詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "破風墓"
8件中 1-8の結果を表示しています
  • 福島 駿介, 小倉 暢之, 屋比久 祐盛, 領家 範夫, 登野城 寛
    住宅建築研究所報
    1987年 13 巻 163-173
    発行日: 1987年
    公開日: 2018/05/01
    ジャーナル オープンアクセス
     本研究は沖縄において,その風土及び歴史,文化的背景のもとに独特な発展をみせた石造建造物を対象としてそれらの発生の契機となった様々な要因を明らかにするとともに,沖縄における石造文化に建築技術史的側面に着目した脈絡を与えてゆくことを意図したものである。第1章では本研究の目的と意義,さらに沖縄における石造文化をとりまく様々な背景や特質について概観している。第2章では調査の方法を説明している。特に調査対象とする石造建造物の選択にあたってはそれらを歴史的,構造的に意義のある失われた多くの建造物を含めた流れの中に位置づけるように配慮している。第3章では沖縄の石造建造物を6種類に分類し,それぞれが歴史的流れの中でどのように発生し,定着,発展をみせたかについて明らかにしている。さらに石造建造物の技術,意匠的展開が各種石造建造物相互に,どのような影響関係にあったかをそれぞれの時代背景のもとに共時的,通時的に明らかにしている。 第4章では石造建造物の建設に関わる技術者及び技術の発生・伝来について述べ各種石造建造物ごとに技術,形態,意匠的側面からその発生,発展の過程を明らかにしている。さらに石造建造物における主要な工法である石積み及びアーチを中心にその発生の経緯及び手法の変化過程を具体例によって明らかにしている。第5章では沖縄における石造建造物の主要材である琉球石灰岩を中心にその材料的特徴,伐り出し,加工の方法,工具について述べるとともに石灰岩の存在が沖縄の石造建造物に強く関与してきた状況を明らかにしている。第6章では石造文化に関わる儀礼的側面について述べるとともに庶民の生活の中で使用され又信仰対象とされた多くの石材の存在を明らかにしている。
  • 高良 倉吉
    中世文学
    2006年 51 巻 12-15
    発行日: 2006年
    公開日: 2018/02/09
    ジャーナル フリー
  • 菊池 重郎
    日本建築学会論文報告集
    1960年 66.2 巻 625-628
    発行日: 1960/10/10
    公開日: 2017/08/30
    ジャーナル フリー
  • 奄美・沖縄を事例として
    小口 千明
    地理学評論 Ser. A
    1994年 67 巻 9 号 638-654
    発行日: 1994/09/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    本研究は,位置選定にかかわる日本の伝統的な吉凶判断において方位がきわめて重要視されるのに対し,距離や寸法にはあまり関心がもたれないことに着目して,日本における伝統的な空間認識の特質を寸法とのかかわりから捉えようとしたものである.
    沖縄県を中心として唐尺と呼ばれるものさしが存在し,このものさしを用いて,寸法による吉凶判断が行なわれている.そこで,現実の景観のなかにこのものさしに基づく吉凶の観念がどのように投影されているかを,沖縄県の波照間島と鹿児島県の与路島を事例として検討した.
    沖縄県の波照間島では,住居の門の幅と墓の特定部分の寸法が唐尺による吉凶判断の対象とされる.奄美の与路島では唐尺は用いられていないが,唐尺と類似の目盛りを有するさしがねが門の位置と幅を定めるための判断基準として用いられている.両島内の集落で住居の門幅を実測したところ,それぞれの地域の判断方法に基づき吉寸を示すものが高率であった.これは,寸法に対する吉凶の観念が投影された住居景観が現実に存在することを示している.ただし,両島に方位にかかわる習俗が存在しないことを意味するものではない.
    日本では,位置選定にかかわる吉凶判断において,空間の評価軸が方位に置かれる場合が多い.しかし,現在までのところ沖縄や奄美地方でのみ確認された例ではあるが,寸法の概念も評価軸として存在することが示された.理論的には方位も寸法もともに空間評価のための座標軸となりうるなかで,現実としてどの尺度が座標軸として選択されるかは地域によって相対的であるといえる.したがって,方位による吉凶を著しく重視した空間認識は,見方を変えれば寸法による吉凶を重視しない空間認識としてその特質を把握することが可能となる.
