詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "福井平野"
263件中 1-20の結果を表示しています
  • 河野 芳輝, 角南 基亮, 藤井 美智子
    地震 第2輯
    1981年 34 巻 3 号 377-383
    発行日: 1981/10/25
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
    Good correlation between local Bouguer anomaly in the Fukui plain and earthquake hazard caused by the Fukui earthquake (28, June 1948, 1948, M=7.3) was recognized: Lower local Bouguer anomaly corresponds to higher percentage of totally collapsed houses. This correlation comes essentially from an existence of soft sediment under the alluvial plain, because the thick soft sediment not only results low local Bouguer anomaly, but also amplifies ground motion during earthquake. This may useful to evaluate a zoning of forthcomming earthquake hazard within alluvial plains.
  • 小嶋 啓介, 中山 浩明
    地震工学研究発表会講演論文集
    2001年 26 巻 277-280
    発行日: 2001年
    公開日: 2010/06/04
    ジャーナル フリー
    地震被害予測の精度を向上させるためには, 対象地域の動的構造を正確に評価することが不可避である. 本研究では, 福井大学グラウンド鉛直アレイならびに福井平野の東西軸上に地震観測点を展開し, 蓄積された多数の強震記録によって地域の地震応答特性を検討する. ついで, 従来から提案している, 観測地震動および対応する計算応答のフーリエスペクトルの誤差を最小化することによって, 地盤のせん断波速度減衰定数および層厚を推定する逆解析手法を観測記録に適用し, 観測点直下の動的特性の推定を行う. さらに, 常時微動のインヴァージョンによるS波速度構造と併せて, 福井平野の2次元的な構造の推定を試みた結果を検討する.
  • 小嶋 啓介, 山中 浩明
    土木学会論文集
    2004年 2004 巻 752 号 217-225
    発行日: 2004/01/21
    公開日: 2010/08/24
    ジャーナル フリー
    本研究では, 常時微動観測に基づいて, 福井平野の沖積層および洪積層厚さを推定し, 既存情報との比較, 検証を行っている. 福井平野周辺を覆う1分間隔のグリッドごとに, 地表の3成分常時微動測定を行い, フーリエおよびH/Vスペクトルから, 観測点ごとの卓越周期ならびにH/V倍率を特定した. 平野部における常時微動は, 沖積層最下面に起因する短周期側の卓越周期と, 第四紀層最下面に起因する長周期側の卓越周期が存在することを確認した. 微動観測から求められた卓越周期と, 仮定したS波速度構造により, 沖積層および洪積層の厚さを推定し, 福井平野の第四紀層構造モデルを提案した. 提案した構造と, ボーリング, 重力異常および強震観測などに基づく地盤構造を比較し, 微動観測に基づく地盤構造推定の可能性を検討した.
  • ―福井地震およびその周辺の活断層との関係―
    小林 直城, 平松 良浩, 河野 芳輝, 竹内 文朗
    地震 第2輯
    2001年 54 巻 1 号 1-8
    発行日: 2001/07/15
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
    The Fukui Earthquake of M 7.1 was occurred in 26 June, 1948. The epicenter is located at the central part of an alluvial plain (the Fukui plain). In order to understand locations both of the epicenter of the earthquake and active faults surrounding the plain in terms of crustal structure and geology, the basement structure beneath the plain was estimated by using gravity data of about 1, 000 points. Applying 2D-Talwani's method iteratively, we calculated 3D density structure beneath the plain up to a depth of 4km. Three-layers model is assumed in this study: i. e., from top to bottom, each layer corresponds to the Quaternary sediments (density 2.1g/cm3), the Neogene sedimentary layers (2.4) and the lowest Neogene layer and the lower strata (2.67), respectively. An elongated depression of about 3km depth with N-S orientation is found in the central part of the Fukui plain. Epicenter of the Fukui earthquake is located on the deepest part of the depression. The results also imply that active faults in the Fukui plain are situated along boundaries where the basement structure steeply changes.
