詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "第三頸椎"
80件中 1-20の結果を表示しています
  • 稲葉 智之
    日本野生動物医学会誌
    1998年 3 巻 1 号 37-42
    発行日: 1998年
    公開日: 2018/05/05
    ジャーナル フリー
    東京都恩賜上野動物園で飼育され, 現在骨格標本が保管されているジャイアントパンダ2例に軸椎と第三頸椎の癒合をみつけた。"康康"にみられた頸椎の癒合は, 軸椎と第三頸椎の棘突起から関節突起にかけて, 2つの頸椎骨を区別することができないほど一体化し, 関節突起も消失していた。発生原因としては, 椎骨の形成過程における分離不全が疑われた。一方, "欄欄"にみられた頸椎の癒合では, 椎体部分は一部関節境界面の癒合痕が残った状態がみられ, "康康"の頸椎のような一体化はしていなかった。また, 軸椎の後関節突起と第三頸椎の前関節突起間には炎症性の癒合がみられ, 椎骨が分離形成された後の癒合も原因の1つと考えられた。
  • 小川
    應用獸醫學雑誌
    1933年 6 巻 1 号 56
    発行日: 1933/01/20
    公開日: 2008/10/24
    ジャーナル フリー
  • 井上 暁, 川本 達雄
    歯科医学
    2000年 63 巻 2 号 113-128
    発行日: 2000/06/25
    公開日: 2017/04/17
    ジャーナル フリー
    咬合物質の厚さならびに咬合力の大きさと, 頸椎のひずみ(変形)との関係を検討するために, 麻酔下のサルの両側咬筋を電気刺激して, 左側第一大臼歯で厚さ3mmあるいは7mmの木片を弱い力(約10kg), 中程度の力(約15kg)および強い力(約20kg)で噛ませた.そして, これらの木片を咬合したときと木片を介在させずに咬合したときとの第一頸椎から第三頸椎までの各頸椎の左右椎弓板のひずみを測定した.咬合時, 咬合力の強さに関係なく第一および第三頸椎に比べて第二頸椎の変形はきわめて小さかった.左側第一大臼歯で木片を噛ませると, 第一頸椎の作業側は左右方向に強い圧縮された.第二頸椎の非作業側は上下方向に大きく伸展した.噛ませる力を大きくしたり噛ませる木片を厚くすると, この傾向はますます著しくなった.第一頸椎の作業側は、咬合の条件を変えても変形方向はほとんど変わらなかった.非作業側では噛ませる木片を厚くすると変形は時計の針の進行方法とは逆方向に, 第二頸椎の非作業側は時計の針の進行方向に変わった.これに対して, 第二頸椎の作業側は, 噛ませる力の大きさや噛ませる木片の厚さにかかわらず変形量はきわめて小さかったが, 変形する方向はきわめて多様であった.以上の結果から, 片側で物質を噛むと頭部は作業側に傾くので, 台座としての第一頸椎は全体的に圧迫される.第二頸椎の作業側は第一頸椎の強い圧迫を受けるが, その圧迫を巧妙に避けるために突出したり凹んだりと多様に変形している.これに対し, 非作業側は第一頸椎が必要以上に作業側に傾きすぎないようにストッパーの役目を果している.第二頸椎がこのような機能を発揮できるのは, 歯突起によるものであり, このことから, 第二頸椎歯突起はとくに片側咀嚼時に頭位を維持するためにきわめて重要な役割を果たしていることが明らかになった.
