詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "福島" 原発 事故
5,325件中 1-20の結果を表示しています
  • 国際P2M学会研究発表大会予稿集
    2011年 2011.Spring 巻
    発行日: 2011/05/14
    公開日: 2017/06/06
    会議録・要旨集 オープンアクセス
  • 清野 嘉之, 赤間 亮夫
    日本森林学会大会発表データベース
    2014年 125 巻 P1-169
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/07/16
    会議録・要旨集 フリー
    福島第一原発事故後の20112年春と夏、2013年の春と夏に福島県大玉村と川内村で山菜を採取し、放射性セシウム濃度を計測して経時変化を分析した。
  • 水野 勲
    日本地理学会発表要旨集
    2014年 2014s 巻 321
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/03/31
    会議録・要旨集 フリー
    福島第一原発という名前が、もしも別の名前(たとえば、双葉大熊原発)であったなら、福島県の農産物の風評被害を避けられたのに、というコメントを、発表者は福島県での調査の際に何度か聞いた。そもそも風評被害とは何であり、それは地名とどのように関わるのだろうか。  地名は単に、特定の土地に付けた名前であるだけではなく、集合や関係についての論理階型(logical type)の問題を含む。そこで発表者は、集合論のアプローチにより、原発事故後に「福島」という地名が、さまざまな地理的スケールで、どのような区別と「空間の政治」を含んでいたかを考察したい。
    2011年3月の福島第一原発事故の前には、「福島」は福島県か福島市としか関係がなかった。しかし、原発事故後、県と市と事故原発が同じ名前をもった、自己言及性の集合関係におかれた。このため、「I love you & I need you ふくしま」という応援ソングが、原発事故から1ヵ月後に猪苗代湖ズ(福島県出身のミュージシャンの即席グループ)によって歌われたのである。ここで福島県という行政領域が、原発事故をめぐる言説の特権的な地理的スケールになったことに注目したい。福島ナンバーの自動車、福島県産の農産物、福島県出身者が、何のコミュニケーションもなく区別されたからである。これは、放射能汚染地=福島県という単純化(区別)を行うことにより、さまざまな空間政治的な効果をもった。東京オリンピックの招致では、福島は東京から遠いという言説が用いられたのは、その区別の一例であろう。  しかし、別の地理的スケールによって、問題の地平を提示することができる。福島県内のスケールでは、福島第一原発の事故によって避難を余儀なくされている「警戒区域(後に避難準備区域)」、あるいは原発事故によって避難している住民および役場の場所を、「福島」と呼ぶこともできる。また広域ブロックのスケールでは、放射線管理区域の指標である年間1mシーベルトの空間放射線量の地域(東北、関東の一部)あるいは福島第一原発から電力を供給されていた関東地方を、「福島」と呼ぶことができる。そして、国家スケールでは、福島から自主避難している住民の居住地(全国都道府県に分散)あるいは全国の原発施設のある地域を、「福島」と呼んでもいいのではないか。さらに、グローバルスケールでは、諸外国が日本からの農産物輸入を禁じている都道府県(東日本に広がる)あるいは原発事故の放射性物質が大量に撒き散らされた太平洋地域を、「福島」と呼ぶべきではないか。「福島」という地名を、県という地理的スケールに閉じ込めて議論することは、きわめて恣意的な「空間の政治」であると考える。
  • 桝本 和義
    日本放射線安全管理学会誌
    2012年 11 巻 1 号 14-
    発行日: 2012年
    公開日: 2012/07/31
    ジャーナル フリー
  • 藤村 恵人, 久保 堅司, 太田 健, 信濃 卓郎
    日本作物学会講演会要旨集
    2018年 246 巻
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/09/03
    会議録・要旨集 フリー
  • 森田 貴己, 三木 志津帆
    日本水産学会誌
    2018年 84 巻 6 号 1105
    発行日: 2018/11/15
    公開日: 2018/12/14
    ジャーナル フリー
  • 中村 俊夫, 緒方 良至, 箕輪 はるか, 佐藤 志彦, 渡邊 隆広
    日本地球化学会年会要旨集
    2014年 61 巻 3C12
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/09/12
    会議録・要旨集 フリー
    2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う東京電力福島第一原発事故により大量の放射性物質が環境中に放出された.大気粉塵,土壌,植物などの放射能分析から大気中に放出された核種とおおよその量が見積もられている.一方,地質学・考古学試料について約5万年までの高精度年代測定に利用されている放射性炭素(14C;半減期:5730年)の放出に関しては,その放出の形態や数量はきちんと確認されてはいない. 事故のあった福島第一原発付近への立入は制限されており,採取できる試料には限りがあるが,2012年に,福島第一原発から南に20~30km離れた広野町の海岸付近で海産物などを採取した.また,2011年秋には,福島第一原発から北西に約60km離れた福島大学金谷川キャンパスにおいて植物を採取し,それらの14C濃度を測定した.測定結果からは福島第一原発事故の影響は検出されなかった.
