詳細検索結果
以下の条件での結果を表示する:
全文: "精子バンク"
45件中 1-20の結果を表示しています
  • 小田中 徹也, 藤田 洋, 前田 哲治, 渡辺 彰宏
    医学図書館
    2006年 53 巻 3 号 309-312
    発行日: 2006/09/20
    公開日: 2011/09/21
    ジャーナル フリー
  • 高木 美也子
    学術の動向
    1998年 3 巻 3 号 27-32
    発行日: 1998/03/01
    公開日: 2009/12/21
    ジャーナル フリー
  • 丸山 マサ美
    山口医学
    2006年 55 巻 1 号 17-27
    発行日: 2006年
    公開日: 2006/10/10
    ジャーナル フリー
    近年,生殖補助医療の進歩は著しく,不妊症患者をめぐるさまざまな調査が行われている.しかし,当事者である不妊症カップルを対象にした生殖技術に対する調査は少ない.今回,現在,治療中の不妊症カップル(A市B施設において,治療中の不妊症カップル122名(男性58名,女性64名),回答者の年齢平均 男性36.3±4.5歳,女性33.8±3.9歳)について,生殖技術に対する態度の意識調査を行い,各質問項目と『子供の有無』別,『性別』に統計解析を行った.調査は,平成14年10月19日~平成15年8月27日実施した.
     調査票の質問項目は,フェイスシ-トを用意し,生活観4項目,人生観5項目,生殖技術の是非と推進8項目,AID (Artificial Insemination by Donor) について7項目,生殖医療の将来4項目,将来の家族設計・生殖技術に関する態度4項目であった.
     生殖補助技術について,「子供の有無」別と関連の高い項目は,「AIDに対する態度」,「営利目的でなく精子バンクとして精子を管理する事」の2項目が該当し,「AIDについては,自分自身はしない.他人はかまわない」,といった姿勢にあった.「子供の有無」別にかかわらず,「卵提供」・「胚提供」については,利用の意思がなかった.また,子供をもつカップルは,利用するだろう技術として「AIH」,「IVF」,「排卵誘発剤」と答えたが,子供のいないカップルは,「AID」,「代理出産」,「代理母」,「人工卵」,「人工精子」の技術利用を期待していた.
     また,「性別」と関連の高い項目は,「患者自身の不妊経験」,「身近な不妊経験者の存在」であった.女性を取り巻く日常生活の環境要因とその経験に何らかの影響があるようだ.
     生殖補助医療においては,被実施者である不妊カップルを中心にその出生児,さらには,提供者のプライバシ-保護が重要であり,子の福祉を考慮した倫理的,法的,社会的議論が今後さらに期待される.
  • 柳原 良江
    生命倫理
    2015年 25 巻 1 号 4-12
    発行日: 2015/09/26
    公開日: 2016/11/01
    ジャーナル フリー

     日本人は既に長年外国で卵子提供を実施しているが、その実態が明らかにされることはなかった。本研究では聞き取り調査をもとにその現状を述べ、卵子提供の持つ倫理的問題を考察する。

     卵子提供には医学的リスクが伴うにも関わらず、それらに十分に研究されておらず、またその事実が周知されていない。しかし米国で日本人から採卵する斡旋業者はリスクを適切に伝えず提供者を募集している。そこで交わされる契約のもと、提供者は自らが想定外の健康被害を被っても放置され、保険で賄われない健康被害は提供者が負うことになる。また提供者の都合で卵子提供に不備が生じれば、その損失も提供者が支払わねばならない。こうした問題により訴訟も起きているが、この実態が第三者に伝わることはなく、それらの現実は人々に知られないままである。

     卵子提供は他者による身体管理や生活管理を含むが、近代化された社会の中で、その隷属性が見えなくなっている。それにも関わらず卵子提供が問題視されてこなかったのは、卵子提供が臓器移植をはじめ近代医学の例外的措置を利用し、それらをつなげて作られた、人権の考慮されない言説の中に存在しているためである。

