詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "空間編成"
205件中 1-20の結果を表示しています
  • 「墨東まち見世」プロジェクトを事例に
    及川 裕子
    日本地理学会発表要旨集
    2013年 2013s 巻 803
    発行日: 2013年
    公開日: 2013/09/04
    会議録・要旨集 フリー
    今日において、国家や都市による文化振興政策はますます重視されるようになっている。1990年代末になると、現代アートプロジェクトを通じた「地域づくり」が模索され、全国各地で多数のアートプロジェクトが開催されるようになった。本報告では、現代都市社会の空間編成における「アート」の効用と、その政治性を明らかにすることで「アートは地域づくりに貢献する」という単純化された図式を再検討する。「アート」を動態的に捉え、その生成過程に焦点をあてながら、東京文化発信プロジェクトの事業の一つである「墨東まち見世」を事例に報告を行う。
  • 杉野 圀明
    経済地理学年報
    1991年 37 巻 1 号 106-110
    発行日: 1991/03/31
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル フリー
  • 西部 均
    人文地理
    2018年 70 巻 1 号 128-129
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/04/02
    ジャーナル フリー
  • 永田 忠道
    社会科研究
    2009年 71 巻 11-20
    発行日: 2009/11/30
    公開日: 2017/07/01
    ジャーナル フリー
  • 1999年の「西村発言」問題を事例に
    村田 陽平
    人文地理
    2002年 54 巻 6 号 557-575
    発行日: 2002/12/28
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
    The politics of space involving sexuality has been studied mainly from the perspective of women and of homosexual men. Women's studies of space make clear that space is not constructed for female sexuality but for that of males. Gay studies of space conclude that, though homosexual men are 'male', they are inclined to be alienated from spaces which are premised as being heterosexual. Otherwise, little attention has been given to the viewpoint of heterosexual men. The purpose of this paper is to clarify the politics of space involving heterosexual men in Japan.
    This study picks up one of the statements which was brought up in the Japanese political world in 1999. It is the Nishimura's statement, which was claimed by Shingo Nishimura (a member of the Diet)-at the time, a parliamentary vice-minister of the Defense agency-in an article in the 'weekly Playboy'. The statement was problematical because it contained positive statements regarding the nuclear armament of Japan and was also sexist. Sexism among Japanese politicians is not unfamiliar, but against this case there was an unprecedented opposition which came in the form of criticism by some members of the men's group in Tokyo. This paper clarifies this situation by analyzing some discourses on relevant texts, magazines and newspapers that reported the statement.
    First, I point out the spatial structure of sexuality through which Nishimura's statement is premised, in order to elucidate why the discriminatory aspects of the statement were put aside in public space. This is because, in public space, sexual matters are recognized as being a problem of dignity and are regarded as the domain of private space. Otherwise, in private space, sexual matters are thought of as being natural, so Mr. Nishimura and the affirmative people did not recognize the opposition of women and claim that their opinions are sympathetic towards them. Namely, it is made clear that the statement assumes that public space is non-sexual and private space is natural. However, the spatial structure of sexuality has relevance to the one that suppresses both women and homosexual men.
    Secondly, it is made clear how the spatial structure of sexuality is constructed. First, I indicate the place occupied by the 'weekly Playboy' magazine. The magazine has contents oriented towards both private space and the public space of discourse. Secondly, sexual content has a function in public space. The reason that we overlook sexual discourse in public space is that sexual discourses are regarded as natural. So it is thought that private space within which sexual matters are contained was constructed before the construction of public space. However, in actuality, such a private space is a fiction whose logic is hidden. Thirdly, it comes to light how male heterosexuality works in public space. Women tend to be judged by their attributes, while men tend to be judged by their actions. So male heterosexuality is not regarded as a form of action but as an attribute. So long as male heterosexuality is recognized as an attribute, it is not problematized and reproduced in public space.