  • 中里 一久
    日本放射線安全管理学会誌
    2011年 10 巻 2 号 112b-113
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/12/20
    ジャーナル フリー
  • 柴 和弘
    日本放射線安全管理学会誌
    2011年 10 巻 2 号 110b-112
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/12/20
    ジャーナル フリー
  • 神崎 愷
    Electrochemistry
    2013年 81 巻 4 号 301
    発行日: 2013/04/05
    公開日: 2013/04/05
    ジャーナル 認証あり
  • 賞雅 朝子, サフー サラタ クマール, 中井 俊一, 新江 秀樹
    日本地球化学会年会要旨集
    2015年 62 巻 2D03
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/09/03
    会議録・要旨集 フリー
    福島第一原発事故由来の放射性物質のうち、ウランやプルトニウムなどのα線核種についての挙動を理解するため、マルチコレクター型ICP-MSを用いて、高精度なウラン同位体比測定を行った。

    MC-ICP-MSでの高精度分析には、ウランの分離が必須であるため、U-TEVA樹脂による2回の分離方法を採用し、鉄などの妨害元素の除去を行いながらウランを分離した。

     土壌中のグローバルフォールアウトによるウランと比較するため、福島第一原発事故以前の沖縄、神戸の土壌試料を測定した。福島第一原発付近(30km以内)の試料は、空間線量率が大きい試料を12試料測定し、235U/238U比および234U/238U比から土壌中の原発由来のウランの寄与を観察した。
  • 添盛 晃久, 小豆川 勝見, 野川 憲夫, 桧垣 正吾, 松尾 基之
    日本地球化学会年会要旨集
    2013年 60 巻 3B06
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/08/31
    会議録・要旨集 フリー
    福島第一原発事故に伴う海洋汚染の状況や収束見通しの解明に寄与するために、本研究では東京湾幕張沖の深堀と平場を研究の対象とし、事故以前から現在まで我々が継続的に同一地点で採取していた底質試料に対し、放射性セシウムの濃度変化を分析した。表層での濃度の経時変化を分析したところ、事故後時間が経過するにつれて濃度が増加していることが認められ、東京湾では周囲からの流入・蓄積の影響が強いと考えた。また、深堀では平場よりも高濃度となる傾向も認められた。鉛直分布を加味すると時間が経つにつれ放射性セシウムがより深い層に沈降していることが確かめられ、インベントリも増加しており、表層付近で濃度が大きく変化していない時期でも周囲からの流入が続いていることを突き止めた。
  • 和田 敏裕, 神山 孝史, 森田 貴己, 河村 知彦
    日本水産学会誌
    2018年 84 巻 6 号 1104
    発行日: 2018/11/15
    公開日: 2018/12/14
    ジャーナル フリー
  • 矢川 元基
    学術の動向
    2015年 20 巻 2 号 2_34-2_35
    発行日: 2015/02/01
    公開日: 2015/06/05
    ジャーナル フリー
  • 神谷 研二
    日本毒性学会学術年会
    2015年 42.1 巻 SL5
    発行日: 2015年
    公開日: 2015/08/03
    会議録・要旨集 フリー
     2011年3月11日に福島第一原発事故が起きて4年が経過した。環境中には大量の放射線物質が放出され、未だ住人の避難が続いている。放出された放射性物質からの低線量・低線量率放射線被ばくによる健康影響が危惧されている。原発事故の健康影響を推定する基本は、住民の被ばく線量の評価であるが、その概要が徐々に明らかにされている。第18回福島県「県民健康調査」検討委員会では、住民約44.8万人の事故後4ヶ月間の外部被ばく線量の推計結果が報告された。県全体では93.9%が2mSv未満であり、最大値25mSv、平均値0.8mSvである。福島県が実施した約24万人のWBC検査の結果では、99.9%が1mSv未満で最大値3mSvが2名である。甲状腺の線量については十分な測定データがないが、現在まで報告されている実測値は50mSv以下である。国連科学委員会は、この様に報告された資料を基に、福島原発事故による住民の被ばく線量と健康影響を評価した。それによると、被ばく線量が最も高くなる1歳児(福島県)の事故後1年間の実効線量は2.0-7.5mSv、甲状腺吸収線量は33-52mGyとした。その結果、健康影響では、「チェルノブイリ事故後のように実際に甲状腺がんが大幅に増加する事態が起きる可能性は無視することはできる。白血病,乳がん,固形がんについて増加が観察されるとは予想されない。」とした。
