese government requested that the U.S. government maintain their

    military bases and that the U.S. keep them in Okinawa. This is why people in

    Okinawa have been tormented by the problems that the U.S. Army causes.

      “Ryukyu Shimpo” has repeatedly reported the issues and problems concerning

    the U.S. bases. It constantly reports the unfairness and unjustness of

    the U.S.-Japan Status of Forces Agreement and campaigns for its revision. The

    national news media, however, are not so eager to report the issues in Okinawa

    caused by the U.S. Military bases.

      The current Abe Cabinet put the Act on the Protection of Specially Designated

    Secrets into force, which is argued to have the consequences of shrinking

    the activities of journalists. In Okinawa, journalists were exposed to pressure

    from the national government. A notable incident occurred in which journalists

    were detained at the site of their coverage of the Okinawa U.S. bases. While the

    spirit of the Japanese Constitution that stipulates the renouncement of war is

    faltering, the raison d’être of journalists are called into question.

  • 濱本 真輔, 根元 邦朗
    年報政治学
    2011年 62 巻 2 号 2_70-2_97
    発行日: 2011年
    公開日: 2016/02/24
    ジャーナル フリー
      While politicians still seem to see district activities as an important strategy for mobilizing personal votes, elections in Japan are increasingly marked by party competition. Why do they engage in such a strategy and does it really increase votes? By answering these questions, this paper aims to address how nationalized party competition affects politicians' behavior and how they adjust their different reelection strategies in changing environments. We hypothesize that personal-vote campaigning indeed increases votes and that its impact is larger where the incentives to cultivate personal votes are greater. With an original time-series dataset on the schedules of more than 150 Diet members, we offer the first systematic empirical test and find evidence confirming the hypotheses.
  • 岡田 知弘
    農業問題研究
    2015年 47 巻 1 号 4-13
    発行日: 2015年
    公開日: 2018/12/21
    ジャーナル フリー
    本稿では,2014年5月に発表された日本創成会議の人口減少問題検討分科会報告「ストップ少子化・地方元気戦略」(増田レポート)と,その「地方消滅」論を前提にして第二次安倍晋三内閣の下で推進されつつある「地方創生」に関わる政策群(とりわけ成長戦略,地方制度,国土計画)を,批判の対象として採り上げた.その際,地域経済学の視点から「地方消滅」論の検証を行うとともに,「地方創生」に対抗する地域再生の基本方向を明らかにした.
  • 手嶋 龍一
    安全工学
    2008年 47 巻 1 号 2-9
    発行日: 2008/02/15
    公開日: 2016/10/31
    ジャーナル フリー

    「力の基礎を欠いた外交は破綻する」─.欧州の外交当局者に永く語り継がれてきた言葉である.自らの理念を国際政局のなかで実現する力を欠いた外交は,その理想が高邁なものであればあるほど,国際政治の最前線では波乱要因になってしまう.欧州の老練な外政家たちは,彼らの経験則からそうした現実を知っていたのだろう. 超大国アメリカは,冷戦期を通じて,その強大な軍事,経済,文化の力を通じて「アメリカの世紀」を演出してきた.だが,冷たい戦争の幕がおりて十数年,アメリカはいま,自らがその威力を信じてきた「力の外交」が,新たな壁に突き当たっていることを直視しなければならなくなっている. 北朝鮮の金日成政権は,「核計画の完全な申告と核施設の無能力化」という対米約束を容易に履行しようとしていない.日米同盟が想定してきた「朝鮮半島の有事」にとって,死活的に重要な意味を持つ北朝鮮の核放棄.だがブッシュ共和党政権は,従来の「力の外交」が機能しなくなっている現実に直面している. こうした超大国アメリカの凋落は,対イラク戦争での躓きによって顕著となり,その負の影響は,東アジアにも影を落としている.本稿では,誤ったイラクへの力の行使によって,東アジアの秩序を安定させてきた日米の安全保障体制に生じた揺らぎを検証し,「日米同盟の空洞化」が東アジアにいかなる情勢をもたらしつつあるかを考えてみたい.