  • 中潟 直己
    日本薬理学雑誌
    2007年 129 巻 5 号 343-348
    発行日: 2007年
    公開日: 2007/05/14
    ジャーナル フリー
    爆発的に増え続けるミュータントマウスに対して,国内外でマウスバンクが次々と設立され,それらマウスバンクの世界的な組織,Federation of International Mouse Resources(FIMRe)が2005年に発足した.一方,2006年にはアジアにおいて,遺伝子改変マウスの作製と保存に関するコンソーシアム,AMMRA(Asian Mouse Mutagenesis and Resource Association)が設立された.我が国の代表的なマウスバンクとしては,熊本大学CARD(Center for Animal Resources & Development)および理研BRC(Bio Resource Center)があるが,本項では,熊本大学CARDを紹介する.CARDのバンクシステムには,以下の2つがある.すなわち,一方は,マウスの寄託を受け,保存された系統について情報を公開し,第三者へ広く供給するものである.この場合の料金は,マウスのCARDへの輸送や凍結保存経費など,寄託に関する一切の経費は無料であるが,供給に関しては,有料(実費)である.他方は,有料にてマウス胚/精子の凍結保存サービスを行うもので,保存したマウスを第三者へ分与しない,また,そのマウスの情報を公開しないという条件で実施している.前者は年間100~150系統の寄託があり,年々,寄託保存系統数が増えていると同時に,海外からの供給依頼も増えている.後者は2006年4月から開始したばかりであるが,すでに80系統以上の凍結保存の依頼が入っており,着実にその成果を上げている.
  • 仙波 由加里, 清水 清美, 久慈 直昭
    生命倫理
    2017年 27 巻 1 号 105-112
    発行日: 2017年
    公開日: 2018/08/01
    ジャーナル フリー

     初のAID(提供精子を用いた人工授精) が実施されて70年近く経つ現在、日本でも遺伝子検査が普及し、民間人が手ごろな価格でDNA鑑定を受けられるようになってきた。したがって、親がAIDの事実を隠していても、子どもが親との遺伝的な関係を疑えば検査会社を通して親子の血縁関係の事実を確認でき、ドナーを探すことも可能となった。すなわちドナーの匿名性を保障できない時代を迎えている。そこで本稿では、このままドナーの匿名性を継続する場合に予想される問題をドナーのプライバシーの侵害と親子関係に焦点を当て検討した。日本では、ドナーの減少等を懸念して、今なお出生者の「出自を知る権利」を保留にし、ドナーは匿名とされている。しかし遺伝子検査の時代に入った現在、それは将来起りうる問題を軽視しているに他ならず、正義原則の観点からも問題である。また今後も、匿名性が完全に保障されないことを説明しないままドナーに精子提供してもらった場合、ドナーに自分の精子での出生者が将来接触をもとめてくるのではないかと不安を抱かせることにもなる。すなわちこれはドナーに対する危害とも言える。従って、まず提供配偶子を使う生殖補助医療で形成される親子関係について法で規定する必要があり、その上でAID出生者の「出自を知る権利」を認め、ドナーの匿名性を廃止する必要がある。

