詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "稲田朋美"
4件中 1-4の結果を表示しています
  • 高田 昌幸
    マス・コミュニケーション研究
    2018年 93 巻 153-154
    発行日: 2018/07/31
    公開日: 2018/10/13
    ジャーナル フリー
  • 天野 慎介
    医療と社会
    2018年 28 巻 1 号 49-61
    発行日: 2018/04/30
    公開日: 2018/05/24
    ジャーナル フリー

    「患者申出療養制度」は,混合診療に関する規制改革会議での議論を経て,一定のルールと患者自身の希望に基づき,保険診療と併せて受ける保険外診療の1つとして,2014(平成26)年3月に規制改革会議より提案された。そして,同年6月に閣議決定された政府の規制改革実施計画において,申請から原則6週間で国が判断するスキームとされるとともに,2015(平成27)年5月に成立した「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律」によって法定された。日本医師会や複数の患者団体などからは,混合診療の原則禁止を堅持することや,有効性と安全性が示されたものは薬事承認と保険適用を速やかに認めること,患者の費用負担や患者説明への配慮を求める要望があり,これらの要望も受けて,中央社会保険医療協議会において制度と運用が検討された結果,一定の安全性・有効性等が確認されたものを対象とし,その保険収載を目指した実施計画を作成して臨床試験を実施して評価する制度となった。患者申出療養は4件にとどまっており,「医師による計画書の作成等にかかる作業の負担が大きいことなどにより,申請以前の準備に長期間を要するのではないか」「患者の費用負担が重いのではないか」などの課題が指摘されている。

  • 日臺 健雄
    アジア動向年報
    2018年 2018 巻 25-42
    発行日: 2018年
    公開日: 2019/03/27
    解説誌・一般情報誌 フリー HTML

    内政面では,プーチン大統領の支持率は70~80%台と高止まりしており,2018年3月の大統領選挙で再選された。一方,メドベージェフ首相はインターネット上の動画で不正蓄財疑惑が告発され,退任を求める世論が強まり,政治的基盤に揺らぎが生じた。なお地方の首長が2人,汚職で逮捕されている。この2人を含め,2017年を通じて20人近い知事・首長が解任されて若手が登用されるなど,地方高官の積極的な交代がみられた。若年層による反政府集会は大都市部を中心に活発に行われ,政権は拘束などの弾圧を加えた。2018年3月の大統領選挙を前にプーチン政権は「安定」の重要性を強調する一方,「変革」につながる動きを警戒し,ロシア革命100周年に際してプーチン大統領は公式行事を行わなかった。

    経済面では,2017年の実質GDP成長率は前年比1.5%増となり,2014年以来3年ぶりのプラス成長となった。プラス成長をけん引した主な要因として,原油価格が緩やかに上昇したことで石油・天然ガス関連企業の業績が好転したことなどが指摘される。一方,中銀の政策が功を奏して消費者物価上昇率は前年比2.5%となり,2016年の同5.4%を下回ってソ連解体以来もっとも低い水準を記録し,政策金利の引き下げが6回にわたって行われた。

    日本との関係では,プーチン大統領の訪日があった2016年に引き続き,2017年も日ロ間の要人の往来は活発であった。中国との関係では,北朝鮮の核問題をめぐり対話路線で一致し両国で行程表を作成したほか,政治,経済,軍事の各面で関係強化がみられる。北朝鮮との関係では,国会議員団が複数回にわたり訪朝し,ウラジオストクに万景峰号の寄港を一時認めるなど,国連による経済制裁の下でも一定の関係を保っている。その他アジア諸国との関係では,東南アジア諸国にロシア太平洋艦隊の艦船が複数回にわたり航海を行い,アメリカの同盟国フィリピンとは兵器の供与を含めた関係強化がみられるなど,トランプ政権が自国最優先主義をとるなかで,アジアでの影響力強化をねらう動きをみせている。

  • 塩見 昇
    図書館界
    2007年 58 巻 6 号 353-368
    発行日: 2007/03/01
    公開日: 2017/05/24
    ジャーナル フリー
feedback
Top