    Thirdly, I explain the meanings of space for heterosexual men on the basis of discourses by heterosexual men who have an objective view towards Nishimura's statement. For example, members of the men's movement in Tokyo collected signatures against Nishimura's statement in a petition that was limited only to men. The reason behind it was not necessarily meant to exclude women, but was rather to stress the viewpoint of (heterosexual) men. They found that male members of the Diet did not accept their argument against Nishimura's statement. Though they recognized the sexual contents of the statement as a problem of public space, their argument was not recognized as a problem of public space. This case demonstrates that heterosexual men can also put into question the spatial structure of sexuality as their exclusive problem.
  • 水岡 不二雄
    経済地理学年報
    1998年 44 巻 1 号 76-80
    発行日: 1998/03/31
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル フリー
  • ロサンゼルス大都市圏を事例に
    矢ヶ崎 典隆, 椿 真智子
    人文地理学会大会 研究発表要旨
    2003年 2003 巻 314
    発行日: 2003年
    公開日: 2003/12/24
    会議録・要旨集 フリー
    アメリカでは1965年に移民法が改正された結果、1970年代以降、ヒスパニック系およびアジア系移民の流入が顕著となった。エスニック集団によるすみわけとエスニック・タウンは第二次世界大戦前からみられたが、新移民の流入に伴い、新たなエスニック・タウンが各地に分散的に形成されはじめた。都心外縁や郊外に形成された新たなエスニック・タウンの多くは、多様な経済活動と独自の生活文化がその景観に反映され活気に満ちている。民族的・文化的多様性に対するホスト社会の寛容さとそれに対する反発・軋轢とのはざまで、新たなエスニックタウンは自己の存在をアピールしているようにも見える。一方、都心型の古いエスニック・タウンは、インナ_-_シティの空洞化に伴う衰退を経験しつつも、都市再開発や歴史景観再生の動きなどとともに新たな局面を迎えている。エスニック・タウンは、ダイナミックな変化と多様性を創出し続けるロサンゼルス大都市圏の景観と都市機能を考えるうえで不可欠の要素といえるだろう。しかしエスニック・タウンの実態は極めて多様であり流動的である。また近年は、観光資源や地域資源、歴史景観としての評価、エスニック・シンボルとしての再認識など、エスニック集団ならびにホスト社会の双方にとって重要な意味を有している。 従来は、エスニック集団の社会的・経済的地位上昇に伴うエスニック・タウンの郊外化と都心部の衰退とが注目されてきたが、新たな移民集団の流入と都市空間の変容、産業の立地移動は、従来とは異なるエスニック・タウンの立地・成長プロセスを生みだした。 ますます加速するグローバル化の中で、エスニック・タウンは一層多様化し、都市景観に新たな要素を与え続けると同時に、独自なエスニック景観として表象されはじめている。
  • 水岡 不二雄
    社会経済史学
    2004年 69 巻 5 号 635-637
    発行日: 2004/01/25
    公開日: 2017/06/16
    ジャーナル オープンアクセス
  • 前田 裕介
    地理科学
    2005年 60 巻 2 号 119-122
    発行日: 2005/04/28
    公開日: 2017/04/15
    ジャーナル フリー
  • 伊藤 千尋
    アフリカ研究
    2017年 2017 巻 92 号 163-166
    発行日: 2017/12/31
    公開日: 2018/12/31
    ジャーナル フリー
  • 水岡 不二雄
    地理学評論 Ser. A
    1997年 70 巻 12 号 824-834
    発行日: 1997/12/01
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    Space and Society, a commission of the Association of Japanese Geographers, published in 1996 a reader containing the following seven seminal papers which had been published in the period from the late 1960s to early 1980s and had provided human geography with a new perspective on the conceptualization of space in society: A. Buttimer (1969), “Social space in an interdisciplinary perspective”; D. Harvey (1976), “Labor, capital and class struggle around the built environment in advanced capitalist societies”; D. Ley (1977), “Social geography and the taken-for-granted world”; E. Soja, “Sociospatial dialectic”; D. Gregory (1981), “Human agency and human geography”; D. Cosgrove (1984), “Towards a radical cultural geography”; and N. Thrift (1983), “On the determination of social action in space and time”.