  • 鈴木 哲也, 長洲 南海男
    日本科学教育学会年会論文集
    1999年 23 巻
    発行日: 1999/07/30
    公開日: 2018/05/16
    会議録・要旨集 フリー
    高校理科教員免許取得希望の大学生を対象に、1)生命倫理に関する事柄の知名度、2)生命倫理の事柄とそれぞれの条件、3)学校段階ごとの理科で扱うべき生命倫理のあり方、という三つの観点から調査をしその結果をまとめた。
  • 原田 智代, 石川 聡子, 鈴木 善次
    日本科学教育学会年会論文集
    1997年 21 巻 29-2F2
    発行日: 1997年
    公開日: 2018/05/16
    会議録・要旨集 フリー
    分子生物学の進展による最近のバイオテクノロジーの利用は、社会が醸成してつくりあげた生命観や家族観をも混乱させ始めた。しかし, 一般的には新しい科学技術がもたらす影響については, 関心が薄いように見うけられる。自分との関わりという視点から改めて問い直して, それらの関わりを認識させるために「異種間の遺伝子組換え」「バイオテクノロジーの発展」を事例とした授業を行った。それに対して多くの学生は慎重な研究を求める見解を示した。
  • 白井 千晶
    保健医療社会学論集
    2001年 12 巻 102-114
    発行日: 2001/05/19
    公開日: 2016/11/16
    ジャーナル フリー
    本稿は、生殖の医療化を不妊のマクドナルド化を事例に論じるものである。マクドナルド化という分析用具は、アメリカの理論社会学者G・リッツアがM・ウェーバーの合理化理論を拡張して提示したものであり、効率性、計算可能性、予測可能性、制御という4つの次元から構成される。本稿の前半では、生殖の医療化を考察するためには、分析水準と考察対象領域を操作的に設定する必要性が主張され、本稿では不妊患者領域の行為水準に照準を定めることが示されている。後半では具体的にマクドナルド化の4つの次元を使用して不妊患者の行為やそれを取り巻く現象のマクドナルド化を論じている。これらを踏まえて、筆者は最終的に「マクドナルド化」という趨勢の把握から、マクドナルド化メカニズムおよび医療化メカニズムの探究に進むべきであることを主張している。
  • 岡田 浩樹
    民族學研究
    2002年 66 巻 4 号 414-438
    発行日: 2002/03/30
    公開日: 2018/03/27
    ジャーナル フリー
    本稿は、新生殖医療技術の受容にともなう韓国社会の社会・文化的反応に関する研究である。今日、新生殖技術は欧米社会のみならず、非欧米社会においても急速に受容されつつある。この新生殖医療技術は、自明とされてきた親子関係や家族などの社会的な基盤を揺り動かす可能性がある。特に韓国社会は、儒教イデオロギーを基盤とし、強固な父系出自原理によって家族・親族・社会関係を編成してきた。本稿は、儒教イデオロギー、父系出自原理に大きく規定されてきた韓国の親子関係および家族(chip)を新生殖医療技術の受容が変えたのか、変えていないのか、もし変えたとすれば何が変わったのかを中心的な問いとする。本稿では、まず韓国における新生殖医療技術の受容の過程を概観し、次に韓国の家族(chip)を生殖という身体的現象を視野に入れて検討するための理論的検討をおこなう。そして近年の核家族化、少子化などの変容の過程の中で新生殖医療技術の受容がchipにいかなる変化をもたらしつつあるか、あるいは受容のあり方にchipのいかなる変化が現れているかを検討する。近年の変化に関わらず儒教イデオロギーや父系出自原理は揺るがないというイメージがある。これに対し本稿は、新生殖医療技術の受容においては選択的性別出産など、そうしたイメージに収まらない事例も現れていることを指摘する。そして韓国における新生殖医療の受容は、儒教イデオロギー、父系出自原理の維持、強化をもたらすだけでなく、chipからkajokへの家族のイメージの転換、核家族を単位とした家族意識の強化、女性の主体的選択の可能性といった異なる二つの可能性をもたらすことを仮説として提示する。
  • 中山 一隆, 上野 直人
    臨床血液
    2008年 49 巻 3 号 182-192
    発行日: 2008年
    公開日: 2008/09/05
    ジャーナル 認証あり
  • 小川 富之
    法政論叢
    2001年 38 巻 1 号 95-106
    発行日: 2001/11/15
    公開日: 2017/11/01
    ジャーナル フリー
    With the beginning of the 21^<st> century, how has the family unit changed? Advances in medical science in the area of fertility have helped reduce the connection between traditional methods of getting pregnant and actually giving birth to a child. IVF(In Vitro Fertilization) technology has meant that it is now possible to artificially control the birth from the very beginning. In addition, the phenomenon of surrogate motherhood has made it possible to sever the connection between a birth and the relationship between parent and child. In some unusual cases, there may not be a direct relationship between both the father and mother and the child, nor