  • 柴田 雅博, 冨浦 洋一, 西口 友美
    人工知能学会論文誌
    2009年 24 巻 6 号 507-519
    発行日: 2009年
    公開日: 2009/09/04
    ジャーナル フリー
    We propose an open-ended dialog system that generates a proper sentence to a user's utterance using abundant documents on the World Wide Web as sources. Existing knowledge-based dialog systems give meaningful information to a user, but they are unsuitable for open-ended input. The system Eliza can handle open-ended input, but it gives no meaningful information. Our system lies between the above two dialog systems; it converses on various topics and gives meaningful information related to the user's utterances. The system selects an appropriate sentence as a response from documents gathered through the Web, on the basis of surface cohesion and shallow semantic coherence. The surface cohesion follows centering theory and the semantic coherence is calculated on the basis of the conditional distribution and inverse document frequency of content words (nouns, verbs, and adjectives.) We developed a trial system to converse about movies and experimentally found that the proposed method generated 66% appropriate responses.
  • 大山 貴稔
    国際政治
    2015年 2015 巻 180 号 180_1-180_16
    発行日: 2015/03/30
    公開日: 2016/05/12
    ジャーナル フリー
    “International contribution”, diffused in the wake of Gulf War, is a peculiar idea in Japan. Western International Relations Theory (IRT) talks about “international coordination” and/or “international cooperation”, but never deals with “international contribution”. I’m going to focus on the idea of “international contribution”, which enables me to discuss Japanese perception of international relations and encourages me to reconsider so-called IRT.
    How does the idea of “international contribution” rise up to the surface? The historical overview of this question is presented in the first section. Through the rapid economic growth, the prime ministers of Japan such as Eisaku Sato, Yasuhiro Nakasone and Noboru Takeshita came to feel the enhanced international status as one of big powers, which was unaccompanied by Japan’s actual performance. This gap between the expectation from “international society” and the reality in “international society” provided the setting for the idea of “international contribution”. The emergence of this idea was nothing more than contingent use initially. Notwithstanding this genesis, “international contribution” precisely captured something like the flavor of the time and got into circulation.
    Then, how was “international contribution” mentioned? The structural outline, which is visible in the use of “international contribution”, is inductively extracted in the second section. The perception that Japan had taken “free ride” on “public goods” arousing international criticism keenly made Japanese realize the necessity of “international contribution”. Furthermore, “international society” is hypostatized in the background of “international contribution”, dredged through the comparison with “international coordination” and “international cooperation”. These understanding denote that at least for most of the Japanese the realm of international relations is not “anarchy”.
    Besides, how was “international contribution” as practice put into? Alongside of this question, transition of subject positions, especially pertaining to the Self Defense Force (SDF) and the Non-Governmental Organization (NGO), is reviewed in the third section. Although dispatching SDF which evokes the shade of military forces had long been regarded as taboo in the postwar period, the SDF brought about recognition as an actor of “international contribution” together with growing necessity of “international contribution”. NGO, on the other hand, came to accumulate fund and human material due to escalating interest in “international contribution”. Then the governmental awareness of NGO has gradually changed and the government has got to utilize NGOs.
    Various aspects of “international contribution” are sketched through the analysis of these chapters. Based on these aspects, I wonder if “international contribution” is a certain type of IRT. It functioned historically as a “lens” which gave us some “answers” at that time. If that’s the case, we ought to consider what the “academic” theory is and what it should be.
  • 寺島 紘士
    日本船舶海洋工学会誌 KANRIN(咸臨)
    2007年 13 巻 8-14
    発行日: 2007/07/10
    公開日: 2018/03/30
    解説誌・一般情報誌 フリー
  • 松野 良一
    農業農村工学会誌
    2009年 77 巻 9 号 713-717,a2
    発行日: 2009年
    公開日: 2019/01/08
    ジャーナル フリー

    農林水産省が主催する「食料自給率向上に向けた国民運動推進事業」(「FOOD ACTION NIPPON)において,2008年度に行った「新聞ブログ」を使ったキャンペーンに関する報告。「新聞ブログ」は,ブログに記事と写真を入力するとWeb上に新聞風のレイアウトで表示されるもので,印刷すれば新聞として配布できる。同キャンペーンには,全国の14都道府県15小学校の562人の児童が参加。自らの町から「地域の食」をWeb上で発信した。さらに「新聞ブログ」を体験した児童の代表ら21人が,食料自給率向上のための提言書をまとめ農水大臣と官房長官に手渡した。最後に企画の基礎となった「コミュニケーション・デザイン」「シビックプライド」の概念について解説した。

  • 松原 宏
    経済地理学年報
    2016年 62 巻 4 号 346-359
    発行日: 2016/12/30
    公開日: 2017/12/30
    ジャーナル フリー

        2014年9月に「まち・ひと・しごと創生本部」が設けられて以降,地方創生関連の新たな施策が次々に打ち出されてきた.本稿の目的は,そうした政策策定の経緯を明らかにするとともに,地方創生交付金や政府関係機関の移転などの政策を取り上げ,政策内容の特徴と今後の課題を検討することにある.
        リーサスを活用し先駆的な事業計画を提案した地方自治体に対して,優先的に地方創生交付金が配分されることになったが,グローバル化と人口減少の下で,地域経済の自立化と国際競争力の強化が,重視されてきている.東京一極集中の是正に関しては,民間企業や国の研究機能の地方移転により,現地の大学や試験研究機関との連携が強まることで,新たな産業や雇用の創出につながることが期待される.
        2014年10月には「基本政策検討チーム」が設けられていたが,過去の政策や海外の政策を十分に検証する時間的な余裕がなく,また省庁の連携も十分ではなかった.今後は,地方創生を一過性のブームに終わらせず,地域政策として高めるとともに,体系的に再構築していくことが求められる.

feedback
Top