  • 山中 浩明, 栗田 勝実, 瀬尾 和大, 小嶋 啓介, 佐藤 浩章, 宮腰 研, 赤澤 隆士
    地震 第2輯
    2000年 53 巻 1 号 37-43
    発行日: 2000/07/25
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
    During the 1948 Fukui earthquake, heavy damage was experienced in and around the Fukui City. Most of the heavily damaged areas concentrated in the Fukui plain covered with sediments. This suggests that the sedimentary layers can be one of the most important factors to elucidate the damage distribution. In this study, S-wave structures were explored in the Fukui plain from microtremor array measurements. Vertical microtremors were observed in two arrays with station spacing from 0.1 to 2km at 5 sites in and around the Fukui plain. The Rayleigh wave phase velocities in a period range from 0.4 to 2 seconds were estimated from a frequency-wavenumber spectral analysis. The phase velocities at each site were inverted to a 1D S-wave profile using a genetic inversion. The profiles are characterized by 4 layers with S-wave velocities of 0.4, 0.67, 1.8 and 3.2km/s, respectively. The top layer is absent in the profiles at the sites in the margin and out of the plain. The depth to the third layer is about 0.2km at all the sites. However, the basement depth is 1km in the center of the basin and shallow at the marginal part.
  • 衣笠 善博, 荒井 克彦, 鳥海 勲, 山本 博文, 安藤 雅孝, 平野 憲雄
    地震 第2輯
    1999年 52 巻 1 号 171-176
    発行日: 1999/06/30
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
    Subsurface geological structure of the Fukui basin where the 1948 Fukui Earthquake (M7.1) occurred has been studied by P and S wave seismic reflection survey together with a trench excavation survey at the eastern edge of the basin. In the central part of the basin, no distinctive fault has been detected by the P wave seismic reflection survey. Also, at the eastern edge of the basin, no evidence of faulting associated with the 1948 event has been detected by S wave seismic reflection and trench excavation surveys. However, liquefaction of gravel layer has been revealed in a trench at the eastern edge of the basin and its date is estimated sometime between A. D. 1200. and A. D. 1400. These results suggest that the faulting of the 1948 Fukui Earthquake (M7.1) is dominant with strike slip component, and hence it is concluded that no earthquake fault appeared on the ground surface other than the intensive surface cracks reported as the evidence of earthquake fault.
  • 小嶋 啓介, 山中 浩明
    応用地質
    2003年 44 巻 2 号 94-103
    発行日: 2003/06/10
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
    地域の地震被害予測に際し, 対象領域のS波速度, Q値, 層厚および密度などの構造を的確に評価することは最重要項目の一つである. 本研究では, はじめに福井大学の鉛直アレイ, ならびに福井平野の東西軸に沿って展開した地震計によって観測された強震記録の周波数特性ならびにH/Vスペクトル特性を提示し, その地盤条件との関連を検討した. ついで, 観測地震動と対応する重複反射法による計算値を周波数領域で比較し, 両者の誤差自乗和を最小化することにより, 観測点直下の層厚およびQ値を推定する逆解析手法を定式化した. 本手法を, 福井地域で得られた多数の地震観測記録に適用し, 福井平野の東西方向断面の地下構造を推定するとともに, 弾性波探査結果などと比較・検討した. 推定された地盤構造によって, 観測地震動が精度良く再現しうること, 推定された福井平野の地盤構造は, 既存の資料と矛盾が少ないことなどを確認した. 提案する地盤構造推定手法を, 強震動観測点に順次適用するとともに, 既存資料および微動観測などを補間情報として活用することにより, 地域の3次元的な地盤構造を, 比較的高精度で推定できる可能性があり, 地震被害予測の精度の向上が期待できるものと考えられる.
  • 廣内 大助
    地理学評論
    2003年 76 巻 3 号 119-141
    発行日: 2003/03/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    北陸地方南部に位置する福井平野には,平野東縁山麓部の活断層と,1948年の福井地震の震源断層とされる伏在断層(福井地震断層)が分布する.本研究では,これら活断層の活動と,福井平野の地形形成との関係を考察した.福井平野東縁地域には, M1~M3の3面の海成段丘面と, Mf・Lf1~Lf3面の4面の河成段丘面が分布する.平野東縁に分布する活断層は段丘面に累積的な変位を与え,その上下平均変位速度は約0.1~0.3m/ky程度である.これら活断層の変位によって,平野東縁での,山地と丘陵,丘陵と平野の分化が進んだ.左横ずれ活断層であると考えられる福井地震断層は,沖積低地に分布するため,変位地形は不明瞭である.しかし,断層に沿った地下の基盤高度は断層を挟んで北東と南西で高く,北西と南東で低いという特徴がある.また,地震断層北部東側ではM2面は分布高度が高く,北北西方向へ傾動している.これらの特徴は,左横ずれに伴う上下変位が累積していることを示しており,計算から求められた福井地震時の上下変位量分布とも矛盾しない.
