詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "穴水駅"
7件中 1-7の結果を表示しています
  • 林 宏一, 平出 務, 飯場 正紀, 稲崎 富士, 高橋 広人
    物理探査
    2008年 61 巻 6 号 483-498
    発行日: 2008年
    公開日: 2014/05/09
    ジャーナル フリー
     2007年3月25日に発生した能登半島地震により被災が見られた石川県穴水町において,表面波探査と小規模微動アレイ探査により浅部地盤構造の調査を行った。穴水町では多くの住宅が被害を受けたが,被害はK-NET穴水観測点(ISK005)の近傍の特定の地域に集中していた。この地震において,K-NET穴水観測点では,周期約1秒が卓越する800gal近い最大加速度が観測されており,このような強い地震動と住宅の被害の関連が注目されている。表面波探査と小規模微動アレイ探査による調査の結果,K-NET穴水観測点の周辺ではS波速度約60m/sの低速度層が深度10m近くまで分布しているのに対して,穴水駅東側の古くからの市街地では地表面付近からS波速度500m/s以上の高速度層であることがわかった。またK-NET穴水観測点の南側約50mにも高速度の領域が存在し,同観測点の近傍で基盤深度が急変していると推定された。探査により推定されたS波速度構造を確認するために,K-NET穴水観測点近傍でラム・サウンディング試験を行ったが,その結果は探査結果とほぼ整合した。このような浅部地盤構造の不整形性が地震動におよぼす影響を評価するために,差分法による数値シミュレーションを行った。その結果,基盤深度が急変している場所では局所的に地震動が大きくなる可能性があることがわかった。穴水町中心部で地震被害が集中しているのは,地表から深度20m程度までの浅部地盤構造が水平方向に大きく変化している場所の近傍であり,複雑な地盤構造が被害の集中をもたらした可能性が考えられる。
  • 清水 亮, 前田 寿朗
    日本建築学会構造系論文集
    2010年 75 巻 648 号 269-277
    発行日: 2010/02/28
    公開日: 2010/06/07
    ジャーナル フリー
    During the 2007 Noto-hanto Earthquake, the town of Anamizu experienced severe damage, though the town is located about 20 km away from the epicenter. More than 70 of wooden houses were completely collapsed in the area of 500 m square and the damage was remarkably concentrated in the zone of 100 m square. We measured micro-tremor at more than fifty locations and found that the area with collapsed houses has predominant frequency between 1.1 Hz and 3.0 Hz and the concentrated damage zone has about 2.0 Hz. Two layered irregular subsurface model was constructed by simulating H/V spectrum peak frequencies with frequency dependence of the particle motion of Rayleigh wave fundamental mode. The concentrated damage zone seems to lay on thick soft layer of 12 m to 15 m surrounded by shallower bedrock with thinner surface layers; the zone seems to locate at the mouth of a bay of about 200 m wide. The two dimensional FEM model with Ricker wave incidence reveals the constructive interference of reverberation and the Rayleigh waves. The ground motion during the main shock was evaluated by the 2-D FEM equivalent linear analysis with simulated incident waves and soil non-linearity of surface layers, which reveals about 10 % increase of response spectrum around 1 Hz.
  • -京都における地域形成事例をもとに-
    井上 和久, 堀 彰穂, 友成 真一
    日本国際観光学会論文集
    2015年 22 巻 115-122
    発行日: 2015年
    公開日: 2019/06/12
    ジャーナル オープンアクセス
    The content tourism and “the Holy Land pilgrimage” are established as a general noun, and have been increasingly taken up by the media. This study is intended to consider about the way of regional formation clarifying the utilization of the contents.
    This paper took up cases which apply contents on railways in Japan, and clarified the effectiveness of regional formation. The examined cases are in the area of tourist resort, streetcar and local train. In addition, this paper took up and analyzed the cases of Kyoto city especially. Furthermore, this paper clarified the problems of regional formation by applying of contents and suggested the ways of solution considering sustainable regional formation.