    In order to facilitate the understanding of the spatial conceptions contained in these seminal papers, which are significant for the future development of alternative (or critical) geography in Japan, this paper extracts some quotes from the above papers and lists them under the following basic tenets of spatial conceptions:
    1. Space is the objective, material existence which supports society and human subjects.
    2. Society and Humans are not passive in space. They positively subsume it to create new (humanized) space and to reproduce themselves.
    3. Socioeconomic relations or values produce space, and the spatial entity thus produced supports the stabilization and reproduction of the relations and values for a longer period.
    4. Space once produced ossifies itself into structure (the built environment), which reacts to control, differentiate, and transform social relations.
    5. Every subject must deploy an expanse of bounded space and a relative position for its action. The form of their deployment is specific to the social relations.
    6. A social structure on an upper tier of space produces territories on a lower tier, each of which forms a separate entity in the structure. This stratified configuration of space displaces social relations spatially, and alters the original relations in return.
    7. Spatial relations displacing conflict on a particular spatial scale can reify or modify the social relations on different scales.
    8. Space and subject fuse together spontaneously to constitute a unique “place, ” the focal point where subjects converge into a social structure, mediated with all of its embeddedness.
    9. The subject attempts to strengthen the embeddedness and resists its disruption. This place consciousness may obscure the consciousness of social relations.
    10. The distanciation and isolation arising from relative space make the subjects in proximity interact more intensely, giving rise to a localized social group.
    11. The spatial coexistence of heterogeneous elements of a society and their mutual sharing of the same built environment create social conflict.
    12. The built environment exerts a common coercive power over people to stabilize the modes of production and living over the long term.
    13. A social group is fragmented and its fractions formed according to the spatially uneven and fixed components of a spatial configuration and natural landscape.