a genetic relationship between the woman and the baby she is carrying inside her. Several cases like this have been reported. In such cases as these, how should the family structure be defined? The technique of freezing individual sperm and eggs as well as already fertilized eggs makes it possible to control the actual timing of the birth, a further technique making the process of creating a family more artificial. In the future, cloning without the need for fertilization will also be possible. As the number of people getting married decreases, the number of people divorcing increases and the number of people opting for open gay or lesbian relationships also increases, one may wonder whether the current widely recognized structure of marriage will continue and indeed question whether it will remain necessary. The decreasing number of children within families and the increasing number of aged people within society has meant that lifestyle and patterns of cohabitation between parents and children will change. As life expectancy increases the situation may occur where four or five generations of a family will exist at the same time, compared to two or three as we are now accustomed to. The reduction of birth rates may also cause the creation of a family structure with no extended family members, rather just single familial lines passed down from one generation to the next. Now is the time when questions must be asked about the direction family structures will take in the future. With technology developing at such a rapid rate, serious ethical issues arise as to how we should reconcile scientific pursuits with the values of family life we recognize as being important today.
  • 松尾 瑞穂
    南アジア研究
    2007年 2007 巻 19 号 30-59
    発行日: 2007/12/15
    公開日: 2011/03/16
    ジャーナル フリー
  • 森岡 正博
    家族社会学研究
    2001年 13 巻 2 号 21-29
    発行日: 2002/03/31
    公開日: 2010/11/18
    ジャーナル フリー
    代理母や精子バンクのような最新の生殖技術は, われわれの生命観や人間観家族観に大きなインパクトを与えるであろう。子どもをもちたいというわれわれの欲望は, 具体的な下位欲望へと分節化されてきた。そして, 近代家族規範はそれらの分節化された欲望によって揺るがされる。それら分節化した欲望とは, たとえば, (1) どんな方法でもいいから子どもがほしい, (2) 血のつながった子どもをもちたい, (3) 自分の身体で妊娠出産をしたい, (4) こんな子どもならほしいが, こんな子どもならほしくない, (5) だれかと同一の遺伝子をもった子どもがほしい, などである。これらのうちいくつかは近代家族にとって既知のものであるが, 他のいくつかはまったく新しいものである。借り卵, 借り子宮, クローンなどは近代家族規範を新しいものへと変容させるかもしれない。
  • 山田 瑞穂
    医学教育
    1988年 19 巻 1 号 19-22
    発行日: 1988/02/25
    公開日: 2011/08/11
    ジャーナル フリー
  • 井上 眞理子
    家族社会学研究
    2001年 12 巻 12-2 号 280-282
    発行日: 2001/03/31
    公開日: 2009/08/04
    ジャーナル フリー
  • 動物遺伝育種研究
    2001年 29 巻 1 号 46-52
    発行日: 2001/11/01
    公開日: 2010/03/18
    ジャーナル フリー
  • 青山 薫
    ジェンダー史学
    2016年 12 巻 19-36
    発行日: 2016/10/20
    公開日: 2017/11/10
    ジャーナル フリー