     放射線被ばくの健康影響に関しては、原爆被爆者の長期疫学調査が最も精度の高い情報を提供している。このデータでは、被ばく線量の増加に伴い発がんリスクが直線的に増加することが示されている。国際放射線防護委員会は、この様なデータを基に放射線防護のためにLNTモデルを提唱している。しかし、福島原発事故で必要な低線量域や低線量率の放射線の発がんリスクは、科学的には十分解明されていないのが現状である。例えば、ヒトがんの発生に線量率効果が認められるか否かは明確でない。この様な科学的不確実性が福島原発事故で影響を受けた人々の健康に対する不安を余計に増強している点があり、早急な科学的解明が求められている。
  • 山根 史博, 大垣 英明, 浅野 耕太
    日本原子力学会 年会・大会予稿集
    2012年 2012f 巻 H26
    発行日: 2012年
    公開日: 2013/06/24
    会議録・要旨集 認証あり
    福島第一原発事故によって多量の放射性物質が飛散したことにより、福島県をはじめとする周辺地域での水・土壌・食品の汚染が懸念されている。また、たの原発立地地域でも「ここでも似たような事故が起きるのではないか」という不安が高まっている。こうした社会不安は各地域の住みやすさ・豊かさ・活発さを表す資産価値の低下を招く可能性がある。前回大会では福島第一原発周辺での資産価値変動を検証したが、今回はその他の原発立地地域における変動を検証する。
  • 桜庭 真依子, 角野 浩史, 松崎 浩之, 楠野 葉瑠香, 川本 万里奈, 徳山 裕憲, 小豆川 勝見, 堀 まゆみ, 丸岡 照幸, 藪崎 志穂
    日本地球化学会年会要旨集
    2017年 64 巻
    発行日: 2017年
    公開日: 2017/11/09
    会議録・要旨集 フリー

    地下水資源の開発や利用にはその流動過程を把握するため、涵養地や滞留年代を知ることが重要である。福島県においては、福島第一原発の事故によって放出された放射性物質の環境中の挙動が調べられてきたが、地下水については報告例が少なく、地下水資源利用に際してその安全性を評価する必要がある。そこで本研究では、ヨウ素129及びトリチウム-ヘリウム年代測定法を用い、福島県の地下水の原発事故による汚染状況を明らかにすること、及び長期的な地下水資源の安全性を評価することを目的とした。地下水中のヨウ素129と安定同位体であるヨウ素127の比、及び希ガスMSで定量を行った3Heより求めた3H濃度からは現時点での汚染は確認できなかった。一方トリチウム-ヘリウム年代測定法より求めた滞留年代の最小値は14年となり、今後汚染された水が出る可能性は否定できないと考えられる。

  • 水野 勲
    日本地理学会発表要旨集
    2016年 2016a 巻 512
    発行日: 2016年
    公開日: 2016/11/09
    会議録・要旨集 フリー
    原発事故には、保険もハザードマップも存在しない。これまで原発から地理空間に放射性物質が大量に放出された過酷事故(英国、米国、ソ連2件、日本)では、いずれも住民に対して放射能汚染の予報(シミュレーション結果)は公表されなかった。そもそも、原発ハザードマップは可能なのだろうか。またそれが不可能であるなら、原発事故を地理学はどう捉えたらいいのだろうか。本発表では、原発事故による避難時のリスクだけではなく、エクメーネのカタストロフについて、反事実的条件法から考察する。
      自治体、研究者の中から、SPEEDIの利用法として以下のものが提案された。1)原発事故の初期に安定ヨウ素剤の服用のタイミングを決めるため(同時的)、2)原発からの放射性物質の放出量を逆推定するため(事後的)、3)全国の原発の事故を想定した、季節ごとの放射性物質の移流・拡散を予測するため(事前的)、などである。原発事故の被害は、単に事故直後のリスク推定(確率計算)を目標とするだけではなく、エクメーネの地理的カタストロフ(可能世界)として捉えるべきではないだろうか。
      福島第一原発事故の後で、いくつもの反事実的条件法を用いた言説が現れた。反事実的条件法は、現実に起こったことと、「わずかに」条件が違う場合の帰結を問うている。「起こったかもしれない」さまざまな世界の集合の中に、現実に起こった原発事故を位置づけるとき、短期的な避難行動のハザードマップだけではなく、長期的なエクメーネのカタストロフが視野に入ってくるはずである。「原発さえなければ」(畜産農家)、「生業を返せ、地域を返せ」(福島原発訴訟団)という言説にも、原発立地地域の地理学的な問いが次々と現れてくることを示す。
  • 中嶋 英充, 池田 貴儀, 米澤 稔, 板橋 慶造, 桐山 恵理子, 岩田 修一
    情報知識学会誌
    2012年 22 巻 4 号 344-353
    発行日: 2012/11/04
    公開日: 2012/12/31
    ジャーナル フリー
     日本原子力研究開発機構(JAEA)図書館では,福島第一原子力発電所事故に関する参考文献情報を収録したウェブサイトを構築し,2011年4月よりインターネットを通じて発信している.発信する情報は毎月更新され,その数は約1万5千件に達している.JAEA図書館では,国及び東京電力のホームページ上に公表された放射線モニタリングデータ,原子炉プラント状況等の情報を収集・整理し,福島原発事故アーカイブとして運用することを検討している.本稿では,JAEA図書館が発信している福島事故参考文献情報の内容を紹介し,併せて福島原発事故アーカイブ構築に関する課題を提起する.
  • 遠藤 薫
    学術の動向
    2013年 18 巻 1 号 1_3
    発行日: 2013/01/01
    公開日: 2013/05/02
    ジャーナル フリー
feedback
Top