詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "神戸連続児童殺傷事件"
24件中 1-20の結果を表示しています
  • 瀧本 知加
    産業教育学研究
    2013年 43 巻 1 号 59-
    発行日: 2013/01/31
    公開日: 2017/07/18
    ジャーナル フリー
  • 畑井 克彦
    日本教育学会大會研究発表要項
    2011年 70 巻 156-157
    発行日: 2011/08/22
    公開日: 2018/04/20
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • 元森絵里子
    教育社会学研究
    2012年 90 巻 25-41
    発行日: 2012/06/15
    公開日: 2013/06/17
    ジャーナル フリー
     近年,行為と責任の主体としての「子ども」という問題系が浮上している。 しかし,これを,近代になって誕生した保護と教育の客体としての「子ども」という観念の揺らぎや「子ども期の消滅」と読み解くことは妥当だろうか。本稿は,明治以降の歴史にさかのぼって,教育を中心とする諸制度の連関の中で,「子ども」という制度がどう成立してきたか,少年司法ではどうであったかを整理し,「子ども」観の現代的な効果を考察する。
     明治後半から大正後半にかけて,年少者を教育に囲い込み,こぼれ落ちた層に少年司法や児童福祉で対応していくという諸制度の連関が形成されていく。「子ども」は「大人」とは異なるものの自ら内省する主体とみなされ,そのような「子ども」を観察し導くのが教育とされ,尊重か統制か,保護か教育かといった議論が繰り返されるようになる。少年司法では,旧少年法以降,「大人」とは異なった,責任・処罰と保護・教育を両立させた「少年」の処遇が導入され,保護主義か責任主義かという議論が繰り返されるようになる。
     近年,「子ども」をめぐる議論が高まっているにしても,少年法の改定は繰り返される議論の範囲内であるし,少年司法改革や教育改革は行われても,それ自体を解体する動きはない。したがって,社会の「子ども」への不安が,過剰な社会防衛意識につながったり,各現場の「大人」の息苦しさを帰結したりしない仕組みづくりこそが重要であろう。
  • 谷口 幹也
    美術教育学:美術科教育学会誌
    2000年 21 巻 173-187
    発行日: 2000/03/21
    公開日: 2017/06/12
    ジャーナル フリー
    This thesis studies phenomenology in art education with this question as the starting point:What is "transparent darkness" ? It further examines, through insight into the society and the world they live, the implication of expression in art education. In art education, where the overall goal is character building, would it be possible to talk about the aesthetic dimension? What is the transparent darkness? What is expression? Facing these questions, the implications of the concept of innocence, as well as the phenomenological view point, are limitless. We must review the current world from the concept of "life-world" . The actuality of art education lies in continuous consideration of a view point that would find one's existence even in the "transparent darkness" . In addition, the principle os to keep telling what it is that human beings express.
  • 赤羽 由起夫
    社会学評論
    2013年 64 巻 1 号 37-54
    発行日: 2013年
    公開日: 2014/09/10
    ジャーナル フリー
    本稿の目的は, なぜ少年犯罪において「心の闇」が語られるようになったのかを明らかにすることである.
    「心の闇」は, 1990年代後半から2000年代中頃にかけて社会問題化した戦後「第4の波」と呼ばれる少年犯罪を語るうえで重要なキーワードの1つとなった言葉である. この「心の闇」の語られ方には, それが, 一方で理解すべきものとして語られながら, 他方でどれだけ努力しても理解できないものとしても語られたという特徴がある. つまり, 「心の闇」は, 「心」を理解したいという欲望の充たされなさによって特徴づけられているものであり, ここからは, エミール・デュルケムが『自殺論』で論じたアノミーの存在を指摘することができるのである.
    そこで, 本稿では, 「心の闇」という言葉がどのような社会状況において人々に受容されるのかについて, デュルケムのアノミー論を援用しながら知識社会学的に考察する. 考察を進めるうえでの参考資料としては, 新聞と週刊誌の少年犯罪報道で語られた「心の闇」を用いる.