  • 野畑 有秀, 翠川 三郎
    日本建築学会構造系論文集
    2002年 67 巻 561 号 81-88
    発行日: 2002/11/30
    公開日: 2017/02/04
    ジャーナル フリー
    Re-evaluation of near-field ground motion on the past disastrous in-land shallow earthquakes is one of the most important issues in earthquake engineering. In this study, the characteristics of the strong motion during the 1948 Fukui earthquake are investigated using the strong motion simulation technique. The hybrid simulation technique, which combines a 3D finite difference method and a stochastic Green function synthesis method, is performed for the Fukui earthquake, referring to the re-estimated ground motion intensity from the damage data. The source parameters of the Fukui earthquake proposed by Irikura and Kamae(1999) are modified in order for better fitting of the simulation results with the re-estimated ground motion intensity distribution. The results show that simulated near-field ground motions have large amplitude with period of 1 to 2 seconds due to the combination of the effects of the source and the soil amplification.
  • 鳥海 勲, 大場 新太郎
    地震 第2輯
    1993年 46 巻 1 号 45-47
    発行日: 1993/06/24
    公開日: 2010/03/11
    ジャーナル フリー
  • 市瀬 由自
    地図
    1978年 16 巻 2 号 23-26
    発行日: 1978/06/30
    公開日: 2011/07/19
    ジャーナル フリー
    沖積平野の形成過程において激しい地殻運動を受けているわが国では, 平野の等高線の形状や配列に地殻運動の影響を反映する場合がある. 沖積平野の表面にみられる波状の曲隆 (市瀬1970) や扇状地の変形 (村田1971) などは, 平野が形成された後に地殻運動を受けていることを示唆している. ここに述べる平野の袋状凹地も, 地殻運動による変形を表現するものであって, 低平な三角州平野の形成後における沈降運動に起因するものと考えられる. 小論では, 福井平野や庄内平野における袋状凹地の, 2, 3を対象にして, 性状, 規模, 成因について若干の考察を行なう.
  • 石山 達也, 佐藤 比呂志, 加藤 直子, 越谷 信, 佐々木 弾, 戸田 茂
    日本地質学会学術大会講演要旨
    2016年 2016 巻 R14-O-5
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/04/25
    会議録・要旨集 フリー
  • 浅沼 操
    新地理
    1968年 16 巻 2 号 1-21
    発行日: 1968/09/25
    公開日: 2010/02/26
    ジャーナル フリー
  • 小嶋 啓介, 鈴木 大輔
    応用地質
    2005年 46 巻 1 号 9-19
    発行日: 2005/04/10
    公開日: 2010/02/23
    ジャーナル フリー
    地域の地震被害予測を適切に行うためには, 起震断層の特定とともに, 対象領域の動的地盤構造を的確に評価することは最重要項目の一つである. 本研究では, はじめに, 福井平野全体を緯度・経度とも1分間隔で分割したメッシュごとに三成分常時微動観測を行い, 収集された微動のフーリエおよびH/Vスペクトルから, 観測点ごとの微動卓越周期を収集し, ボーリングデータとの統計解析から求めた微地形ごとの平均S波速度と, 四分の一波長則に基づいて, 観測点直下の沖積層および第四紀層厚を推定している. ついで, 観測点ごとの推定構造と微地形種別や標高データとの相関を利用し, 高密度で高精度な地盤構造を推定するために, クリギングおよびコクリギング法による空間補間を行い, 福井平野の沖積層および第四紀層構造の推定を行っている. 推定された地盤構造は, ボーリングデータ, 弾性波探査結果, 重力異常に基づく推定構造など既存資料と矛盾がないことを確認しており, 地震被害予測に供する基礎データになりえるものと考えられる.
  • 小嶋 啓介, 山中 浩明
    地盤工学研究発表会 発表講演集
    2002年 JGS37 巻
    発行日: 2002年
    公開日: 2003/05/20
    会議録・要旨集 フリー
  • 昭和23年福井地震災害状況図との比較
    鈴木 義宜
    地図
    2004年 42 巻 Supplement 号 30-31
    発行日: 2004年
    公開日: 2011/07/19
    ジャーナル フリー
  • 小嶋 啓介, 本 耕大
    土木学会論文集A1(構造・地震工学)
    2012年 68 巻 1 号 98-109
    発行日: 2012年
    公開日: 2012/03/19
    ジャーナル フリー
     常時微動のアレイ観測による位相速度に基づいて,福井平野周辺の第三紀基盤岩までのS波速度構造モデルの算出を試みた.はじめに,アレイ観測にSPAC法を適用して求められたRayleigh波位相速度をターゲットとする逆解析により,アレイ観測地点のS波速度構造を求めた.次いで,アレイ観測地点の最適S波速度構造をサンプルとした空間補間を行い,福井平野の約500mメッシュのS波速度構造モデルを求めた.さらに,1点3成分観測を高密度で行い,H/Vスペクトルから判読された卓越周期を補助データとし,アレイ観測点のS波速度構造と卓越周期の相関を利用したコクリギングを行い,S波速度構造の高精度化を図った.推定された地盤構造は,弾性波探査,重力異常に基づく密度構造などと調和的であり一定の信頼性を有することを確認した.
