詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "第3頸椎"
386件中 1-20の結果を表示しています
  • 金沢 興燮, 川島 成人, 村田 典子, 駱 嘉鴻, 新国 七生子, 中島 一郎, 赤坂 守人
    小児歯科学雑誌
    1999年 37 巻 2 号 303
    発行日: 1999/04/01
    公開日: 2013/01/18
    ジャーナル フリー
  • 藤川 勝正
    整形外科と災害外科
    1978年 27 巻 3 号 343-347
    発行日: 1978年
    公開日: 2010/02/25
    ジャーナル フリー
    Mechanism of arm pain syndrome at handwork is as follows.
    Overwork at handwork (ultimate cause) brings on overstrain of M. levator scapula. Overstrain of M. levator scapula (working cause) brings on subluxation of cervical spine.
    Subluxation of cervical spine (local cause) brings on overstrain of M. scalenus medius, M. scalenus anterior and etc.
    For example, overstrain of M. scalenus medius brings on pain and numbness of arm in radial nerve area.
    Overstrain of M. scalenus (local cause) brings on pain and numbness of arm (result).
    Analysis on disorder of neck, shoulder and arm was carried out in 103 cases.
    Enforcement of adjustment of cervical spine was carried out in 68%, including that relation subjunctive symptom and spinal column was obvious.
    These facts of subluxation of cervical spine were proved by computer tomography.
    Mechanism of arm pain syndrome in accidental disorder of neck is explained by external force without overstrain of M. levator scapula.
  • 礒部 憲二, 服部 奨, 早川 宏, 森脇 宣允, 新田 昭二, 河内山 正, 小田 裕胤
    整形外科と災害外科
    1973年 22 巻 4 号 446-449
    発行日: 1973年
    公開日: 2010/02/25
    ジャーナル フリー
    We experienced congenital anomalies of the cervical spine among 4961 patients in our clinic.
    These anomalies were analyzed 77 cases of congenital cervical vertebral fusion (C2-C3: 28, C5-C6: 13, C3-4: 12, Occ-C1: 9 and others), 14 cases of spina bifida occulta, 125 cases of posterior ponticle of atlas, and one case of os odontoideum.
    Among congenital cervical vertebral fusion 14 cases of myelopathy were observed, of which 4 cases were operated.
    Congenital fusion of lower cervical vertebrae affected commonly degeneration of adjacent vertebral disc.
    Congenital fusion of the occiput and the first vertebra is more frequently complicated with basilar impression and atlantoaxial subluxation.
  • 大西 将美, 鈴木 智雄, 澤井 薫夫, 水田 啓介, 伊藤 八次, 宮田 英雄
    口腔・咽頭科
    1995年 7 巻 2 号 239-243
    発行日: 1995/02/28
    公開日: 2010/06/28
    ジャーナル フリー
    症例は25歳の頸捻転時に右前頸部の異常音発生と左前頸部の疼痛とを主訴とする男性である.異常音発生時の頸部X線透視検査をVTR撮影下に観察することによって, その機序が右舌骨大角と第3頸椎横突起との摩擦によるものであることを解明し, 左前頸部の疼痛は周囲軟部組織への刺激により生ずるのであろうと考えた.また, 解剖学的位置関係を立体的に知るために3D-CT撮影を行い, 治療を考える上で有用であった.治療としては両側舌骨大角の一部を切除し, 術後嚥下困難等の合併症もなく良好な経過を得ている.
  • 稲葉 智之, 脇坂 美国
    Experimental Animals
    1992年 41 巻 2 号 189-201
    発行日: 1992/04/01
    公開日: 2010/08/25
    ジャーナル フリー
    Weiser-Maples系モルモットの後頭骨から胸椎にかけていくつかの異常が認められた。後頭骨では, 側方型頭蓋底陥入症と考えられる変形を122例中40例 (32.8%) に認めた。そのうち右側性24例, 左側性11例, 両側性5例であった。ヒトの頭蓋底陥入症に関連する奇形として知られている, 大孔及び環椎の狭窄・変形, 扁平頭蓋底, 先天性頸椎癒合も認められ, 軸椎, 第3頸椎間の癒合は114例中12例 (10.5%) であった。また, 骨の変形は後頭骨以外に, 頭頂間骨, 側頭骨, 環椎, 軸椎にも及んでいた。第7頸椎と第1胸椎間の癒合形成が89例中46例 (51.7%) と高率に見られた。しかし, この部位の癒合は, 軸椎, 第3頸椎間の癒合形成とは異なった原因により生じていることが考えられた。これらの奇形は遺伝性疾患と考えられることから, 選抜交配を行っていくことによりWeiser-Maples系モルモットは大孔付近の異常の研究に有用な実験動物となることが期待される。
  • 三好 晋爾, 屋良 哲也, 仲宗根 哲, 仲宗根 朝洋, 金谷 文則
    整形外科と災害外科
    2004年 53 巻 4 号 883-887
    発行日: 2004年
    公開日: 2005/06/10
    ジャーナル フリー
    Assimilation of the atlas is a rare disease, and this condition is characterized by a partial or complete congenital union between the atlas and the base of the occiput. We report two cases of assimilation of the atlas.