    本稿では, 以下の手順で考察を進めていく. 第1に, デュルケムのアノミー論について概説し, 「心の闇」とアノミーの関係についての仮説を提示する. 第2に, 少年犯罪報道において, どのようにして「心の闇」が語られていたのかを確認する. 第3に, どのようにして「心の闇」がアノミー的な欲望の対象となったのかについて考察する.
  • 財津 亘, 金 明哲
    情報知識学会誌
    2018年 28 巻 3 号 253-258
    発行日: 2018/09/30
    公開日: 2018/10/19
    ジャーナル フリー

     本論文は,電子掲示板の書き込みなどによるサイバー犯罪を想定し,その犯人性立証の一手法として,多変量データ解析を用いた計量的文体分析を提案するもので,実際に犯人性の立証が困難であったと思われるいわゆる「パソコン遠隔操作事件」に関する著者の識別を試みた.分析の際は,疑問文章(「パソコン遠隔操作事件」の9事件の文章),対照文章(「パソコン遠隔操作事件」の真犯人であったK氏が過去に敢行し,自供した通称「のまねこ事件」関連の5つの文章),無関係文章(K氏と性別年代が同じ30代男性10名のブログ文章と異なる4つの事件における文章)を対象に,①非自立語の使用率,②品詞のtrigram,③助詞のbigram,④文字のbigramに着目し,階層的クラスター分析を実施した.その結果によると,「パソコン遠隔操作事件」の一連の文章と「のまねこ事件」の一連の文章は,同一人が記載したものである可能性を示唆した.

  • 須貝 千里
    日本文学
    1999年 48 巻 6 号 74-82
    発行日: 1999/06/10
    公開日: 2017/08/01
    ジャーナル フリー
  • 明里 千章
    日本文学
    2012年 61 巻 11 号 70-74
    発行日: 2012/11/10
    公開日: 2018/01/12
    ジャーナル フリー
  • 高橋 美恵子
    日本教育学会大會研究発表要項
    2001年 60 巻 228-231
    発行日: 2001/08/23
    公開日: 2018/04/20
    研究報告書・技術報告書 フリー
  • 赤羽 由起夫
    犯罪社会学研究
    2010年 35 巻 100-114
    発行日: 2010/10/01
    公開日: 2017/03/30
    ジャーナル フリー
    本論の目的は,なぜ1990年代後半になって少年犯罪が大きく社会問題化し,持続的な社会的関心の対象となったのかを明らかにすることである.そのために本論では,「普通の子」の凶悪犯罪が社会問題化した点に着目して分析を進める.本論では,次の三点について順に議論を進めていく.(1)リスク社会論を参照することで,リスク概念をモラル・パニック論に組み入れた分析視角を提示する.(2)近年の犯罪報道における少年犯罪像を確認した上で,少年犯罪の背景にあるとされる現象の性質について分析を行い,少年犯罪のリスク化の過程を明らかにする.(3)以上の議論から,リスク社会論を踏まえて,「普通の子」の少年犯罪が社会問題化した背景について考察する.
  • 財津 亘, 金 明哲
    日本法科学技術学会誌
    2015年 20 巻 1 号 1-14
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/02/10
    [早期公開] 公開日: 2014/10/31
    ジャーナル フリー
      The effectiveness of identifying the author of an illegal document by using text mining was investigated. The suspected writing evaluated in this study was a claim of responsibility written by a 14-year-old boy, which stated that he committed the “Kobe child murders” in 1997. It was compared with control writings including confessions, and an essay that we knew were written by the same boy, as well as with irrelevant materials including various essays written by five junior high school students, and claims of responsibility in four past criminal cases. First, the writings in each document were digitalized and converted to text files. Then, the relative frequencies of bigram of letters, bigram of part-of-speech taggers, sentence lengths of each document, and rate of using Kanji, Hiragana, and Katakana were calculated. Results of sammon multi-dimensional scaling and hierarchical cluster analysis indicated that the text in the suspected writing was arranged identically or similarly to groups of texts in control materials, where they were arranged differently from groups of texts in irrelevant materials. In a separate analysis, the suspected writing was substituted with a document written by a different offender and we conducted the identical procedure described above. Results demonstrated that texts in the suspected writing were in a different form control and irrelevant texts. These results indicated the effectiveness of identifying an author by using text mining when examining forensic documents.