    14. The range of subjective space is smaller than that of the objective thus rational behavior is not guaranteed since one obtains information imperfectly from subjective space.
    15. The modes of production and experience create collective absolute spaces, the most pivotal of which is the separation between the places for living and for work.
    16. It is essential for a social revolution to involve a revolution in spatial configuration.
  • 報告・討論の要旨および座長の所見
    人文地理
    2002年 54 巻 1 号 83-99
    発行日: 2002/02/28
    公開日: 2009/04/28
    ジャーナル フリー
  • 齊藤 由香
    経済地理学年報
    2013年 59 巻 1 号 171-
    発行日: 2013/03/30
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル フリー
  • 大西 宏治, 廣内 大助
    経済地理学年報
    2005年 51 巻 2 号 196-
    発行日: 2005/06/30
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル フリー
  • 鵜川 馨
    比較都市史研究
    2005年 24 巻 2 号 48-
    発行日: 2005/12/20
    公開日: 2017/08/25
    ジャーナル フリー
  • 山根 拓
    日本地理学会発表要旨集
    2014年 2014a 巻 S1301
    発行日: 2014年
    公開日: 2014/10/01
    会議録・要旨集 フリー
    今回のシンポジウム「近代日本における地方拠点的地域の形成過程と人間主体の社会空間的活動」は,2011-2013年度日本学術振興会科学研究費補助金・基盤研究(B)「近代日本の地方拠点都市の成長と人間主体の社会空間的活動に関する歴史地理学的研究」(研究課題番号23320180;研究代表者 山根 拓)の研究成果を問うものである。われわれはこの科研グループを通じて,今回,近代日本の発展に不可欠な役割を得て,それに大きく貢献したと考えられる地方都市・地域に着目し,それらの発展過程をリードした「人間主体」の役割を明らかにした。もっともいろいろなケースがある。同様の都市属性を持っているからといって,同じような発展・衰退の経緯をたどるわけではない。メンバーがどこをフィールドに,どのような観点から研究を進めようとしているのかを紹介し,シンポジウム全体でどのような目的を目指すのかを示したい。
  • 藤田 哲史
    経済地理学年報
    1998年 44 巻 4 号 328-344
    発行日: 1998/12/31
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル フリー
    本研究では, 中国・上海を研究対象として, 社会主義から資本主義経済への移行過程における都市建造環境の変化を, 空間の生産を通じた経済体制の移行過程から明らかにする. 上海は, 1949年の社会主義革命と, 今日の改革開放政策にともなう資本主義経済への移行の, 二度の経済体制の転換を歴史的に経験している. 社会主義経済体制においては, 社会主義革命以前の建造環境が転用されると同時に, 新村が建設された. 政治的な中心地と, 人々の狭い範囲における自己完結的な日常生活の空間とが分離した建造環境が生産された. 今日の資本主義への移行においては, 市場による土地利用調整が空間を生産する社会過程となる. 業務中心地区の形成と住宅の郊外化という空間編成が表われてくる. 移行期においては, 社会主義時代の建造環境の多くが残り, 経済社会過程への物的な障害となって立ち表われ, 独特な空間が生産されている.
  • 水岡 不二雄
    経済地理学年報
    1994年 40 巻 1 号 45-62
    発行日: 1994/03/31
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル フリー