    A 32-year-old male had been suffering from neck stiffness, progressive numbness of the extremities and walking disturbance since he was 13 years old. Assimilation of the atlas associated with atlantoaxial instability was seen and spinal cord was compressed at the atlanto-occiput junction severely on MRI. Removal of the posterior arch of the atlas and occipito-cervical fusion was pertormed using instruments and the symptoms improved.
    A 51-year-old female lost consciousness which driving and collided into a concrete fence. She regained consciousness after a few minutes but experienced walking disturbance and right hand numbness. No intracranial lesion was found but MRI indicated a high signal area in the spinal cord at the occpitocervical junction. In addition to spinal cord injury, computed tomography revealed assimilation of the atlas, atlantoaxial subluxation, and os odontoideum. Loss of consciousness was considered resulting from vertebral artery insufficiency. After more or less the same surgery as the previous case, she could leave the hospital by walking and lead daily life without difficulties.
  • 大野 紀和
    歯科基礎医学会雑誌
    1983年 25 巻 1 号 74-90
    発行日: 1983/03/20
    公開日: 2010/10/28
    ジャーナル フリー
    食虫類のジャコウネズミおよびアズマモグラの頸椎および後頭背側筋群を観察した。両種とも頸椎は7個存在した。第一頸椎の形態はジャコウネズミでは肋横突起の横突起部が椎弓根部より左右側に突出し, 前結節が鋭く突出している。腹稜はジャコウネズミの第3・第4頸椎で強く発達している。ジャコウネズミの後頭背側筋には頸僧帽筋, 環椎肩甲筋, 頸菱形筋, 鎖骨後頭筋, 頭板状筋, 頸最長筋, 頸二頭筋, 錯綜筋, 後頭直筋, 上頭斜筋および下頭斜筋が認められた。アズマモグラでは頸僧帽筋は痕跡程度かあるいは欠如しており, 環椎肩甲筋および鎖骨後頭筋は認められない。両種の上頭斜筋と下頭斜筋を筋と神経の発生学的観点から考察すると, 上頭斜筋は多裂下筋系に, 下頭斜筋は横突間筋系にそれぞれ属すると考えられる。
  • 鈴木 純一
    岩手医科大学歯学雑誌
    2006年 31 巻 3 号 218-
    発行日: 2006/12/20
    公開日: 2017/03/20
    ジャーナル フリー
  • 大久保 有希子, 石川 昌洋, 柏原 邦佳, 小西 由芙, 櫻庭 春菜, 鈴木 康太, 米満 正美
    岩手医科大学歯学雑誌
    2006年 31 巻 3 号 218-
    発行日: 2006/12/20
    公開日: 2017/03/20
    ジャーナル フリー
  • 三原 茂, 森 清, 千田 晃已, 安達 清治
    整形外科と災害外科
    1968年 18 巻 1 号 115-117
    発行日: 1968年
    公開日: 2010/02/25
    ジャーナル フリー
    Pain and stiffness of the neck are not uncommonly seen in the patient with rheumatoid arthritis. The x-ray of those patients shows various degree of subluxations of the cervical spine.
    In our cases the subluxation is most often situated at the atlanto-axial level, but is also less often observed below the second cervical level. One patient reveals the vertical subluxation of odontoid and other shows the posterior displacement of the third cervical spine. Those two patients developed the tetraparesis due to the probable damage of the spinal cord.
    The degree of the cervical subluxation are closely related to the duration of disease, rheumatoid involvement of the peripheral joint, and the adequacy of the glucocorticoid therapy.