  • 吉田 右子
    日本図書館情報学会誌
    2016年 62 巻 1 号 66-71
    発行日: 2016/03/31
    公開日: 2017/04/23
    ジャーナル オープンアクセス
  • 鎌田 和宏
    社会科教育研究
    2007年 2007 巻 100 号 36-41
    発行日: 2007年
    公開日: 2016/12/01
    ジャーナル オープンアクセス
  • 牧野 智和
    教育社会学研究
    2006年 78 巻 129-146
    発行日: 2006/05/31
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study is to examine the feelings of “uneasiness” that have become the dominant image where we consider the issue of juvenile crime, and which became the driving force for the enactment of various ordinances. The material used for this examination is reports of the juvenile crimes in the pseudo-environment that mediates the holding of this image, that is, in the mass media. Concretely, the analysis and consideration were done based on reports on juvenile homicides in “Asahi Shimbun” in the postwar period. As a result, the following tendencies in recent years have been extracted as a symptom that people have come to feel uneasiness.
    1) The number of juveniles arrested on charges of homicide in recent years is low compared with the peak in the 1950s and 1960s. However, newspaper reports on homicides have become much more numerous since 1997. This made people widely aware of crimes by “ordinary children, ” and it appears that this is related to the uneasiness people feel that they or their children might be victims of juvenile crime or that their child might become an assailant.
    2) In recent years, the malicious nature and cruelty of assailants is often reported along with the tendency to focus on “psychological problems”(kokoro no yami) in the articles. As a result, assailants and their parents and teachers have been subjected to criticism that did not exist in the past.
    3) From the same focus on “psychology, ” references to “child-rearing” and “educational methods” have been made from a professional viewpoint by specialists in psychology. As a result, everyday life, which was once selfevident, has come under questioning. Moreover, the usage of psychological terms in recent years has been used not only to label assailants as abnormal, but also to make parents and teachers reflexively think, “Is your child OK?” It was thought that the rise of uneasiness is related to these psychological references that destroy the self-evidence of everyday life of parents and teachers.
  • 表 真美
    家政学原論研究
    2015年 49 巻 30-41
    発行日: 2015/08/19
    公開日: 2017/04/07
    ジャーナル フリー
    The purpose of this study is to clarify the caregivers' recognition on self-reliance of children and parents' home education. The study is based on the mail questionnaire survey with 17 kindergartens and 24 nursery schools in Kyoto city conducted from January to March, 2014. Of 508 teachers who answered the questionnaire, 184 were kindergarten teachers and 324 were nursery school teachers. The analysis is made by t-test using a simple totaling, divided into the groups of teachers' generation and religious/non-religious kindergarten and nursery schools. The results were as follows: 1. Kindergarten and nursery schools teachers feel that the older children have problems in sense of cooperation, self-assertion and self-control, and that children's ability of self-control were decreasing than before. 2. Many kindergarten and nursery school teachers feel that the recent parent's ability of home education is decreasing. There is a tendency that parents do not know how to discipline and educate their children. Troubles with parents are also increasing as teachers, kindergarten and nursery schools receive more requests from them. 3. Older teachers feel the decrease in home education ability more strongly than younger teachers. The teachers working in the religious kindergarten and nursery schools tend not to mind the problems with children and parents.