  • 方法論的一反省
    小川 徹
    人文地理
    1966年 18 巻 2 号 113-131
    発行日: 1966/04/28
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
    Investigation concerning the phenomenon of distribution is a conventional method for human geography. The pursuit of phenomenon on the distribution, however, is not always a worth-while job in itself. If human geography treats foundamentally of a history on space, the study in regard to the phenomenon of distribution is a useful work because it brings forward a clear evidence resulting from historical facts, or as it is reflected in the landscape of land surface in accordance with the time of the historical process. Viewed in this light, among the human and cultural sciences that take up a phenomenon of distribution, there is something in common between the angle of vision and linguistic geography. The author illustrates this from such a point of view.
    (1) Distribution of Jôri Square Land System: of late years, the study centering around the problem of restoration to an original state goes ahead with Prof. Tanioka's works. It has been definitely shown by Prof. Tanioka that the distribution of land system has been undertaken on a nation-wide scale. We can get from these results a vivid impression of each local geographic actuality as they were in ancient time.
    (2) Distribution of Kinship Terminology: by investigating the distribution of main kinship terminology remaining in the Loochoo Islands, we can believe that the author was at length on the right track of their change in latter days (the last stage of the Medieval Ages-the opening stage of recent times) and their historical significance. The author considers that it may not be practically impossible to go back still more into the past.
    (3) Distribution of House Type (double-roofed house type): distribution of double-roofed house type along the Pacific Ocean from the Loochoo Islands and southern Kyushu districts to the southern region of the Kanto district should be interpreted, rather to be a remaining type of surrounding distribution that is left behind in the march of progress from standarization of four-square house types created on Honsyu Island in recent times, than recognize northing of the southern type of the house forms or the existence of a cultural area by the Black current (the Japan Current). In addition to this consideration, through the these kinds of study, I think we can hit upon a clue to make clear a genealogical table of progress concerning Japanese house types.
    The question boils down to this: viewed from the point of human geography, there is keenly felt a need of such a detaild extensive investigation in a few limited areas on the object of study based on the social unit itself.
  • 家族•市民社会•国家
    森 謙二
    法社会学
    2005年 2005 巻 62 号 87-98,193
    発行日: 2005/03/30
    公開日: 2011/04/13
    ジャーナル フリー
    The concept of "cemetery" in Japanese law, the ground which build graves, has been affected by the idea of ancestor worship, because the Code Civil of Japan positioned the graves as a device for ancestor religious services, which are entrusted with his descendant, and the graves which ancestor buried are reburied as the unrelated grave, if the descendant disappear.
    In Europe, the burial laws have regulations about "burial compulsion" and "burial duty", but in Japan the decisions whether the dead should be buried, are referred with his family or his descendant.
    The current system of Japanese burial and cemetery is not be effective, because it is not possible to produce an Atotsugi (successor), the continuation of religious worship is threatened due to the changing family structure and a declining birth rate.
  • 移動に注目したダークツーリズムの考察
    神田 孝治
    観光学評論
    2017年 5 巻 1 号 93-110
    発行日: 2017年
    公開日: 2020/01/13
    ジャーナル オープンアクセス
    本研究では、2000年代以降の社会科学において注目されている「移動論的転回」にかかる議論を参照しながら、観光のための場所が、多様な移動が関係するなかでどのようにして創り出されているのか、そしてその場所自体がいかに移動しているのか、といった点について考察した。こうした動的な様相を明らかにするにあたり、対象とする場所に意味の競合が見られる傾向にあるダークツーリズムに注目した。事例として、沖縄本島における墓地を対象とした観光について検討した。
    まずⅡ章では、戦前期における沖縄本島において、様々な移動を通じて墓地を対象とする観光がいかに生じたのかについて、大阪商船の役割や辻原墓地の観光地化に焦点をあてて考察した。続くⅢ章では、観光対象としての墓地の移動について、関連する諸移動や社会・政治的状況の変化に注目しながら、戦後における辻原墓地の整理や南部戦跡観光に焦点をあてて検討した。そしてⅣ章では、ダークツーリズムという概念そのものの移動をふまえ、沖縄本島における墓地を対象とした観光の新しい変化について論じた。
  • 長沢 利明
    民族學研究
    1989年 53 巻 4 号 410-420
    発行日: 1989/03/30
    公開日: 2018/03/27
    ジャーナル フリー
feedback
Top