  • 浅野 公之, 岩田 知孝, 岩城 麻子, 栗山 雅之, 鈴木 亘
    地震 第2輯
    2009年 62 巻 2+3 号 121-135
    発行日: 2009/12/25
    公開日: 2012/03/26
    ジャーナル フリー
    During the 2007 Noto Hanto earthquake, a K-NET station ISK005, which is located in Anamizu town and approximately 19 km far from the epicenter, recorded the ground velocity larger than 100 cm/s. A set of observational study is carried out to investigate spatial variation of ground motion amplification characteristics in Anamizu town. Firstly, the spatial variation of the amplification was observed by aftershock observations along a temporary linear seismic array across Anamizu town. In the center of the town, the spectral amplification factor is 10 to 20 between 1 Hz and 2 Hz with respect to the rock site. Then, dense single-station microtremor observations were carried out at 147 sites with average spacing of 100 m in Anamizu town to see the spatial variation in thickness of low-velocity layers. The peak frequency of the microtremor H/V spectral ratio varies from 0.8 to 2.0 Hz in the town. The velocity structure model of shallow portion in Anamizu town is estimated from the mircrotremor H/V spectral ratios. The thickness of low-velocity layers (VS =70 to 100 m/s) changes along the Omata and the Manai rivers. Finally, a three-dimensional ground motion simulation is conducted using the obtained velocity structure model in order to see relationship between shallow sedimentary layers and ground motion amplification in Anamizu town. The peak velocity in the frequency range below 2.5 Hz is three or four times larger in the area around ISK005, where the thickness of low-velocity layers is approximately 10 to 25 m, than that in the rock side. It could be concluded that the ground motion amplification characteristics in the frequency range between 1 Hz and 2 Hz is mainly controlled by the existence of such low-velocity sedimentary layers.
  • 後藤 浩之, 澤田 純男, 小林 望, 山田 浩二
    土木学会論文集A1(構造・地震工学)
    2009年 65 巻 1 号 1-5
    発行日: 2009年
    公開日: 2011/04/30
    ジャーナル フリー
    2007年能登半島地震で局所的な被害が発生した穴水町では,浅い地盤構造が局所的に変化していることが指摘されている.本研究では,弾性波探査で得られているK-NET穴水観測点周辺の浅い地盤構造を用いてその地震動応答特性を調べた.K-NET観測点に向かって層境界深さが深くなる地盤構造が見られるため,直下の層境界深さによる1次元的な影響と,層境界の不整形性により励起される波の2次元的な影響とが考えられるが,地表波形に対しては1次元的な影響が支配的であることを示した.また本震の再現解析では,K-NET観測点から50mほど離れた地点での最大速度はその8割程度となることを示した.ただし地盤内ひずみに関しては,水平方向の工学せん断ひずみ成分が最大で0.2%を示すため不整形性の影響が無視できないと考えられる.
  • 石川県穴水町の訪問介護を事例として
    杉浦 真一郎
    地理学評論
    2003年 76 巻 7 号 497-521
    発行日: 2003/06/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    本稿は,営利系事業所の進出が少ない農山村地域における介護保険制度下の訪問介護サービスに注目し,保険者たる行政と既存事業者としての社会福祉協議会の役割が目立つ中で,組織的特性の異なる複数のサービス事業所が併存する石川県穴水町の事例から,サービス供給実績の変化とその制度的背景を分析した.町内3事業所のうち,後発の農協系事業所が制度施行2年目からサービス供給実績を伸ばしたが,これは町役場との関係が密接な社会福祉協議会系事業所や,特別養護老人ホームなどを併設する社会福祉法人系事業所とは対照的に,連携する組織やサービス機能をほかに持たないことに起因している.訪問介護の利益率が一般に低水準である中で,この農協系事業所の事業構造は利用者特性の面からみても不安定であり,本事例からは介護保険事業者の特性について,従来の「既存/新規」および「営利/非営利」に加えて,「総合型/単独型」との観点が有効であることが示唆された.
  • 境 有紀, 野尻 真介, 熊本 匠, 田中 佑典
    日本地震工学会論文集
    2008年 8 巻 3 号 79-106
    発行日: 2008年
    公開日: 2010/08/12
    ジャーナル フリー
    2007年能登半島地震を対象として, 震度6弱以上を記録した全ての強震観測点と5 強を記録した一部の強震観測点周辺の被害調査を行った.震度6 強を記録した全ての強震観測点周辺で, 全壊木造建物が見られた.中でもK-NET穴水と輪島市門前町走出震度計周辺では, 木造建物全壊率は20%近くに達していたが, 多くは老朽化した建物, 1階が商店等で開口部が広い建物であった.震度6弱を記録した観測点は, 全壊木造建物が見られたところとそうでないところがあり, 同じ計測震度でも被害状況にばらつきが見られた.また, いずれの強震観測点周辺にも非木造建物で大きな被害を受けたものは見られなかった.強震記録を見ると, 様々な周期特性をもった地震動が発生しており, 中でも周辺に大きな建物被害があり, かつ, 1.5-2秒程度とやや長い周期に大きな応答をもった地震動が初めて記録されたJMA 輪島は, 貴重なデータとなった.収集した建物被害データと観測された強震記録を用いて, 建物被害と地震動の性質の関係について検討した結果, 強震観測点周りの被害は, 概ね建物の大きな被害と相関が高い1-2 秒応答で説明できるものであったが, JMA輪島の被害レベルは, やや説明が難しいものであった.
feedback
Top