  • 戦国大名領国の地域構造研究への試み
    小林 健太郎
    人文地理
    1963年 15 巻 4 号 376-400
    発行日: 1963/08/28
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
    Most castles and mansions of the medieval age were gathering weight in manor system since the latter part of the ancient times, at the same time they were dwelling and control bases of the residential lord classes who had been spreading their feudal territories and besides they were also military bases in the time of war. In consequence, the author has in mind that their formation, distribution and existence type reflect the forming process of feudal system into the landscape of the regions.
    First of all the paper treats of the forming process, distribution and existence types concerning 140 castles and 154 mansions distributing in and around the Fukui plain, and the territory formation under the Daimyo (a feudal lord) in warlike ages and the regional structure of the feudal territory are investigated in detail. Further, by restoring such medieval settlements as were the nucleus of the control over the feudal territory to the original state, the author is bringing light on the character, especially, the patterns of their plans,
    The results obtained are as follows:
    1) The original remains of the medieval castles and mansions are generally found out of the new opening-up of a land where are upland and swampy areas in and around the Fukui plain, or on the small river valleys among the mountains. Throughout the domestic conflict in the middle part of the fourteenth century, the number of castles and mansions grows rapidly.
    2) In 103 years from 1471 to 1573 the Daimyo kept on controling the feudal territory. During the time, castles and mansions grew most actively in the number and they were scattered at intervals of about 3-5km in the plain. These castles and mansions include the administration bases for the territories of the residential lords.
    3) In this medieval age, the fairs were held close by or near previous grand manor houses, in front of the big temples and shrines, and at the meeting places of the traffics. And so local center settlements formed of several tens of merchants' houses and the castle or mansion were distributed at intervals of about 10-12km.
    4) The mountain castle of Ichijotani was built in warlike ages at the top of a mountain of 450m and dwelling houses of retainer, temples and shrines flocked to its foot. In and around the crowded parts at the foot of the castle, were there formed business quarters. There had been many-nucleuses on the structure, however, the administration and economic functions had been properly exercised.
  • 野畑 有秀, 翠川 三郎
    日本建築学会構造系論文集
    2002年 67 巻 553 号 27-32
    発行日: 2002/03/30
    公開日: 2017/02/04
    ジャーナル フリー
    Evaluation of near-field ground motion is one of the most important issues in the seismic design. In this study, the ground motion intensity of the 1948 Fukui earthquake which is one of the most disastrous in-land shallow earthquakes is investigated, in order to make a better understanding of the characteristic of the near-field ground motion. First, the fragility curve of collapse of wooden houses is built based on the intensity of ground motion estimated from the damage data and the re-evaluated collapse rate of houses. And, the distribution map of ground motion intensity during the 1948 Fukui earthquake is obtained by using this fragility curve. As the result, the estimated peak ground velocity is more than 120cm/s in the central Fukui plane, and partially it exceeds 200cm/s.
  • 安井 譲, 橋本 勇一, 野口 竜也, 香川 敬生
    土木学会論文集A1(構造・地震工学)
    2012年 68 巻 4 号 I_305-I_314
    発行日: 2012年
    公開日: 2012/07/26
    ジャーナル フリー
     著者らが福井平野で実施した微動アレイ探査による地盤モデルと微動H/V探査および重力解析によるモデルとの間に不整合な様相がみられたので,微動アレイ探査モデルの再評価を試みた.再評価は,観測により得られた分散曲線を一本化して,それを遺伝的アルゴリズムで逆解析することとし,その一本化は微動H/V探査モデルの理論分散曲線に依拠する方法とした.微動H/V探査モデルに依拠することにより合理的な一本化が可能となる.再評価の結果,微動アレイモデルの信頼性は大きく向上したが,平野の端部にある地点の重力モデルとの不整合性については改善されなかった.
feedback
Top