  • 佐藤 忠吾
    武道学研究
    1969年 2 巻 1 号 15
    発行日: 1969/11/30
    公開日: 2012/11/27
    ジャーナル フリー
  • 岡本 辰之輔
    人類學雜誌
    1930年 45 巻 Appendix1 号 1-8
    発行日: 1930/01/15
    公開日: 2011/03/03
    ジャーナル フリー
  • 鈴木 みすず, 宇塚 聡, 渡邉 尚子, 宮下 渉, 藤城 建樹, 荘司 洋文, 小森 成
    日本顎変形症学会雑誌
    2015年 25 巻 3 号 201-206
    発行日: 2015/08/15
    公開日: 2015/09/12
    ジャーナル フリー
    Treatment to improve malocclusion in patients with skeletal mandibular protrusion often involves the combined use of surgical treatment in orthodontic treatment to improve not only occlusion but also facial appearance. Mandibular setback surgery is known to cause displacement of the hyoid bone and affect the morphology of the respiratory tract. However, although there have been previous reports regarding displacement of the body of the hyoid bone, few reports have verified hyoid bone rotation taking complex muscle adhesion into consideration. Therefore, the aim of the present study was to comparatively investigate the position of the hyoid bone and morphological changes of pharyngeal airway taking preoperative and postoperative inclination into consideration in patients who underwent setback of the mandible with orthognathic surgery. The subjects comprised 14 patients who underwent sagittal split ramus osteotomy to treat skeletal mandibular protrusion, exhibited at least 8.0 mm (mean: 9.0mm) of mandibular retraction with model surgery directly before surgical treatment and consented to participate after being given an outline of this study. Data comprising lateral roentgenographic cephalograms taken directly before and one year after orthognathic surgery were used to measure reference points before and after surgery and measurement items determined with the following method. When analyzing hyoid bone displacement, the hyoid bone upper projection (H1), lower projection (H2) and lowest point of the third cervical vertebra (C3) were set as reference points. Measurement items were ∠NSH1, ∠NSH2, ∠H1C3H2, C3-H1 and C3-H2. Hyoid bone rotation and displacement of the body of the hyoid bone were then evaluated. Morphology of the pharyngeal airway was analyzed by measuring respiratory tract diameter before and after surgery in the nasopharynx region, soft palate area, uvula area, angle of mandible area and epiglottis area. Results indicated that ∠NSH1 and ∠NSH2 increased significantly. However, no differences were observed in ∠H1C3H2, C3-H1 or C3-H2, with the results clarifying that the hyoid bone had moved downward and backward without rotating. Evaluation of pharyngeal airway morphology found no differences in APW1-PPW1 and APW2-PPW2, which correspond to the upper section of the pharyngeal airway but APW3-PPW3 and APW4-PPW4, which correspond to the middle section, and APW5-PPW5, which corresponds to the lower section, were found to have narrowed significantly. Accordingly, it was found that setback of the mandible with orthognathic surgery does not affect the upper section of the pharyngeal airway but does cause narrowing in the middle and lower sections due to putting pressure on the respiratory tract.
  • 陸軍獸醫學校病馬廠
    應用獸醫學雑誌
    1935年 8 巻 9 号 571-574_1
    発行日: 1935/08/20
    公開日: 2008/10/24
    ジャーナル フリー
  • 井上 暁
    歯科医学
    2000年 63 巻 3 号 2-3
    発行日: 2000/09/25
    公開日: 2017/04/17
    ジャーナル フリー
  • 赤木 誉
    歯科医学
    2000年 63 巻 3 号 1-2
    発行日: 2000/09/25
    公開日: 2017/04/17
    ジャーナル フリー
  • 井上 暁, 杉村 忠敬, 川本 達雄
    歯科医学
    2000年 63 巻 1 号 89-90
    発行日: 2000/03/25
    公開日: 2017/04/17
    ジャーナル フリー
    In order to evaluate deformation of the cervical vertebra during unilateral occlusion, we placed strain gauges on the right and left laminae of the first, second and third cervical vertebrae in monkeys.We electrically stimulated the bilateral masseter muscles of the anesthetized animals to produce mild, intermediate and strong occlusal forces by inserting 3mm and 7mm thick wood chips between the left maxillary and mandibular first molars.As the thickness of the chip and the occlusal force increased, the first cervical vertebra tended to lean toward the working side while the second cervical vertebra leaned in the opposite direction.The results showed that the odontoid process of the second cervical vertebra plays an extremely important role in maintaining posture of the head and neck during occlusion and mastication.