    昨年、全米で法制化されるなどして話題になった「同性婚」1 。日本では、その法制化が現実味を帯びないうちに賛否両論が出揃った感がある。本稿は、この議論をふまえ、「同性婚」やこれに準ずる「同性パートナーシップ」を想定することが、現在の世界と日本社会でどのような意味をもつのかを考察する。

    そのために本稿は、まず、世界で初めて同性カップルの「登録パートナーシップ」を法制化したデンマーク、やはり初めて同性同士の法律婚を可能にしたオランダ、特徴的な「市民パートナーシップ」制度を創設したイギリス、そして「婚姻の平等」化で世界に影響を与えたアメリカにおける、「同性婚」制度の現代史を概観する。そしてこれら各国の経験に基づいて、「同性婚」が何を変え、何を温存するのかを考察する。そこでは、「同性婚」が近代産業資本主義社会の基礎としての異性婚に倣い、カップル主義規範を温存させることを指摘する。また、「同性婚」が、異性婚の必然であった性別役割分業・性と生殖の一致・「男同士の絆」(セジウィック)を変化させる可能性についても論じる。次に本稿は、近年の日本における「同性婚」に関する賛否両論を概観する。そこでは、賛成論が、同性婚の1)自由・平等の制度的保証面、2)国際法的正当性、3)象徴的意義、4)実生活の必要性に依拠していること、反対論が、同性婚の1) 性的少数者の中のマイノリティ排除、2)経済的弱者の排除、3)社会規範・国家法制度への包摂、4)新自由主義経済政策との親和性を問題視していることを指摘する。

    そのうえで本稿は、異性愛規範が脆くなってきた今、抗し難い「愛」の言説を通じて「LGBT」が結婚できる「善き市民」として社会に包摂されるとき、他のマイノリティを排除していること、さらに、日本における包摂には、欧米の「同性婚」議論では「愛」と同様に重要視されてきた自由と平等の権利さえ伴っていないことに注意を注ぐよう、読者に呼びかける。

  • 蔵田 伸雄
    生命倫理
    2000年 10 巻 1 号 35-41
    発行日: 2000/09/13
    公開日: 2017/04/27
    ジャーナル フリー
    各国が体細胞核移植クローン技術の人への使用を法的に規制する方向に向かっているにもかかわらず、「生殖の自由」という権利に訴えてクローン技術の人への使用を肯定しようとする主張は少なくない。しかしそもそも「生殖の自由」という権利は、女性の中絶や避妊の権利を確保し、強制的な不妊手術等から女性を守るための権利である。そのような権利をクローン技術の使用を正当化することにまで用いることは濫用ではないだろうか。また男女両性の遺伝子が関与しないという点で、体細胞核移植クローン技術の使用は、体外受精、非配偶者間精子提供、代理母といった既存の人工生殖技術とは本質的に異なっている。生殖とは男女両性の遺伝子が関わることによってなされることであるとするなら、クローン技術を用いた児の産生は「生殖」ではない。したがって「生殖の自由」という権利によってクローン技術の使用を正当化することはできないだろう。
  • 串 信考
    医学哲学 医学倫理
    2009年 27 巻 89-93
    発行日: 2009/10/01
    公開日: 2018/02/01
    ジャーナル フリー
    In Japan, 4 children were born by posthumous reproduction from 2001 to 2004 (1 in Shikoku, 1 in Tokyo, 1 in Osaka, and 1 in Nagano). In the case in Shikoku, the Supreme Court denied the legal child-parent relationship between the child whom the wife bore using her dead husband's frozen sperm and the deceased husband. Japan does not have a law that specifies posthumous reproduction, and the Supreme Court used this lack of existing legislation to deny the child-parent relationship. I am opposed to the judgment of the Supreme Court. Posthumous reproduction should be admitted under certain conditions. Firstly, before the man dies, he has to agree to posthumous reproduction. Secondly, the man has to freeze his sperm based on his own free will. The example of Shikoku fulfills the two conditions. About 60% of the general public approve of posthumous reproduction in Japan. However, there are many dissenting opinions among obstetricians such as the Japan Society of Obstetrics and Gynecology. Japanese society has strong views about the family, which may relate to its general approval of posthumous reproduction. It may become the pressure which has it forced that a woman bears a child. I am opposed to the pressure. However, if the pressure on a woman bearing a child is refused and she wishes to perform posthumous reproduction based on her own free will, I will respect her decision.
feedback
Top