    本論は大きく2部にわかれる. 前半は, これまで体制としての地理学の中にあって伝統的地理学の非社会科学性を批判することに存在意義を見いだしてきた「批判的地理学」と呼ばれる立場がはらむパラドクシカルな論理の検討であり, 後半は, 筆者が前著『経済地理学』で提示した, 空間の経済・社会への包摂とそれをつうじた空間編成ならびに建造環境生産にかかわる経済・社会空間論の基本的枠組みの要約的な説明にあてられている. 非空間的な伝統的社会科学の導入による「社会科学としての地理学」を唱導して伝統的地理学を批判してきた地理学者は, 一方で地理学そのものを否定してこれを社会科学一般に解消することを導きながら, 他方では, その経済学・社会学修得の不十分さゆえ, 伝統的地理学への寄生的共存から抜け出しがたい, というパラドクスにおちいった. このため, 社会科学に学際的研究がすすんで学問の「仕切り」が開放的になり, また, 社会諸科学が空間論という新たなフロンティアに理論展開の方向を求めるようになったとき, 批判的地理学はこれに十分対応できる力量を持ち合わせていなかった. かくて批判的地理学の流れをくむ人々は, 自己の学問的アイデンティティーを求め, 一転して先祖返りし, 例外主義や機能・等質地域論, 立地論など伝統的地理学・経済地理学とおなじパラダイムを奉ずるようになった. このような逆説的な状況から抜け出すためには, 地理学を経済・社会空間編成の科学と位置付け, 空間が素材的にもつ物質性が社会に包摂されることによって, どのように社会・経済の諸過程ならびに諸関係の態様が変容するかを説明する, 経済・社会空間論の体系を構築しなくてはならない. この理論によりはじめて, 地理学は独自のdisciplineをもって他の社会科学と対等の学際的共同関係を築くことができる. 素材的空間を包摂した経済社会諸過程にかかわる論理体系は, 大要次のようなものである. 原初的空間は, 大きく絶対空間と相対空間の属性に分けられる. 絶対空間は, 空間の無限に広がる連続性であり, 空間のなかにある物質を相互に関係づけて均等化・同質化する性向をもつ. 他方相対空間は, 位置ごとの個別性と位置相互間の距離が生み出す隔離・分断の性向をもつ. 絶対空間を形式的に包摂した社会では, 主体・集団ないし行為の独立性が奪われないよう, 空間の連続性を仕切り, 「領域」が生産されなくてはならない. するとその中だけで同質化過程が作用し, 互いに異質なロカリティーができあがる. だが, 領域生産の他の一面の目的は社会関係をとり結ぶことだから, これらの異質的ロカリティーをもつ領域が集まってつくりだされた「集合的絶対空間」は, その上により広い領域を構成する社会関係の層を作りだす. こうして生産された複数の集合的絶対空間の層相互において, 空間的「連続性」と「分断」との間の関係という矛盾が発生する. 他方, 相対空間を形式的に包摂した社会は, その隔離の属性のために社会関係が破断しないよう, 集積をはかり, また交通網のネットワーク構築により「空間の絶滅」を行って, 領域内部の同質化を実際に達成しなくてはならない. しかし, 1次元の線のネットワークで2次元の面を絶滅するという交通路, ならびに点である集積が合わさってできた建造環境の編成は, その点や線と平面上の各位置との間の距離関係というあらたな空間的差異をつくりだし, 領域の同質化をめざすほどロカリティーの多様化が進む, という矛盾を生み出さざるを得ない. ここから, この2種類の生産された空間的に不均等な建造環境の編成が作り出す新たな素材的空間である「相関空間」をあらためて社会が実質的に包摂する, という課題が生じてくる. この相関空間の編成過程は, 集積とネットワークからなる空間と, さまざまな土地利用編成という集合的絶対空間の両面にわたって行われなくてはならない. これはいずれも, グローバルな空間の層のなかにあって個々のロカリティーが調整され, 新たな物質的空間としてまとめあげられてゆく過程である. ハーヴェイが語った, 「個別性や特定の場所と時間における経験と, 普遍的一般化との関係」という地理学的考察に取りついてきた「悪魔」(Harvey, 1985a, p. 61)は, こうした筋道だった空間的社会過程にかかわる考察によって解消することができる. そして同時にそのなかで, 地理学は, 経済・社会空間の編成論を究める分野として, 社会諸科学の分業のなかで自己の存在理由を主張することができるようになるのである.
  • 中野 隆生
    史学雑誌
    1995年 104 巻 12 号 2117-
    発行日: 1995/12/20
    公開日: 2017/11/30
    ジャーナル フリー
  • ―アジア的空間編成への視座―
    大井 慈郎
    社会学年報
    2011年 40 巻 51-61
    発行日: 2011/07/16
    公開日: 2014/02/07
    ジャーナル フリー
     本稿は,インドネシア首都ジャカルタ郊外のブカシを事例に,首都郊外の形成過程を検討することで,従来の都市研究における郊外ニュータウンの形成という枠組みでは捉えられない東南アジアの都市化への視座を提示する.例えばアメリカでは,郊外化は都市の過密化などから逃れ,理想の生活を求めた中間層以上の人々の移動により展開された.これに対して東南アジアの諸都市では,特に70年代後半からの新国際分業に組み込まれていく過程で,首都郊外に工業団地とニュータウンが造成され,アジア・メガシティとよばれる巨大都市が形成された.つまり,インドネシアやマレーシアなどにおいては,世界都市システムのなかで海外輸出の拠点として整備された工業団地を単一の核として,そこに隣接する形で働き手を収容する郊外ニュータウンが形成されるのである.加えて,ニュータウン内に整備されたゲーテッド・コミュニティだけでは労働人口を収容できず,カンポンや周辺の村(デサ)も受け皿となっている.工業化の過程で都市-農村両者は分断されるというよりもむしろその関係性を強め,同一の社会関係のネットワークを介してヒト,モノ,カネ,情報,文化の循環移動が促進され,労働力も流動し,都市と農村の社会関係が共時的に複合化しつつ変化を遂げている.デサコタやカンポンという空間編成は社会関係のネットワークとあわせ,世界都市システムを下支えするアジア的な空間編成を形成しているのである.
feedback
Top