  • 森本 岩太郎
    人類學雜誌
    1987年 95 巻 4 号 477-486
    発行日: 1987年
    公開日: 2008/02/26
    ジャーナル フリー
    打ち首(斬首)の所見が認められる古人首例は比較的少なく,偶然に発見されたとしても,頭蓋の刀創などから斬首を間接的に想定した場合が大部分を占めると思われる.著者が最近経験した鎌倉市今小路西遺跡出土の南北朝期(14世紀後半)に属する斬首された2個体分の中世頭蓋の場合は,切られた上位頸椎が一緒に残っていたので打ち首の技法がよく分かる.当時の屋敷の門付近に,A•B2個体分の頭蓋と上位頸椎だけが一緒に埋められていた.首実験後に首だけが遺族に返されず,そこに仮埋葬されたものであるらしい.2体とも男性で,年齢は A が壮年期前半,B が壮年期後半と推定される.頭蓋は無傷で,それぞれの頸椎が日本刀のような鋭利な刃物により切断されている.頭蓋と第1~3頸椎からなる男性 A の場合,切断面は第3頸椎体の前下部を右後下方から左前上方へ走って椎体の途中で止まり,その先の椎体部分は刀の衝撃によって破壊され失われている.切断面の走向からみて,第4頸椎(残存せず)を右後下方から切断した刃先が第3頸椎体に達して止まったと思われる.頭蓋と第1~4頸椎からなる男性 B の場合,主切断面は第4頸椎の中央を右からほぼ水平に走っている.切断面より上方にある右横突起と右上関節突起の上半部だけが残存し,それ以外の第4頸椎の大部分は失われている.A の場合と同様に,刃先が第4頸椎の椎体の途中で止まって,その先の部分が破壊されたものと推定される.別に第3頸椎の左下関節突起先端部から右椎弓根基部上面へ向けて椎体を左下方から右上方へ斜めに走る副切断面があり,この副切断面によって改めて首が切り離されている.失われた第3頸椎の椎弓板もこのとき壊されたと思われる.切断面の走向からみて,両個体とも,垂直に立てた頸部を横切りにされたというよりは,むしろ正座のような低い姿勢をとって前方に差し伸べた頸部を,左側やや後方に立った右利きの執刀者により切り下ろす形で右背後から鋭く切断され,絶命したと推定される.この際,首は一気に切り落とされていない.これは俗に「打ち首はクビの前皮一枚を残すのが定法」と言われるところに近似の所見であり,この技法の確立が中世までさかのぼり得るものであることが分かる.2体とも最初に第4頸椎部を正確に切断され,頭蓋には刀創の見られないところから,同一の練達者によって斬首されたと推測されるが,切られたほうも死を覚悟した武士であったかも知れない.英国のSutton Walls 出土の鉄器時代人骨における斬首例のように,首を刀で一気に切り離すのが昔のヨーロッパ流のやり方とすれば,中世における日本の打ち首では頸部を後方から半切して処刑する点にその特徴があると思われる.
  • 大江 幸夫, 川越 修, 甲斐 允雄, 有馬 純郎
    整形外科と災害外科
    1958年 8 巻 1 号 5-8
    発行日: 1958年
    公開日: 2010/02/25
    ジャーナル フリー
  • 松永 和秀, 大部 一成, 磯貝 典孝, 上石 弘, 大石 正道
    日本顎口腔機能学会雑誌
    2004年 11 巻 1 号 48-50
    発行日: 2004/11/30
    公開日: 2010/10/13
    ジャーナル フリー
  • 高野 徳孝, 千葉 達成, 佐藤 剛, 宇根 ユミ, 野村 靖夫
    日本獣医師会雑誌
    1989年 42 巻 5 号 343-346
    発行日: 1989/05/20
    公開日: 2011/06/17
    ジャーナル フリー
    呼吸困難を呈する5歳齢, 雄の雑種犬に遭遇し, 咽喉頭部と左頸部の腫瘤による気道狭窄を認めたので, この腫瘤を切除した. その後, 呼吸状態は改善されたが, 手術後7ヵ月目に再発, 11ヵ月後に再々発し, 呼吸不全により発死した.
    摘出腫瘤の病理組織学的検査により, 淡明類円形核と弱好酸性の細胞質をもつ腫瘍細胞が不規則胞巣状に増殖していること, 核分裂像も認められること, グリメリウス染色陽性細胞が見い出されることから, 悪性ケモデクトーマと診断された. なお, 頸部腫瘤はリンパ節への転移であった.
    本例は, 左頸動脈小体もしくは頸静脈小体が腫瘍化し, 咽喉頭部へ浸潤性あるいは転移性に増殖, 口腔内を占拠し, 呼吸および嚥下運動を著しく障害したものと考えられた.
  • 木村 貞三
    日本医科大学雑誌
    1956年 23 巻 5 号 333-352
    発行日: 1956/05/15
    公開日: 2009/07/10
    ジャーナル フリー
    The material for this study consists of 16 human. embryos from 5 mm (Streeter's horizon XIV) to 22 mm long.