  • 渡辺 みゆき, 山口 徹太郎, 浅間 雄介, 槇 宏太郎
    Dental Medicine Research
    2009年 29 巻 3 号 211-217
    発行日: 2009/11/25
    公開日: 2013/08/29
    ジャーナル フリー
    成長発育途中の患者における矯正治療では, 成長段階の評価は重要である. 本研究ではcone beam computed tomography (コーンビームCT) から計測した頸椎の形態と骨年齢との関連を検討した. 昭和大学歯科病院矯正歯科に来院した日本人男子23名 (平均年齢11.2歳) 女子36名 (平均年齢13.2歳) について初診時の手根骨レントゲン写真およびコーンビームCT画像を評価した. コーンビームCT画像から頸椎の形態に関する14の項目について計測し, 年齢ならびに手根骨レントゲン写真から評価した骨年齢との相関について統計学的に検討した. その結果 (1) 計測項目である頸椎年齢は年齢, 手根骨からの骨年齢と最も強い有意な相関を示した. (2) 側面頭部X線規格写真からは計測できない第一頸椎幅径, 横突起長においても年齢, 手根骨からの骨年齢と強い相関が認められた. (3) 頸椎の形態と年齢, あるいは手根骨からの骨年齢との相関には, わずかではあるが性差が認められた. 以上のことから骨年齢評価は側面頭部X線規格写真による側面観からも推定が可能であるが, コーンビームCTによる三次元画像情報によって, より正確な骨年齢評価が可能となることが明らかとなった.
  • 阿部 伸一
    日本顎咬合学会誌 咬み合わせの科学
    2013年 32 巻 1-2 号 176-177
    発行日: 2013/04/26
    公開日: 2014/01/14
    ジャーナル フリー
  • 渡邉 尚子, 宇塚 聡, 宮下 渉, 藤城 建樹, 荘司 洋文, 原 節宏, 小森 成
    日本顎変形症学会雑誌
    2016年 26 巻 3 号 189-194
    発行日: 2016/08/15
    公開日: 2016/09/14
    ジャーナル フリー
    Purpose: Orthognathic surgery to improve skeletal open bite may change the function of peripharyngeal muscles, pharyngeal airway and hyoid bone position. The purpose of this study was to investigate cephalometric changes in hyoid bone position and pharyngeal airway morphology following mandibular setback surgery in patients with skeletal open bite.
    Material and Methods: The subjects were 13 patients (4 males and 9 females, mean age: 27 years 11 months) who had undergone sagittal split ramus osteotomy to improve skeletal open bite. The mean displacement of the mandible was 2.1mm posteriorly and 5.0mm superiorly after surgical intervention. Lateral cephalograms taken at pre-surgery (T1), post-surgery (T2) and 1 year after surgery (T3) were used to examine pharyngeal airway morphology and the position of the hyoid bone. The lowermost anterior edge of the third cervical vertebra (C3), the upper protruding part of the hyoid bone (H1) and the lower protruding part of the hyoid bone (H2) were defined as reference points to evaluate hyoid bone position. Anteroposterior airway width (APW-PPW) was evaluated with reference to APW1-PPW1 at the nasal pharynx, APW2-PPW2 near the soft palate, APW3-PPW3 near the uvula, APW4-PPW4 near the mandibular angle, and APW5-PPW5 near the epiglottis.
    Results: ∠NSH1, ∠NSH2 and ∠H1C3H2 significantly increased in the time periods of T1-T2 and T1-T3. No significant difference was seen in C3-H1, while C3-H2 significantly decreased in the time periods of T1-T2 and T1-T3. Morphological evaluation of the pharyngeal airway did not reveal a significant difference in the upper and lower parts of the pharyngeal airway, which correspond to APW1-PPW1, APW4-PPW4 and APW5-PPW5. Stenosis was found in APW2-PPW2 and APW3-PPW3, which correspond to the middle part in the time periods of T1-T2 and T1-T3. No significant changes were seen from T2 to T3.
    Conclusions: These results revealed that the hyoid bone had rotated clockwise and was displaced posteroinferiorly. Furthermore, superior displacement of the mandible causes airway stenosis at the middle part.