  • 藤井 基貴
    心理科学
    2018年 39 巻 2 号 33-43
    発行日: 2018年
    公開日: 2019/01/26
    ジャーナル フリー
  • 古賀 正義
    教育学研究
    2008年 75 巻 1 号 46-54
    発行日: 2008/03/31
    公開日: 2017/11/28
    ジャーナル フリー
    「学校が消える!」2008年の年明け、衝撃的な記事を目にした。読売新聞の調査(1月11日付)によれば、全国で今後数年間に一千校以上の公立小中学校が廃校になる見通しだという。急激な人口減少と補助金抑制の影響などで、東京都でも約50校(2.5%)が廃校になる勘定だ。教育機会の均等を実現してきた義務教育制度にあっても、社会変動の波は容赦なく地域社会を襲っている。学校選択制や中高一貫校など市場型改革の導入が進めば、一層、「生き残る学校」と「消え去る学校」とが出現する状況である。 「学校」を自明の教育機関とみなしてきた教育学者にとっても、学校とはいかなる特徴を持った教育の場で、そこで何が達成され、今後何を成し遂げることが可能なのか、いわば「学校力」(カリキュラム研究会編2006)を再度検証しなければならなくなっている。そうでなければ、教師や保護者、地域住民などを巻き込んで、学校に対して体感される不安やリスクは増大していく一方なのである。そもそも学校とは、不可思議な場である。教育学で、学校を念頭におかない研究はほとんどないし、教員養成にかかわらないことも少ない。そうでありながら、学校の内実に長けているのは現場教師であって、研究者はたいてい余所者として外側からその様子を眺め批評する立場にある。マクロレベルから教育政策や学校制度を講じることもできるし、ミクロレベルから授業実践や学級経営を論じることもできるが、学校の実像を客観的総体的に把握し切れているという実感は乏しい。 『教育学研究』を紐解いても、「学校」は学会シンポジウムのテーマに度々取り上げられてきた。「学校は子どもの危機にどう向き合うか」(1998年3月号)、「学びの空間としての学校再生」(1999年3月号)、「21世紀の学校像-規制緩和・分権化は学校をどう変えるか」(2002年3月号)など、教育病理の深刻化や教育政策の転換など、教育関係者の実感と研究者の思いが交錯する時、学校がたびたびディベートのフィールドとして選択された。今日なら、学力低下やペアレントクラシー、指導力不足、いじめ事件など、学校のガバナンスやコンプライアンスにかかわる諸問題が、個々の学校やさまざまな種別の学校、制度としての学校など、各層にもわたる「学校」について論議されることだろう。急激な改革と変化のなかで、問題言説の主題としての「学校」は隆盛であるのに、現実分析の対象としての「学校」は不十分。学校研究の10年は、こうしたねじれ状態と向き合い、その関係を現実的・臨床的にどのように再構築し、教育学の公共的使命を達成するかの試行錯誤の期間だったといえる。
  • 溝川 藍, 子安 増生
    心理学評論
    2015年 58 巻 3 号 360-371
    発行日: 2015年
    公開日: 2018/06/19
    ジャーナル フリー
  • 田島 泰彦
    マス・コミュニケーション研究
    1999年 54 巻 67-81,250
    発行日: 1999/01/31
    公開日: 2017/10/06
    ジャーナル フリー
    In Japan, after several serious crimes committed by minors, reforms of juvenile proceedings have been debated. Among many issues are the problems of severe restrictions on press reports of minors' crimes and closed juvenile court proceedings, which the Juvenile Act of 1949 provides for. In this article, from the standpoint of freedom of expression and press enshrined in Article 21 of the Constitution of Japan, I examine critically the provisions concerning restrictions on press freedom and open court proceedings, and then propose opening up juvenile court proceedings, and extending press freedom. Following the introduction of media codes of conduct on reportings minors' crimes in detail, the particular importance of self-regulation of the media, including the establishment of a press council, is also indicated.
  • 渋谷 孝
    日本文学
    1999年 48 巻 8 号 22-29
    発行日: 1999/08/10
    公開日: 2017/08/01
    ジャーナル フリー
    文学教育とは、読解指導の位置を越えて、特別な教育的意義を負わせた指導法である。その目標は、「楽しみのため」ということを無思想として軽蔑し、悲壮で重々しく抽象的で、難解な深々としたものである。私達が国語科読解学習指導で為すべきことは、言葉の使い方と使い分けに役立つ読み取りの手立て(技術)を訓練によって身につけさせることである。これは容易ではないのだ。実用性が、第一義でない国語科教育などはあり得ない。
feedback
Top