    Before the formation of cartilages of the vertebral column there is a definitive vertebrals segments of the paraxial or sclerotomic mesoderm. Such segments are to be seen as the condensations of mesenchym cells which begin cranial inthe occipital region or cranial to the first cervical nerve in Streeter's horizon XIV embryos and follow caudalward. This mesenchymal condensations are not only in the paraxial region reco-gnizable, but also dorsalward lateral to the spinal ganglions and between them, ventrolateral medial to the corresponding somites. Through the less condensed stratum run on both sides the intersegmental arteries from aorta a little nearer to the cranial than to the caudal condensation.
    (Fig. 1) In the next horizons XV and XVI becomes the condensation more and more distinct, and in the horizon between XVI and XVII the occipital -condensation is chondrified. (Fig.2, Plate 1, 2) According Sensenig is the precartilage stage the closely packed mass of cells, showing numerous nuclei, little of the cell boundaries, and no interstitial spaces. Such structure have the vertebral processes and ribs, but not the vertebral bodies. The occipital cartilages appear bilateral .also in the cell condensation as in the case of processes of vertebrae, although it seems as if the occipital praecartilage is not so much condensed .as-the vertebral processes or ribs. As the vertebral bodies do not have the precartilage stage, so we can not the beginning of the chondrification of it definitely discern as that of the occipital region. But the chondrification of occipital region is followed, we can think, by that of the first 2 or .3 cervical vertebral bodies which are situated caudal to, the respective condensations. The more the cartilages of the vertebral bodies distinct, the more so the condensations which continue to the vertebral processes. The cartilages of those processes appear separately in these precartilage tissue a little later than the bodies and so there is in the beginning the not chondrifying sclerotomic tissue zones between the chondrified bodies and processes which soon chondrify afterward.
    The chondrification of the vertebral bodies begins belateral from the first cervical caudalward, remaining the mesenchymal zones in the median planes, which are not distictly discernible in the bodies of the allmost all thoracal, lumbar, sacral and coccygeal as in the cervical. These median mesenchymal zones of the cervical vertebral bodies soon disappear. Following the chondrification of the vertebral bodies comes next that of the neural processes in the precartilages, which begins not in the cervical, but in the thoracal vertebrae, progressing from the first thoracal caudalward. When all the thoracal neural are chondrified, so also those of the 5th to 7th cervical, not yet those of first 4 cervicals and lumbals. Following the lower cervical comes next the chondrification of those of the upper cervical and lumbal, and then those of the sacral.
  • 野中 義彦, 堀内 正貫, 三島 弘幸, 宮崎 重雄, 市原化石ジカ研究グループ
    地質学雑誌
    1986年 92 巻 11 号 809-811_1
    発行日: 1986/11/15
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
  • 世古 勝彦
    日本放射線技術学会雑誌
    1982年 38 巻 3 号 359-363
    発行日: 1982/05/01
    公開日: 2017/06/28
    ジャーナル フリー
    Routine posteroanterior X-ray photos of cervical vertebrae doesn't always give satisfactory view of 3rd and 4th vertebrae. To obtain clear X-ray photo of whole cervical vertebrae, special apparatus for head fixation was devised. During taking X-ray photo we can keep the patient's mouth open and close without moving head in this apparatus. By this method clear X-ray photo of entire cervical vertebrae 1st through 7th and Luschka's joints were obtained constantly.
  • 歯科放射線
    1974年 14 巻 1 号 50
    発行日: 1974/04/30
    公開日: 2010/10/21
    ジャーナル フリー
  • 大鹿 望, 江角 務
    シンポジウム: スポーツ・アンド・ヒューマン・ダイナミクス講演論文集
    2011年 2011 巻 A35
    発行日: 2011/10/30
    公開日: 2017/06/19
    会議録・要旨集 認証あり
    Sleep is necessary for human health and acttivities. Recently, the sleep problems have become matters of public concern. There is a report that 20 percent of Japanese people have sleep problems. Therefore, the topic of sleep problems have been taken up by the media and increased the number of topics about bedding and bedroom. In particular, pillow have received much attention of many people. The clinical reports showed that pillow is one of the factor for sleep problems. And this report says that sleep problems are related to the height of the pillow. However, there is little for engineering approach about sleep problems and pillow. In this study, stress distribution analysis was done for clarifying mechanical relation of the pillow and cervical vertebrae on spine position. The experiment used 2 dimensional and 3 dimensional photoelastic method. Specimen model was prepared by reference to clinical report. The experimental results shows that concentration notably appeared near the first and sixth cervical vertebrae.
  • 大鹿 望, 江角 務
    山梨講演会講演論文集
    2010年 2010 巻 303
    発行日: 2010/10/23
    公開日: 2017/06/19
    会議録・要旨集 認証あり
feedback
Top