  • 吉岡 正晴, 杉村 忠敬
    歯科医学
    1994年 57 巻 3 号 183-197
    発行日: 1994/06/25
    公開日: 2017/03/06
    ジャーナル フリー
     咬合力に対する頸椎の力学的反応を解明する目的で, 麻酔下の成熟日本ザルの両側の咬筋を電気刺激して, 咬合させたときおよび片側の犬歯あるいは第一大臼歯で3, 7および10mmの物質を噛ませたときの各頸椎の左右の椎弓板のひずみを測定した.
     作業側では犬歯で木片を噛ませたときには第二頸椎が, 第一大臼歯で噛ませたときには第四頸椎が, 非作業側では木片を犬歯で噛ませたときでも第一大臼歯で噛ませたときでも, 第三頸椎と第七頸椎とが, 噛むことによって頚椎が片側に傾斜するのを防ぐ支点としての役割を果たしている.
     犬歯で木片を噛ませると, 頸椎の上部は収縮し下部は伸展する. そして, 中間部は上部と下部との変形のバランスをとるために作業側が伸展し非作業側は収縮する傾向がある. これに対して, 第一大臼歯で木片を噛ませると, 木片が厚くなればなるほど作業側ではほとんどの部位が体軸方向に伸展し, 非作業側では頸椎の多くが水平方向に伸展(圧迫)する.
     また, 犬歯あるいは第一大臼歯でどの厚さの木片を噛ませても, 第六頸椎の非作業側には応力が集中する傾向がみられた. しかし, 頸椎には顔面や頭蓋を構成している骨よりも応力を分散させることを示唆するひずみ波形が多く認められることから, 咬合や咀嚼運動時には, 各頸椎はそれぞれの位置や形状に応じて変形して, 応力を巧妙に分散していると考えられる.
  • 平光 吾一, 椎名 順二, 中野 嘩, 新藤 省三, 佐野 好
    人類學雜誌
    1930年 45 巻 1 号 1-39
    発行日: 1930/01/15
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
  • 鈴木 国影
    自律神経雑誌
    1968年 15 巻 5 号 35-36
    発行日: 1968/05/20
    公開日: 2011/05/30
    ジャーナル フリー
  • 松村 虎之助
    順天堂医学
    1911年 M44 巻 461 号 237-252
    発行日: 1911/05/30
    公開日: 2015/06/13
    ジャーナル フリー
  • 管野 徹三
    順天堂医学
    1888年 M21 巻 34 号 34_20-34_25
    発行日: 1888/05/30
    公開日: 2015/06/18
    ジャーナル フリー
  • 今上 康夫, 西川 泰央, 吉田 洋
    歯科医学
    1994年 57 巻 2 号 176-177
    発行日: 1994/04/25
    公開日: 2017/03/06
    ジャーナル フリー
    We electrically stimulated the peripheral nerve and midbrain reticular formation (MRF) in the cat and recorded the response of the nociceptive neurons in the intralaminar nuclei of the thalamus. We also investigated the effects of intravenous administration of morphine on the responses obtained from these neurons. Morphine inhibited the late responses elicited by electrical stimulation of the peripheral nerve. As well, it inhibited the early responses elicited by electrical stimulation of the MRF. Administration of naloxone and cholecystokinin partially reversed these inhibitory effects of morphine. These date suggest that morphine acts at the supraspinal level.
  • 吉岡 正晴, 杉村 忠敬, 吉田 洋
    歯科医学
    1994年 57 巻 2 号 175-176
    発行日: 1994/04/25
    公開日: 2017/03/06
    ジャーナル フリー
    In order to investigate the dynamic response of the cervical vertebrae during occlusion, we electrically stimulated both masseter muscles of anesthetized adult monkeys, and measured the resulting strains in the lamina arcus vertebrae on both sides of each vertebrae when the monkeys were made to occlude on objects of 3, 7 or 10mm thickness at either the canine or first molar on one side. The cervical vertebrae were subjected to both compression and tension as a result of the occlusal forces. The strain wave form patterns observed resulting from distortion of the cervical vertebrae indicated that these vertebrae, according to their position and morphology, ingeniously dispersed the stresses arising from occlusion.
feedback
Top